乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 49コメント
    nwgn_teaser_02

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 12:40:31 ID:G8Ga8lYii
    そう車に出すお金は軽で限界です。

    でも軽と大差ないぐらいの普通車に乗ってる人はなんかメリットあんの?

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 12:41:13 ID:TUxSXlZK0
    コンパクトカーってやつか
    ちょっとパワーがあるとかじゃね

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 12:42:03 ID:+tNhYz/9i
    軽はコスパはハンパないよな
    たださカッコ悪いのと夏場のエアコンのきかなさ

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 12:44:04 ID:cXp3K29a0
    高速や坂道あと4人乗るとやっぱ非力さを実感する

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 12:46:00 ID:d6qYbAJt0
    近場にしか行かないボッチな俺は軽で十分

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/10/30 12:47:22 ID:E9Hb0ha60
    高速はベタ踏みでまだなんとかなる
    だが上り坂と4人乗りテメーはダメだ

    【軽自動車捗りすぎwww普通車とか乗れねぇわwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 08:55:15
    ダイハツ工業は2014年春にスポーツタイプの軽乗用車2車種を市場投入する。

    「コペン」後継のオープン車と、クーペとスポーツ多目的車(SUV)の中間にあたる
    クロスオーバークーペを加える。それぞれ「RMZ」「XMZ」の名称で、11月23日
    から一般公開される「第43回東京モーターショー」に出展する見通し。

    同社は共通プラットフォーム(車台)を採用した「MZ」2車種で競合各社に対抗する。
    新型スポーツ車はボディーの外装を樹脂製で取り外せるようにして、購入後も“着せ替え”
    できるのが特徴。スポーツタイプで求められる走行性能を実現するため、3気筒ターボ
    エンジンの改良と新型手動変速機を開発した。

    2車種とも生産は本社工場(大阪府池田市)に整備する専用ラインで行う。年産能力は
    最大2万台と見られ全国のユーザーが組み立ての様子を見て楽しめるような工場レイアウト
    を計画する。

    ●9月のインドネシアモーターショーに出展にした軽スポーツのコンセプトカー
    no title


    ◎ダイハツ工業(7262)http://www.daihatsu.co.jp/

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420131030aabe.html

    ◎関連スレ
    【車/戦略】「軽」スポーツ車が復活 スズキやダイハツやホンダ、若者層の開拓狙う [10/05]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1380948397/

    【車/戦略】軽オープン『S660コンセプト』や世界初公開の市販予定モデルも--ホンダ、『東京モーターショー』出店概要発表 [10/23]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1382500647/

    【車/戦略】スズキ、「東京モーターショー」出展概要発表--コンパクトSUVやターボエンジン搭載バイクなど [10/29]
    http://www.logsoku.com/r/bizplus/1383031853/

    【ダイハツ、来春に「軽スポーツ」2車種投入--『東京モーターショー』に出展】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント
    1: ファイヤーボールスプラッシュ(千葉県) 2013/10/28 22:33:18 ID:BgilfA2A0
    うちの父はゼロクラウンに乗ってます。よく知らないのですが、

    no title


    新車時、オーナーにはこんな時計が付いてきてたようです。オプションだったかは不明・・・
    この腕時計をしていると開錠施錠、エンジンも始動できちゃうという触れ込みでうちの父も持っていたのですが、今年の夏、8月頃だったかな?壊れて動かなくなったんです。
    それで修理ということでディーラーにすぐに出したみたいなんですね。

    そして今10月も終わり・・・まだ返事が来ないのでシビレを切らした父が電話すると・・・

    ディーラーマンが言った言葉は。。。。。。。。。。。。。

    見積もり料が¥7500になります。どうされますか?

    ですって!
    2ヶ月半もほったらかしにしておいて挙げ句の果てに修理代に¥7500じゃなくて、その見積に¥7500!だって!

