乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: ラガマフィン(千葉県) 2013/04/20 13:32:23 ID:Ym/6rLWP0
    上海モーターショーでヒュンダイが新しいセダンを発表

    Hyundai Mingtu revealed on billboard ahead of Shanghai

    The so-called Hyundai Mini-Sonata now has a proper name. Called the Mingtu in China, this new sedan will slot in between the compact Elantra and midsize Sonata, and it sports a pretty nifty look.

    We've known for a while now that Hyundai is working on a more mature version of its Fluidic styling language, the first fruits of which showed up in the latest Santa Fe,
    and the Mingtu seems to take that refined appearance to the next level with a refined look of creased lines, a chiseled fascia and a smooth greenhouse.

    There's no indication that this car will be offered in the US market, but it's certainly possible that some of its styling elements will carry over to the next Elantra or Sonata.
    In any case, expect a range of 1.8- and 2.0-liter four-cylinder engines to be announced for the Chinese market when the Mingtu makes its official debut at the Shanghai Motor Show this weekend.

    http://www.autoblog.com/2013/04/19/hyundai-mingtu-revealed-on-billboard-ahead-of-shanghai/

    パク
    no title

    ラレ
    no title

    【ヒュンダイの新車がホンダ・シビックにそっくりすぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ラガマフィン(千葉県) 2013/04/20 17:24:49 ID:Ym/6rLWP0
    日産自動車は20日、上海モーターショー2013において、ハイブリッドモデルのコンセプトカー『フレンド・ミー(Friend-ME)』を世界初公開した。

    現在、中国では1980年代に生まれた若者が約2億4000万人を数えるといい、フレンド・ミーのコンセプトを決定するにあたっては、そういった“八零后”と呼ばれる若者の世代で特に20代半ばの男性の社会的な行動形態に焦点をあてたという。

    デザイン・開発は、日産デザインチャイナ(北京)が中心となっておこない、パワーユニットにはハイブリッドシステムを採用、エクステリアには彫刻的なラインを持たせた。

    また、インテリアは、兄弟姉妹がいない八零后の世代に向けて、仲間と共有する時間に重点を置き、乗車した4人の友人たちが対等な立場で一緒にワクワク感を得られるよう室内空間をデザインしたという。

    http://response.jp/article/2013/04/20/196427.html


    http://www.youtube.com/watch?v=eonmUvbQBxI&feature=player_embedded


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【日産が若者向けの新型HVを発表!結構好きだわ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ラガマフィン(千葉県) 2013/04/20 15:52:53 ID:Ym/6rLWP0
    スズキは、上海モーターショー13でコンセプトモデル『AUTHENTICS(オーセンティックス)』を世界初公開した。オーセンティックスは、中国で最大のボリュームを占めるCセグメントセダンのマーケットに向けたコンセプトモデル。

    スタイルは全高を抑えつつ、ロングホイールベースを採用することで安定感のある“Authentic(本格的)”なセダンスタイルを実現したという。フロントフェンダーからリアエンドまで伸びるキャラクターラインとエレガントな曲面により抑揚のついたボディシェイプが特徴だ。

    スズキは、2014年末までにこのオーセンティックスをベースに量産モデルの開発を進め、中国の合弁企業である重慶長安鈴木汽車で生産し、販売する計画。

    また、2013年末より『SX4 S-CROSS』を同社工場で生産・市場投入し、中国市場におけるシェア拡大を図る。

    またスズキは、中国や日欧で発売されているロードバイク『GW250』(日本名『GSR250』)にハーフカウル(小型風防)を装備した「GW250S」を世界初公開した。生産はスズキの中国における合弁企業である常州豪爵鈴木摩托車。

    http://response.jp/article/2013/04/20/196424.html


    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=lb2sHhYVcks


    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【スズキ、オーセンティックス を世界初公開 なかなかいいなこれは】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: ラガマフィン(千葉県) 2013/04/20 13:46:59 ID:Ym/6rLWP0
    ホンダは4月20日、上海モーターショーにおいて、高級車の「アキュラ(Acura)」ブランドの小型SUVデザインコンセプト『SUV-X』を発表した。アキュラが北米以外でコンセプトモデルのワールドプレミアを行ったのは、今回の上海モーターショーが初めて。
    新開発の3.5リットル直噴i-VTEC V型6気筒エンジンや、高い旋回性・安定性を両立した「Precision All-Wheel Steer(プレシジョン・オール・ホイール・ステア)」と呼ばれる新世代の4WS機構を搭載する。

    http://response.jp/article/2013/04/20/196412.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title



    ホンダ、コンセプトM を世界初公開…14年発売の中国向けミニバン
    ホンダは4月20日、上海モーターショーで2014年の発売を予定している量産車のコンセプトモデル『コンセプト M』を世界初公開した。
    また、今回の上海モーターショーでは、昨年の北京モーターショーで発表した『コンセプト C』の量産仕様である『CRIDER』を発表。
    さらに同じく、昨年の北京モーターショーにて発表した『コンセプト S』の量産車で、9月に東風ホンダで発売予定の『JADE』を発表。
    http://response.jp/article/2013/04/20/196415.html
    コンセプトM(ミニバン)
    no title

    no title

    no title

    no title

    CRIDER(セダン)
    no title

    no title

    JADE(次期ストリーム?)
    no title

    【ホンダが「SUV-X」と「コンセプトM」、市販型の「コンセプトC」「コンセプトS」を発表!かっこよすぎ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優 φ ★ 2013/04/20 16:25:26
    【上海=菅原透】ホンダは20日、中国・上海で同日開幕した上海国際自動車ショー(上海モーターショー)で、
    高級車ブランド「アキュラ」を中国で生産する考えを明らかにした。

    会見した伊東孝紳社長は「多目的スポーツ車(SUV)タイプを3年内に量産したい」と語り、
    世界最大市場の中国で旺盛な高級車市場の開拓を本格化する方針を示した。

     上海モーターショーは中国最大規模の自動車展示会で、2年に1度の開催。

    今回は過去最大の28万平方メートルの展示面積を確保。世界18カ国・地域から自動車や部品などの企業2千社が参加した。
    小型車からSUV、トラックまで出展車両は約1300台に達する。29日までの会期中に過去最高の80万人の来場を見込む。

     上海では鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染が広がっており、
    主催者は会場内の消毒や換気を徹底するなど、衛生管理に万全を期して来場者を迎え入れた。

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM1907Y_Q3A420C1NNE000/
    no title

    【上海モーターショー開幕、ホンダが中国でのアキュラ生産を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