乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ツシマヤマネコ(千葉県) 2013/06/01 11:58:04 ID:10rS6Njz0
    クラウンマジェスタのフルモデルチェンジが2013年7月に実施予定

    昨年2012年12月は新型クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジが行われた。残るマジェスタも2013年7月にフルモデルチェンジを受け、新型へ移行することになる。

    次期マジェスタの大きなポイントは、ハイブリッド化である。搭載されるハイブリッドユニットはV6 3.5Lの2GR-FXE型。これは先代クラウンハイブリッドに搭載されていたものの改良版にあたり、
    既にレクサスGS450hとして採用実績のあるFR車向けハイブリッドシステムである。
    V6 3.5Lの直噴ガソリンエンジンが発生する最高出力は295ps、最大トルクは36.3kgfm。これに200ps、28.0kgfmのモーターアシストが加わり、システム全体の最高出力は348psとなる。
    V8 4.6Lエンジンを搭載する現行マジェスタの最高出力は347psであるから、新型はダウンサイジングながらもハイブリッドシステムにより現行モデルを僅かに上回る出力が確保されることになる。

    GS450hのJC08モード燃費は18.2km/Lであったが、マジェスタについてもこれに近い数値となることが予想される。現行マジェスタの9.1km/Lと比較すれば、JC08モード燃費の向上は実に2倍程度ということになるだろう。
    採用されるパワートレインはこのV6ハイブリッドの1タイプのみ。歴代マジェスタを見ても必ずラインアップしてきたV8エンジン搭載車は、現行モデルで終了ということになる。

    また、ホイールベースについては、新型クラウン アスリート/ロイヤルを基本に75mm程度の延長を受ける可能性が高い。
    ベースグレードの車両価格は700万円程度が想定されており、これは612万円からラインアップする現行モデルより値上がりすることが予想される。

    http://car-research.jp/toyota/crown-majesta-2.html
    ベストカー情報
    no title

    【新型クラウン・マジェスタのデザインがやばそう】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/01 11:23:46
    ホンダが、セダンなど高級車を中心にした新たな販売店網を来年にも新設することが
    31日、わかった。すでに展開している軽自動車や小型車専門の販売店に加え、
    高級車専門店を設けることで、店舗間のすみ分けを明確にし、販売拡大を図るのが狙い。

    ホンダは小型車専門店の拡充などもあわせ、総額約1000億円を投じて国内販売網を
    整備する。過去最大規模の投資を図り国内販売の競争力を強化する。

    新たに設立する高級車専門店では、31日に発表し6月21日に発売する新型セダン
    「アコード」を取り扱う。新型アコードはハイブリッド車(HV)だけで、燃費性能は
    ガソリン1リットル当たり30キロを達成。先行するトヨタ自動車のHVセダン「カムリ」
    (燃費1リットル当たり23.4キロ)を約3割上回る。

    この「アコード」に加え、来年にも発売する高級セダン「レジェンド」も取り扱う見通しだ。
    ホンダは、2006年に「プリモ」「クリオ」「ベルノ」の3系列の販売店を統合し、
    1つの店舗で全車種を取り扱ってきた。しかし、画一的な店舗となり、特に都心部などでは
    高級車の販売で苦戦を強いられてきた。

    高級車専門店は、軽自動車、小型車も取り扱うが、店頭での展示や試乗は、ミニバンも含めた
    中高価格帯の車種に絞る。開発中の高級スポーツカー「NSX」の販売も視野に入れている
    とみられる。

    現在、ホンダの国内販売は、軽自動車「N BOX」などの売れ行きが好調で、軽、小型車の
    販売が全体の約8割を占めている。

    今後、軽自動車、小型車以外の新型車の発売が数多く控えるため、得意分野にそれぞれ特化した
    販売店網の整備に乗り出すことにした。

    合わせて、販売が好調な軽、小型車の販売に特化した専門店「スモールストア」を約250から
    今年度中にも約300まで増やし、主要来店客の女性、高齢者の取り込みをさらに強化する。

    こうした専門店化の一方で、店舗の大型化も進める。都市部などは週末に来店客が集中するが、
    店舗が狭く、駐車場がすぐに満車となるケースもあり、来店客の取りこぼしにつながっている。
    用地の手当てなどがつき次第、順次、拡大していく方針だ。

    ●参考/新型『アコード』
    no title


    ◎本田技研工業 (7267)--アコード特設サイト
    http://www.honda.co.jp/ACCORD/new/

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/130601/bsa1306010700003-n1.htm

    ◎関連スレ
    【車/販促】ホンダ、燃費30km/リッターの『アコード ハイブリッド』を、特設サイトで先行公開! [05/31]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1370008562/

    【ホンダ、"高級車専門店"新設へ--『アコード』&『レジェンド』、『NSX』も?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: デボンレックス(芋) 2013/05/31 23:20:36
    ポルシェが現在開発を進めている小型SUV、『MACAN』。同車のデビューが、いよいよ近づいてきたようだ。

    これは5月29日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「MACANのワールドプレミアは、11月のロサンゼルスモーターショー」と伝えている。

