乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/05/29 20:47:50 ID:BZaA9z0/0
    こんなの教習所で教えてもらってないぞ
    ポールがどうとか現実でどう使うねん

    【免許取ったばかりなんだが車庫入れムズすぎワロタwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/29 16:55:19
    日産自動車は29日、日産グローバル本社ギャラリーや日産銀座ギャラリーで勤務する
    「日産ミスフェアレディ」に関して、2013年4月入社の新人6名を加えた総勢27名の
    新体制(第48期)を発表した。

    日産ミスフェアレディは、日産自動車が直営する「日産ギャラリー」で勤務する
    日産PRスペシャリストで、ユーザーのライフスタイルにあわせたクルマの提案や、
    販売店の紹介などを行う。また、国内のモーターショーや各種イベントでのナレーション、
    新型車発表会の司会、報道関係への取材対応などで、"日産の顔"となり多岐にわたって
    活躍するとのこと。

    日産ギャラリーは、横浜のグローバル本社と銀座にある同社のブランド発信拠点。
    同社の新型車情報や企業情報を来場者に提供するほか、さまざまなイベントを開催。
    また、横浜のグローバル本社ギャラリーでは、国内の最新モデルや海外で販売している
    クルマの展示、日産オリジナルグッズを販売する日産ブティック、飲み物などを
    提供するGALLERY CAFEなども併設している。

    no title


    ◎日産自動車(7201)のリリース
    http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2013/_STORY/130529-01-j.html

    http://news.mynavi.jp/news/2013/05/29/167/index.html

    【日産、『ミスフェアレディ』の新体制を発表--第48期・総勢27名】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: そーきそばΦ ★ 2013/05/29 12:34:21
    若者のバイク離れで低迷が続いていた国内の二輪車市場に、人気復活の兆しが出ている。メーカー各社が海外生産で価格を抑え、
    若者を魅了するスポーティーなデザインの車種を投入していることが背景にある。
    初心者でも乗りやすいようにし、女性向けのイベントも開いて利用者層の拡大を狙う。

     ■ちょうどよく
     東京都内に住む会社員、天野恵理子さん(27)=仮名=は昨年夏、排気量250ccのバイクを購入し、月に1~2回、友人とツーリングに出かける。
    「低燃費で経済的。軽くて乗りやすいので、気晴らしに街中を走るのにもちょうどいいです」

     全国軽自動車協会連合会のまとめによると、趣味性の高い車種が多い125cc超のバイクの新車販売台数は、
    昨年で前年比14・9%増の約10万6000台と、7年ぶりに増加した。このうち、
    車検がなく維持費が安い250cc以下は16・5%増の約4万5300台。ことし1~4月は前年同期比52・2%増と一段と勢いづいている。

     ■タイで生産
     市場をけん引しているのは最大手のホンダだ。2011年3月に発売した「CBR250R」をはじめとして「20代を中心に予想を上回る売れ行きで、
    女性の購入比率も高い」(ホンダモーターサイクルジャパンの井内正晴社長)。

    ソース 夕刊フジ
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130529/dms1305291213012-n1.htm
    画像 人気のスポーツタイプのバイクが並ぶ「ホンダドリーム川崎宮前」の店頭=川崎市
    no title

    (続)

    【若者のバイク人気が復活の兆し 価格抑え、デザイン工夫で魅了し、250ccなどを中心に売れまくり】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/05/29 15:05:47
    デンソーは自動車のバックカメラの汚れを洗浄する「バックカメラウォッシャー」を
    6月3日に発売する。泥やほこり、雨水などが付着してモニター映像が見にくくなったり、
    ゆがんだりした時に、運転席からのスイッチ操作で洗浄液が流れ汚れを除去する。
    バックカメラを洗浄する装置の発売は国内で初めてという。

    取り付け可能な車種はトヨタ自動車のプリウスやアクア、ヴェルファイアなど11車種。
    今後、搭載できる車種を増やしていく。他社の自動車にも採用を働きかける方針。

