乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント
    1: ラ ケブラーダ(千葉県) 2013/11/15 10:19:43 ID:kOY+UkyH0
    スバル(富士重工)は11月14日、米国で11月19日に開幕するロサンゼルスモーターショー13において、『レガシィ コンセプト』を初公開すると発表した。

    同車は、2014年にレガシィ誕生25周年を迎えるにあたり、次期『レガシィ』のデザインの方向性を表現したミッドサイズセダンコンセプトカー。
    スバルブランドを通じて顧客に提供する価値、安心と愉しさを実現するシンメトリカルAWDの安心・信頼の走りと、乗員全員の快適な空間を、ダイナミックかつソリッドなスタイリングで具現化した。

    ボディサイズは、全長4930×全幅1940×全高1500mm、ホイールベース2880mm。現行『レガシィB4』(全長4745×全幅1780×全高1505 mm、ホイールベース2750mm)に対して、185mm長く、160mmワイド、5mm背が低い。ホイールベースは130mm延びた。

    外観は、シンメトリカルAWDの安定感とパフォーマンスを表現する大径タイヤをはじめ、力強いフェンダーフレア、高い安全性とダイナミックな走りを想起させる立体的なボディ形状、
    豊かな空間を確保しながら伸びやかなラインを描くキャビン形状などが、たくましさと俊敏な走りの両面を表現。

    室内も外観同様、ダイナミックかつソリッドなボリューム表現に加え、大人4人がくつろげるキャビンに高い機能性を誇る空間をデザイン。
    ブラウンを基調にした上質なレザーに鮮やかなブルーをアクセントとして加え、大人が楽しめる上質でスポーティな空間を目指した。

    また、正面のダッシュボードは、横広がり基調で太い幹の通った表情豊かな造形とし、乗員に安心と信頼を感じさせるデザイン。
    センターコンソールには、スマートフォンやタブレット型端末と同様の感覚でタッチ操作が可能なマルチインフォメーションディスプレイを採用する。
    室内中央を貫く大型フロアコンソールにも、後席乗員向けのタッチパネル式マルチインフォメーションディスプレイを装備し、快適な移動をサポートしている。

    http://response.jp/article/2013/11/15/210744.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【次期レガシィが完全にアメ車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    1: 目潰し(千葉県) 2013/11/14 21:35:50 ID:QmbAA2a80
     本田技研工業は、座った状態のまま身体を傾けて体重移動することで、前後左右や斜めに動ける1人乗り電動1輪車「UNI-CUB β」(ユニカブ ベータ)を発表した。

     「ASIMO」などヒューマノイドロボット研究で開発したバランス制御技術や全方位駆動車輪機構を活用し、人の歩行のような動きを可能にするパーソナルモビリティ。
    昨年5月に発表した「UNI-CUB」を、日本科学未来館で活用したデータや利用者の声を踏まえて改良した。

     従来モデルよりもシート位置を低くし、軽量化。スタンド機能を加え乗り降りしやすくしたことで、より幅広いユーザーが利用できるようになったという。
    より人間の体になじむデザインと、手触りがよく衝撃を緩和する柔らかい素材を採用する。

     大きさは510(奥行き)×315(幅)×620(高さ)ミリで、重さは25キロ。最高速度は時速6キロ。コンパクトなサイズで、人が行き交う場所や屋内空間でも利用できる。
    外部の事業者に有償レンタルし、さまざまなシーンに活用することでビジネスとしての成立性を検証していく。

     「東京モーターショー2013」(一般公開:11月23日~12月1日、東京ビッグサイト)に出展し、体験試乗も予定している。

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1311/14/news130.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【ホンダの電動1輪車「UNI-CUB」が進化! アシモと一緒に写ってる写真かわいいいいいい!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    svg
    1: フルネルソンスープレックス(神奈川県) 2013/11/14 18:10:46 ID:j6xuyMcv0
    韓国自動車部品大手の万都 独自開発品を日産に供給

    ソウル聯合ニュース】韓国自動車部品大手の万都は14日、日産自動車から
    受注した自動車用サスペンションを量産すると発表した。
    日産に供給するサスペンションは万都が独自技術で開発したRSバルブが
    初めて取り付けられた。RSバルブは車の乗り心地や安定性を高める
    サスペンションの中核部品。日産側が要求する性能と品質を充たしたという。
    万都の成一模(ソン・イルモ)首席社長はこのほど全羅北道・益山工場で
    行われた量産記念式で、「過去に技術を学んだところに万都の名前で製品を
    供給することになった」と感慨を込めて話した。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131114-00000023-yonh-kr

