乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: ジャンピングエルボーアタック(四国地方)@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/15(火) 11:33:18.49 ID:DKiitAC80.n

    どれだけ期限が過ぎていようとも責任はきっちり果たすのが良いようです。
    ケント・ブロイーヒル氏は、母校のネブラスカ大学リンカーン校に
    駐車違反の罰金 100ドルを支払いました。彼が大学を卒業して40年後のことです。
    no title


    地元メディアによると、ブロイーヒル氏は、1974年に卒業する直前に
    大学の警察署で駐車違反の罰金を払おうとしたのですが、
    大学は現金しか受け取らないことを警官に言われたといいます。
    ブロイーヒル氏のポケットは空だったので、できるだけ早く罰金を
    支払うことを条件に警官はその場での支払を免除してくれました。
    ブロイーヒル氏は、大学の友人と会話するまでこの罰金のことなど
    忘れており、当時の約束がまだ果たされていないことに気づいたと言います。
    no title

    http://www.europanews.top/archives/1039995294.html


    【「無断駐車は1万円いただきます」←これは払わないといけないのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/09/15(火) 09:44:21.11

    http://withnews.jp/article/f0150912001qq000000000000000W0230301qq000012500A
    中国・北京で9月3日にあった「抗日戦勝利70周年」軍事パレード。閲兵する習近平国家主席を乗せた
    車が一部の注目を集めました。その名も「紅旗」。長い歴史を持つ、中国の国産最高級車です。

    黒塗りのリムジンと直立不動の習近平氏
     ゆっくり走る黒塗りのリムジンのくりぬかれた屋根から、直立不動のまま上半身だけを出す習近平氏。
     その日本人には見慣れない閲兵の様子を見た人のツイッター投稿の中には、歴代国家主席を乗せた紅旗についての話題もありました。


     紅旗は、中国の自動車メーカー「中国第一汽車集団公司」のブランド名です。1958年、
    当時の最高指導者・毛沢東の国産自動車開発へのこだわりから生まれました。
     当時、国内に重工業の蓄積が乏しい中で、「自立更生」の意志を込め、天安門の輪郭線や宮灯など中国風の意匠をボディーラインに取り入れています。
     59年に初めて閲兵専用の車が製造され、84年、99年、2009年と改良を重ねていきました。
    no title


    @livein_chinaきんぺーさんが載ってる 中国の最高級車 紅旗 L9
    V12 6000cc 500馬力のエンジンを搭載おねだんは日本円で1億円以上
    no title


    ロールス・ロイスに匹敵するスペック
     習近平氏が乗っていたのは、型式「CA7600J」のリムジンタイプ。「J」は中国語で「検閲(jianyue、閲兵の意味も)」
    の頭文字を意味します。09年の建国60周年の式典で、閲兵車として登場しました。
     車体は全長6.4メートル、幅2メートルと大柄。エンジンは自社開発のV型12気筒6リッター。ロールス・ロイスの最高級車に匹敵する巨大さです。
     屋根をくりぬいた閲兵のための台は、その時々の最高指導者の体格に合わせて作成して載せ替えているようです。

    トヨタ・クラウンがベースの市販車も
     最高指導者の乗るリムジンと同じ形の「L」シリーズは共産党幹部の送迎などに限られますが、トヨタとの提携でクラウンをベースに作られた「H7」など、
    一般向けの紅旗ブランド車も市販されています。
     メルセデス・ベンツやアウディなどドイツ製高級車の人気が高い中国市場で、由緒ある国産ブランドとしてシェア拡大を目指しています。
    no title


    【共産党幹部が乗る中国製の最高級車「紅旗」、ロールスロイスに匹敵するスペック】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    48752
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/09/15(火) 01:08:32.25 ID:kxY1xGv30.n

    やっぱ軽なの?


    【21歳で乗る平均的な自分の車ってなに?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/09/14(月) 08:51:12.67

    http://news.walkerplus.com/article/64597/

    ポルシェやベンツ、フェラーリといった名うての高級車のレンタル需要が伸びている。旅行先やデートで
    プレミアムな演出をするためだけでなく、オンタイムで活用するビジネスマンも多いのだとか。セレブならずとも気になる高級レンタカーの実態とは?

