乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: ストレッチプラム(WiMAX) 2013/09/30 20:19:55 ID:kdKXh24kP
    二輪ホンダ、警察パトロール車両を初公開[車両]
    インド 2013年9月30日(月曜日)

    二輪車大手ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディア(HMSI)は28日、防犯防災に関連する
    製品・サービスの総合展示会「インド国際セキュリティエキスポ 2013」で、警察のパトロール車両として
    設計した特別仕様車「CBR250R」をお披露目した。

    同車種は、パトカーや救急車などの緊急車両の警報装置を手掛ける地場IJSエレクトロニクスと提携し、
    開発した。電力消費を抑えた発光ダイオード(LED)を採用し、夜間でも高い視認性を維持するための
    トーチライトも装備。通信マイクを内蔵したヘルメットも提供する。

    CBR250Rは2011年3月に一般向けに発売を開始。販売価格は15万7,950~19万2,900ルピー(約25万~
    30万5,000円、デリーのショールーム価格)となっている。

    インド国際セキュリティエキスポ2013はインド貿易振興局(ITPO)が主催。26~29日の4日間、首都デリー
    で開催され、今年で16回目を迎える。ITPOによると、民間のセキュリティ市場は2016年までに5,500億ルピー
    規模に拡大すると推計している。

    ソース
    http://nna.jp/free/news/20130930inr002A.html

    画像
    no title


    依頼58
    http://www.logsoku.com/r/news/1380455728/58

    【インドの白バイはホンダCBR250R】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: ストレッチプラム(チベット自治区) 2013/09/30 16:32:19 ID:O8+3DBqKP
    「プリウス」生産のトヨタ堤工場行ってみると、1500台のロボットが…

    プリウス、世界ハイブリッド自動車市場で最強の車だ。
    1997年に初めて登場し、今年6月に累積販売台数が300万台を超えた。
    ラテン語で「先駆者」という意味の名前のように、市場をリードしてきたのだ。
    no title

    そのプリウスを生産するトヨタの堤工場(愛知県豊田市)は規模から違った。
    1970年に完工したこの工場は、野球場23面規模(敷地114万平方メートル、
    建坪61万平方メートル)だ。しかし本物は図体ではなく中身にある。

    25日に訪問した堤工場では、車体が完成した後、車のドアをまた取り外す。
    取り外したドアは座席、ダッシュボードなど内装材を入れる段階が終わるまで
    ベルトの上側にぶら下がって移動する。
    内装材の組み立てが終われば、車のドアがまた組み立てられる。
    トヨタの関係者は「ドアがないため作業能率が高く、車体が傷つく可能性も減る」と説明した。

    作業効率も高い。7万5000平方メートル規模の溶接ラインには人がほとんどいなかった。
    1500台のロボットが絶えず溶接の火花を散らしているだけだ。
    このロボットはプリウスの車体の約4000カ所を溶接し、約400の部品を取り付ける。
    自動化率が97%に達する。

    需要に合わせた弾力生産システムも備えている。
    堤工場は2本のラインで一日1442台の車を生産する。
    ハイブリッド車の比率は1ラインが81%、2ラインが96%。
    一つのラインにプリウスやサイオンtCなど他のブランドの車種が入り混じって流れる。
    混乱しそうだが、必要な時間に正確な量の車種別の部品が供給されるシステムがあり、
    工程は水が流れるように滑らかだった。
    トヨタ側は「混流生産を通じて需要に合わせた弾力的な車両生産が可能」と説明した。
    http://japanese.joins.com/article/620/176620.html?servcode=800&sectcode=860&cloc=jp|main|breakingnews
    つづく

    【韓国人記者が「プリウス」生産のトヨタ堤工場行ってみた「これはすげー・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    prius_phv_s

    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/09/30 15:48:58
    トヨタ自動車は30日、プラグインハイブリッド車(PHV)「プリウスPHV」を
    一部改良して発売した。
    価格は285万円から(補助金を差し引いた実質価格は255万円から)と
    従来モデルから価格を20万円引き下げ、販売てこ入れを図る。

    プリウスPHVは2012年1月、国内を皮切りに海外でも販売を始めた。
    当初は国内の年間販売目標を3万5000~4万台としていたが、充電インフラ網の
    整備が進まないことなどから、これまでの累計販売は国内が1万4000台、世界でも
    4万台にとどまっていた。今後は当面、国内で年間1万台以上、2010年代後半には
    年間2万台以上の販売を目指す。

