乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 58コメント
    prip

    1: ブラディサンデー(東京都) 2014/01/14 19:45:24 ID:wHJJmqBIP
    消費税増税に伴い政府が検討する自動車課税の見直し案の全容が6日、判明した。
    重さに応じて課税する自動車重量税については消費税率が8%になる来年4月から、
    燃費の悪い旧型車の税額を引き上げる一方、環境性能に優れたエコカーの減税幅を拡充する。
    また消費税率が10%になる段階では、自動車取得税を廃止する代わりに、
    購入初年度の自動車税を燃費性能に応じて増減税する方式とし、
    軽自動車税の増税も検討する。与党税制調査会で詰めの調整を急ぎ、平成26年度税制改正大綱に盛り込む。

     自動車重量税については新車登録から11年以上が経過した旧型車の税額を0・5トン当たり
    最大年1千円増税する方向で検討する。新車登録から11年超~13年の車は現状に比べ900円、
    13年超~18年は1千円のそれぞれ増税になる。一方、エコカーの重量税は、
    平成27年度の燃費基準を2割上回る車に対して、2回目の車検時の減税幅を現行の50%から75%に引き上げる。

    http://www.sankeibiz.jp/macro/news/131207/mca1312070016000-n1.htm


    現行   13年超の車は自動車税が増税される
    新制度  11年超の車に自動車重量税を新たに増税、13年超~18年の車は重量税を増税

    【新車登録から11年以上経過した車は重量税増税へ 古い車を長く乗り続けるのは環境にやさしくないと判断】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: フライングニールキック(芋) 2014/01/13 11:25:46 ID:nqBoztAKP
    CES14では、CEOがキーノートスピーチを行うなど何かと話題を呼んだアウディ。CES会場では次期アウディTTに搭載される予定の
    「デジタル・インストゥルメンタル・パネル」がデモされた。メータ自体が一枚の高画質パネルになっていて、好みでカスタマイズできる。

    このパネルには、NVIDIAがCESで発表した「Tegra3」ベースのVCMが組み込まれており、メーターデザインに合わせたオリジナルの
    12.3型高画質ディスプレイによる表示を実現した。ここには通常のメーターパネルをはじめ、ナビゲーションを表示させ、
    ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などの設定も可能。車両設定やオーディオシステムの設定もこの画面上で行える。

    見た印象としては、かなり高精細であったことだ。視野角も広めで、あまり不要なのかもしれないが、多少ずれて覗いても鮮明さは変わらなかった。
    画面の切り替えはアウディコネクトとして操作するコンソール中央にあるコントロールダイヤルで行う。リニアな動きは操作して小気味良さを感じるほどで、画面の切り替えも一瞬で終える。操作の流れでも難しいと感じることはなかった。

    屋外での利用で輝度がどの程度あるか気になるところだが、最近の液晶ディスプレイの技術を踏まえればそれほど不安はないだろう。
    むしろ、ディスプレイが統一されることで、コンソール上でのデザインがこれまで以上にしやすくなり、操作時の視認性が大幅に高くなる。
    何よりも見ていてカッコイイ!とくにTTのようなスペシャルスポーツカーにとって意味合いは大きい。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://response.jp/article/2014/01/12/214696.html

    【アウディのデジタルインパネはインテリアに革命おこすか…次期 TT に搭載予定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 51コメント
    1: ときめきメモリアル(チベット自治区) 2014/01/14 01:49:17 ID:B2SML4hJ0
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140114/biz14011400160000-n1.htm

    トヨタ「FT-1」公開 スポーツカー試作車、北米自動車ショー開幕
    2014.1.14 00:14
    no title

    北米国際自動車ショーでトヨタ自動車が発表した「FT-1」=13日、米ミシガン州デトロイト市(柿内公輔撮影)

     【デトロイト=柿内公輔】世界最大級の自動車見本市、北米国際自動車ショーが13日、ミシガン州デトロイトで開幕し
    た。トヨタ自動車がスポーツカーの試作車を発表するなど、日米欧などの主力メーカーが戦略車を競い合う。拡大する北米
    市場でアピールし、販売増につなげたい考えだ。

