乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2016/06/28(火) 18:48:34.78 ID:CAP_USER9

     トヨタ自動車の「カローラ」が今年、発売50周年を迎えた。長年にわたってトヨタを代表する大衆車として親しまれ、現在も車名別販売ランキングで上位にランクインするなど、人気を維持している。
    昭和の時代には、日産「サニー」、ホンダ「シビック」と並んで「国民車」と称されたが、今も日本市場にその名を残しているのはカローラだけだ。
    これほどまでカローラが人々に愛されてきたのはなぜなのか。
    no title

    1966年に発売された初代カローラ

    ♦現在も販売ランキングのトップ5に
     カローラは1966年11月、サラリーマンなど一般勤労者を顧客対象とした大衆車として発売された。
    以来、海外での販売を含めて、今年2月時点の累計販売台数は約4300万台(トヨタ調べ。バンを含む)に達する。単純計算すると、この50年間に毎月約7万台を売ってきたことになる。
    カローラは、69年から2001年までの33年間、国内の車名別販売台数ランキング(軽自動車、海外ブランド車を除く)でトップを維持し続けた。
    2000年代以降、トヨタのハイブリッド専用車種「プリウス」や「アクア」が人気を得るようになり、トップの座は譲ったものの、15年の販売台数は10万9027台で第4位。
    今日もなお、トップ5圏内に入る人気を保っているのだ。

    ♦サニー、シビックとクルマの大衆化を牽引
     歴史を遡ってみると、カローラ誕生の7か月前の66年4月、日産自動車が大衆車「サニー」を発売している。
    当時、年収100万円程度の勤労者をターゲットにした身近な乗用車として開発されたのがサニーだ。
    その車名は一般から公募し、発売直前の2月に命名されている。

     日本での乗用車の大衆化は、日産「サニー」とトヨタ「カローラ」から始まったといっていい。
    それ以前にも、軽自動車規格が排気量360ccに統一された翌55年、鈴木自動車工業(現・スズキ)の「スズライト」が、58年には富士重工業の「スバル360」などの大衆車が登場している。
    だが、高度経済成長を背景に、国民の間に自家用車を所有する機運が高まるのは、64年の東京オリンピック以降の時代であると言えるだろう。

     高速道路の整備などが進んだのに伴い、軽自動車を超える性能や装備、居住性を備えた小型乗用車への関心が高まっていった。
    そこに、サニーやカローラが誕生し、庶民が“乗用車らしい”自家用車を手に入れる夢をかなえさせたのだ。

     その後、72年には本田技研工業(ホンダ)の小型車「シビック」が登場。
    以降、カローラ、サニー、シビックという小型4ドアセダン3車種が、日本のモータリゼーションを牽引けんいんした。
    しかし今日、国内市場に残り、手に入れられるのはカローラだけだ。

     サニーは、04年までに姿を消した。ちなみに、その後継と位置づけられるのが「ティーダ/ティーダラティオ」である。
    シビックは、10年に国内での生産を終了した。

     今年2月、ホンダの八郷隆弘社長が記者会見で「18年までに国内での販売を再開する」と発言したが(深読みコラム『ホンダ「シビック復活」は成功するか?』参照)、
    いずれにしても、カローラのライバルたちは、相次いで日本の市場から姿を消したのだった。主な理由は、日本国内で小型4ドアセダンの売れ行きが芳しくなくなったからだ。
    ではなぜ、カローラは生き残り、そして今なお販売台数でトップ10圏内を維持し続けられるのだろうか。
    カローラより少しだけ早く誕生した日産のサニーは、排気量1000ccのガソリンエンジンを搭載していた。
    これに対し、カローラは、サニーより排気量の大きい1100ccのエンジンで登場した。そしてトヨタは、「プラス100ccの余裕」とうたい、
    単に「合理的で手近な小型車」というだけでない、付加価値を意識させる販売戦略を取った。

    http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160628-OYT8T50061.html
    (2016年06月28日 13時20分)