    今回の一部改良では内外装の上質感を高めたほか、新しい溶接技術を取り入れることで
    ボディの剛性を高め、振動や騒音も減らした。

    ソースは
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130930/biz13093014350011-n1.htm
    ■トヨタ自動車 http://www.toyota.co.jp/
     2013/09/30 TOYOTA、プリウスPHVを一部改良
     http://www2.toyota.co.jp/jp/news/13/09/nt13_053.html
     株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7203

    【トヨタが「プリウスPHV」を20万円値下げ 販売てこ入れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 頭突き(catv?) 2013/09/29 16:27:19 ID:vdmIRFhF0
    フォルクスワーゲンのSEV(Super Efficent Vehicle)"Volkswagen XL1"と言えば、軽量なCFRP製のシャシーに、
    最高出力47hpの排気量800cc 2気筒ターボディーゼルエンジン"TDI"と7速ダブルクラッチトランスミッション"DSG"、
    出力27hpのアシスト用電気モーター、5.5kWhのリチウムバッテリーで構成されたハイブリッドシステムを搭載した、
    795kgという極めて軽量な車体重量が特徴の限定生産車であるが、そのXL1をベースに、ドゥカティのエンジンを搭載したモデル"Volkswagen XL Sport"を、フォルクスワーゲン会長Ferdinand Piech氏がウィーン大学での講演中に発表した。

    このXLスポーツは、XL1のコンポーネントを流用した上で、ハイブリッドシステムの代わりにドゥカティの最高出力190hp&
    最大トルク123Nmの排気量1,200cc L型2気筒エンジンを搭載した上、フロントスプリッター、ベンチレーションフード、
    フェンダーエクステンションを含むアグレッシブなボディキット、大径アロイイールなどを装着した仕様となっている。


    今回発表されたこのXLスポーツについて、コンセプトモデルであるのか、あるいは量産モデルであるのかなどの詳細はまだ不明である。

    no title

    http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51805493.html

    参考:
    スズキ・GSX-R/4
    2001年のフランクフルトモーターショー、その直後の第35回東京モーターショーに出品されたコンセプトカー。
    名前のとおり、スズキの代表的なスポーツバイク、スズキ・GSX-Rをそのまま4輪にしたというコンセプトで設計された。
    no title

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B9%E3%BA%E3%AD%E3%BBGSX-R/4

    【【スズキもやれ】VW、ドゥカティエンジン搭載のコンパクトスポーツ"XL1"を明らかに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント
    1: バックドロップホールド(チベット自治区) 2013/08/04 01:49:13
    http://rocketnews24.com/2013/08/03/355902/

    【衝撃動画】まさに人馬一体! 身長155センチの女性白バイ隊員が魅せた運転テクが見事すぎると話題
    no title


    人馬一体(じんばいったい)という言葉がある。まるで騎手と馬が一心同体になったかのように、巧みに乗りこなすことを
    いう。馬でなくともバイクも同じだ。マシンと一体になってこそ、自由自在の運転が可能となるのである。

    そんな人馬一体の見本とも言うべき、見事すぎるバイクの運転が収められた映像が大きな話題となっている。動画のタイト
    ルは「身長155センチ・女性白バイ隊員のスーパーテクニック」だ!

    ・身長155センチがホンダVFR800を乗りこなす!
    主役は石川県警の米澤沙恵子巡査長。彼女は石川県警の女性白バイ隊「IP(ISHIKAWA POLICE)エンジェルス」の一員なのだ
    が、なんと身長は155センチ! それなのに白バイ! まず、そこがスゴイ!!

    なぜすごいのかは、バイク乗りならお分かりになるだろう。白バイといえば大型バイク。彼女が乗っている白バイは「
    VFR800P」。予想重量は約300Kgだ。そんな巨体を155センチの女性が自由自在に操っているのがスゴイのだ。それも白バイ仕
    込みの超絶スーパーテクニックで!!
     
    ・「フォームが綺麗」「ライディングのお手­本」
    ちなみに、動画がアップされている YouTube のコメント欄には、
    「スローで見るとほとんどクラッチ半クラッチすら使っていないよう­に見えますね。」
    「まず、フォームが綺麗ですね。前傾気味の流れるようなライディン­グフォーム。」
    「頭の位置も常にセンターにあり、ライディングのお手­本です。」
    「クソ重いVFRを・・・。惚れました!」
     
    などなど、多くのバイク乗りからも大絶賛の声があがっている。なかには「派手さは無いけど、人馬一体って言葉の見本で
    すね。」という声もある。まさに人馬一体。白バイと一体化したライディングだ。バイク乗りなら絶対に必見なり!!

    https://www.youtube.com/watch?v=sM1irq2xHKs


    【【衝撃動画】まさに人馬一体! 身長155センチの女性白バイ隊員が魅せた運転テクが見事すぎると話題】の続きを読む

    このページのトップヘ