乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/22(木) 01:26:37.09 ID:zTGmy3Q20.net

    【【悲報】イスラム国戦闘員がTwitterでTOYOTA車をベタ褒め! 「トヨタランドクルーザーは我々の戦友だ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント
    1: 栓抜き攻撃(catv?)@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 10:00:37.45 ID:Jg/fMj630.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    no title


    女性カーデザイナーのミッシェル・クリステンセン氏をご存じだろうか? おそらく、最近発表されたスーパーカーの情報をネットでチェックしているか、あるいはスポーツ・クロスオーバーの
    流行初期の頃から多大な興味を抱いていた人でなければ、彼女の名前を聞いてもピンと来ないかもしれない。

    北カリフォルニア出身のクリステンセン氏は、ドラッグレーサーの一家に育った。あの偉大な1932年型フォードや、「プリムスGTX」、「ダッジ・スーパービー」など数々の名車が
    自宅ガレージにあったという。ティーン時代の彼女は、友人のためにプロム(アメリカの高校などで卒業前に行われるダンスパーティー)で着るドレスをデザインしたり、
    レーシング・チームのピットクルーとして働くことを夢見て過ごした。やがて、高校時代に出かけたモーターショーで、父親から著名なカーデザイナー、チップ・フース氏のことを
    教えてもらったのがきっかけで、そうした職業が存在することを初めて知る。その後、カーデザイナーになることを志した彼女は、
    世界的なデザイナーを数多く輩出することで知られるカリフォルニア州パサデナのアートセンター・カレッジ・オブ・デザインに進学し、卒業制作で「プリムス・バラクーダ」をリデザインした。
    そんな彼女の肩書に新たに加わることになるのが、新型アキュラ「NSX」のリード・エクステリア・デザイナーだ。

    スーパーカーのエクステリア・デザインを手がける初の女性リーダーとなったクリステンセン氏だが、そのキャリアはまさに"初めて尽くし"。2005年、大学を卒業するとホンダに入社し、
    アキュラ部門初の女性カー・エクステリア・デザイナーとなった。さらに、入社後に初めてデザインした「ZDX」のコンセプトを描いたスケッチが、社内コンペを経て市販モデルのデザインに選ばれている。
    http://jp.autoblog.com/2015/01/21/acura-nsx-female-designer-michelle-christensen/

    【ホンダの新型「NSX」は、初めて女性がデザインを指揮したスーパーカー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 153コメント
    design_takeri01
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/22(木) 08:55:44.88 ID:GYqzHQNUd.net
    プリウスなんかよりよっぽど売れるべき
    マツダはもっと魅力を宣伝しろ

    【車のこと知れば知るほどマツダがダントツで「買い」だと思うんだが】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント
    images
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/21(水) 15:04:36.95 ID:HGlbCFYD0.net
    普通のブレーキだけで十分でしょ
    一般車にはいらなくね??

    【車のハンドブレーキってドリフトするためにあるの???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント
    mandatory-motorcycle-abs
    1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 01:53:40.77 ID:???0.net
    朝日新聞デジタル 1月21日(水)19時18分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150121-00000039-asahi-soci
     国土交通省は21日、高速道路を走るバスとトラックに、車線からのはみ出しを警告する装置の搭載を義務づけると発表した。
    居眠り運転が原因とされる、2012年に起きた関越道のツアーバス事故を受けた措置。省令を改正し、
    17年11月以降につくられる車に順次適用していく。

     新たに義務づける「車線逸脱警報装置」は、車体に取り付けたカメラで路上の白線を検知し、走行中の車線をはみ出すと音や表示、
    振動でドライバーに知らせるしくみ。居眠りなどで車がふらついた場合に効果があり、国内メーカーで搭載が進んでいる。

     12トン超のバスと22トン超のトラックの新型車でまず義務づけ、19年11月までにより軽い車へと拡大する。
    すでに製造中の車種は設計変更が必要なため、2~3年の猶予期間を設ける。現在走っている車は対象外。

    また、50ccを超すバイクには、急ブレーキ時に車輪のロックを防ぐアンチロックブレーキシステム(ABS)などの搭載を18年10月から義務づける。

    【バイクにはABS、バス・トラックに「車線はみ出し警報装置」の搭載義務化-国交省】の続きを読む

    このページのトップヘ