乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: スペインオオヤマネコ(芋) 2013/06/05 12:18:53
    スイフトハイブリッドは2013年春に発売される見込みであったが延期となっていた。その新たな発売時期として候補に上がっているのが2013年秋。
    2013年11月には東京モーターショーが開催されるが、同ショーがスイフトハイブリッド公開の場として選ばれる可能性が高いと考える。

    ベースとなる車体は3代目スイフト。2010年のデビューから数えて3年を経過したモデルであるから、ハイブリッドモデル投入に対する市場へのインパクトは小さい。
    ただし、レンジエクステンダー方式によるハイブリッドカーが国内ブランド車で一般市販化されるということで今から注目しておきたい一台である。

    レンジエクステンダーとは発電エンジン付きの電気自動車(EV)とも言い換えられ、近年ではアウディ・A1 e-tron、シボレー・ボルトといった車種で
    市販実績がある。2011年の東京モーターショー出展時のコンセプトカー、スイフトEVハイブリッドの仕様では、発電専用の軽自動車向けエンジンを
    搭載し、JC08モード燃費28.0km/L、満充電からのEV走行による航続可能距離は15km、プラグインによる充電も可能というものであった。

    ただし、この程度のスペックではトヨタ・アクアなどに搭載されているTHSⅡシステムに大きく引けを取るものに感じる。それは車体価格の面からも言えそうで、
    アクアが169万円から販売されているのに対し、スイフトハイブリッドは200万円以下を目標に開発されている。
    性能的にも価格的にも市場価値を見出だせないというのが、スイフトハイブリッドの市販化が遅れている原因であると考えるが、バイク用450ccエンジンを
    発電機として使うなどスズキならではの開発も行われており、進化を期待させる一面もある。

    http://car-research.jp/suzuki/swift-hybrid-2.html

    【スイフト ハイブリッドキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!! バイク用エンジンを発電機とした鈴菌全開EVか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: スナドリネコ(千葉県) 2013/06/05 07:24:24 ID:b4B6RQET0
    6月4日、ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」とハリウッド映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』のコラボレーションによる“痛車”が披露された。

    “痛車”お披露目式に、メンバーの歌広場淳、喜矢武豊、鬼龍院翔、樽美酒研二がレーシングスーツ姿で登場。
    痛車を前に、メンバーの喜矢武さんは「どう見ても痛いですよ。僕は普通の方がいいですよ」と苦笑。歌広場さんも「上等なケーキに、う●こ塗ってるみたいですよ」などとコメントした。

    映画『ワイルドスピード』シリーズは、毎回ど派手なカーアクションが展開されるハリウッドのエンターティメント超大作。
    コラボでは、最新作の舞台がヨーロッパとあって、イタリア製の高級車アルファロメオ『ジュリエッタ』に、メンバーの顔写真入りの“痛車”に仕上げた。

    今回のこのコラボレーションは、メンバーの喜矢武さんが自身のブログに「月9も出たし...。いよいよか...。ハリウッド…。」などと投稿した事からプロジェクトが動き出したといい、“痛車”製作に加えメンバーはCMにも出演。

    CMでは、金爆が効果音を担当、思わぬハリウッドデビューにエンジン音を担当した喜矢武さんは「Twitterで、ハリウッド出ますって、でかいこと言ったのに…。
    これがいわゆる“とんだピエロだぜ!”、結構Twitterでもたたかれている」と明かした。

    シリーズ最新作となる『ワイルド・スピード EURO MISSION』は、前作『ワイルド・スピード MEGA MAX』で結成されたシリーズ・オールスターメンバーによる史上最速のドリームチームが再集結。
    伝統と格式に彩られたヨーロッパを舞台に、世界中から集められた個性溢れる最強のカスタム・カーが暴れまくる。

