乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/13(火) 11:43:13.34 ID:mkru5Op8M.n

    no title


    【これを見て何がおかしいか分からない奴は運転するな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 43コメント

    558217-corner1
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/11(日) 18:40:55.14

    詳しい人詳しく


    【車に乗っててカーブを曲がる時って、ブレーキを踏んでから曲がるのかブレーキを踏みながら曲がるのかどっちがいいの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    purius_95847239734234
    1: 毒霧(北海道)@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/13(火) 19:30:34.94 ID:6JA56yye0

    トヨタ自動車は13日、主力ハイブリッド車(HV)の新型「プリウス」を国内で初めて公開した。

     カタログ上の燃費性能は最も良いタイプでガソリン1リットルあたり40キロ・メートルとなる見通しで、
    現行モデル(32・6キロ・メートル)より2割以上向上させる。国内では12月に発売し、2016年1月以降、北米など世界の主要市場に順次投入する。

     現在、国内で販売している乗用車の中で最も燃費が良いのは、トヨタの小型HV「アクア」とスズキの軽自動車「アルト」の37キロ・メートルだが、
    新型プリウスはこれを上回り、国内最高となる。エンジンの効率を一段と高め、モーターやバッテリーなどの性能も向上させた。

     四輪駆動タイプも初めて投入する。雪が多い寒冷地では四輪駆動車の需要が根強いが、プリウスはこれまで前輪駆動車のみだった。
    歩行者を検知する自動ブレーキ装置など安全性能も大幅に高めた。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151013-00050074-yom-bus_all


    【【北海道でも安心】トヨタ新型プリウス、遂に4駆も投入で国内無敵の状態へwへ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 103コメント

    aaa
    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/10/13(火) 12:31:07.08

    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO92553590X01C15A0000000/
     マツダが中型車(C/Dセグメント)の次世代プラットフォームをFR(前部エンジン・後輪駆動)にする検討に入った。
    販売台数の7割近くを占める主力プラットフォームを、現在のFF(前部エンジン・前輪駆動)
    からFRに転換することになる。高級路線を推し進めたい狙いがありそうだ。
     マツダは複数の部品メーカーに、2020年頃の発売を想定した車両のRFQ(Request for quotation:見積もり依頼書)
    を提出した。RFQに対するフィードバックを見て最終的に判断する。仮に量産を決断すると、
    2020年頃の全面改良が予想される「CX-5」や「アテンザ」からFRプラットフォームを採用する可能性が高い(表)。

     FRに転換する最大の目的は、ブランド価値の向上にある。FRの方が運動性能が高く、
    運転する楽しさを顧客に訴求しやすくなるからだ。
     かつて、国内メーカーが手掛ける中型以上のセダンはFRが主流だった。
    しかし、FFは部品点数の削減、軽量化による低燃費を実現できるため、国内メーカーのほとんどのクルマがFFへ移行した。
    マツダも2012年、C/Dセグメントの車両をFFの「SKYACTIV(スカイアクティブ)」プラットフォームに変更し、
    CX-5から採用し始めた(図)。

     一方、ドイツBMWやトヨタ自動車の「レクサス」など高級ブランドの主力車種はFRのままである。
    SKYACTIV技術でブランド価値を高めているマツダがFRへ転換することは、高級ブランドへのシフトを意味する。

    ■転換に莫大な投資は不要
     実は、FRへの刷新に必要な設備投資額はさほど大きくならない見込みだ。
     マツダは広島・宇品工場でFRの「ロードスター」とFFの「CX-3」などを混在生産している実績がある。
    「多品種少量生産のノウハウを持っており、(仮にFR化の決断をしても)投資額は大きくならない」(マツダ幹部)と考えているという。

     マツダの技術者からは、「悲願のFR化に挑戦したい」との声も出ている。

    (日経Automotive 佐藤雅哉)

    [日経Automotive2015年11月号の記事を再構成]


    【マツダ、次世代で「FR転換」を検討 高級路線を推進】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 70コメント

    10151016_199910a
    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/10/13(火) 11:19:00.29 ID:9mGgg9Fjp.n

    何故なのか


    【車オタク「FR以外はクソ、スポーツカー名乗るな」】の続きを読む

    このページのトップヘ