乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 非常勤φ ★ 2013/06/17 14:45:14
     【ローマ共同】独特の重低音エンジンで知られる米ハーレーダビッドソン社製のバイク愛好家らが16日、
    バチカンに集結、法王フランシスコによる日曜ミサに参列した。
     愛好家らはバチカンのサンピエトロ広場に続く目抜き通りにハーレー約800台をずらりと駐車。
    トレードマーク入りのTシャツなどを着て広場でのミサに臨み、法王の祝福を受けた。
     法王はミサに続く正午の祈りの集いでも「ハーレーダビッドソンの大勢の愛好家らにあいさつします」と呼び掛けた。
     今年はハーレー社の創業110周年で、世界各地で記念イベントが開かれている。

    http://www.oita-press.co.jp/worldInternational/2013/06/2013061701001321.html
    no title
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/130617/erp13061708430001-n1.htm

    http://www.mysanantonio.com/news/slideshow/Harleys-gather-at-the-Vatican-64675.php
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【ハーレー800台がバチカンに集結、日曜ミサに参加】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    E38387E38396E38390E382A4E382AF-64e7a


    1: 774RR 2013/06/01(土) 20:22:47.31 ID:gymPGHJd
    ライダーの平均年齢は40オーバーになっちまった。
    おまいら、日々中年太りを気にしてたり戦ったりしてるんだろ。
    オレもだ!バイク海苔のダイエット成功談を聞かせろ下さい。

    【ライダーズダイエット】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/17 22:07:30
    自動車メーカー各社が軽自動車の海外展開を探り始めた。自動車が普及し始めたばかりの新興国でも、
    価格など経済的な優位性や省エネ性能が注目され、「エントリーカー」として小型車のニーズが
    高まっているためだ。

    日本の軽自動車は国内だけで通用する独自規格のため、各社とも国内で生産し、国内だけで販売して
    きた。同じように国内だけで進化した携帯電話「ガラパゴス携帯」になぞらえ、「ガラ軽」とも
    言われる。しかし、メーカー間のコスト競争が激しくなり、車体や部品の世界共通化が課題となる中、
    三菱自動車など各社が軽自動車をベースとする小型車開発を視野に入れ始めている。

    三菱自の益子修社長は6日の軽の新型車発表会で「国内にとどめておいてはもったいない」と軽の
    世界展開に意欲を示した。新興国の自動車需要の高まりや先進国での環境意識の高まりなど、海外
    でも小型車への追い風が強まっている。

    欧州市場では、独フォルクスワーゲンや伊フィアットなどが1000CCクラスの小型車を投入。
    中国でも奇瑞汽車が2003年から小型車の販売を続けるなど裾野も広がる。排気量や車体は
    いずれも日本の軽自動車よりやや大きいのが特徴だ。

    国内では税制優遇などもあり、新車販売に占める軽のシェアは4割弱に達した。「日本の軽技術を
    駆使した小型車を開発すれば、世界でも十分通用する」と「ガラ軽」からの脱却を目指す声は
    ますます強まっている。

    成功例はスズキだ。同社は1980年代にインドで「アルト」のエンジンを800CCに積み替えた
    「マルチ800」を発売。さらに1000CCエンジンを積んだインド版「ワゴンR」も、初めて
    車を買う層を中心に人気が高い。

    乗車人数や積載荷物が多い海外では馬力がある車が好まれる。それだけに、三菱自と軽を共同開発
    する日産の志賀俊之最高執行責任者は「グローバルにみれば排気量が大きい方が展開しやすい」と
    規格変更の必要性を指摘する。三菱総合研究所の野呂義久主席研究員も「成功するには現地の車の
    使い方に合わせることが必要だ」と話す。

    価格をどこまで抑えられるかも課題だ。インドのタタ・モーターズが08年に投入した小型車
    「ナノ」は当時28万円と格安。世界中のメーカーを驚かせたが、装備が脆弱(ぜいじゃく)で
    車両火災事故も起こり販売は低調。大手メーカーは「価格と性能のバランスをとるのが一番難しい」
    と話す。

    アジアを中心とする新興国では、100万円台が中心の日本の軽自動車並みの値段では勝負できない。
    三菱自の軽自動車開発責任者の秋田義雄氏は「装備なども厳選し価格を引き下げねばならない」と
    いっそうのコストダウンを課題に挙げた。

    http://mainichi.jp/select/news/20130618k0000m020066000c.html

    【"ガラ軽"、世界へ--自動車メーカー各社が軽自動車の海外展開を探り始めた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 落花流水ρ ★ 2013/06/17 22:50:32
    スズキ、MotoGPに2015年から復帰…新車開発にフィードバック
    レスポンス 2013年6月17日(月)20時18分配信

     スズキは6月17日、FIMロードレース世界選手権(MotoGP)に、2015年から復帰すると発表した。

     スズキは、2012年以降、MotoGPの参戦を休止していた。今回、より実戦的なテストを行うため、
    テストチームを編成し、カタロニア(スペイン)で行われる合同テストに参加する。今後、各国のサ
    ーキットで走行テストを行いながら技術開発と熟成を図り、2015年からフル参戦する計画。

     同社は、MotoGPのレース活動を通して得られる技術を量産車開発にフィードバックし、魅力的
    な商品の開発につなげていく方針。

     2013年の欧州テストのチームマネージャーは、ダビデ・ブリビオ氏、開発ライダーがランディー・ド・
    プニエ選手。開発車両は1000cc並列4気筒GPレーサーで参戦を準備する。


    □Yahoo!
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130617-00000045-rps-moto
    ▽1000cc並列4気筒GPレーサー
    no title

    【【MotoGP】活動を休止していたスズキが2015年から復帰へ…新車開発にフィードバック】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    DA_S066_F001_M002_1_L


    1: 風吹けば名無し 2013/06/16 15:03:03 ID:RBcRffzH
    ふと思った
    流石に体裁上他社の高級車乗られんやろ

    【ダイハツの社長役員って何の車乗っとるんや?】の続きを読む

    このページのトップヘ