乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: トンキニーズ(東日本) 2013/05/08 13:31:24 ID:hPCZTKoL0
    レクサスISのハイブリッド車に人気集中 納車5カ月待ち 2013.5.7 16:43

     トヨタ自動車が16日に全面改良を発表する高級車ブランド「レクサス」のセダン「IS」のうち、ハイブリッド車に事前受注が集中し、納車がすでに約5カ月待ちになっていることが7日、分かった。
    最低価格は480万円と高額だが、受注の7割程度をハイブリッド車が占め、国内での人気をあらためて裏付けた。

     トヨタは増産を急ぐが、16日の発表後は顧客の関心が高まり、納期がさらに延びる可能性もある。2009年に発売した「プリウス」などでも、ハイブリッドシステムの専用部品の確保で増産が難しく、納車待ちが長期間に及んだ。

     ISのハイブリッド車はガソリン1リットル当たりの燃費が20キロを超えるとみられ、高い環境性能と走りの良さの両立を目指した。一方、ISの事前受注で3割程度を占めるガソリンエンジン車は最低価格420万円で、納期は2、3カ月という。

    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130507/biz13050716440012-n1.htm

    no title

    【レクサス 新型ISの事前受注、ハイブリッド車に人気集中 すでに納車5カ月待ち 16日に全面改良を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: 名も無き被検体774号+ 2013/05/07 15:12:24 ID:Gf+3D0ql0
    けっこう本気で死ぬかと思ったんだけど落ち着いたからスレ立ててみる。

    【高速道路危険すぎワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: アフリカゴールデンキャット(東日本) 2013/05/07 14:30:50 ID:7IX3rkX+0
    カブ系バイク大集合、本田氏ゆかりの地に 天竜区 (2013/5/6 9:15)

     故本田宗一郎氏の顕彰活動に取り組む「ポンポンCLUB浜松」(宮地武夫代表)は5日、ホンダのバイク「カブ」などが集うイベント「カブミーティング大集合in天竜」(静岡新聞社・静岡放送後援)を浜松市天竜区二俣町のヤマタケの蔵で開いた。

    県内外から集った愛好者が、カブ系バイクなど約60台を披露した。

     自転車に簡素なエンジンを積んだスーパーカブの前身である「カブF型」、米国で狩猟用に使用されていた「ハンターカブ」などさまざまなカブ系バイクが集まった。バイクにリヤカーをつなげて自走してきた参加者もいた。

     本田氏の生家や出身小学校の跡地などを巡るツーリング、自作の電気自動車の試乗体験も行われた。宮地代表は「本田氏ゆかりの地で、カブ系バイクを通じて地元を盛り上げていきたい」と話した。

     カブ系バイクは郵便や新聞配達などで幅広く活躍している。今年で誕生から55周年を迎えることを記念して同クラブがイベントを企画した。

    http://www.at-s.com/news/detail/618047650.html

    no title

    【カブ系バイク大集合 故本田宗一郎氏ゆかりの地に カブ誕生55周年を記念 浜松】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    1: アジアゴールデンキャット(千葉県) 2013/05/07 20:15:38 ID:DqVLvjAa0
    ホンダを代表する大人気コンパクトカー 「フィット」「フィット ハイブリッド」が、2013年秋にいよいよフルモデルチェンジ を果たす。

    「EARTH DREAMS TECHNOLOGY」でフィット ハイブリッドは35.4km/Lを超える

    次期フィット ハイブリッドに搭載予定の新技術 「SPORT HYBRID Intelligent Dual Clutch Drive」 の概要が明らかにされている。
    no title

    no title


    新開発1.5リッターアトキンソンサイクルエンジンと、モーターを内蔵する7速DCT、高出力を引き出せるリチウムイオンバッテリーが組み合わされる。
    クラッチの切り替えにより、発進時などにエンジンと切り離しEV走行を実現するほか、加速時や高速走行時にはエンジン+モーターで高出力を得たり出来る高効率なシステムだ。
    「SPORT」が冠についていることからも分かるように、エコだけではなく、スポーティな走りの楽しさも追求している。従来型に比べ加速性能で15%以上、燃費では30%以上の性能向上。

    新しいフィットには、国産コンパクトカークラスとしては初めて、 事故回避支援システム「City-Brake Active System」が新設定 される。
    レーザーレーダーにより前方の車両を認識。追突の危険を察知すると、警告音や表示により注意喚起する。そして自動的にブレーキをかけることで、追突回避や衝撃軽減を助ける。
    またこの仕組みには、アクセルの踏み間違いによる誤発進抑制機能も含まれる。

    今秋登場予定のホンダ 新型 フィットは、2013年5月時点ではまだそのデザインの全容については明らかにされていない。
    今年初頭の北米・デトロイトで『URBAN SUV CONCEPT』 が発表された。これは次期フィットをベースとした派生モデル。そう、ここに鍵がある。
    no title


    いかにもホンダらしいシャープなラインや躍動的なフォルムなど、今ホンダが考える近未来デザインのトレンドや傾向をうかがい知ることは出来るはずだ。
    初代フィットがそうだったように、 コンパクトカーの価値観を覆すような「アッと驚く」デザイン力 に期待したい!

    http://autoc-one.jp/honda/fit_hybrid/special-1365186/#hiddenElement

    【ホンダ新型フィット、低燃費でナンバー1に!高級スポーツカーで使用されるDCTも搭載!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 風吹けば名無し 2013/05/06 23:50:56 ID:YfaSogH9

     西武浅村の愛車 
    no title

    4: 風吹けば名無し 2013/05/06 23:51:54 ID:Gt2r+OFe
    かなり頑丈そうに見える

    6: 風吹けば名無し 2013/05/06 23:52:43 ID:OUbvV/5l
    なにこのマークミズノか?

    【スポーツ選手の愛車いかつすぎワロタwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