乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント
    1: キドクラッチ(芋) 2013/09/16 00:03:59 ID:20+9gqm60
    ロールスロイスの新型2ドアクーペ レイスの詳細 動画を公開 販売価格は3195万円から!
    no title

    ロールスロイスの新型2ドアクーペ レイス
    ロールスロイス「Rolls-Royce」は、ザ・コンクール・デレガンス・ジャパン2013で一般に公開され、2014年からリリースされる
    ロールスロイスの新モデル、ロールスロイス レイス「Rolls-Royce Wraith」の走行動画に加え、エクステリアやインテリアの
    詳細をおさめたプロモーション動画を配信しました。史上最もパワフルなロールス・ロイスとうたっているこのロールスロイス
    レイスはファストバックデザインで、このダイナミックな新モデルは、ロールスロイスの将来を大胆に形づくっていくことになると
    ロールスロイスも期待をしている1台です。日本での販売価格は\31,950,000となっています。
    ボディサイズは、5,269×1,947×1,507mm、ホイールベース3,112mmと、ベースとなったロールスロイス ゴースト
    「Rolls-Royce Ghost」よりもかなりのスポーティなスタイルとなっています。パワートレインには、最高出力624bhp&
    最大トルク590lb-ftの6.6リッターV型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、トランスミッションには新型のZF製の8速ATを採用。
    最高速度は250km/h(リミッター装着)で、0-100加速は4.2秒と発表されています。



    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4lD6X_nXgoI




    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=sP5GENefY2c




    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=TImD3ffTFw8


    http://seekdrive.net/?p=14612

    【主婦の買い物車に最適 ロールスロイスの新型2ドアクーペ レイスを公開 販売価格は3195万円から!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15 01:30:11 ID:RTBcXgqg0
    講習てきとーすぎだろあれ

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15 01:30:37 ID:oHjrhRhJ0
    おう走んなよ邪魔だから

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15 01:30:59 ID:32IW+I7V0
    no title

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15 01:31:28 ID:RTBcXgqg0
    >>3
    カブってなんで評価高いの?

    9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15 01:31:45 ID:32IW+I7V0
    >>5
    燃費

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15 01:32:13 ID:RTBcXgqg0
    >>9
    なるほどな
    これは自分のバイクなの?

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/09/15 01:32:31 ID:32IW+I7V0
    >>10
    うむ

    【原付免許とったけど車道走るのが怖い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント
    1: ショルダーアームブリーカー(千葉県) 2013/09/15 09:03:38 ID:L6LHTAYV0
    英国ケータハムカーズがフランクフルトモーターショー13で発表した入門モデル『セブン165プロトタイプ』は、スズキ製の「K6A」型660cc直列3気筒ガソリンターボエンジンが搭載された。

    このK6A、チューンされたとはいっても、ベースエンジン比16psの上乗せとなる80ps/107Nmに過ぎないが、セブン 165の車重はわずか490kg。パワーウェイトレシオでいえば、
    トヨタ『86』(6.15:GT/MT)やマツダ『ロードスター』(6.59:RS/MT)を凌ぐ6.125となり、入門スポーツカーとしては十分なスペックといえる。

    最高出力の発生回転数は明記されていないが、最大トルクのピークは7000rpmで、数値から想像するに“回すほどにパワーの出るエンジン”ということになりそうだ。最終減速比は3.909で、LSDは装着されない。タイヤ径は155/65R14。

    販売開始は2014年1月の予定。英国でのベース価格は、1万7000ポンド(約270万円)以下を計画するという。

    http://response.jp/article/2013/09/15/206432.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【軽自動車版ケータハム・セブン 正式に世界初公開! ビート、コペンもくるし軽スポーツブーム来るぞ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 5コメント
    wir13091013010000-p1

    1: サソリ固め(芋) 2013/09/14 21:58:18 ID:s9hY3GIR0
    ポルシェがついに、ル・マン24時間耐久レースの「LMP1」クラスに投入するレーシングカーのプロトタイプを披露した。


     ポルシェがついに、ル・マン24時間耐久レースに投入するプロトタイプ・レーシングカーを披露した。

     同社が同レース(「LMP1」クラス)に参戦するのは、1990年代末以来のことだ。「いとこ」的な関係にあるアウディの
    地位を狙うことになる。(両社はともにフォルクスワーゲンの子会社。ポルシェはル・マンの優勝回数が16回と最多だが、
    1998年以来参加してこなかった。アウディは優勝回数12回で、ポルシェの後を追っている。なお、ポルシェは2013年6月、ル・マンの「LM-GTE Pro」クラスに911RSRで参戦している)。