    ノズル、ホース、電動弁、コントローラーがセットになっている。希望小売価格は取り付け
    費用別で9800円。全国のトヨタのディーラーやデンソーサービスステーションで販売する。

    no title

    no title


    ◎デンソー(6902)のリリース
    http://www.denso.co.jp/ja/news/newsreleases/2013/130529-01.html

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL290KR_Z20C13A5000000/

    ◎関連スレ
    【車/IT】後付けできる衝突防止補助システム、スマホとの連動も--アイモバイル『モービルアイ560』(16万円) [05/29]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1369793223/

    【国内初、デンソーが自動車向けバックカメラ洗浄装置を発売--9800円(取り付け費用別)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/05/29 12:19:27
    ソースは
    http://response.jp/article/2013/05/29/198913.html

    現在、世界における自動車のヘッドライト光源はハロゲンバルブが全体80%を占めている。
    残りの20%弱がキセノンバルブとなり、LEDなどそれ以外の光源は数%と言われている。
    しかし、フィリップス アーヘン工場(同社の自動車用照明機器の世界最大の製造拠点)の
    アプリケーションラボ ルーカス・クーパー氏によれば、自動車用のLEDライトは
    少しずつだが着実に増えており、今後はシェアを拡大していくとみている。

    そのシナリオは、まず、コスト的に課題のあるキセノンバルブの市場がLEDに置き換わって
    いくだろうとする(クーパー氏)。
    全体の8割を占めるハロゲンバルブは、コストパフォーマンスにも優れており、この市場が
    すぐに大きく減少することはないが、長期的にはやはりLEDに置き換わっていくとも予想
    している。
    LEDは消費電力の面で圧倒的な優位にあるが、明るさの点でハロゲンやキセノンに及ばない。
    また、放熱対策といった問題も抱えているが、消費電力と明るさの改良は日々進んでおり、
    その差は埋まりつつある。

    また、光源そのものが小型化しやすいため、ライトとしてのデザインの自由度が格段に
    上がることも、LEDライトの採用拡大を後押ししている。
    ハロゲンバルブが、ダブルフィラメントでHi/Lowが一体化されたH4より、
    シングルフィラメントのH7など新しいタイプが人気なのも、ヘッドライトのデザインが
    しやすいからだ。

    デザインのしやすさはヘッドライトに限らず、DRL(Daylight Running Light)や
    リヤランプ・マーカー類、車内照明などにも言えることで、LEDライトは世界的にみても
    オールマイティでの採用が進んでいる。そのため、アプリケーションラボにおいて
    LED製品の研究と開発が進められている。
    アプリケーションラボは、LED照明の明るさや消費電力のような技術的な研究開発だけで
    なく、名前が示すように応用事例も含めたトータルな研究開発を行っている。
    例えば、ADBまたはAFSといった配光パターンや方向を動的に制御するヘッドライトのLED化もこのラボで行っている。他にも各種LED式のDRL、トラック用のLED灯火類なども
    自動車メーカーや灯具メーカーのやりとりしながら開発を行っている。
    面白いところでは、NeoVisionという作業用のLEDライトの商品開発も同ラボで行った
    そうだ。NeoVisionは、円筒形のLEDライトだが、磁石とクリップで好きなところに
    固定でき、ライトの向きも任意に調整できるようになっている。自動車整備などで
    便利だろう。

    さらにLEDの次にくる光源としてレーザーの応用も考えているという。
    レーザー光線は通常目には見えないが、特殊なフィルターによって可視化し、そして
    レンズによって光を拡散させることでヘッドライトの光源として利用可能になる。
    レーザー光源のメリットは光源をさらに小さくできることだそうだ。
    それによりデザインや応用にさらに幅がでてくるはずだ。
    ただし、レーザー光源はまだ研究段階であり、実用化にはあと4、5年かかりそうだという。

    60年以上前、カーバイトライトを電球に置き換えたフィリップスは、現在まで、時代ごとに
    新しい光源を求め開発を続けているようだ。

    -以上です-

    【ヘッドライト光源は向こう5年で大変革を遂げる…本命はレーザー】の続きを読む

    このページのトップヘ