乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    1: \(^o^)/ 2014/06/03(火) 00:04:50.72 ID:???0.net
    米軍特殊部隊への納入に向け、バイクメーカーが電動オートバイを開発していることが明らかになりました。

    バイクは安全性や操縦性についての懸念があるものの、
    可搬性、単独での動作、戦術的な利点に優れていると考えられています。
    特にどこにでも移動しなければならない特殊部隊ではバイクは大きなメリットがあります。
    かといって四輪車や自転車では行くことのできない地形も多々あります。
    しかしバイクは騒々しく、隠密行動には不向きだとされてきました。

    米軍特殊作戦司令部(SOCOM)はこれらの欠点を改善した「ステルスバイク」を要求しています。
    どんな温度でも瞬時に起動し、ヘリやオスプレイからすぐに飛び出すことが出来、
    高速かつ静粛に移動し、速やかに攻撃に移ることができる移動手段が必要とされていました。

    「内燃機関型のバイクではこの要件に満たしていません。」とゼロオートバイ社CEOのジョン・ロイド氏はいいます。
    「電動バイクはギア部分が無く磨耗が少なく、実質的にメンテナンスフリーです。」
    「そしてこのシンプルさが低コストを実現しています。」

    ゼロMMXと名づけられた軍用バイクは60秒以内に電源交換が可能であり、およそ20分の急速充電にも対応しています。

    no title


    http://defense-update.com/20140601_electric-bikes-gear-for-military-service.html#.U4yOIfl_ujo

    【まさに「ステルスバイク」 高速&隠密移動可能な軍用電動バイクの時代へ(写真あり)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 61コメント
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 13:44:20.49 ID:R8ZRDPOWi.net
    400万円台からとのこと
    no title

    no title

    no title

    2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 13:45:23.22 ID:l+OtVZ6e0.net
    ヒュンダイはちょっと・・・

    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 13:45:46.92 ID:hLGFRJr00.net
    爆発しないなら欲しい

    7: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 13:46:46.02 ID:leNKjPR40.net
    思いっきり日本車だな
    それもトヨタのそれ

    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 13:47:40.09 ID:BoCJ+n7Q0.net
    bmとベンツ混ぜたみたいな顔だな

    12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/03(火) 13:47:40.51 ID:6ZYZPdlw0.net
    かっこいいことはかっこいいけど
    デザインがどっかで見たことあるようなやつだ

    【【速報】BMWやアウディに対抗、ヒュンダイの高級車がかっこいい件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント
    logo-amazon1

    1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/06/03(火) 02:43:08.69 ID:???0.net
    アマゾンで中古車 諸費用込み33万・44万・55万円
    車種は人気の高い軽自動車や小型車などが中心。当初は日産自動車の「マーチ」や富士重工業の「レガシィ」などを扱う予定。
    米アマゾン・ドット・コムは日本を含め10カ国以上で事業展開しているが車の販売は初めて。
    価格は33万、44万、55万円の3つ。車体価格に登録諸費用や納車整備料、重量税、消費税、自賠責保険料を含む総額で表示する。
    諸費用は一般に10万円程度かかるとされる。ネットは実店舗より人件費など販売コストが減らせるため、低価格に抑えた。
    実物を見なくても購入できるようタイヤやバッテリー、エンジンオイルなど主要な消耗品をすべて新品に交換。
    関東や関西、中部の地域に限って送料無料にする。納車後1週間以内であれば、送料は購入者負担で返品もできる。
    消費者は中古車の画像に加え、車の車種や走行距離、年式などをもとに選べる。購入すれば必要書類が届き、
    返送して手続きが済めば納車される流れ。クレジットカード決済ができ、購入後の金銭のやり取りは不要。
    購入から最短2週間で車を受け取れる。
    すでに中古車を販売するサイトはあるが、諸費用を含んでいないなど価格表示が異なるケースも多く選びづらかった。
    消費者もネットで価格を調べたうえで、実店舗を訪れて購入する行動が一般的。アマゾンは自宅にいながら納車まで完結できる仕組みを整え、
    ネットで手軽に購入してもらう考え。
    日本自動車販売協会連合会などによると、2013年の国内の中古車市場(軽自動車を含む)は700万台程度となり、前年比で横ばい。
    人気の高い軽自動車は増加傾向にある。中古車は低価格なため若年層で購入者が多い。
    ネットでの価格比較や商品購入に慣れた若年層を中心に、中古車のネット販売の需要が見込めるとアマゾンはみている。
    価格を分かりやすく明示することで、中古車専門店の価格戦略にも影響を与えそうだ。
    アマゾンの取扱商品は1億品目以上にのぼる。4月には酒類を自ら仕入れて販売する直販に乗り出すなど、品ぞろえの拡充を進めている。
    中古車の販売を始めることで、関連のカー用品などの売り上げ拡大にもつなげる。
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ020IZ_S4A600C1TI0000/?dg=1

