乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/20 19:06:56
    約半世紀にわたって世界中を走り、自動車ファンから賞賛を受けている米国ニューヨーク州 ロングアイランド在住のアーヴ・ゴードン氏は、まもなく、真紅の1966年製ボルボP1800で、 300万マイル(480万㎞)を走破するという前人未到の記録を達成する。

    ゴードン氏のストーリーは1966年に始まる。ボルボ・オーナー達との交流や熱意ある声援に 支えられ、走行距離は今も伸び続けているという。ゴードン氏の記録達成が近づくのに伴い、 ボルボ・カーズ・オブ・ノースアメリカは今後数カ月間、キャンペーンを展開し、ゴードン氏の 旅を紹介していく予定だ。ゴードン氏の旅にまつわるストーリーや走行マップ、フォトギャラリーは、 3MillionReasons.com(http://volvocars.3millionreasons.com/welcome)で閲覧可能だ。

    ゴードン氏は次のように語っている。

    「重要なのは、300万マイル達成ではなく、300万マイルに至るまでの旅です。私は、100万マイル、200万マイルを達成するという目標を立てたことはありません。ただ、ボルボに乗って自分の人生を 楽しんできただけなのです。」

    ゴードン氏は続けます。

    「アメリカを探求する最高の方法は車で走行することです。私は、誰に対しても外に出かけ、 いろいろなものを見るように勧めています。人生は1度きりです。自分にしかない旅、そして 自分自身の信念を見つけることです。どんなに多くの道路を走ったとしても、走ったことのない 道は常に存在します。それが刺激的なのです。」

    科学の教師を引退し、ニューヨーク州ロングアイランドのパチョーグに住むゴードン氏は、 現在73才。これまでも個人が1台の乗用車で走行した最長走行距離として、ギネスブックから 認定を受けている。鮮やかな赤色の1966年式ボルボP1800の走行距離は、現在、299万マイルを 超えている。

    ゴードン氏は「私は、ボルボP1800を金曜日に購入しました。すぐに惚れ込んでしまい、ずっと 運転をし続け、そして、週明けの月曜日には1,500マイル点検のために、車をディーラーへ持っていったのです。」と当時を振り返る。

    ゴードン氏は、毎日の通勤のため、往復125マイルを走り、きめ細やかな車のメンテナンスの実施、そして走ることへの情熱により、10年間で50万マイルを走行した。

    ボルボであるという以外に、これほどまで車が長持ちした主な理由は、ゴードン氏が15年以上にわたり、いつも同じボルボ認定メカニックに、メンテナンスを依頼してきたからだという。

    ゴードン氏が1966年に車を購入したディーラー、ロングライランドのハンティントンにあるボルボディーラー「Volvoville」でメンテナンスを担当するニノ・ガンビーノ(「A」ランク認定メカニック)は次のようにコメントしている。

    「アーヴは、オーナーズ・マニュアルにしたがって、車を大切に扱い、愛してきました。私は、間違いなく、300万マイルを達成できると確信しています。アーヴは、いつも「自分よりも車を大切にしてきたと言っています! 地図を必要としない旅を、彼は楽しんでいます。」(※続く)

    no title


    http://www.autocar.jp/newsjp/2013/06/20/39710/

    【ギネス認定の米ボルボ・オーナー、年内にも走行距離480万kmに到達】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/20 11:50:46
    ホンダは、「スポーツ ハイブリッド i-MMD」を搭載し、上質な走りと、30.0km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現した新型『アコード ハイブリッド』を、6月21日に発売する。

    また、アコード ハイブリッドをベースに、家庭用電源からの充電を可能にした新型『アコードプラグイン ハイブリッド』は、日常走行のほとんどをEV走行できるプラグインハイブリッドシステムを搭載し、70.4km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現。法人企業や官公庁などを中心に、6月21日からリース販売を開始する。

    新型アコード ハイブリッドは、ホンダ独自のハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッドi-MMD」を搭載。発進と低中速域のクルーズは主にモーターのみで走行し、加速時などはエンジンで発電しモーターで走行、高速クルーズは主にエンジンで走行するなど、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行することで、軽自動車トップクラス並みの30.0km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現。また、発進の瞬間から最大トルクを発生させるモーターで走行することで、滑らかで力強い加速性能を発揮。優れた快適性と静粛性を実現している。

    新型アコード プラグイン ハイブリッドは、高出力・高トルク走行用モーターを搭載したスポーツハイブリッド i-MMDの特性を活かし、大容量のリチウムイオンバッテリーと組み合わせた新開発のプラグインハイブリッドシステムを搭載。満充電で日常走行の多くをカバーできるEV走行距離37.6kmを達成した。また、EV走行可能距離がゼロになった後も、ハイブリッドモデル同様の高効率走行が可能で、複合燃費は70.4km/リットル(JC08モード)という低燃費を実現した。

    価格はアコード ハイブリッドが365万円から390万円。同プラグイン ハイブリッドが500万円。

    ●新型『アコード』 
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    ◎本田技研工業 (7267)--アコード特設サイト
    http://www.honda.co.jp/ACCORD/new/

    http://response.jp/article/2013/06/20/200454.html

    ◎主な関連スレ
    【車/戦略】「日本市場でのセダン回帰を強めていく」--ホンダ・伊東社長、新型『アコード』に手ごたえ [06/18]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1371543298/

    【車/販売】ホンダ、"高級車専門店"新設へ--『アコード』&『レジェンド』、『NSX』も? [06/01]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1370053426/

    【ホンダ、新型『アコード』発表--HVモデルは30.0km/L、PHVモデルは70.4km/L、365万円から】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 15:04:27 ID:MLRBqOc90
    バイクスレでかまってもらえないから立てたわけじゃない

    SSの姿勢で乗れて車高が低いバイクないかな

    【俺にぴったりのバイクを探しておくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 09:12:42 ID:28dT86Yg0
    イカンのか?
    no title

    【スポーツバイクなのにタイヤの真ん中しか減ってない奴wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/06/19 14:18:20 ID:fLNURns+0
    苦労して目的地まで走りきった時の達成感たまんねぇ...

    今までただのアニヲタだったけど新しい趣味に目覚めたわ
    クロスバイクで聖地巡礼もしようと思う

    【クロスバイク買って新しい何かを見つけた】の続きを読む

    このページのトップヘ