乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 43コメント

    kill_switch
    1: 2016/06/02(木) 21:18:11.378 ID:fvoqQm5yM.net

    全くもって意味なくね?


    【バイクのキルスイッチって何のために付いてんの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    1: 2016/06/02(木) 12:56:46.68 ID:CAP_USER.net

    http://response.jp/article/2016/06/02/276224.html
    no title

    no title


    メルセデスベンツ日本は、メルセデスベンツ『Sクラス カブリオレ』を発表、6月2日より注文の受付を開始した。納車開始は10月中旬以降の予定。
    Sクラス カブリオレは、2015年のフランクフルトモーターショーで発表され、1961年から1971年に販売された『W111』以来44年ぶりに
    復活したラグジュアリー4シーターオープンモデルとなる。「モダンラグジュアリー&インテリジェンス」のコンセプトに基づき、
    美しさと高級感だけではなく、安全性や快適性など、自動車に求められるあらゆる要素とオープンエアドライブを高次元で究めた。

    Sクラス カブリオレは、Sクラスクーペをベースにオープンボディ化。アルミニウムハイブリッドボディシェルなどを
    採用することで、クーペと同等のボディ剛性と軽量化を両立した。
    ソフトトップは3層構造で、閉じるとカブリオレの高級感を強調するとともにクーペのような静粛性の高い室内空間を作り出す。
    操作はセンターコンソールのスイッチで行い、50km/h以下であれば、走行中でも約20秒で開閉可能。
    カラーは、ブラック、ダークブルー、ダークレッドの3色を用意する。

    オープン走行時には、ウインドディフレクターとドラフトストップで構成する「エアキャップ」が空気の流れを上方に高く跳ね上げるとともに、
    後方から室内への風の巻き込みを低減。また、ルーフの開閉に伴う温度変化を感知して温度と風量を調節するクライメートコントロールを装備し、
    常に快適な室内環境を提供する。
    ラインアップは、4.7リットルV8直噴ツインターボ搭載の「S550 カブリオレ」(2145万円)、5.5リットルV8直噴ツインターボの
    「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ」(2750万円)、6.0リットルV12ツインターボの「メルセデスAMG S65 カブリオレ」(3417万円)を設定。
    さらにSクラス カブリオレ発表と自動車生誕130周年を記念し、内外装に特別装備を採用した
    限定モデル(8台)「メルセデスAMG S63 4MATIC カブリオレ エディション 130」(3251万円)を設定し、7月6日までの期間限定で注文を受け付ける。


    【メルセデスベンツ、44年ぶり復活の最上級4席オープンカー「Sクラス カブリオレ」を発表 2145万円から】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    8th_top_img

    1: 2016/06/02(木) 23:28:06.813 ID:mrhsxqyw0.net

    MTだFRだどーでもいいことしか詳しくない


    【車買うときにクルマオタクにアドバイスを求めてはいけない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2016/06/02(木) 20:32:02.96 ID:CAP_USER9.net

    もやもやとした閉塞感が払拭できずにいる日本にあっても、
    チャンスと才覚、そして運にも恵まれた“若き成功者”は少なからずいる。

    近年、顧客の年齢層が50才から45才前後に若返っているというロールス・ロイスは、
    そんな一握りの人々のために特別なクルマを作り上げた。
    これまでのブランド像とは一味違う、妖しい魅力とともに……。

    若き成功者の感性に合わせ、ブランドに潜むダークな側面を強調したという「レイス・ブラックバッジ」は、
    ロールス・ロイスらしい気品とともに、チョイ悪な雰囲気を漂わせるファーストバック・クーペだ。

    ボンネット上の「スピリット・オブ・エクスタシー(フライング・レディ)」からしてノーマルと異なり、
    艶やかなダークブラックが妖しく輝いている。
    また、ダブルRバッジがブラック背景にシルバーの文字が浮き上がる反転タイプとされたほか、
    フロントグリルの縁やエアインテークのアクセント、エキゾーストパイプなどが、ダーク・クローム仕上げに改められている。

    漆黒のボディは専用塗装。ペイントとラッカーを何層も重ね塗りし、さらに手作業で繰り返し磨き、
    量産車のボディとしては前例のない深みと黒色度、色彩強度を実現したという。

    逆開き式のユニークなドアを開けると、若々しくきらびやかなキャビンがオーナーを出迎えてくれる。
    オレンジの針と∞(無限大)のロゴをあしらったクロックは、ブラックバッジ専用。
    ダッシュパネルなどにはアルミニウム合金製糸の織物とカーボンファイバーによるコンポジット材が奢られ、
    コバルトブルーのシート&トリムとコーディネイトされている。

    搭載する6.6リッターV12・直噴ターボエンジンは、632psの最高出力はそのままに最大トルクを70Nmアップの870Nmとし、
    8速ATをスポーティにリチューン。これに合わせてエアサスペンションの設定も全面的に見直し、
    “魔法のじゅうたん”と評される乗り心地をキープしながら俊敏性を高めている。

    発売は2016年末の予定。価格は今のところ未定だが、ノーマルのレイス(3,383万円)から500万円ほどプラスになる見込み。
    若き成功者がステアリングを握り、夜の首都高を走る姿がしっくりハマる1台だ。

    http://news.infoseek.co.jp/article/ignite_82635/
    http://response.jp/article/2016/05/30/275991.html

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【若き成功者向け“チョイ悪”ロールスロイス登場、「レイス・ブラックバッジ」日本で初披露】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 60コメント

    _16017

    1: 2016/06/02(木) 14:18:13.97 ID:CAP_USER9.net

    不正改造車排除の強化月間が6月1日から全国で始まった。国土交通省自動車局は、
    昨年に続いてバイクの違法マフラー排除を重点に取り組む。

    「警察などと連携して強化月間中に全国で159回の街頭検査を実施。特に二輪車を対象とした
    違法マフラーの不正改造で、所有者への整備命令、不正改造を行った者への立入検査などで
    指導を行います」(同局環境政策課)。

    車両のマフラーを交換することは違法ではない。しかし、基準内に騒音レベルを抑えることのできない
    交換マフラーを取り付けることは違法だ。また、消音機能に関わる部品がねじ止めなどで取り外しが
    できる構造のマフラーを装着した場合は、音量に関わらず不適合となる。

    2010年4月からは、交換マフラーには、法律の基準に適合していることを示すJMCA
    (全国二輪車用品連合会)など性能確認機関の表示や欧州連合指令適合品表示マークが付けられ、
    ユーザーに一見して適合性が見分けられるようになっている。街頭検査では、こうした表示がなく
    一見してわからない場合でも、路上で実際に測定して是正を促す。

    また、全国64か所の運輸支局に「不正改造車・黒煙110番」の窓口も設置されている。二輪車に限らず、
    騒音や排ガスについて不良があり、不正改造車と思われる車両があった場合に、一般からの通報や
    相談を受け付ける。具体的な情報がもたらされた場合は、運輸支局が該当する所有者を特定して、
    装備の改修と結果報告を求める対応を運輸支局が行う。

    レスポンス
    http://response.jp/article/2016/06/01/276186.html


    【バイクの違法マフラー排除に重点 不正改造排除月間スタート】の続きを読む

    このページのトップヘ