    7月6日(土)より全国ロードショー。
    《椿山和雄》

    http://response.jp/article/2013/06/04/199366.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ゴールデンボンバーとワイルドスピードがコラボ!イタ車の痛車でハリウッドでビュー!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: スペインオオヤマネコ(芋) 2013/06/05 13:51:39
    ポルシェのドイツ本社は6月4日、『911 50イヤーエディション』の概要を明らかにした。実車は9月、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー13で初公開される。
    911 50イヤーエディションは、ポルシェを代表するスポーツカー、『911』の誕生50周年を記念した特別限定車。初代911は1963年にデビュー。911 50イヤーエディションはこれを祝福し、全世界1963台限定でリリースされる。
    ベース車両は、『911カレラS』。本来、911カレラSには用意されないワイドボディをまとう。このワイドボディは、『911カレラ4』用。リアフェンダーが、通常の911カレラSに対して、44mm拡幅された。
    このワイドボディ化で、リアトレッドが広がったのに合わせて、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)を専用チューニング。スポーツエグゾーストシステムも標準装備する。
    搭載エンジンは3.8リットル水平対向6気筒ガソリン。最大出力400psを引き出す。0-100km/h加速は4.3秒、最高速は300km/hの実力。
    この他、911 50イヤーエディションでは、エンジンカバーやフロントのエアインレット、5本スポークアルミホイール、「911 50」エンブレム、1960年代をモチーフとしたタータンデザインのレザー&ファブリックシートが採用される。

    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=31161/

    【ポルシェ 911に50周年記念車…世界限定1963台 ナローっぽいホイールだけは認める】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/06/05 11:40:02
    自転車ブランド「ドッペルギャンガー」から、近年増加傾向にある自転車通勤の
    男性をターゲットとした男のためのママチャリ「FZ1 zenon」が発売される。

    FZ1 zenonは、フレーム設計をゼロから見直し男性らしいデザインにこだわった
    ママチャリ。
    フレームを直線的なパイプのみで構成することで、従来の丸みを帯びた女性的な
    デザインとは違ったスタイリッシュなママチャリとなっている。

    長距離通勤を想定して、一般的なママチャリよりも大径サイズのタイヤ、
    歯数の多いチェーンホイールを採用。
    ペダル一回転で進む距離が約1.25倍となっており、スポーツバイク同様の
    走行性能を持たせている。また、折りたたみも可能で車への積載にも対応。
    駐輪スペースを最小化できるなど、駐輪場の少ない都市部の使用にも適している。

    価格はオープン。実売参考価格は約3万6000円。

    ソースは
    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1306/04/news116.html
    ■ドッペルギャンガー http://www.doppelganger.jp/
     FZ1 zenon http://www.doppelganger.jp/product/fz1/
     画像は
     no title

     no title

     no title

    以下略。

    【男のためのママチャリ、「FZ1 zenon」爆誕 スタイリッシュ&パワフルで折りたたみも可能】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/04 17:03:41
    どんなに手厚い補償内容の自動車保険に加入していても、自動車保険会社への事故連絡の際、
    状況を上手く伝えられなければ、妥当な過失割合が算出されないかもしれない。そんな
    トラブルを防ぐ可能性があるのが、ドライブレコーダーだ。

    ドライブレコーダーは、自動車事故が発生した際の映像を記録できる機器。客観的な映像による
    事故状況の検証や、スムーズな事故後の処理が期待できる。タクシーやバス、社用車といった
    事業用車両への導入はかなり進んでいるようだが、コストなどの問題点もあり、個人への普及は
    まだまだというところ。しかし昨今では、比較的安くコンパクトなものも発売されている。

    例えば、JAFMate社の『ドラドラ DO-03』。重量感がなく取り付けも簡単で、本体の台座となる
    部分をフロントウインドウに両面テープで貼るだけで完了。記録映像はパソコンで閲覧でき、
    価格は税込で2万5200円だ。一方、ユピテル社の『DRY-FH220M』は、ルームミラーにかぶせる
    タイプ。カメラレンズの角度も調整可能で、車種ごとに最適なアングルを設定でき、ミラーの
    右端に記録した映像を表示させることも可能。映像が上書きされない保存機能も付いている。

    スマートフォンで記録映像を確認し、Web上で動画の共有もできるのは、コウォンジャパン社の
    Wi-Fi搭載『スマートドライブレコーダー COWON AW1』。iOSやAndroid端末で専用アプリを
    ダウンロードしておけば、記録中の映像や過去に記録した映像の閲覧が可能となり、SNSや
    YouTubeなどで共有することもできる。

    過失割合の算定をする際に、ドライブレコーダーの映像を参照できるメリットは大きい。
    自動車保険を使う際の懸念材料のひとつである、当事者同士の紛争リスクを軽減することが
    できるからだ。そのため、自動車保険会社では、法人のドライブレコーダー搭載車を優遇する
    特約が、すでに出始めている。今後、個人向け自動車保険の動きにも注目だ。

    ●ユピテル社の『DRY-FH220M』
    no title


    ●コウォンジャパン社のWi-Fi搭載『スマートドライブレコーダー COWON AW1』
    no title


    no title

    【個人向けドライブレコーダーが続々登場--今後は“連動型自動車保険”にも期待】の続きを読む

    このページのトップヘ