乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ベガスφ ★ 2013/09/17 18:35:48
    "ハムスターが15tトラック運転、蛇行しながらも狭い崖道コース上る"

    大型トラックを運転するとなれば、資格免許が必要な上に経験も大切で、
    普通の人が急に乗るのは無理のある話。ところが最近、熟練者でも神経を使いそうな、
    スペインの採石場にある狭い崖道のコースで、小動物にトラックのハンドルを操らせて
    ゴールを目指す挑戦が行われた。その小動物は、生後6か月のかわいらしいハムスターだ。

    挑戦の様子は、9月11日付でYouTubeに投稿された動画
    「Volvo Trucks - The Hamster Stunt (Live Test 2)」で見ることができる。


    http://www.youtube.com/watch?v=7N87uxyDQT0



    投稿したのは、自動車メーカーのボルボで、新しく開発した15トントラックの
    ハンドル操作のしやすさをアピールするため、今回の挑戦を行ったそうだ。

    そこでチャレンジャーに抜擢にされたのが、英国生まれのハムスター“チャーリー”。
    動物トレーナーのグレイス・ディッキンソンさんが数週間の訓練を施したという、
    いわばスタントハムスターだ。スペイン北西部オーレンセの採石場にある道をコースに見立て、
    チャーリーはドライバーのショーン・ロジャースさんと15トントラックに乗車。
    一歩間違えば崖下の池に転落するような細い危険な道を、チャーリーがハンドルを操作して、
    ロジャースさんと用意されたゴールを目指すという挑戦だ。

    もちろんハムスターはハンドルを握ることができないので、扇風機の型枠のような回し車を用意。
    ハンドルに固定したこの中でチャーリーを走らせると、ハンドルが回る仕組みだ。
    運転席に座るロジャースさんは的確な操作をしてもらうため、
    文字通りの“小さなにんじん”をチャーリーの顔の前で右へ左へぶら下げて、
    必要な分だけ走らせてハンドルを回してもらう。
    つまり人間とハムスターが一心同体にならなければ、無事にゴールできない挑戦なのだ。

    そして、始まった挑戦。チャーリーの軽快な走りは、トラックをスムーズに方向転換させており、
    パワーステアリング性能を存分にアピールできている。ただ、コースを見ながら
    アクセルとブレーキを踏み、チャーリーをも気遣うロジャースさんはなかなか大変なようで、
    途中で道幅ギリギリのところまで進んでしまい、接触した岩がはるか下の池に落ちていく
    ハラハラのシーンも。それでも、チャーリーが休むことなく動いて
    ハンドルを回し続けた頑張りもあり、最後は採石場の山の上に用意したゴールに無事たどり着き、
    挑戦は成功に終わった。

    この奇抜な挑戦動画は、欧米メディアで広く紹介されて話題となっており、
    再生回数も270万回超(9月17日現在)を記録。かわいらしい小さなハムスターが、
    15トントラックを動かす役割を担うというアイデアが、多くの人を楽しませているようだ。
    トレーナーのディッキンソンさんも「私たちのスター」と褒め称えたチャーリーの活躍ぶりを、
    ぜひ一度ご覧になってはいかがだろうか。

    no title

    2013/09/17 16:58
    http://www.narinari.com/Nd/20130923008.html

    【ハムスターが15tトラック運転、蛇行しながらも狭い崖道コース上る動画が話題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:34:44 ID:dm2mRvi30
    免許取ろうか考え中

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:35:23 ID:bz1D3B1q0
    風を身体で感じる楽しさ

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:35:30 ID:5AO3QrqgP
    今乗るとクソ寒いし落ち葉がバチバチ身体に当たって痛いし落ち葉で転倒する可能性が高い

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:36:37 ID:dm2mRvi30
    >>4
    まじか これからじゃ遅い?

    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:40:00 ID:bz1D3B1q0
    >>7
    本当にバイク乗りたいなら季節とか関係ないだろ
    俺は冬に免許取ったよ。
    いつ取ったって春や秋はまた来るんだしそれまでに装備とか整えれば良いだろ

    15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:41:21 ID:dm2mRvi30
    >>12
    北海道なんだけど11月まで取りたいと思ってた

    20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:43:35 ID:5AO3QrqgP
    >>15
    今教習所行かないとすぐ雪で乗れなくなるんじゃねーの?
    取りたいなら急げよw

    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/17 12:43:41 ID:bz1D3B1q0
    >>15
    思ったならすぐに行動しろ
    車の免許あるならひと月あれば免許は取れる。
    すれ違うライダーとのピースサインは最高に楽しいぞ!
    北海道ならツーリングライダーも多いと思うし返してくれる率も高いから羨ましい

    【バイクのド素人だけど楽しさ教えて】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/17 22:24:25
    【日産、ダットサンの新型公開 インドネシアで】

