乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: イス攻撃(北海道) 2013/10/19 18:38:18 ID:iXbZZSXe0
    オークネットは、2013年9月度のオークネットバイクオークションにおける成約台数を集計し、排気量別ランキングをまとめた。

    250ccクラスは、新型ロードスポーツの普及が早まっているため、人気のあった旧型スポーツ需要が減少。
    相場の展開も新型車中心に大きく移行している。
    ランキングトップはホンダ『フォルツァ』、2位はヤマハ『マジェスティ』、3位『スカイウェイブ』と、トップ3はビッグスクーターが独占した。

    400ccクラスは、マルチ系のネイキッドが幅を利かせているため、市場に流通不足の状態が続いている。
    特に、カワサキZRX系、ゼファー系が全く衰えず、異例なまでの相場展開を見せている。
    1位はホンダ『CB400SF/SB』2位はヤマハ『ドラッグスター400』、3位はカワサキ『ゼファー400』だった。

    401cc以上のクラスは、大型車の動きが活発で、特に高年式車や高額車に人気が集まっている。
    トップはハーレー『スポーツスター』、2位がホンダ『CB1300SF/SB』、3位がヤマハ『V-MAX』だった。

    http://response.jp/article/2013/10/18/208819.html
    9月は全体的に、高い相場を保ったままでの推移が続いている。気温が平均的に高く店頭での賑わいが衰えていないことで、市場での流通玉確保が継続。例年とは異なる活況を見せつけている。
    《纐纈敏也@DAYS》

    【2stバイクに乗ってた青春… 中古で買ってみたらパーツがもう出てこない(´・ω・`)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: ジャンピングパワーボム(芋) 2013/10/19 07:05:55 ID:rZf8UgKo0
    no title


    2013年秋にはその姿を見せると思われていた次期マツダ ロードスターの開発が、リスケジュールされた模様。ただし、それは暗礁に乗り上げたわけではなく、発展的な後ろ倒しのようだ
    新型では“楽しさ”でも世界一を目指す

    ワザのデパートとなって登場する次期ロードスター

    Mr.ロードスターといわれた元マツダのエンジニア、貴島孝雄氏は「前モデルを超えなければ、出す意味がない」という貴島イズムとも呼べる厳格な掟を貫いていた。
    現行モデル開発陣もこの掟を受け継ぎ、より進化したロードスターを目指した結果が、今回のリスケジュールだ。

    その証拠にマツダは、次期型に数多くの新技術を採用する。まず、オープンカーの根幹である屋根についてだが、現行型の2分割式折りたたみハードトップは3分割方式となる。
    ルーフの一部をカバーにすることでスタイリングの自由度を高め、幌と同じような自然なデザインを可能にする。部品点数は増えるが、現行型と同じ幌車比約40kg増に収まるはずだ。また、ハードトップは電動に加え、手動タイプも用意されるという。

    オープンカーの弱点ともいえる屋根を取ったことによる剛性低下に関しても新技術がフォローする。なんと、助手席はフロアにダイレクトに取り付けられるというのだ。
    前後スライド用のレールを外すことで、軽量化しつつ剛性も向上させた。また、シート周りに関しては、シートベルトの巻き取り口を通常とは逆のセンター側に設けるという案も出ているようだ。

    もちろん安全性能も向上する。シート背後のロールバーには横転保護のエアバッグが内蔵されるようだ。また、サイドインパクトバーをドアヒンジと直結させ、
    パーツを重くすることなく側突性能を高めた。これは、ボディ剛性の確保やドア開閉時の高級感にも効果があるという。

    no title

    http://www.carsensorlab.net/carnews/14_23475/

    【新型ユーノス ロードスター【スクープ!】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    chinaporschetoothpaste

    1: トラースキック(WiMAX) 2013/10/18 21:36:23 ID:JrR8v2c3P
    隔日で奇数・偶数ナンバーを運転禁止に、大気汚染に北京が新規制
    2013年10月18日 10:41 発信地:北京/中国

    【10月18日 AFP】中国・北京(Beijing)のドライバーは間もなく、大気汚染が深刻な日が
    続いた場合には、運転を1日おきにしかできなくなる見込みだ。国営新華社(Xinhua)
    通信が17日、報じた。

    ?北京では、息が苦しくなるような刺激性の強いスモッグが定期的に発生している。
    その要因は主に、重工業と自動車の排ガスだ。

    ?新華社によると、北京市当局は16日、深刻な大気汚染が3日間続いた場合、
    車のナンバープレートの数字が奇数か偶数かによって1日おきに市内道路の通行を
    禁止する規制案を承認した。