    【日産終了のお知らせ 韓国自動車部品大手の万都サス採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    1: のーみそとろとろφ ★ 2013/11/14 22:04:24
    2013年11月14日発売

    i-MiEV:245万9100円~290万1150円
    i-MiEV
    no title

    MINICAB-MiEV:216万5100円~259万8750円
    no title


     三菱自動車工業は11月14日、電気自動車(EV)の「i-MiEV」、
    軽商用電気自動車(EV)の「MINICAB-MiEV VAN」をそれぞれ仕様変更して発売した。
    価格はi-MiEVが245万9100円~290万1150円、MINICAB-MiEVが216万5100円~259万8750円。

     i-MiEVは、これまで上級グレードとして販売してきたGグレード(バッテリー容量16.0kWh、
    一充電走行距離180km[JC08モード])に代わり、走行性能はそのままに価格を89万8850円引き下げた新グレード「X」を設定。
    エコカー減税の免税(100%減税)措置と
    上限85万円の「平成25年度クリーンエネルギー自動車等導入対策費補助金」を活用することで、
    約205万円から購入可能な手が届きやすいモデルとなっている。
    また、エントリーグレードとなる「M」(バッテリー容量10.5kWh、
    一充電走行距離120km[JC08モード])も価格が14万900円引き下げられ、
    同じく補助金などの活用で約172万円からという価格設定になった。

     このほかに装備の充実も図られ、軽自動車として初めて全車に省電力型ヒートポンプエアコンを標準装備。
    ヒーターを使用した場合の電力消費が低下し、航続可能距離の減少が抑えられる。
    運転席・助手席に標準装備するシートヒーターは、これまでの座面に加えてシートバックも温める仕様に変更。
    ルームランプと連動するLED式の普通充電リッド内照明も全車に標準装備している。
    さらに急速充電器が普及してきたことを受け、急速充電機能が全車標準装備になっている。

     また、新グレードのXは従来モデルから約20%明るさを向上させたLEDヘッドランプを装備。
    Gグレードにメーカーオプション設定していた「プレミアムインテリアパッケージ」の装備内容に、
    本革巻ステアリング、本革巻シフトノブ、運転席ハイトアジャスターなどを追加して5万2000円で全車選択可能に変更。
    タイマー充電やプレ空調機能を備えた「MiEVリモートシステム」も5万2500円で全車オプション設定としている。

     安全面でもヘッドレストを大型化し、SRSカーテンエアバックを全車に標準装備して乗員保護性能を高めている。

    MINICAB-MiEV VANも価格が引き下げられ、CD 10.5kWhモデルは23万4900円、CD 16.0kWhモデルは37万2250円安くなった。
    これにより、一番安いCD 10.5kWh 2シーター車は補助金などの活用で約156万円から手に入る価格設定となっている。
    このほか、オプション設定の運転席・助手席シートヒーターがi-MiEVと同じ座面とシートバックの両方が温まる仕様に変更されている。

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20131114_623659.html

    三菱自動車工業株式会社
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/
    ニュースリリース
    http://www.mitsubishi-motors.com/publish/pressrelease_jp/products/2013/news/detail4723.html
    製品情報(i-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/i-miev/
    製品情報(MINICAB-MiEV)
    http://www.mitsubishi-motors.co.jp/minicab-miev/index.html

    【三菱自動車、「i-MiEV」に新グレード「X」を設定して価格を約90万円引き下げ i-MiEVが245万9100円~290万1150円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント
    1: パイルドライバー(茸) 2013/11/14 11:54:01 ID:Nl3vOBDa0
    川崎重工業(神戸市中央区)は、欧州を中心とする海外向けスポーツバイク「Z1000」(排気量千cc)の新モデルを開発し、
    11月下旬から欧州市場に投入する。明石工場(明石市)で生産する。

     2002年に初期モデルを発売し、モデルチェンジは06年と09年に続き3度目。イタリアで開かれたモーターショーに出展した。

     全長約2メートル、幅79センチ、高さ約1メートル。前面に低く配置された発光ダイオード(LED)ライトや盛り上がった燃料タンク、
    高く跳ねたテールカウル(風防)が特徴で、加速性能やサスペンション機能を高めた。

     従来機は北米や豪州でも販売しており、新モデルの投入も視野に入れる。
    欧州での販売価格は未定で、初年度販売目標は5千台。(佐伯竜一)

    ソース 神戸新聞
    http://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201311/0006494926.shtml
    画像 欧州市場に投入するZ1000(川崎重工業提供)
    no title


    依頼6
    http://www.logsoku.com/r/news/1384388579/6

    【カワサキZの魅了を語ろう】の続きを読む

    このページのトップヘ