乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2020/06/02(火) 21:49:31.60 ID:0Yy81gfQ9

    トヨタ自動車は2020年6月1日、ハッチバック車「カローラ スポーツ」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車「G“スタイルパッケージ”」「ハイブリッドG“スタイルパッケージ”」を設定。同日、販売を開始した。

    今回の特別仕様車は、「G」および「ハイブリッドG」がベース。ブラック塗装の16インチ専用アルミホイール、Bi-Beam LEDヘッドランプ、LEDデイライト、LEDフロントフォグランプなどが装着されるほか、フロントロアグリルのフレーム部をサテンクロムメッキで、リアバンパーをクロムメッキ加飾でドレスアップし、より精悍(せいかん)なスタイルを実現したとアピールされる。

    インテリアについては、レザテックと合成皮革を組み合わせた専用表皮のスポーティーシートや、高精細の7インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが備わる。

    価格は以下の通り。

    ・G“スタイルパッケージ”(FF/6MT):244万円
    ・G“スタイルパッケージ”(FF/CVT):248万5000円
    ・G“スタイルパッケージ”(4WD/CVT):268万3000円
    ・ハイブリッドG“スタイルパッケージ”(FF/CVT):276万円

    同時に、カローラ スポーツ全車について、一部仕様変更が施された。ボディーカラーに新色のグレーメタリックとプラチナホワイトパールマイカが追加されたほか、これらの新色にアティチュードブラックマイカを組み合わせた2トーンカラーが設定された。さらに、一部グレードでシートヒーターが標準化された。

    カローラ スポーツの価格は、「G“X”」(FF/6MT)の216万9000円から、「ハイブリッドG“Z”」(FF/CVT)の284万1000円まで。(webCG)

    2020.06.01
    https://www.webcg.net/articles/-/42821

    カローラ スポーツ
    no title

    no title

    no title


    【トヨタ・カローラ スポーツに装備充実の特別仕様車 新たなボディーカラーも設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    top-35

    1: 2020/06/02(火) 18:35:45.411 ID:K4I+Y9RAM

    なんでそういう車選んだの


    【スイフトとかフィットとか「あ、こいつ家族いないな」って車乗ってるやつwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    XT_ZVR

    1: 20/06/02(火)22:29:52 ID:qxX

    ハスラー速い?


    【【疑問】軽自動車のハイブリッドって速いの???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1112171_s

    1: 2020/06/03(水) 00:20:32.73 ID:PFYpcxrs0

    やめさせた方がええよな?


    【【悲報】ワイのパッパ、飲酒運転をする・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 53コメント

    1: 2020/06/02(火) 21:56:52.33 ID:0Yy81gfQ9

    トヨタ自動車は2020年6月2日、高性能ハッチバックモデル「GRヤリス」のラインナップを発表した。

    GRヤリスは、コンパクトハッチバック「ヤリス」がベースとなるスポーツカーシリーズ“GR”のオリジナルモデルで、WRC(FIA世界ラリー選手権)のホモロゲーション取得を目的に、TMR(トミ・マキネン レーシング)の協力を得て開発された。

    2020年1月10日に東京オートサロンで先行予約限定モデルとなる「RZ“ファーストエディション”」(価格=396万円)と「RZ“ハイパフォーマンス・ファーストエディション”」(価格=456万円)が発表され、同日から同年6月30日までの期間、ウェブ限定で受注を実施。現在までに日本と欧州を合わせて、約6000台のオーダーがあったという。

    今回発表されたのは、先行予約限定モデル販売終了後のラインナップ。最高出力272PS、最大トルク370N・mを発生する1.6リッター直列3気筒直噴ターボエンジンに6段MTが組み合わされた「RZ」と、その装備を充実させた「RZ“ハイパフォーマンス”」、同パワーユニットを搭載し装備が省略された軽量な競技向けベースモデル「RC」、そして最高出力120PS、最大トルク145N・mを発生する1.5リッター直3エンジンに発進用ギア付きの「ダイレクトシフトCVT」が組み合わされた「RS」の4モデルとなる。RZ、RZ“ハイパフォーマンス”、RCの3モデルは、多板クラッチによる前後駆動力可変システムが採用された「GR-FOUR」を搭載する4WD車、RSはFF車となる。

    発売は2020年9月ごろの予定で、価格は発表されていない。(webCG)

    2020.06.02
    https://www.webcg.net/articles/-/42828

    GRヤリス
    no title

    no title

    no title

    no title


    【トヨタが「GRヤリス」のラインナップを発表 CVT搭載モデル「RS」を追加設定】の続きを読む

    このページのトップヘ