乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: 32文ロケット砲(catv?) 2013/08/22 10:23:47 ID:8C+fx4pG0
    GT-R(R35)が、ギリシャで乗り捨てられて埃を被っていると話題に
    日産のGT-Rと言えば、2007年から販売されている、日本が誇るスーパーカーとして有名ですが、そのGT-Rがギリシャの駐車場で乗り捨てられているのが、発見されたとGTspiritがリポートしています。



    GT-Rは、日産のスポーツモデルのフラッグシップスカイラインのGT-Rの事実上の後継車種で、初代スカイラインGT-Rから数えて6代目のモデルとなり、
    GT-Rシリーズとしては第3世代に当たり、特にスカイラインの名前を外した現在のGT-Rは、海外でもかなりの人気があり、色々な国で販売されています。

    ニッサン GT-R

    そのGT-Rの本来の姿は上の画像の様に美しいのですが、それがまさか乗り捨てられて埃まみれになっているとは…以前当サイトでも記事にした
    [日産GT-RのツインターボのVR38エンジンを組み上げる匠4人]の職人の方が見たら泣いてしまいそうですね。ギリシャが現在直面している悲惨な財政状況を考えると、
    所有者が悲惨な状況に陥って捨ててしまった事も想像できます。それにしても悲しい姿です。


    no title

    no title

    【GT-R(R35)が、ギリシャで乗り捨てられて埃を被っていると話題に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/23 10:33:48 ID:Cuq5TULb0
    no title
     

    これは欲しい

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/23 10:38:27 ID:ZlNQkEmCP
    エストレイヤ?

    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/23 10:44:27 ID:jbqIcKu40
    >>4
    カタチ全然ちがうだろ

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/23 10:38:28 ID:AkMILmpOP
    バイクはBMWがかっこいい

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/23 10:39:32 ID:Cuq5TULb0
    ヤマハのボルト
    北米ではロールアウト済み

    【免許取得から5年を経過、やっと心から欲しいと思うバイクが見つかる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    2007-1121-1030

    1: うっしぃじま悪い肉φ ★ 2013/08/23 08:34:46
    ★ 総務省、車増税「軽」に照準 取得税廃止穴埋め

     総務省は軽自動車の持ち主が毎年納める軽自動車税(地方税)を大幅に増やす検討に入った。
    2015年にも廃止される自動車取得税(同)の代わりの財源とし、地方財政への影響を回避する。
    欧州連合(EU)などとの通商交渉で、日本の軽の税率が低すぎると指摘されていることも見直しの追い風とみている。
    ただ軽自動車業界の反発は必至で、年末の税制改正論議の焦点になりそうだ。

     所得税など国税の制度を財務省が所管するのに対し、自動車税や自動車取得税といった地方税は総務省が所管している。

     普通車や軽自動車の取得時に地方自治体に納める取得税は、消費税が10%に上がる際に廃止される。
    取得税がないと年1900億円(13年度見通し)の税収が失われるため、総務省は保有税の増税で補填する方針。
    普通車の保有税である自動車税と軽自動車にかかる軽自動車税のうち、軽を重点的に増税する方向だ。
    10月までに省内の有識者検討会で具体的な増税の方法を固め、与党の税制調査会に提案する。

     軽は排気量が660cc以下の自動車。自家用の場合、軽自動車税は1台あたり年間7200円で済む。
    660ccを超える普通車では、軽とさほど変わらない排気量1千cc以下の車でも年間2万9500円の自動車税がかかり格差が大きい。
    上げ幅は今後議論するが、軽自動車税の税収は年1852億円で取得税とほぼ同じ規模。
    単純に穴埋めするなら、倍近くになる可能性もある。

     地方税収を潤沢にする観点から、過去にもたびたび軽自動車税の増税論が政府内で浮上してきたが、
    スズキなど軽自動車メーカーの反対で実現しなかった。
    今回は取得税が廃止されるため、総務省は何らかの代替財源が必要と判断した。(続く)