    まずは国内のクルマ事情から。軽自動車を含む新車販売台数は年間550万台前後と横ばいで推移している(>>1)。
    一方で、2014年3月時点でのレンタカーの車両数は、前年比+3.6%の28万3438台、事業者数は前年比+11.0%の7325社と増加傾向にある(>>2)。 
    また、楽天トラベルにおける2014年度のレンタカーサービスの販売台数実績は、前年比で+26.6%と大きく伸長。
    これらのデータが示すように、乗用車は“購入”するより“レンタル”する流れが加速している。

    その好調なレンタカー業界を支えているのが、20・30代のユーザーだ。この世代のレンタカー利用は前年同期比+56.8%と、
    全世代の中で最も顕著に伸びている。また、若年層の利用する車両クラスは、軽自動車とコンパクトカーが全体の76%のシェアを占め、
    低価格な車両を気軽に利用する傾向にあるという。

    「最近の若年層は、『わ』ナンバーがレンタカーであることを知らない人も多い」(楽天 トラベル事業部 レンタカーグループ・リーダー 平山達也氏)など
    若者はステータスよりも実用性を重視し、デートはレンタカーを利用することが常識となっているようだ。

    一方で、ラグジュアリークラス(高級車)のレンタカー予約も+36.7%と高成長を記録している。
    とくに20~40代での伸びが高く、貸し出しエリアは北海道や沖縄県などの人気観光地の需要が高い。
    この背景には、「購入はできないが、リゾート地での旅行は憧れの高級車やスポーツカーで楽しみたい」といった
    非日常体験を楽しむ傾向がありそうだ。つまり、レンタカーを旅行先の移動手段としてではなく、
    旅行体験の一つとする流れが加速しているのだ。ともすれば、旅客機でファーストクラスを選ぶのと同等以上に、
    特別なひとときを味わえる可能性もあると言えるだろう。

    そんな高級車のレンタルが、実は都心でも需要が伸びているのだ。都内でレンタカー事業を展開する
    プレミアムレンタカーには、ポルシェやフェラーリ、メルセデスベンツSクラス、日産GT-Rといった100台以上の高級車がズラリ。
    例えば「ポルシェ911 Carrera type997」のレンタル料は6時間で3万2800円、
    12時間で3万7500円と長く借りるほどお得な料金設定になっている。いちばん多いのは、
    金曜日の夜に借りて土曜日の夜に返車したり、土曜日の朝に借りて日曜日の朝に返却するパターンだとか。
    要するに、週末の“勝負デート”で高級車を利用しているに違いない。モテ効果はさておき、男たるもの一生に一度は高級車を自由に乗り回したいものだ。

    さらに高級レンタカーの実態を探るべく現場に突撃!エントランスの自動ドアを入ると、さっそく
    「ポルシェ911 Carrera type997」がお目見え。敷地にはポルシェやフェラーリが鎮座しており、一般人には近寄りがたい空気を発しているもののご安心を。

    事前に公式HPで会員登録(審査あり)が必要なものの、基本的に学生でも利用可能なレベルだとか。
    レンタル料には事故などの際の保険補償も含まれており、有料オプションで内容を充実させることも可能だ。
    一度だけでも憧れの車種に乗ってみたい若者から、新車購入を検討するため乗り心地を確認しにやってくる50代の役員クラスまで、
    ユーザーの世代も目的も多種多様だという。

    同店で利用できる車両数は約100台。6時間から利用可能で、価格は1~10万円台まで車種によってピンキリだ。
    最高峰の馬力を備えたモンスターマシンを乗りこなす自信がない人には「ミニ クーパー コンバーチブル」(6時間1万400円~)がおすすめだとか。
    「コンパクトで気軽に楽しめるオープンカーながら、BMW製なので性能は折り紙付きです」(営業の久保田俊輔さん)。
    まっ赤なボディが放つ“ザ・外車”なオーラと、日本の道路環境に合ったサイズ感、そして女子ウケを確実に狙えるオシャレ感も魅力的な一台だ。