    日産自動車は17日、インドネシアの首都ジャカルタで、新興国向けに復活させた
    ブランド「ダットサン」の新型車「GO+(ゴー・プラス)」を公開した。

    インドで7月に発表した「ゴー」とあわせて2車種を2014年にインドネシアで
    発売する予定。いずれも価格を1億ルピア(約90万円)以下に抑え、車を初めて買う
    若い中間層の需要を見込む。

    「ゴー・プラス」は3列シート、「ゴー」は2列シート。インドネシアで生産し、
    部品の8割を現地で調達するという。

    ●GO+(ゴー・プラス)
    no title

    no title


    ◎日産自動車(7201)--インドネシアにて新型ダットサン「GO+」を初公開
    http://www.nissan-global.com/JP/NEWS/2013/_STORY/130917-01-j.html

    http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091701002332.html

    【日産自がインドネシアの生産能力3倍増目指す、2016年までに】

    日産自動車は、新興国向けブランド「ダットサン」を原動力に、インドネシアにおける
    生産能力を2016年までに25万台に拡大し、2013年のほぼ3倍に引き上げる
    ことを計画している。

    日産・仏ルノーのカルロス・ゴーン最高経営責任者(CEO)が17日語った。

    日産はこの日、当地で新興国向けに低価格車として復活させたダットサン「GO」と
    「GOプラス」を発表。ゴーンCEOは発表会で「現在6%にある市場シェアを
    2016年末までに15%に拡大することが目標だ」と言明した。

    「GO」と「GOプラス」の価格は1億ルピア(8800ドル)以下に設定し、
    2014年5月に発売する。

    インドやロシア、ブラジルでも、同様の低価格車の販売を目指す。

    日産は昨年、2014年までにインドネシアに4億ドルを投じる計画を発表。
    昨年度の生産台数は約6万3000台と、前年度から43%拡大した。

    http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTJE98G00E20130917

    【日産、インドネシアで『DATSUN GO+(ゴー・プラス)』発表--2016年までに同地での生産能力3倍増目指】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: ラ ケブラーダ(岡山県) 2013/09/16 14:11:55 ID:0WpfjLCd0
    すごい光景だ…スウェーデンが左側通行から右側通行に変わった日の道路

    こちらの世界地図は、青い国が左側通行、赤い国が右側通行を表しています。
    no title


     日本やイギリス(イギリス連邦に属していた国)などは左側通行ですが、アメリカや他のヨーロッパを含む
    大半の国では右側通行で統一されていません。

     中にはある時期から左右が変更された国もあり、スウェーデンでは1967年に左側から右側に変わりました。

     その変更された当日、道路上ではどんなことになったのか写真をご覧ください。

    no title


     わかりやすいほどの無法状態。

     大半の車が道路に対して斜めになっており、危ないことこの上ありません。きっとあわてて、
    「あ、こっちだった」という感じなのでしょうか。

     このデンジャラスな道路風景に対する、海外掲示板のご意見をご紹介します。

    ●世の中に「あれ、今日からだっけ?」という瞬間写真があるとすれば、これだ。
    ●結構うまく行っているように見える。まっすぐになるまでにどれくらいかかったのかな。
    ●Wikipediaによると意外とスムースにいったようで、事故数も普段以上ではなかったそうだ。
    ●他にもあるよ。
    no title

    ●↑もう歩行者まで混乱しているな。
    ●↑この時点でみんな車から歩いて仕事に向かってるんだと思う。

    http://labaq.com/archives/51803628.html

    【【スウェーデン】左側通行から右側通行に変わった日の道路。 やっべえええええ!!!!!!!!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: スターダストプレス(千葉県) 2013/09/16 19:19:46 ID:zk9YXi0Y0
    no title


    フェラーリの現在のラインナップは全て自然吸気エンジン搭載モデルで構成されているが、今後は欧州市場を始めとして、
    世界的により厳しくなりつつあるCO2排出量と燃料消費量の規制に対応するために、ターボエンジンを積極的に搭載してゆくことになると、米国の自動車専門誌Motor Trendがリポートしている。


    フェラーリはかつて"Ferrari 288GTO"や"Ferrari F40"(画像:上)でターボエンジンを採用して成功した実績がある他、
    現在でもマセラティモデルのために排気量3.0LのV型6気筒ターボエンジンと排気量3.8L V型8気筒ターボエンジンを開発した上で生産も行っているため、その開発能力には何ら問題は無い筈である。ま
    た、2014年からのフォーミュラワン世界選手権のレギュレーションの改訂によるターボエンジンの導入も、その背中を押すことになるものと考えられる。

    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51803245.html

    【フェラーリ、ターボエンジンに移行】の続きを読む

    このページのトップヘ