乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント
    1: エルボードロップ(芋)@\(^o^)/ 2014/12/31(水) 14:44:08.40 ID:GpE5FUIQ0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    no title


    「GT-Rですか?確かにスーパースポーツではあっても、あれはスーパーカーじゃないですよ。僕の中ではスーパーカーって言えば、車高が1mそこそこで、
    見るからにそれらしいイメージを持ったクルマです。だから、最近車高が高くなったフェラーリなんて、スーパーカーの範疇から外れちゃうんじゃないかって思うほどなんです」

    こう語るのはGT-Rの開発に取り組むようになって14年、チーフ・プロダクト・スペシャリストになってすでに8年の歳月が流れる田村宏志氏の言葉である。
    だからこそ、GT-Rに込める熱意と情熱が言葉の端々に表れていた。確かにその動力性能や運動性能に関してはまさにスーパースポーツだと思う。
    しかし、ならば何故、より運動性能を高められる本格的なクーペデザインにせず、ある意味では中途半端な4シーターに拘り続けるのか?その部分を単刀直入に聞いてみた。田村氏の答えはこちらの想像した通り、

    「スカイラインGT-Rの名残ですね。4座への拘りは捨てられないんです」と。

    しかし、その拘りを捨てずとも、専用パーツを組み込んだ「Nアタックパッケージ」ならば、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェを7分8秒679という、
    驚異的なタイムを叩き出して見せる実力を備えているのである。この領域に達するスーパースポーツはほとんどいない。ポルシェ『911』があくまでもRRというレイアウトに拘るように、
    GT-Rはこの先も4シーターに拘り続けるのかもしれない。一方で1500万円という『ニスモGT-R』の価格に対して、田村氏はこうも擁護した。

    「日産という会社のビジネスモデルとしては全社横断の商品単価がおおよそ200万円、これに対してドイツの高級車メーカーではそれが600万円に跳ね上がります。
    つまり、あと500万円余計に費用をかけられるなら、そりゃあもっと高級な内装素材を使ったり出来るわけですが、GT-Rの場合は動力性能と運動性能にお金がかかった
    結果として今があるわけなんです。だからこの部分ではどこにも負けないだけの自信がありますよ」
    http://response.jp/article/2014/12/31/240714.html

    【「GT-Rはスーパーカーではない」4座へのこだわりと“速さ”の追求…日産 GT-R 開発チーフ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント
    K0000607175_0005
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/01(木) 02:42:10.95 ID:gCxgqUbHa.net
    軽(笑)とかいうブルジョワは帰ってください

    【軽自動車ってなに買うのが正解なんだよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 73コメント
    no title


    1: エルボードロップ(芋)@\(^o^)/ 2014/12/31(水) 14:47:56.25 ID:GpE5FUIQ0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    ホンダが開発中の軽自動車規格のスポーツカー、S660コンセプトが2013年の東京モーターショーで公開されていた。そして市販型S660の正式発表が2015年2月にも実施される見通しとなった。

    S660コンセプトは、実は軽自動車規格よりも大きなボディサイズであった。市販型S660のボディサイズは、
    全長3395mm×全幅1475mm×全高1150mm、ホイールベースは2520mmとなる。低い全高を除けば、N BOXなど他の軽自動車と変わらないディメンションとなる。

    S660のパワートレインは軽ターボエンジンによるMR駆動、CVTと6MTを用意
    市販型S660のグレード構成は上級モデルのαと標準モデルのβの2タイプになる見込み。トランスミッションはCVTと6MTの2タイプが用意される。

    S660に搭載されるのは3気筒658ccで最高出力64psの軽ターボエンジン。これがミドシップに搭載されたMR駆動となる。タイヤサイズは前後で異なり、フロントが165/55R15、リアが195/45R16となる見込み。

    バックウィンドウは上下に開閉できるパワーウィンドウが備わるが、ルーフはキャンバス地のトップを手動で貼り付けるシンプルな機構となり、軽量化とコストダウンが重視される。
    装備面では電動で跳ね上がるリアスポイラーの設定がある。イグゾーストは一本出しでリアセンターに堂々と配置されるほか、上級のαには本革シートが採用される。
    http://car-research.jp/honda/s660-6.html

    【ホンダ新型軽自動車「S660」が発売予定、市販型が2015年2月に正式発表の見込み】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 56コメント
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 11:29:03.51 0.net
    no title

    必然性のなさすぎる大きさだと思うんだけど

    【ベンツが減ったのってベンツマークがデカすぎでこっ恥ずかしいからじゃないかな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント
    1: キドクラッチ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/12/30(火) 22:20:25.12 ID:qu+DJOat0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    日産 GT-R のセダン版、市販化計画は中止か…インフィニティ Q50 オールージュ

    日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティの『Q50』(日本名:新型日産『スカイライン』)を
    ベースにした高性能コンセプトカー、『Q50オールージュ』。同車の市販化計画が、中止されたのと情報がもたらされた。

    これは12月24日、自動車ジャーナリストのBertel Schmitt氏が、『Daily Kanban』に寄稿した中で明らかにしたもの。
    同氏が自身のFacebookにおいて、GMの高級車ブランド、キャデラックの社長であり、元インフィニティのトップ、
    ヨハン・ダ・ネイシン氏と交わしたやり取りを、記事にして紹介している。

    それによると、ヨハン・ダ・ネイシン氏は、あくまで噂と断ったうえで、「日産自動車の上層部が、Q50オールージュの
    市販化プロジェクトの中止を決めたようだ」と話したという。

    以下ソース
    no title

    no title

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000021-rps-ind

    【【悲報】日産 GT-R のセダン版、市販化計画は中止か】の続きを読む

    このページのトップヘ