乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1363683888/

    1: オシキャット(千葉県) 2013/03/19 18:04:48 ID:5DT6tg6G0
    2014年モデルとして全面刷新されるメルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン"Mercedes-Benz S-Class Sedan"の姿がカモフラージュされていない状態で撮影された。おそらくは販促用のプロモーション映像の撮影中であったようだ。

    benz w222

    w222 sclass

    2014 w222

    new sclass w222

    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51771352.html

    【2014 メルセデス・ベンツ Sクラス(W222)のデザインが酷い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364013974/

    1: カラカル(東日本) 2013/03/23 13:46:14 ID:wo+X0ukx0
    荒川静香さん「女性もバイクに」 ヤマハ発大使に 2013年3月22日22時39分

     【豊岡亮】トリノ五輪フィギュアスケート金メダリストの荒川静香さんが22日、ヤマハ発動機の二輪車PR大使(アンバサダー)に就任した。
    女性や若者のライダーを増やして二輪車離れを食い止めようと、大型二輪免許を一昨年に取得した荒川さんに同社が白羽の矢を立てた。

     荒川さんは、練習帰りにすてきな女性ライダーを見かけたのをきっかけに、バイクに興味を持ったという。愛車は北米で人気のヤマハの大型バイク「ストライカー」(排気量約1300cc)。
    これが縁で同社初のPR大使に起用された。「女性ライダー向けのイベントなどを通じてバイクの魅力を伝えたい」と話した。

     国内の二輪車市場は縮小が続き、昨年の販売台数は約44万台と20年前の約3割まで落ち込んだ。日本自動車工業会のアンケートでは、ライダーの高齢化や女性離れの傾向が目立つ。
    http://www.asahi.com/business/update/0322/TKY201303220388.html

    no title

    no title

    【「女性もバイクに」 荒川静香さん、ヤマハの二輪車PR大使に 愛車は大型バイク「ストライカー」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1363740414/

    1: オリエンタル(千葉県) 2013/03/20 09:46:54 ID:wzKvcbXF0
    ホンダはN-BOXの快進撃に続き、軽市場のド真ん中めがけて、新型N-ONEを送り出してきました。昭和のN360をモチーフにしたデザインは、とても新鮮で魅力的に映ります。
    しかしその背景には「フィットを超えろ!」という大号令の元、軽事業を刷新したホンダの「日本のものづくり」戦略がありました。

    no title

    no title


    ■開発陣の合言葉は、フィットを超えろ!

    新型N-ONEでは、開発陣に「フィットを超えろ!」と大号令をかけたのですから、生半可な覚悟ではありません。実は、ホンダ軽事業の存亡を掛けた大勝負だったのです。

    N-BOXが子育てファミリー層向けなら、新型N-ONEはその前後世代の若者とシニア層がターゲットです。難しいのは、目の肥えたシニア層に選んでもらうこと。
    N-ONEでは「軽のプレミアム」を目指し、軽を感じさせないデザインと質感、大人4人がゆとりを持って過ごせる室内空間と静粛性を実現しました。
    更にターボを「ダウンサイジング・ターボ」と位置づけ、走りの質感を高める排気量増幅装置として活用。1.3Lのフィットを凌ぐ走行性能を実現したのです。

    ■懐かしさと新しさが融合したデザイン!

    「昔のデザインをやってはいけない」というホンダの伝統が渦巻く中、N360のモチーフを採用するには紆余曲折があったとのこと。
    浅木LPLは「俺たちは軽ではなく新しいスモールを作って新たな市場を開拓していく。真似ただけならゾンビカーだが、N-ONEはN360のデザインと志を引き継いだヘリテージカーだ。」という信念を貫いたのです。
    まさしく昭和世代には「懐かしさ」を、平成世代には「新しさ」を感じさせる魅力的なクルマに仕上がっていると思います。

    リーマンショックと超円高の影響で、国内販売と輸出の減少に見舞われ、産業空洞化が進行してしまいました。
    浅木LPLの「日本のニーズに合っているのは軽自動車。ホンダの国内戦略は、日本のものづくりと雇用を守ることにもつながる。」というコメントに、「日本企業としての誇り」と「ホンダ魂」を感じずにはいられません。
    頑張れ、NEW NEXT NIPPON NORIMONO!

    http://clicccar.com/2013/03/19/215549/

    【新型ホンダN-ONEの開発指令は、なんと「フィットを超えろ」、そしてフィット超える走行性能に!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    引用元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363876102/

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21 23:28:22 ID:Nf5wfjmJ0
    し、死んでる…

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21 23:29:04 ID:ODYBK3220
    あっちのほうにみんなで走って行ってたよ

    【自転車スレはどこいった?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1363956484/

    1: スノーシュー(山梨県) 2013/03/22 21:48:04 ID:ipBk2dlD0
    【東京モーターサイクルショー13】伝統のカブにオフロードタイプ…ハンターカブの再来
    2013年3月22日(金) 15時30分

    3月22日に開幕した、東京モーターサイクルショー2013。
    ホンダは、ビジネスバイク『カブ』をオフロードタイプに仕立てた『CROSS CUB』を参考出品した。

    クロスカブは、エンジンやフレームは『スーパーカブ110』をそのままに、アウトドアイメージをプラスし、
    ホンダが海外向けに販売していた『CT110』“ハンターカブ”を彷彿とさせるモデルとなっている。
    同社の担当者は「このクラスでは、PCXといったスクータータイプの数が多くなってきましたので、
    そういったモデルでは満足できない層に向けて開発しました」といい、個性派に向けてアピールしていきたい構え。
    発売時期に関しては「夏ぐらいまでに発売したい」(同担当者)とのこと。

    《椿山和雄》

    http://response.jp/article/2013/03/22/194191.html

    【伝統のカブにオフロードタイプ…ハンターカブの再来だ!バイクブーム来い!】の続きを読む

    このページのトップヘ