乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    76103210008

    1: ビッグブーツ(WiMAX) 2014/02/25 13:40:50 ID:LzNaZxQ30
    【レポート】米消費者情報誌が「信頼できるバイクは?」を初調査 ヤマハがトップに
    http://news.livedoor.com/article/detail/8571296/

    先日、トヨタが米の自動車ブランド好感度調査で1位となったニュースをお伝えしたが、
    バイク部門でもやはり日本メーカーがトップという調査結果が出たので紹介しよう。
    米消費者情報誌『コンシューマーリポート』は、バイクに乗っている購読者4680人を対象に、
    同誌としては初となる「信頼できるバイク」に関するアンケート調査を実施した。その結果、
    「YZF-R1」「YZF-R6」で人気のヤマハが最も信頼できるバイクメーカーであることがわかった。
    2009年から2012年の4年間で修理が必要なトラブルを経験したヤマハオーナーは10人に1人。
    カワサキやホンダも近い数字を出しており、あまりデータを得られなかったスズキに関しても同様
    だろうと同誌は分析している。一方でハーレーダビッドソンのオーナーは4人に1人、BMWのオーナー
    は3人に1人という高い割合でトラブルを経験している。

    「どの部品がトラブルになったのか?」というアンケートでは、ライトやスイッチ、計器類が21パーセント、
    続いて怖いことにブレーキ系統が20パーセント、電気系統が16パーセント、燃料供給系統が
    15パーセントとなっている。

    また、調査によればアンケートに答えた読者の20パーセントが何らかのトラブルを経験しているが、
    そのうちの75パーセントは200ドル(約2万円)以下の簡単な修理だったとしている。

    ちなみに、バイクのタイプ別ではツーリングバイクが最もトラブルが多く、続いてデュアルスポーツタイプ、
    スポーツツアラータイプ、クルーザータイプという結果になっている。コンシューマーリポートは、ホンダ「CBR」
    やカワサキ「Ninja ZX-6」が最も信頼できるモデルだろうと分析している。

    コンシューマーリポートのHPでは、バイクのメンテナンスについてメカニックからのアドバイスも紹介されている。
    こちらも参考にしていただきたい。

    【アメリカ人が選んだ「信頼できるバイク」1位はヤマハ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 40コメント
    1: ハーフネルソンスープレックス(芋) 2014/02/25 08:27:43
    「2月は忙しくなるぞ」。関東にあるホンダ販売会社の社長は今月始め、そう社員を鼓舞した。主力の小型車「フィット」を発売した2013年の9月以降、
    受注台数と売り上げはうなぎ上りだ。12月には小型SUVの「VEZEL」も加わった。「消費増税の前に買いたい」というお客さんは少なくない。
    こういう時期こそ円滑にクルマを届けるのが店の役目だと息巻いていた。

     この店に限らず、多くのホンダの販売会社が同じ思いを抱いていた。日本自動車工業会の統計データによれば、ホンダの国内販売台数
    (登録車と軽自動車の合計)は昨年11月から今年1月まで3カ月連続で増加。季節要因を除くために直前1年間の移動平均値でみると、
    昨年8月から右肩上がりが続いているのがはっきりとわかる。2月、3月とこの勢いはいっそう増すだろう、と誰もが疑わなかった。

    no title

    しかし、その目論見は大きく外れることになる。最初に流れを狂わせたのは2月8日(土)から9日(日)にかけて関東地域に降り積もった大雪だ。

     幸いにも雪は9日から徐々に溶け始めた。11日の建国記念日の天気予報は晴れ。「すぐに挽回できそうだ」。ほっと胸をなでおろしたのも束の間だった。

    10日、ホンダはフィットとVEZELのハイブリッド車(HV)のリコールを発表した。対象車の台数は8万1353台。両車種のHVの売りだった
    7速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)型自動変速機(以下、DCTと呼ぶ)の制御の不具合だった。発進に時間がかかったり、
    ひどい時には発進できなくなったりする恐れがあるという。

     DCT制御のリコールは、フィットを発売してからすでに3度目だ。ホンダの担当者から不具合を修正する新しい制御プログラムに変更できるのは
    2月21日だと聞かされた。それまではフィット、VEZEL両車種の出荷も停止。すでに販売店に届いていた新車も制御プログラムの修正を施さねばならない。
    当然、11日の納車など出来るわけがない。

    http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20140224/260149/?P=2&mds

    【消えたホンダ販売店の2月 電子制御リコールの深刻な波紋】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    punto
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 21:15:39 ID:VxD7lQ9b0
    左に曲がろうとして右にハンドル切りそうなる

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 21:16:12 ID:SbQ2RZbX0
    守られてる感がすごい

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 21:16:14 ID:1I7esS3D0
    ウインカーを自分で戻す

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 21:16:19 ID:EP1FlqX40
    煽ってるつもりはないけど車間詰め気味になる

    11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 21:19:09 ID:KM9vl9320
    >>4
    バイクだと車間詰めてんの?

    37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 22:53:11 ID:iuSAEHLR0
    >>11
    車間あけると普通に前に割り込まれる

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/02/24 21:17:42 ID:aNGUVhts0
    ミラーの位置を見間違う

    【バイク乗った後の車の運転にありがちな事】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント
    1: ボ ラギノール(芋) 2014/02/24 11:40:24 ID:HlNfg1FrP
    no title


    2月14日から16日に開催された大阪オートメッセ 2014で、ヨコハマタイヤ「PARADA Spec-X」のブースに展示されていた
    パールホワイトのスポーティでラグジュアリーなSUV。ベース車が何なのか、恥ずかしながら咄嗟には分からなかった。
    そう、ヘッドライトやボディ・サイドのキャラクターラインをよく見ればお気付きの通り、クリーン・ディーゼルを搭載するマツダの「CX-5」である。

    no title

    http://jp.autoblog.com/2014/02/23/osaka-auto-messe-2014-kenstyle-mazda-cx-5/

    【マツダのSUV「CX-5」を、"走りそうな顔"にカスタム!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    NGY200909300030

    1: 名無し募集中。。。 2014/02/24 13:58:29
    俺が乗るとたまにアクセルがひっかかって急発進したり本当に危険だと感じた
    明らかにサイズがあってなくてブレーキやアクセルに干渉してるし
    意地でもやめないからやめさせるいい知恵はないだろうか

    6: 名無し募集中。。。 2014/02/24 14:00:35
    そういうのは本当に事故るまでやめないよ
    命より車が傷つかない方が重要なんだから

    13: 名無し募集中。。。 2014/02/24 14:01:44
    一回危険だからはがして乗ったら猛烈に怒られた
    アクセルがひっかかって急発進すると言ってもそれはお前の乗り方が悪いだと

    20: 名無し募集中。。。 2014/02/24 14:04:32
    >>13
    じゃあほっとけばいいだろ
    事故れば目が覚めるわ

    16: 名無し募集中。。。 2014/02/24 14:02:43
    マットの上にマット敷くってバカじゃねーのw

    103: 名無し募集中。。。 2014/02/24 17:41:26
    >>16
    じゃねーのじゃなく馬鹿w

    こう言う奴って新車で買った車のシートに付いている
    ビニールを暫く付けたままで乗っているとみたw

    【親が車のフロアマットの上にビニールのフロアマット敷いてるが危険だと言ってもやめようとしない】の続きを読む

    このページのトップヘ