    ?同規制案は、現行の規制を発展させたもの。現在同市では、ナンバープレートの
    末尾の数字によって、週に1度いずれかの平日に北京市内への車の乗り入れが
    禁止になっている。末尾の数字は1日に2つ指定される。(c)AFP

    http://www.afpbb.com/articles/-/3001641

    【北京の画期的大気汚染対策 「今日はナンバーが奇数の車は運転禁止。明日は偶数」 1日おき通行規制】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント
    1: そーきそばΦ ★ 2013/10/18 22:02:16
    JAF(日本自動車連盟)は10月16日、「見えない!止まれない!ロービームの限界を知る」と題し、
    ハイビームとロービームの視認性を検証する走行テスト動画をホームページに公開した。

    暗い道での走行時は、対向車や先行車等がある場合を除いてハイビームにするのが基本だが、
    当該車両等がない場合にもロービームで走行するドライバーが多いのが実態となっている。
    ハイビームを使用していないと、障害物の発見が遅れる可能性があり、特に高速走行時には、その傾向が顕著となり、衝突の危険性が高くなるという。

    JAFでは、運転歴20年以上の30~50代の男女5人のモニターに時速80kmと時速100kmでテストコースを走行してもらい、
    任意に置かれた障害物までの停止位置を測定し、ハイビームとロービームの視認性の違いを検証した。

    その結果、ロービームを使用し時速100kmで走行した際には5人中4人が障害物の前では停止できず、
    ハイビームに比べ、ロービームは視認性が限られることから障害物の発見が遅れることが確認できた。

    JAFでは、今回のテスト結果をホームページで公開するとともに、対向車や先行車、歩行者がない場合には、
    ライトを積極的にハイビームにして走行するよう、ドライバーに呼びかけている。

    ソース レスポンス JAF、「夜間走行時はハイビームが基本」視認性検証テストを公開
    http://response.jp/article/2013/10/16/208645.html

    【JAF「夜間走行時はハイビームが基本」 視認性検証テストを公開】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    スマートアシスト3feature_03_img_01

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/18 21:26:16
    ★「自動ブレーキ」が5万円以下で手に入る時代に
    ダイハツとスズキが相次いで採用
    2013/10/18 00:00

     前方を走るクルマが急停止する。慌ててブレーキを踏むが間に合わない。こうした日常によくある
    危険を回避してくれる“ぶつからないクルマ”が注目を集めている。前走車との位置関係を把握しておき、
    衝突の危険が高まったと判断したときに自動でブレーキを掛けてくれるシステムだ。

     高級車を中心に搭載されてきた自動ブレーキだったが、ついに軽自動車でも普及が始まった。
    きっかけを作ったのはダイハツ工業。同社は2012年12月20日、改良した「ムーヴ」に軽自動車で初めて
    衝突回避支援システム「スマートアシスト」装備した。低速域衝突回避支援ブレーキ、誤発進抑制制御、
    先行車発進お知らせ、ESC(横滑り防止装置)などの機能を備える。

     特筆すべきはその価格だ。スマートアシストを標準装備するグレードと非搭載のグレードの価格差は
    5万円しかない。消費者の反応は良好で、発売から約半年となる2013年6月18日には、スマートアシスト
    搭載車両の出荷台数が5万台を突破した。同社によれば、新型ムーヴの購入者のうち、「約6割はスマート
    アシストを搭載する車両を選んでいる」(ダイハツ工業)という。

     先行車との距離は赤外線を使ったレーザ・レーダで測る。日本では事故の6割は30km/h以下で起こる、
    というデータを元に、高速での性能を重視せずレーザ・レーダを選んだ。「カメラやミリ波レーダでは
    5万円は不可能だった」(ダイハツ工業)という。

     低速域衝突回避支援ブレーキ機能は約4~30km/hで走っているときにレーザ・レーダが前の車両を認識する。
    衝突の危険性が高い場合に、運転者に警告。その後も運転者がステアリングやブレーキで回避操作せず、
    衝突の危険性が非常に高まった場合に緊急ブレーキが作動。相対速度が約20km/h以下の場合は衝突回避、
    約20~約30km/hの場合は、被害軽減を支援する。30km/h以上では、システムを停止する。(以下略)

    http://techon.nikkeibp.co.jp/article/FEATURE/20131001/306548/

    【「自動ブレーキ」が5万円以下で手に入る時代に】の続きを読む

    このページのトップヘ