    【アマゾンで中古車販売。 購入から最短2週間で車を受け取れ、送料無料、1週間以内なら返品可】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント
    1010763_00_2010_02

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/02(月) 18:21:16.56 ID:rCjJr7vL0.net
    どうなんだい!!!

    4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/02(月) 18:22:23.76 ID:VuU+snvC0.net
    途中で給油するレベル

    5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/02(月) 18:23:13.07 ID:rCjJr7vL0.net
    >>4
    やっぱ給油必須か

    ちなみにビーノで2スト
    燃料は7リッターは入るかな?

    6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/02(月) 18:23:49.97 ID:Yf+OMdUA0.net
    自転車でも余裕

    8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/02(月) 18:24:30.07 ID:rCjJr7vL0.net
    ロードで往復100kmはやったことあるけど自転車道だったから比べれんと思ってな

    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/02(月) 18:25:28.84 ID:rCjJr7vL0.net
    焼き付きが怖い
    しかもこの気温でその距離っていけるもんなのかな

    11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/06/02(月) 18:25:50.18 ID:r/FRQd9F0.net
    まぁ大丈夫
    お尻は多少痛くなるかもしらんが

    【原付で片道50kmってしんどい?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント
    1: ファイヤーボールスプラッシュ(芋)@\(^o^)/ 2014/06/02(月) 17:22:36.65 ID:0LC59zrt0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    16日から始まったニューヨークモーターショーで、マツダの次期ロードスターのシャシーが公開された。このニューヨークでシャシーをお披露目せざるを得ない
    マツダの事情は3月30日の記事で書いた通りだ。新型シャシーは100キロ以上の軽量化を果たし、エンジンをより後方かつ低く搭載することを可能にした。その具体的な詳細を分析してみる。
    新型シャシー発表でマツダがコメント

    ── 25年間にわたり、年々高まる環境・安全性能への要請に応えつつ、ライトウェイトスポーツカーの「楽しさ」を継承し続けるために常に進化を超えて
    革新に挑んで参りました。つまり、MX-5の25年間は、『守るために変えていく』歴史であったと言えるでしょう

     ロードスターというマツダ史上もっとも愛された名車を、モデルチェンジで道を誤らせることなく進化させるという緊張感と意気込みが見てとれる。

    no title

    安全装備や快適装備の重量増加を飲みこみながら、車両重量を削るのは大変な作業だ。マツダは今回その目標値を100キロ以上と明言し「期待してください」と胸を張る。
    もともと歴代ロードスターは軽量化に留意されてきたモデルで、削り取るべき無駄が手つかずで放置されているわけではない。当然軽量化は多方面から辛抱強く余剰を削り取っていく作業になる。

     新型と現行、両モデルのシャシーを比較してもらえば解るが、新型の方が前後を繋ぐ背骨部分の中央の幅が広げられており、逆に前後端では細くなっているのがわかる。
    背骨部分に曲げ力がかかった時、その力は梃子の長さが最大になる中央に最も集中する。逆に梃子が短い両端にはあまり力がかからない。

     だから両端を細くして軽量化しつつ、中央部を太くすることで軽量化と高剛性化は両立できるのだ。あくまでも開発途上の参考展示なので、発売時に変更される可能性もあるが、
    フレームに設けられた軽量化の肉抜き穴もより大胆になっており、マツダの軽量化に対する執念が感じられる。
    http://thepage.jp/detail/20140417-00000015-wordleaf

    【<新型ロードスター>ベールを脱いだシャシー 100キロ軽量化&アルファ車にも採用】の続きを読む

    このページのトップヘ