    >>2以降に続きます


    スポンサーリンク

    【発売50周年、トヨタ「カローラ」ロングセラーの秘密】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2016/06/28(火) 21:03:10.01 ID:KgMiwcqz0

    トヨタ自動車がイタリア・ミラノで新型クロスオーバー「TOYOTA C-HR」欧州仕様車のインテリアデザインを公開しました。
    「センシュアル-テック(Sensual-Tech)」をコンセプトに、ハイテクかつ高い機能性をファッショナブルに仕上げ、運転に集中できるドライバーズ空間を実現しています。
    運転席は、メーターを中心としてディスプレイオーディオ・操作パネルをドライバー方向に向けてコンパクトに配置、運転中の視認性や操作性に配慮。
    インパネからドアトリムまでなめらかに繋がる、ピアノブラックパネルをレイヤー状に構成し、シームレスで広がりのある空間を表現しています。
    http://clicccar.com/2016/06/28/382172/

    お値段以上に質感ある内外装のC-HR
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【トヨタ、新ハイブリッドSUV「C-HR」の内装公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    m
    1: 2016/06/26(日) 21:42:58.12 0

    まず俺から
    右折して反対車線に入った


    スポンサーリンク

    【運転中ヒヤッとした経験あったら教えてよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: 2016/06/27(月) 20:44:48.26 ID:N2Jl6IFM0

    メルセデスベンツの高性能車部門、メルセデスAMGは6月24日、英国で開催中の
    「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『メルセデスAMG GT R』を初公開した。

    メルセデスAMG GT Rは新型スポーツカー、『メルセデスAMG GT』の頂点に立つ最強グレード。
    ベース車両のメルセデスAMG GTの「S」グレードでは、直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、
    最大出力510hp/6250rpm、最大トルク66.3kgm/1750-4750rpmを発生する。
    動力性能は、0-100km/h加速が3.8秒、最高速は310km/h。

    これに対して、「R」の名前を冠して登場したメルセデスAMG GT Rでは、ブースト圧を変更した
    新しいターボチャージャーの採用をはじめ、吸排気系やエンジンコンピュータなどをチューニング。
    最大出力は585hp/6250rpm、最大トルクは71.4gm/1900-5500rpmを獲得した。
    これは、『メルセデスAMG GT S』と比較すると、75hp、5.1kgm強化されたことになる。

    パワフルに進化したエンジンに合わせて、サスペンションやブレーキを強化。
    新開発のアクティブエアロなど、エアロダイナミクス性能も引き上げられた。フロントグリルは、
    レーシングカーの『メルセデスAMG GT3』と共通イメージの縦基調とするなど、迫力を増している。

    トランスミッションは、7速デュアルクラッチのAMGスピードシフトDCT 7。
    メルセデスAMG GT Rの動力性能は、0-100km/h加速が3.6秒、最高速が318km/h。
    メルセデスAMG GT Sと比較すると、0-100km/h加速は0.2秒短縮。最高速は8km/h上回った。
    http://response.jp/article/2016/06/27/277523.html
    no title


    スポンサーリンク

    【メルセデスベンツ『AMG GT R』初公開 直噴4.0リットルV8ツインターボエンジンから585馬力、71.4gm】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2016/06/27(月) 22:24:18.44 ID:Z7Fqtrwu0

    トヨタ自動車は6月24日~9月4日の期間、ヴィーナスフォート内にある「メガウェブ
    ヒストリーガレージ」(東京都江東区)において、「トヨタ WRC参戦の系譜~2017年
    新たな挑戦へ~」と題した特別企画展を実施している。この記事では会場に展示
    されている車両9台を紹介する。イベントについては別記事を参照していただきたい。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/photo/1006966.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【WRCを出禁になったトヨタの「歴代ラリー車」見て何が楽しいんだろう…】の続きを読む

    このページのトップヘ