乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 41コメント
    1: 足4の字固め(catv?) 2013/12/10 13:34:36 ID:Sq1G/w1x0
    米国の自動車大手、フォードモーターが12月5日、米国、欧州、中国、オーストラリアの世界4大陸において、同時初公開した新型フォード『マスタング』。その頂点に立つV8エンジンも、進化を遂げた。

    新型の搭載エンジンはガソリン3種類。中でも注目は、直噴2.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」の設定だ。この2.3「エコブースト」は、
    最大出力305ps以上、最大トルク41.5kgm以上を発生。自然吸気の3.7リットルV型6気筒ガソリンの最大出力300ps、最大トルク41.5kgmを上回るスペックを発揮する。ダウンサイジングユニットならではの燃費の良さも備えている。

    ただし、2.3エコブーストは、新型が欧州に初投入されるために用意されたダウンサイジングユニットという意味合いが強い。米国やオーストラリアなど、大排気量が好まれる市場で人気を博しそうなのは、V8だろう。

    新型マスタング用のV型8気筒ガソリンエンジンは、排気量は引き続き5.0リットル。バルブトレインやシリンダーヘッドを中心に改良を受けており、最大出力420ps以上、最大トルク54kgm以上を引き出す。

    先代マスタングの5.0リットルV8は、最大出力420ps、最大トルク54kgmだから、新型は数値上の違いは小さい。しかし、フォードモーターは、
    「新開発のインテークマニホールドが低速域での吸気性能を向上。これが燃費やアイドリングの安定性、排出ガスの低減に効果を発揮する」と説明している。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://car.jp.msn.com/news/

    【ホンダ・トヨタ「燃費が0.1km/L伸びた!世界一!」 フォード「男は黙ってV8OHV5.0L」 ト、ホ「」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント
    0112

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/10 17:16:52
    ★軽自動車の増税、新規購入に限定

    自民党税制調査会は10日、2014年度税制改正で、軽自動車税の増税対象を新たに購入する
    車だけとし、それ以外は現在の税額に据え置く方向で最終調整に入った。

    軽自動車は地方を中心に生活の足として定着しているとして増税に反対する意見が多いことに
    配慮した。増税額や開始時期は総務省と経済産業省が詰めの調整を行っている。週内にまとめる
    与党税制改正大綱に盛り込む。

    ただ既存車の税額を据え置くことで、新車への買い替えが進まない恐れがあるため、一定期間を
    過ぎた車の税額を重くする制度も導入する。消費税率が10%に上がる15年10月までの実現を目指す。

    また車の購入時に納める自動車取得税は、消費税率が8%に上がる14年4月に現在の5%
    (普通自動車)から1~2%引き下げる方向だ。経産省は一律3%の引き下げを求めていたが
    地方自治体の税収減を抑えるため、引き下げ幅を圧縮した。

    地方税である自動車取得税は、消費税率10%時に廃止されることが決まっている。自治体は
    約2千億円の税収減となるため、政府、与党は代替財源を確保するため、軽自動車税増税を含めた
    自動車関係税制の見直し作業を進めている。

    自民税調は当初、消費税8%時の自動車取得税引き下げ案として、車両価格から一定額を控除して
    課税することを軸に検討してきた。しかし仕組みが複雑で分かりづらいとの意見が与党内から多く
    出たため、一定率を引き下げる方式に切り替えた。(共同)

    [2013年12月10日13時24分]
    http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20131210-1229538.html

    【軽自動車の増税、新規購入に限定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/10 14:15:02
    ★ホンダのバイク、イスラム過激派に大人気―タリバン誌

    「我々ムジャヒディン(聖戦士の意味)は、ホンダの125とともに戦い、勝利してきた」――タリバンに
    よって3か月ごとに発行される英語の雑誌「Azan(アザン)」の最新版に、このような記事が出た。

    ホンダはきっと、この「お客様の声」を受け入れることはないだろうが、ホンダの125ccのバイクへの
    敬意が、その雑誌に掲載された。日本の本田技研工業が1970年代に、未発展または発展途上国向けに
    造ったバイクで、特に交通渋滞問題が取りざたされていたリオやムンバイなど向けの商品だ。それ以来、
    イスラム過激派は耐久性があり低価格のそのバイクを採用してきた。もし、アフガンの奥地で顔を隠した
    タリバンがバイクにまたがっている写真をみる機会があれば、その多くがホンダの125ccのバイクだ。

    過激派のムスリムとしては恐らく初めてとなる乗り物のレビューは、「司令官ムハンマド・ビン・ファルーク」
    という名前で書かれており、小型で低価格のホンダのバイクが「戦馬」のようだと評価している。戦士をもう
    1人乗せられるだけでなく、現在のテロリストが必ず携帯しなければならないもの、例えばロケット弾や弾薬なども、
    十分に運べるからだと言う。記事によると、バイクの安全バーは、シート脇のサイドバッグに入りきらなかった
    軍需品を入れる「カバンやその他のものを結びつけるのに役立つ」という。(中略)