    ちなみにこの時計が壊れる前、電池切れになったんですが、その時もうちの父はこのディーラーに行って電池交換を依頼しようとしたらしいんです。
    そしたら交換代金は¥8000!と言われ断って自分でボタン型電池電気屋で買ってきて¥200で済んだと憤慨してました。

    最後に一言わせてもらうと

    権力より愛じゃなくて・・

    サービスより金ですね。

    サイテー。

    http://minkara.carview.co.jp/en/userid/1967399/blog/31472270/

    【トヨタ「修理の見積もり料が7500円です^^」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/10/30 09:23:59
    先月、生産中止を迎えたアストンマーティン「シグネット」。その背景には、5万ドル
    (日本円で約488万円)という高額な価格などによる販売の不振が要因として挙げられるが、
    アストンマーティンCEOのウルリッヒ・ベッツ氏の考えは違うようだ。

    ベッツ氏が英の自動車メディアとの対談で語ったことによれば、彼はシグネット生産中止の
    主な要因として、トヨタがシグネットのベース車であるiQの販売を2014年に終了してしまう
    からだと述べたようだ。一方、当のトヨタはこの事実を否定している。ところが、オランダの
    トヨタのインポーターはベッツ氏と同じ情報を得たとしており、すでにiQの輸入をストップ
    しているという。仮にトヨタが欧州でのiQ販売をストップするのであれば、米国で今年9月
    までの販売台数が3365台(前年比51パーセントダウン)と売れ行きの悪いサイオン「IQ」の
    販売も終了を迎えることになりそうだ。

    ベッツ氏はさらに、シグネットをアメリカ市場で販売したかったがトヨタの支持を得られ
    なかったこと、スーパーチャージャー付きのエンジンを要求したが叶えられなかったこと
    などを挙げ、トヨタのサポートが不十分だったのも大きな要因のひとつだと指摘した。

    はたから聞いていると、なんだか責任転嫁をしているようにも聞こえるが、みなさんは
    どう考えるだろう。

    ●先月、生産中止を迎えたアストンマーティン「シグネット」
    no title


    http://jp.autoblog.com/2013/10/29/aston-ceo-claims-cygnet-cancelled-because-toyota-is-dropping-iq/#continued

    【英アストンマーティンのCEO、トヨタを非難--「『シグネット』生産中止の原因はトヨタ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    COROLLA_STAT_17_DPL_2013__mid-618x411

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/10/29 18:42:31
    ★トヨタ、再びフォードに異議…「カローラこそ2013年上半期ベストセラー車」
    2013年10月29日(火) 17時25分

    トヨタ自動車とフォードモーター。この二大自動車メーカーの間で、主力乗用車の販売台数を巡る論争が起きている。

    事の発端は10月23日、フォードモーターが2013年上半期(1-6月)世界新車販売(乗用車)の車名別販売ランキングおいて、
    フォード『フォーカス』が第1位になったと発表したこと。

    フォードモーターは、米国に本拠を置く大手調査会社のPolk社の最新データを引用。「2013年上半期のフォーカスの
    世界新車販売台数は、前年同期比20%増の58万9709台で、乗用車の第1位」と宣言した。

    これに噛み付いたのが、トヨタ。米国の有力メディア、『The Detroit News』の取材に対して、米国トヨタの広報担当者は、
    「Polk社の『カローラ』のデータには、全世界の販売台数が反映されていない」と反論している。

    トヨタによると、独自に集計したカローラの2013年上半期の世界新車販売台数は、59万0760台。この数字が正しければ、
    カローラがフォーカスを1051台上回り、乗用車のベストセラーに立つことになる。

    なお、世界販売台数を巡るトヨタからの異議は、非公式ながら2012年に続いて2度目。同メディアの取材に対して、
    米国トヨタの広報担当者は、「Polk社のカローラの販売台数データには、ハッチバックの『カローラ マトリックス』
    のようなモデルが集計されていない」と説明している。

    http://response.jp/article/2013/10/29/209571.html

    【トヨタ、再びフォードに異議…「カローラこそ2013年上半期ベストセラー車」】の続きを読む

    このページのトップヘ