乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    1: ニライカナイφ ★ 2014/10/05(日) 20:15:11.73 ID:???.net
    ◆BMWが"ファミリーカー"をつくったワケ~新型「2シリーズ アクティブツアラー」を発表

    写真:BMW「2シリーズ アクティブ ツアラー」と日本法人のペーター・クロンシュナーブル社長
    no title


    ドイツの高級車メーカー、 BMWは、これまでのイメージとは一線を画す新型車を投入する。
    10月1日から日本国内の予約注文を開始した「2シリーズ アクティブ ツアラー」だ。
    車高を高めにとった小型のハッチバック車で、価格は332万円から。
    BMWブランドのガソリン車として初めて、排気量が最も小さい、
    3気筒1.5リッターの直噴ターボエンジンを採用。
    そして、後輪駆動(FR)車が定番だった同社として、これも初めて前輪駆動(FF)の車となる。

    ■”初めて”尽くしのモデルで狙うはファミリー層

    “初めて”尽くしのモデルというわけだが、BMWといえば、低めの車高と
    「ロングノーズ」とも呼ばれる長いボンネットに特徴を持つデザインの、
    セダンやクーペのイメージが強い。
    そうした車に親しんできた往年のファンにしてみれば、
    このアクティブツアラーには少々複雑な思いを抱くかもしれない。

    写真:高級輸入車も小型化の流れが進む
    no title


    だが、BMW日本法人のペーター・クロンシュナーブル社長が
    「まったく新しい顧客のグループを狙っていく」と語るとおり、
    ビジネスの拡大には新規開拓が欠かせない。

    そこで注目したのが、「プレミアムコンパクト」と呼ばれる分野だ。
    国産車ではトヨタ「アクア」やホンダ「フィット」のようなコンパクトカーは
    もはや不動の人気を得ているが、ここ数年は高級輸入車でも小型化の流れが進んでいる。
    そして、その購買層の大部分が、1ランク上を求めて国産車から乗り換えるユーザーなのだ。

    小型車での躍進といえば、同じドイツのメルセデス・ベンツが顕著だ。
    2012年の「Bクラス」、13年の「Aクラス」、「CLAクラス」、
    14年の「GLAクラス」といった“小型車シリーズ”を相次いで投入。
    国内販売台数でBMWの後塵を拝した年も過去にはあったが、
    これらのヒットで突き放し、ベンツの13年は過去最高の5万3731台を記録。
    一方でBMWは4万6037台だった。

    もっとも、BMWにも小型車モデルはある。04年から展開している「1シリーズ」や
    10年に発売したSUV(スポーツ多目的車)の「X1」が代表的だ。
    国産車からの乗り換えも多く、購入した客の7割を占めるという。
    ただ、これらの車では訴求が不十分だった顧客層があった。ファミリー層だ。

    今回のアクティブツアラーが主要なターゲットとするのが、
    週末の行楽などに積極的な家族だという。
    そしてクロンシュナーブル社長が「競合車」として名指ししたのが、
    上述のベンツ・Bクラスだ。

    写真:車内空間はゆったり。頭上も足元も余裕を持った設計
    no title


    東洋経済ONLINE 2014年10月05日
    http://toyokeizai.net/articles/-/49705

    >>2以降に続きます。

    2: ニライカナイφ ★ 2014/10/05(日) 20:15:32.70 ID:???.net
    >>1の続きです。

    一般的な立体駐車場にも問題なく入るというコンパクトな見た目とは裏腹に、
    車内に乗り込むとその広さに驚く。
    頭上にしても足元にしても、余裕を持った設計だ。
    後部座席は前後に動かしたり、倒したりしやすく、通常470リットルの積載量は
    1500リットルまで拡げられる。
    荷物が多くなる家族旅行やアウトドアに適しているといえそうだ。

