乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2017/06/19(月) 19:57:25.77 ID:CAP_USER

    no title

    フェラーリ・ジャパンは、新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本初披露した。価格は3910万円だという。

     812スーパーファストは2017年3月に開催されたジュネーブ国際モーターショーで発表された。従来型フラッグシップモデルである「F12ベルリネッタ」同様にV12気筒の自然吸気エンジンをフロントに搭載し、後輪を駆動するFR車だが、あらゆる面で進化しているという。

     最大の特徴はフェラーリのカタログモデルで史上最高となる800馬力を発揮するV12気筒自然吸気エンジンだ。従来型エンジンとの違いは、排気量を従来型の6.2Lから6.5Lまで拡大したこと、吸排気ダクトの変更や高圧ダイレクトインジェクションの採用を行ったこと、そしてエンジン全体の75%が新パーツに置き換えられていることだ。これにより最高出力800hp/8500rpm、最大トルク718Nm/7000rpmというロードカーとして驚異的なハイパワーを発揮。そのパフォーマンスは、0-100km加速、2.9秒。最高速度は340km/hだという。

    トランスミッションは従来同様にパドルシフト付き7速DCTを採用しているが、制御プログラムを改良することでシフトアップは30%、シフトダウンは40%短縮。よりすばやく変速できるようになったという。

     さらに走行性能を向上するために、最新の制御システムを搭載。フェラーリ初の電動パワーステアリングが採用されたのもニュースだ。また新制御システムにより従来型を超える俊敏な加速と鋭いコーナリング性能に加えて、制動距離も短くなったといい、100km/hから完全停止までの制動距離はF12ベルリネッタより2.5m短い32mになったという。

    中略

    納車までは約1年4カ月? それでも完売の見込み

     昨今、フェラーリの最新モデルも世の流れに従い、ターボ化によって排気量のダウンサイズを実現しているが、フラッグシップモデルである812スーパーファストはノンターボとなる自然吸気エンジンを継続しただけでなく、排気量の拡大まで行っている。これはフェラーリのカタログモデルの中でも生産数が少ないフラッグシップモデルだけの特権であり、トップモデルの誇りとしてあえてこだわっている部分なのだ。

     今後、排ガス規制が一層厳しくなるなかで、フェラーリが効率の悪い大排気量の自然吸気エンジンを作り続けられる保証はない。もしかしたら、古き良きフェラーリの伝統を受け継ぐV12気筒エンジンを手に入れられるなら今のうちに、という同社の思いがこのクルマに込められているのかもしれない。

     創業最初のモデルがV12気筒エンジンだったフェラーリにとって、フラッグシップモデルにこの形式のエンジンを搭載することは非常に大きな意味を持つ。またいくらターボが進化しても、エンジンのスムーズさはやはり自然吸気エンジンが上だ。それが、F1など古くからターボ化の技術を持つフェラーリでもフラッグシップモデルをターボ化しない理由といえる。

     受注から納車までは約1年4カ月かかるという812スーパーファスト。同社全体の総生産台数はコントロールされていて、需要があるからといって生産台数をいたずらに増やすことは決してしない方針だ。このため、カタログモデルといえど完売扱いとなることは珍しくなく、それは日本でも例外ではない。日本への本格導入は年末以降となりそうだが、まず間違いなく年内受注分は早々に終了してしまうことだろう。それがフェラーリというブランドの強さなのである。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1008498/061400787/


    【非効率でも年内分完売? 3910万円新フェラーリ 「812スーパーファスト」日本上陸】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    highway-1929866_640
    1: 2017/06/19(月) 18:43:09.94 ID:MJN+6bBK0

    ワイやで


    【車間距離めっちゃ開けるやつwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 55コメント

    1: 2017/06/19(月) 22:15:10.638 ID:s8blmy8f0

    no title

    no title

    スカイラインって名前だから叩かれるのはわかるけど
    セダンとして見たらほんとにかっこいい


    【現行の日産スカイラインって車あるけどさ…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    1: 2017/06/19(月) 18:56:07.464 ID:rPJbXpx6M

    ええな
    no title


    【ニッポンの国民車「トヨタアクア」 マイナーチェンジしカッコよくなる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/06/19(月) 07:06:59.55 ID:CAP_USER9

    豊田佐吉翁生誕150周年特別展示「研究と創造の生涯 ~佐吉の志と、それを支えた人々~」 - SankeiBiz(サンケイビズ)
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170616/prl1706162102145-n1.htm

    MEGA WEB(メガウェブ)では、トヨタグループの創始者、豊田佐吉を紹介する
    『 豊田佐吉翁生誕150周年特別展示「研究と創造の生涯 ~佐吉の志と、それを支えた人々~」 』 を6月23日(金)~8月20日(日)に開催します。

    これは今年の2~6月までトヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)にて開催していた展示で、より多くのお客様にご覧いただこうと企画しました。
    トヨタグループの創始者である 豊田佐吉の生誕150周年を記念し、糸を織物へと織り上げる「織機」の発明により機械産業の発展・近代化に貢献したその人生や、佐吉を支えた周囲の人々とのつながりを紹介します。1891年に初めて発明特許を取得した「木製人力織機」、1924年に完成し繊維産業の発展に大きく貢献した「G型自動織機」を展示するほか、豊田佐吉生誕100周年にちなんで命名された「1967年式 トヨタ センチュリー」も実車展示します。
    詳細は以下の通りです。

    豊田佐吉翁生誕150周年特別展示「研究と創造の生涯 ~佐吉の志と、それを支えた人々~」
    ■期間:6月23日(金)~8月20日(日) 11:00~21:00
    ■場所:MEGA WEB ヒストリーガレージ 2階
    ■協力:トヨタ産業技術記念館、トヨタ博物館
    ■入場:無料

    画像1: no title

    【無停止杼換式豊田自動織機(G型自動織機)】
    豊田佐吉が1924年に発明、完成したG型自動織機は総合的性能と経済性で世界一と評価され、各国の繊維産業の発展に大きく寄与。1929年には世界のトップメーカーであるイギリス・プラット社に技術供与(特許権の譲渡)し、日本の技術者に自信を与えた。

    画像2: no title

    【トヨタ センチュリーVG20型(1967年式)】
    世界の豪華車に匹敵するプレステージサルーンを目標に新たに設計・開発し、1967年に登場した最上級セダン。車名のセンチュリー(=1世紀)は豊田佐吉翁生誕100年、明治100年にちなんで命名され、今年誕生50周年を迎える。

    MEGA WEBホームページ:http://www.megaweb.gr.jp/

    ※イベント内容は変更及び中止になる場合があります 以上


    【豊田佐吉翁生誕150周年特別展示 「1967年式 トヨタ センチュリー」も実車展示 6月23日(金)~8月20日(日)開催】の続きを読む

    このページのトップヘ