    2: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/09/14(月) 08:51:22.67

    プライベートだけでなく、ビジネス向けの車種もそろっている。その最高峰が、「ロールスロイス ファントム」(6時間13万8600円~)だ。
    どこから見てもプレミアムと呼べる堂々のルックス。取引先の重役相手のゴルフ接待で活用すれば、費用対効果が計り知れない
    ビッグな取引が決まるかも!? 実際に送迎用としてレンタルするビジネスマンが多いという。ちなみに、2600kgものヘビー級ボディながら、
    時速100kmに到達するまで5.9秒。それでいて、エンジン音がほぼ聞こえないほどの静かさ!後部座席で優雅に過ごすよりも、
    ドライバー役のほうが非日常的な興奮体験ができそうだ。
    最後に、同店の人気車種を拝ませてもらうことに。モデル名は、「BMW 640i Cabriolet」(6時間3万6000円~)。
    ビギナーのために説明すると、ドイツの超名門メーカーによる高級シリーズで新車価格は1000万円はくだらない、
    まさに押しも押されもせぬ高級車である。「“憧れの一台”として、記念に並んで写真を撮っていかれる人も。
    人気車種のため、1カ月前のご予約がおすすめです」(久保田さん)。実際に、並んで立ったり、
    運転席に座るだけでもドーパミンがドバドバ。たとえレンタルでも、格上の男になった気分を味わえる高級車の魔力を実感できる。
    「これを12時間借りると約4万円。うん、日帰りで富士山まで突っ走れるぜ!」などと、男なら誰もが強気の妄想をしてしまうハズ。
    あなたは、どんな車でどんなプレミアム体験を叶えたいだろうか?

    >>1�日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会発表数値による
     >>2�一般社団法人 全国レンタカー協会が2015年3月に発表した「レンタカー車種別車両数等の推移」(国土交通省自動車局旅客課公表数値による)を参照

    no title

    贅沢なホテルに乗り付けたい堂々のルックスを誇る「ロールスロイス ファントム」
    no title

    普通免許さえあれば憧れのベンツにも!プレミアムレンタカーには、ポルシェやフェラーリなど100台以上の高級車がずらり
    no title

    GRACE OKINAWAは、ミニクーパーの全モデルをはじめとする上級グレードの車をそろえており、ワンランク上のレンタカー体験を提供している
    no title

    日産GT-Rの2015年モデルも!
    no title

    24時間の利用でも1万4900円。高級車ながら比較的安く借りられるという意味でも狙い目の一台


    【フェラーリ&ポルシェ…高級レンタカー需要増のワケ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    01_s
    1: ニライカナイφ ★ 投稿日:2015/09/14(月) 10:05:11.75

    ◆日本メーカー“脱中国”加速 ホンダ、スクーター生産拠点を国内へ

    日本の製造業の「脱中国」が一段と加速している。
    これまで、ミニバイクの9割を中国など海外生産していたホンダは
    新型ミニバイク「ジョルノ」の生産を、同社熊本製作所(熊本県大津町)で始めた。

    人件費高騰や円安で中国生産のメリットが薄れるなか、
    生産拠点を国内に戻すメーカーは増える一方だ。

    ホンダは円高が進んだ2002年ごろから中国やベトナムでの海外生産に
    切り替えたが、アベノミクスによる円安を受けて輸送コストなどを検討した結果、
    国内生産の場合でも大差はなく、商品の保管でも効率が良いと判断した。

    同社は「ジョルノは国内生産回帰の第1弾」としており、
    段階的に国内生産に移し、国内8割、海外2割の生産体制にする。

    日本の大手メーカーでは、パナソニックが中国でほぼ全てを生産していた
    日本市場向け空気清浄機の半数を、国内生産に切り替えることを
    明らかにしているほか、ダイキン工業も家庭用エアコンの一部を
    中国から国内の工場に移管。
    キヤノンやTDKも国内回帰を進めている。

    中国では2012年の反日暴動も記憶に新しいうえ、
    株や不動産バブルが崩壊し、実体経済も失速するなど、
    市場としての魅力も薄れつつある。
    中国リスクを回避する日本メーカーは今後も増えそうだ。

    ZAKZAK 2015年09月13日
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20150913/frn1509130830001-n1.htm


    【日本メーカー“脱中国”加速 ホンダ、スクーター生産拠点を国内へ】の続きを読む

    このページのトップヘ