乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    20120209000333400
    1: 2016/09/27(火) 09:49:44.990 ID:FhVqVPAxd

    今時こんな車出してくれたTOYOTAに感謝すべき


    【86/BRZ叩いてる奴のにわか車オタク感半端ないよなwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    17904_main
    1: 2016/09/26(月) 22:34:55.91 ID:CAP_USER9

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160926-00000075-mai-soci
    毎日新聞 9月26日(月)22時28分配信

     信号のない場所で横断歩道を渡ろうとする歩行者がいても、9割以上の車が一時停止していないことが26日、日本自動車連盟(JAF)が公表した自動車運転に関する全国調査の結果でわかった。大部分のドライバーが歩行者優先のルールを守らず、道路交通法に違反する行為が横行している実態が明らかになった。

     調査は8月15日~9月1日、全国47都道府県の計94カ所で実施。平日午前10時~午後4時の間に、片側1車線の道路上に信号機が設置されていない横断歩道でJAF職員が横断を試みた。この結果、通過した乗用車と自家用トラックの計1万26台のうち、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止したのは757台と全体の7.6%のみ。調査した94カ所のうち48カ所では、止まった車が5%未満だった。

     道交法は、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいる際、横断歩道の直前で車を一時停止させ、通行を妨げないよう義務付けている。違反者には3カ月以下の懲役か5万円以下の罰金が科される。現実には取り締まりはほとんどなく、歩行者が車に道を譲ることで事故を防いでいる状態だ。


    【横断歩道に歩行者 「止まらない」車9割】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 70コメント

    gsxr1000_c_ph01_h
    1: 2016/09/26(月) 19:50:15.356 ID:HYbxpXqsM

    めちゃくちゃ速いし400cc以下より安定感あるし重低音が心地よいしレスポンス凄い良いし
    特にSSがいいんだけど
    なんで乗らないの?


    【おまえらなんで大型バイク乗らないの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2016/09/25(日) 19:41:18.41 ID:dpY7+RVh0 

    シボレー・コルベットの次世代型、『C8』プロトタイプの姿をカメラが捉えました。

    no title

    no title


    コルベットといえばFRレイアウトですが、より高いパフォーマンスを求めて、次世代型ではミッドシップレイアウトへの変更が噂されています。

    そして今回、それを決定づけるショットをカメラに収めることができました。

    望遠で捉えたショットには、切り詰められたフロントノーズに、独立し延長された後部は、まさにミッドシップボディといえます。

    パワートレインは7速デュアルクラッチミッションを組み合わせた新開発の6.2リットルV型8気筒エンジンを搭載、最高馬力は700psを超えると噂されています。
    また、プラグインハイブリッドモデルの投入も期待されています。

    ワールドプレミアは2018年1月のデトロイトモーターショーが有力です。

    http://clicccar.com/2016/09/25/401881/


    【次期型シボレー・コルベット ついにミドシップ化でスーパーカーに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 97コメント

    e15d73b0

    1: 2016/09/25(日) 09:27:55.94 ID:5lFEyWd00 

    次々に新しいSKYACTIVテクノロジーを投入し、急回復を果たしたマツダ。デザインと走りにこだわったクルマ作りで既存のメーカーのクルマに
    飽き足らない層の気持ちをガッチリとつかみ、国内販売も急伸した。

    しかし、ここにきて潮目が変わったかのような状況だ。昨年の10月以来8カ月連続で前年割れが続いており、しかも今年5月は前年比62.1%という急減速。
    全体では106.6%と好調なのにもかかわらず、だ。

    マツダの勢いに陰りが出てきた理由は何か? 編集部が提示する「仮説」に対し、自動車評論家の渡辺陽一郎氏が回答するスタイルで検証してみたい。

    【仮説1】マツダ車はライバル車よりも価格が高い?(渡辺陽一郎の見解)

    マツダ車の車両価格は額面こそ高めにみえますが、多くの人が装備する進化型のマツダコネクト(通信型カーナビ)が比較的安く、また、
    内装の上質感なども考慮すると決してライバル車に対して割高ではないと思います。ただ、そうした装備や質感にこだわらない人にとっては額面の
    高さがそのまま影響しますので、高く思えるかもしれません。

    【仮説2】魂動デザインが飽きられてきた?(渡辺陽一郎の見解)

    飽きられてきたというよりも、マツダ車のデザインは明るさがないように思いますね。スポーティだしレベルも高いのでしょうが、すごく理屈っぽいんですよ。
    デザイナーの方と話をしても、あまりにも哲学的すぎて何か重いものをユーザーに押しつけているように思えます。

    【仮説3】一般ユーザーに魅力が伝わりにくい?(渡辺陽一郎の見解)

    それは確かにそうですね。クルマ好きへのアピール力は高いのですが、不特定多数のユーザーにウケる要素、例えばリアシートやトランクの広さなど、
    わかりやすい魅力に欠ける面があります。

    【仮説4】クリーンディーゼル車の補助金が大幅に減額されたのが痛い?(渡辺陽一郎の見解)

    例えばCX-3は13万円から5万1000円、CX-5は12万円から4万7000円になるなど減額されています。でも、この影響は限定的ではないでしょうか。

    【仮説5】売れ筋ジャンルにクルマがない?(渡辺陽一郎の見解)

    今の売れ筋でいうと、5ナンバークラスのミニバンとスズキソリオのような背の高いワゴンタイプのコンパクトカーはマツダにはありません。
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49771


    【マツダの快進撃に陰り? なんと8ヵ月連続前年割れ継続中 いったい何がいけないのか…】の続きを読む

    このページのトップヘ