    ホンダのバイクのほかに、イスラム系過激派が好んで使う輸送手段は、トヨタのピックアップトラック
    「ハイラックス(HiLux)」だ。どちらの日本企業も、(イスラム系であれ他のものであれ)過激派の間でこの2モデルが
    人気を博していることを歓迎はしないかもしれない。しかし裏を返せば、両社が世界で最も貧しく、不安定な地域の
    市場に浸透している証拠でもあるのだ。

    http://jp.ibtimes.com/articles/52161/20131210/216937.htm
    no title
    【ホンダのバイク、イスラム過激派に大人気―タリバン誌】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    20_20091123213520

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10 01:34:41 ID:C3VMROJw0
    教習車をノートPC片手にセッティングし始めちゃう

    4: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/12/10 01:36:29 ID:CZwbX0vw0
    紙コップに水入れて乗車

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10 01:39:28 ID:1xqPsAjK0
    アガる曲持参

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10 01:40:33 ID:fXA9hHCo0
    フルフェイスメットを被って乗車

    【自動車教習所で「こいつ…できるっ!」と思わせる方法】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: おばさんと呼ばれた日φ ★ 2013/12/08 12:19:47
    富山県南砺市内の東海北陸道で先月26日、縦約1メートル、横約80センチ、深さ約5センチの穴が2か所に開いている
    のが見つかった。穴にはまった車は無かったが、一歩間違えれば重大事故につながる危険性があった。
    中日本高速道路によると、穴は「ポットホール」と呼ばれ、老朽化が進む北陸道を中心に毎日のように発見されているといい、
    同社は警戒を強めている。

    同社富山保全・サービスセンターによると、同日午後1時20分頃、東海北陸道上り線の北谷橋(南砺市)で点検中の
    社員が穴を発見。午後10時から7時間半、白川郷インターチェンジ(IC)―五箇山IC間の上下線を通行止めにして
    緊急の補修工事を行った。

    この穴は、道路のひび割れが広がってできた「ポットホール」と呼ばれるもの。現場では約1週間前、路面にひび割れが
    見つかり、同社は応急処置を実施。その後に降り続いた雨の影響でアスファルトの劣化が進み、通行する車両の衝撃も
    受けて穴が拡大した。ひび割れはアスファルトの下に敷かれたコンクリートの劣化が原因だという。

    「穴の上を車が通れば、パンクしてしまったかもしれない」。路面をえぐるように開いた穴を見た県警高速隊の幹部は
    驚いた様子で語った。車の左側の車輪が通る位置に穴が開いており、「高速で走る車がパンクすれば、バランスを
    崩して重大事故につながる恐れもある」(高速隊幹部)。北陸道では昨年2月、路面に開いた穴にタイヤをとられた
    乗用車が右後輪をパンクする事故も起きている。

    「建設から30~40年を迎えた北陸道では1日1個ぐらいの頻度で穴が発見される」と同センターの橋本昌朗
    ・保全担当課長は明かす。穴の多くは直径10~15センチほどだが、特に晩秋~早春に数が急増。気温が下がると、
    固くなったアスファルトが割れやすくなる上、雨雪や融雪水などで傷みやすくなるためだという。

    画像
    no title

    no title

    ソース
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131207-OYT1T01430.htm

    続きは >>2

    2: おばさんと呼ばれた日φ ★ 2013/12/08 12:19:55
    同社金沢支社が2012年に発表した研究によると、同社管内の黒部インターチェンジ(IC)―木之本IC(滋賀県)間で
    豪雪となった2005年度、1か月当たりの穴の発生件数は、9~11月が各30~40個程度だったのに対し、12月に
    約20倍の800個以上となり、1月には1000個を超えた。特にアスファルトの層が薄い橋の上で損傷が目立ち、
    地上を走る部分と比べて約4・6倍の頻度で穴が発生するという。

    対策は「穴の原因となるひび割れを早期発見し、随時補修していくしかない」(橋本課長)。県内の各高速道路では、
    同センターが週2回、路面の安全確認を行っているほか、同社安全管理隊が24時間態勢で道路パトロールを行って
    いるが、短時間で損傷が拡大することもあるという。

    橋本課長は「いち早く発見すれば、大きな損傷を防げる。高速道路でひび割れや穴を見つけたら、すぐに通報して
    ほしい」と呼びかけている。通報は道路緊急ダイヤル「#9910」へ。

    (以上)

    【パンクしたかも…毎日のように穴見つかる高速道】の続きを読む

    このページのトップヘ