    車内空間を確保するために採用されたのが、FFの構造だ。
    冒頭に述べたとおり、今回アクティブツアラーはBMWにとって初めてのFF車。
    ドイツ本社で開発責任者を務めたニルス・ボルヒャーズ氏は
    「コンパクトカーの大きさで最大限の車内空間を確保するには、
    FFの構造がベストだった」と説明する。FR車であれば、車の前方に置かれた
    エンジンから後輪に駆動を伝えるプロペラシャフトが必要だが、FF車にはない。
    これにより、FF車のほうが車内空間を広く取れるのだ。

    ■初めてのFF車だが、BMWらしい走りを実現

    ただFR車のみを手掛けてきたBMWにとって、一から開発するのには時間もコストもかかる。
    そこで活用したのが、傘下にある小型大衆車ブランド「MINI(ミニ)」が持つ技術だった。
    1950年代に英国で生まれたミニは“元祖FF車”ともいわれる。

    写真:家族旅行やアウトドアに適したつくり
    no title


    今年初めにフルモデルチェンジした新型ミニと、このアクティブツアラーは、
    共通のFF用アーキテクチャー(基本構造)を用いている。

    エンジンやアクスルなど共通のモジュールを持つ基本構造があり、
    その長さ、高さ、幅を調整してBMWとミニそれぞれのブランドに適用しているという。

    とはいえ、両ブランドではそもそものコンセプトがまったく違う。
    ボルヒャーズ氏は「ミュンヘン本社での開発のルールとして、
    “どんな形状や駆動方式でも、BMWらしい走りを実現しなければならない”というものがある。
    サスペンションやシャシーは今回のために新たに開発した」と、ブランドイメージの維持に
    努めたことを力説する。

    BMWとミニを合わせたモデル数は14年現在で32と、この10年で倍増した。
    「多様化する顧客のライフスタイルに合わせるべく、イノベーションを起こす。
    これが、BMWの更なる成功に向けたカギだ」とクロンシュナーブル社長は話す。
    まったく新しいフィールドに踏み込んだ同社の戦略は、吉と出るか、凶と出るか。

    ※以上です。

    【BMW、はじめての前輪駆動車でファミリー層狙う…新型「2シリーズ アクティブツアラー」発表[2014/10/5]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 68コメント
    bike-lane-sm-1

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/04(土) 20:01:25.79 ID:B19kxIFp0.net
    正直邪魔とか思ってないのか?
    わいはチャリで路肩走ってると轢かれそうで怖いから容赦なく歩道走ってるけど

    28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/04(土) 20:15:00.78 ID:0u8qpR2d0.net
    この質問してる時点で>>1は高校生かなんかかね
    将来車運転すると実感できるよ
    車道走る自転車がどれだけ邪魔か

    37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/04(土) 20:18:42.02 ID:B19kxIFp0.net
    >>28
    下宿し始めた大学生
    下宿先からキャンパスまで自転車で通ってるんだが朝の二車線道路とか交通量多すぎて多すぎて

    3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/04(土) 20:03:06.18 ID:f38vBBWj0.net
    歩道走られる方が邪魔なんで

    9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/04(土) 20:06:30.71 ID:B19kxIFp0.net
    >>3
    ベル鳴らしたり勢いよく通り抜けてないからゆりしてちょい

    4: アフィアフィうんこマン 2014/10/04(土) 20:03:56.71 ID:+RtyBvnr0.net
    マジで邪魔、そう思わない奴は絶対に居ないから

    10: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/10/04(土) 20:06:38.33 ID:0iUSQG040.net
    歩行者いないなら歩道走ってほしい

    【車の運転手からして路肩を走ってる自転車って実際どうなの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント
    download

    1: 幽斎 ★ 2014/10/04(土) 11:46:43.56 ID:???.net
    トヨタ「空飛ぶ車」 誰も傷つけない未来
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19044_Z10C14A9SHA000/