    車名のMACANとは、インドネシアの言葉で虎の意味。MACANは、同じくフォルクスワーゲングループのアウディ『Q5』の車台をベースに開発されるもよう。すでに、ポルシェのドイツ・ライプツィヒ工場で生産されることが決定済み。

    さらに同メディアは、MACANの発売時期と価格も、予想レンダリングとともに掲載。「英国では2014年春、ベース価格3万6000ポンド(約550万円)で発売される」とレポートしている。

    http://response.jp/article/2013/05/31/199151.html

    【ポルシェの小型SUV、MACAN キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/31 22:56:02
    ホンダは、6月21日(金)に発売が予定されている「アコード ハイブリッド」に関する情報を、
    5月31日よりホームページで先行公開した。新開発の「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を
    搭載することで、30.0km/リッターという低燃費(JC08モード)と、上級セダンにふさわしい
    上質な走りを実現したという。

    「シビック」より上級のモデルとして1976年に初代が発売された「アコード」は、日本では
    2013年3月に8代目モデルが生産終了。3ヶ月の間を置いて、ハイブリッド車として復活する。

    no title


    その心臓部には、2.0リッター直列4気筒i-VTECエンジンに、発電用と走行用という2つの
    電気モーターおよびリチウムイオン・バッテリーを組み合わせた「スポーツ ハイブリッド
    i-MMD」を採用。ホンダが「アース・ドリーム・テクノロジー」と呼ぶ新世代パワートレイン
    の1つで、「世界最高効率」を謳う中型車クラス用のハイブリッド・システムだ。i-MMDとは
    「インテリジェント・マルチ・モード・ドライブ」の略だとか。このシステムでは、エンジンと
    2個のモーターはフロントに並べて横置きされ、走行モードに拘わらず前輪のみを駆動する。
    リチウムイオン・バッテリーは車体のリアに積まれている。

    no title


    走行モードは3種類。まず、主に街中の低速走行時に使われる「EVドライブモード」では、
    リチウムイオン・バッテリーに蓄えられた電力によって走行用モーターのみが前輪を駆動。
    このとき、エンジンはクラッチによって完全に切り離されており、余計なフリクションを
    生じさせない。減速時にはこのモーターが発電機としての役割を果たし、エネルギーを回生して
    バッテリーに充電する。もちろん走行時に排気ガス・CO2は一切出さず、街中における走行時には、
    高い頻度でこのモードになるとホンダは言う。

    力強い加速が必要なときには、バッテリーに加えて始動したエンジンが発電用モーターを回し、
    走行用モーターに電気を供給する「ハイブリッドドライブモード」に切り替わる。ユニークなのは、
    このモードでもエンジンによる駆動が一切行われないこと。電気モーターならではの、アクセル
    ・レスポンスの良さとトルクフルな走りが体感できるという。

    そしてエンジンの効率が高くなる中?高速巡航時では、湿式多板クラッチがつながり、エンジンからの
    パワーが駆動輪に直結する「エンジンドライブモード」になる。エンジンのギア比は固定となるので、
    高速域からさらに加速が必要なときは、シフトダウンする代わりに電気モーターがアシストすることに
    なるようだ。(※続く)

    http://jp.autoblog.com/2013/05/31/honda-accord-hybrid-teaser-site-opened/

    【ホンダ、燃費30km/リッターの『アコード ハイブリッド』を、特設サイトで先行公開!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: 落花流水ρ ★ 2013/05/30 15:11:00
    フリースタイル・モトクロス 大阪大会が6月1日開催…19時からライブストリーミング
    レスポンス 2013年5月30日(木)14時30分配信

     フリースタイル・モトクロス「Red Bull X-Fighters World Tour」が6月1日に大阪でアジア初開催することを受け、
    ジョシュ・シーハン(豪)と鈴木大助が、大阪万博記念公園の太陽の塔前でジャンプを披露した。

     Red Bull X-Fighters は12名のライダーで争われ、シーハンは11名の世界トップライダーたちとともに大阪城を
    前に華麗なトリックを繰り広げる。一方、Red Bull X-Fighters ドバイ大会にも参戦した鈴木大助は、本選の前日
    に行われる日本人ワイルドカード予選に参戦が決定。この予選を突破し、2戦連続参戦を目指す。決勝の様子
    は、6月1日19時より、Red Bull公式サイトで生配信を行う。

     Red Bull X-Fighters World Tour はギザのピラミッドやモスクワの赤の広場など、世界中のアイコニックなロケ
    ーションで開催されているが、アジアで行われるのは今回が初。メキシコ、ドバイ、カリフォルニアと3戦を終えた
    時点で、トーマス・パジェス(仏)が1位、ダニー・トーレス(スペイン)が2位を追っている。6月1日の大阪大会後は、
    7月19 日のスペイン、9月7日の南アフリカへと舞台を移す。


    □Yahoo!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130530-00000044-rps-moto
    ▽Red Bull X-Fighters World Tour 大阪大会
    no title

    【フリースタイル・モトクロス「Red Bull X-Fighters World Tour」6月1日大阪でアジア初開催…19時からライブストリーミング】の続きを読む

    このページのトップヘ