     ル・マンを運営する世界耐久選手権(WEC)および国際自動車連盟(FIA)は、2014年シーズンに向けて新基準を設定した。
    さらなる低燃費と低排出ガスを達成しつつ、これ以上ない高性能の車両を求めるという基準だ。

     耐久レースの最高峰であるLMP1クラスでしのぎを削る他の自動車メーカーと同様、ポルシェもハイブリッド技術を
    搭載するだろうことは想像に難くない。しかし、F1で導入された運動エネルギー回生システム(KERS)が搭載されているのか、
    もしくは、これまでに例のない何らかの新技術が導入されているのかは不明だ。

    http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130910/wir13091013010000-n1.htm

    【ポルシェより速い車を作ったのが自慢の日産、なんでル・マンでは勝てないの?差別だから?w】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    起亜「ソウル」の2014年モデル

    1: 壊龍φ ★ 2013/09/14 22:51:24
    世界的なモーターショーに登場した起亜自動車コンセプトカーが、思い通りに‘恥さらし(?)’に直面した。

    起亜車は去る11日(現地時間)ドイツ‘2013フランクフルトモーターショー’でコンセプトカー‘ニーロ(KED-10)’を世界で初めて
    公開することにした。

    この日午前8時30分、BMWをはじめとして世界有数の自動車ブランドらは、新車とコンセプトカーを競争的にリリースして自社の
    技術力と商品性を説明するプレスカンファレンスを始めた。 この日起亜車は、決められた順序により、午前11時頃カンファレンスを
    持った。

    まず、フルモデルチェンジを経たヨーロッパ型ソウルを公開した起亜車は、ヨーロッパでその間の実績と品質改善努力などを説明して
    今後より競争力があるブランドとして新たに生まれ変わると抱負を明らかにした。 最後の順序で自社のビジョンを提示する
    コンセプトカーを公開する時間が近づいた。

    しかし、バックミュージックが始まって、ニーロの入場順序が終わるまでに舞台の後ろから登場しなければならない車は見られなかった。
    舞台照明と音楽が皆止まる瞬間まで緊張と混乱は続いた。 起亜車関係者たちは忙しく原因を把握しようと努力したが、ついに
    カンファレンスを終える瞬間までコンセプトカーは登場できなかった。

    商品説明を担当した起亜車海外法人関係者は、このような状況が続くとすぐに“コンセプトカーが恥ずかしがり屋のようだ”と冗談を
    言って、ピーターシュライオなど会社役員を紹介する時間を最後にカンファレンスを終えた。

    これを見守った外信および国内記者たちは“事前に準備作業が不足して国際的に大きな恥をかいた”として惜しんだ。 韓国記者たちは
    海外で国産車ブランドのこのような失敗に対して安易な対処と粗末な準備を指摘した。


    ニーロはこの日のモーターショーのすべてのプレゼンテーションが終わった後になって舞台に登場することができた。 起亜車職員が手で
    車輪を転がして舞台に押し上げた。 ある関係者は“バッテリー放電で車が動くことができなかった”と説明した。

    この日行事に参加したヤン・ウンチョル現代車副会長とピーターシュライオ副会長、オ・テヒョン海外営業本部長やはり呆れ返る事件に
    顔を赤らめなければならなかった。

    コンセプトカー ニーロは、フランクフルトにある起亜車ヨーロッパデザインセンターの10番目のコンセプトカーで、ヨーロッパ小型車市場
    攻略のために製作された。 パワートレインは1.6リットルT-GDIエンジンに電気モーターを結合し、7段デュアルクラッチ変速機と組み合わせで
    最高205馬力の出力を出す。

    フランクフルト=キム・フンギ東亜ドットコム記者


    東亜日報: 2013-09-12 09:11:00 (韓国語)
    http://news.donga.com/3/all/20130912/57613565/3

    2: はぼっく ◆Havoc043Nc 2013/09/14 22:52:28 ID:xD1Igs92

    【起亜車“ニーロがなぜ動くのをやめたのでしょうか?”級の当惑】の続きを読む

    このページのトップヘ