     富士山の麓。トヨタ自動車の東富士研究所でひそかに「空飛ぶ車」の研究が進んでいる。

     詳細は伏せられているが、プロペラを使ってホーバークラフトのように浮く車を
    念頭に技術開発を急いでいる。まるでSF映画だがトヨタは大まじめだ。
    「空を飛べば道路での衝突事故も無くなる。これは安全な車づくりの一環だ」(関係者)

     ガソリンと電気を併用するハイブリッド車(HV)から水素を動力源とする燃料電池車(FCV)まで、環…

    【【トヨタ】空飛ぶ車を研究中、究極の「道路事故ゼロ車」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 07:30:54.17 0.net
    イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは10月1日、フランスで開催したパリモーターショー14のプレビューイベントにおいて、『Asterion LPI 910-4』を初公開した。

    同車は、ランボルギーニ初のプラグインハイブリッド車(PHV)となるコンセプトカー。フェラーリやマクラーレンなどの競合メーカーが、
    ハイブリッド車やPHVを市販する中で、ランボルギーニも新世代の環境対応スーパーカーを提案する。

    PHVシステムは、ミッドシップに置かれるエンジンが自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」ユニット。
    これは、『ガヤルド』後継車として発表された新型スーパーカー、『ウラカン』用がベースとなる。

    最大出力は610hp、最大トルクは57.1kgm。これに3個のモーターを組み合わせる。モーターは、フロントアクスルに2個、エンジンと7速デュアルクラッチトランスミッションの
    間に1個を配置。3個のモーターで300hpを発生する。エンジンとモーターを合わせたトータル出力は、910hpを引き出す。PHVシステムの重量は250kg。

    0-100km/h加速は3.0秒、最高速は320km/hと世界屈指の性能を実現。EVモードの最大航続距離は50km。この時の最高速は125km/hとなる。
    優れたパフォーマンスを備えながら、欧州複合モード燃費は24.3km/リットル、CO2排出量は100g/kmを下回る98g/kmに抑えられる。

    http://carview.yahoo.co.jp/news/motorshow/20141002-10211625-carview/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    110: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 14:15:55.42 O.net
    >>1
    ミウラモチーフなのか
    これはこれで格好いいけどまんまミウラも新規で起こしてほしかったな

    5: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 07:43:00.82 0.net
    ちょっとだけ雰囲気がミウラコンセプトっぽくもあるな
    no title

    【ランボルギーニ初のハイブリッドカー「アステリオン」がかっこよすぎる件】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 89コメント
    1: サソリ固め(東日本)@\(^o^)/ 2014/10/04(土) 11:26:26.99 ID:jVzyPqBo0.net BE:443951571-PLT(16555) ポイント特典
    ホンダの次期「シビック TYPE R」のコンセプトモデルが、10月2日から開催されているパリ・モーターショーで
    お披露目された。現段階で明らかにされた情報を見る限り、新型シビック TYPE Rは本当に素晴らしい
    クルマになりそうだ。
    鮮やかな青いボディに赤のデカールが施されたボンネットの下には、最高出力280ps以上という
    2.0リッター直列4気筒の直噴ガソリンターボエンジンが搭載され、6速マニュアル・トランスミッションとの
    組み合わせで前輪を駆動する。また、ホンダの発表によると、トルクステアを最小限に抑える
    「ステアアクシス」システムや、サスペンションのダンパーセッティングを切り替えることができる
    アダプティブダンパーを採用。さらに、運転席の「+R」ボタンを押すことで、エンジン設定が高レスポンスで
    力強いトルク特性になるという。同時にサスペンションやステアリングもスポーティな設定に切り替わり、
    これまでホンダが世に送り出してきたどのTYPE Rよりも、最高のTYPE Rになる。つまり「インテグラ」、
    「アコード」、「シビック」はもとより、「NSX」さえも超越したパフォーマンスを発揮するということだ。

    http://jp.autoblog.com/2014/10/03/honda-civic-type-r-concept-paris-2014/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【FF280馬力 ホンダ 史上最高との呼び声高い「シビック TYPE R」をパリ・モーターショーでお披露目】の続きを読む

    このページのトップヘ