     日本車勢の先陣を切りトヨタは「FT-1」を公開。商品化は未定だが、「力強く生き生きとした」走りに特化したスポー
    ツカーで、北米のデザイン開発部門がレーシングカーを意識し内外装をデザインした。初日はまたホンダが新型「フィット」
    の北米モデルを初披露し、日産自動車は量産型スポーツセダンの試作車を公開する。

     14日は、ホンダが米国高級車ブランド「アキュラ」の試作車を発表するほか、トヨタも高級車ブランド「レクサス」の
    新型高性能クーペを出展。

     北米で発売された優れた新型モデルに贈る2014年の「北米カー・オブ・ザ・イヤー」もショーの会場で発表され、
    GMのスポーツカー「シボレー コルベット スティングレー」が選ばれた。


    2: セントーン(埼玉県) 2014/01/14 01:50:08 ID:iSZCg74h0
    画像ちっさすぎだろ

    5: セントーン(埼玉県) 2014/01/14 01:57:49 ID:iSZCg74h0

    8: セントーン(埼玉県) 2014/01/14 02:04:06 ID:iSZCg74h0
    no title

    no title

    抜けてた

    【トヨタ「FT-1」公開 スポーツカー試作車、北米自動車ショー開幕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 130コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 22:00:12 ID:96AIQ0su0
    両者のフラッグシップモデルである
    メルセデスのSクラスと
    レクサスLSを比べると
    いかにレクサスがしょぼいか分かる

    高級感はあと100年経ってもメルセデスに敵わない

    no title

    no title

    no title

    no title

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 22:01:02 ID:9IMDH60z0
    価格はどうなん?
    もちろん同じくらいの価格で比べてるんだよな?

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 22:01:14 ID:96AIQ0su0
    >>3
    もちろん

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 22:01:48 ID:96AIQ0su0
    レクサスは高いくせに田舎臭い

    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 22:27:48 ID:MUAwtQci0
    >>7
    レクサスは下品だよな。チンピラやど田舎の品のない奴がドヤ顔で黒を乗ってるイメージ。
    男はやっぱベンツ。それもシルバーか白な。

    51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 22:31:50 ID:J3tnEtQx0
    >>44
    ベンツも同格だろ
    男はBMWだろ

    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/12 22:33:21 ID:CbPRfgLr0
    >>51
    男ならボルボよ

    【メルセデス・ベンツは至高高いだけはある レクサス(笑)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/13 22:35:46
    ★平成版ケンメリGT-R、ついに発売…ベース車は? [2014年01月13日]
    http://response.jp/article/2014/01/13/214718.html
    画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    昨年のオートサロンではマスターモデルを展示していたが、今回はいよいよ
    製品版として、この平成版ケンメリGT-Rを完成させたのだ。
    R32スカイラインのボディパネルを剥がして、ケンメリから型取りしたFRP製の
    ボディパネルを貼り付けることで、このケンメリクリソツのスタイリングを実現している。

    R32のボディにフィットさせるために若干、寸法を変えているそうだが、はた目には
    ほとんど分からない。てっきりケンメリにRB26を積んじゃったのか、と思ったほど、
    フォルムは良く出来ている。
    「そう思ってもらえれば、私としては大成功ですね」渡辺社長はそう言って歯を見せた。

    価格はベース仕様の状態で798万円~。ケンメリをベースにフルレストアしてGT-R仕様
    にする場合に比べ、ずっと低コストでしかも高性能、高信頼性が確保できるのがメリットだとか。

    さらにはフルタイム4WDやAT仕様、フルチューンのRB26搭載など、オプションも
    自由自在でアフターパーツもR32用の機能パーツが使えるので、リーズナブルで
    豊富と、いいことずくめ。オリジナルのケンメリGT-Rの販売経験も豊富な、
    ロッキーオートならではのノウハウが詰まったコンバージョンモデルだ。

    【平成版ケンメリGT-R、ついに発売…ベース車は? 】の続きを読む

    このページのトップヘ