    続きは>>2

    2: うっしぃじま悪い肉φ ★ 2013/08/23 08:34:59
    >>1の続き

     軽自動車の税制優遇を巡っては、EUとの経済連携協定(EPA)や環太平洋経済連携協定(TPP)に並行する
    米国との自動車協議でも「公平な競争を阻む」などとして批判されている。
    通商交渉の円滑化という効果も見込めるため、総務省はこれまでより増税を実現しやすいとみている。

     ただ今回もスズキなど業界側の反発は必至。軽自動車は価格が安いため、
    国内新車販売台数に占める比率も4割弱に達するなど人気が高い。
    地方を中心に生活の足として定着しているだけに、軽ユーザーの反発も強まる見通し。結論は与党税調の判断に委ねられる。

     一方、消費税率が8%になるときの自動車取得税の扱いについて、業界を所管する経済産業省は減税を求める方針だ。
    総務省に対する14年度の税制改正要望に、税率の5%から2%への引き下げを盛り込む。
    消費税率が10%になると同時に取得税は廃止されるが、8%に上がる時点の措置は決まっていなかった。

    以上

    【「軽自動車の税率が低すぎる」と総務省、軽自動車税(地方税)を大幅に増やす検討 廃止する「自動車取得税」の代替財源に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    1: TEKKAMAKI(catv?) 2013/08/23 02:55:16 ID:evjTKgT20
    ベンツ300Lをはじめロールスロイス、フェラーリ、ブガッティまでもがベイシングエイプの迷彩柄になっていた!
    現在も一部の若者や海外で人気のあるブランド、ア・ベイシング・エイプ「A BATHING APE」、会社自体は最近色々あったみたいですが…そのア・ベイシング・
    エイプのデザイナーであり社長でもあるNIGO氏は、ブランドの宣伝も兼ねて愛車を、ブランドのトレードマークを入れた迷彩柄、通称エイプカモ柄で車を
    塗装していたとの事です。トップ画像はメルセデスベンツ「Mercedes-Benz」の名車 300SLで、美しいボディラインとガルウイングが特徴の、300SLが迷彩柄になっています。凄い迫力です。
    no title
     
    no title

    no title

    no title


    ロールスロイス ファントム「Rolls-Royce phantom」、
    no title

    no title


    ブガッティ ヴェイロン「bugatti veyron」、
    no title


    フェラーリ458 GT3「Ferrari 458 GT3」も大胆迷彩柄!
    no title

    no title



    現在は、43億の借金のため株式会社ノーウェア(ブランド・エイプ「A BATHING APE」有するアパレル会社)を中国企業に売り、2年契約でデザインをしているそうです。
    それでも嫁(女優:牧瀬里穂)さんとは夫婦円満なんだそうです。借金いっぱいでも勝ち組ですね (笑)

    ちなみに今現在は何乗っているのかすごく気になるところです (笑) 


    【いい気になって高級車乗ってたAPEのNIGO氏、いまや中国企業に2年契約で雇われるまでに転落】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/08/22 14:47:04
    三菱重工業の子会社、三菱航空機(名古屋市)が開発中の
    小型ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の
    顧客への納入が、2015年度の半ば以降としていた予定より
    遅れる見通しになったことが22日分かった。
    引き渡し開始は16年度以降にずれ込む可能性が高い。

    7月には試験機の初飛行の遅れも明らかになったばかりで、
    海外のライバル社との受注競争で不利になることも予想される。

    三菱航空は、主要な部品を製造する欧米メーカーとの調整が
    計画通りに進んでおらず、これが遅延につがったとみられる。

    ソースは
    関連スレは
    【航空】三菱航空機、MRJ初飛行を延期 3回目 主要部品の調達が遅れ[13/07/25]
    no title

    【三菱航空機「MRJ」、顧客への機体納入さらに遅れ】の続きを読む

    このページのトップヘ