乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 61コメント
    1: ナガタロックII(catv?) 2014/02/10 19:49:22 ID:l5TgzMXG0
     ホンダは10日、主力の小型車「フィット」と新型多目的スポーツ車(SUV)「ヴェゼル」のハイブリッド車(HV)に不具合があるため、
    10日付でリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出たと発表した。対象となるのは、2013年7月から14年2月に生産した両車種で、合計8万1353台。

     自動変速機やエンジンを制御するプログラムの不良で、発進のもたつきや走行ができなくなる恐れがあるという。内訳は「フィット ハイブリッド」が
    7万929台、「ヴェゼル ハイブリッド」が1万424台。フィットについては13年10月と13年12月にもリコールを発表しており、今回が3度目。

     対策を施した新しい制御プログラムを21日以降、提供し始める。寄居工場や鈴鹿製作所で生産する対象車は対策プログラムへの変更が完了するまで
    出荷を停止する。販売店にある対象車も顧客への引き渡しを対策プログラムへの変更完了までとどめる。

     ホンダは13年9月に新型「フィット」のHV、12月に「ヴェゼル」の販売を始めていた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL100RG_Q4A210C1000000/
    no title

    【ホンダがHV8万台リコール フィットとヴェゼル 自慢のDCTに3度目のプログラム不良】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント
    1: リバースパワースラム(東日本) 2014/02/10 09:54:39 ID:SiEzJ4GL0
    スバル「新型レガシィ」画像ギャラリー -気になる全幅は1840mm
    シカゴオートショー2014に新しいスバル・レガシィがワールドプレミアを飾りました。事前のウワサ通り、
    大型化したボディの、スポーティセダンとしての登場です。

    搭載されるエンジンはもちろん水平対向で、FB型2.5リッター4気筒DOHCとEZ型3.6リッター6気筒DOHCの2種類。全車がシンメトリカルAWDの駆動系で、トランスミッションはリニアトロニックと呼ばれるCVTとなっています。

    安全装備では、日本でもおなじみのステレオカメラを使った「アイサイト」をはじめ、高速道路などで後方から接近する車両を知らせるBSDや後退時にリヤビューカメラを利用して接近車両の注意を促すRCTAも装備しています。

    ■新型レガシィ 2.5i主要諸元
    全長:4796 mm
    全幅:1840 mm
    全高:1500 mm
    ホイールベース:2750 mm
    乗車定員:5名
    エンジン型式:FB25
    燃料供給装置:ポート噴射
    最高出力:175hp/5600rpm
    最大トルク:174lb.-ft./4100rpm
    タイヤサイズ:225/55R17

    http://clicccar.com/2014/02/09/246132/6th_legacy_us_2015101/
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【全幅1840mmのスバル新型レガシィ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント
    13_lexuses_frtlt1

    1: 名無し募集中。。。 2014/02/09 18:43:55
    レクサスなんて失笑?

    4: 名無し募集中。。。 2014/02/09 18:45:42
    レクサスはカムリが一番売れていて高級でもなんでもない

    7: 名無し募集中。。。 2014/02/09 18:47:26
    プリウスを良く見るな

    8: 名無し募集中。。。 2014/02/09 18:48:58
    日本車っていっても 現地で生産されてて
    アメ車はメキシコあたりで生産されてるから
    日本車の方がアメ車って言われてるぐらい

    51: 名無し募集中。。。 2014/02/09 19:23:02
    >>8
    アメリカンジョークみたいな話だな

    11: 名無し募集中。。。 2014/02/09 18:51:18
    ドイツ車って別にアメリカでは強くないよね

    21: 名無し募集中。。。  2014/02/09 18:56:49
    高級車以外では必ず購入選択枠には入るよ。高級車だとレクサスがどう頑張ってもBMやベンツに水を開けられてるけど

    24: 名無し募集中。。。  2014/02/09 18:59:44
    インドだとスズキが強すぎるしインド人のあこがれのブランド車らしいどれくらい憧れてるかというと
    インドの青春アニメにスズキのスイフトが出る位

    【アメリカでは日本車ってどんな立ち位置なの?ベンツやアウディやBMWに敵わない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント
    1: 足4の字固め(芋) 2014/02/09 21:40:38 ID:mQJIEADNP
    no title

    インサイトの販売がまもなく終了しそうである。
    現行インサイトは2009年にデビューした2代目モデル。ハイブリッドカーとして販売が好調なトヨタ・プリウスの対抗としてホンダが販売してきた。
    インサイトの販売台数は発売当初からプリウスに押され気味で、特に最近では国内の月間販売台数が500台を下回る月も多く、すっかりマイナー車種となっている状況だ。

    そんなインサイトだが、既に生産終了のスケジュールが組まれており、在庫車の販売を以って販売が終了する見込みとなった。
    さらに次期モデルの開発の動きも見えないことから、現行の2代目モデルでインサイトの車名がカタログ落ちすることになりそうである。
    既に大幅値引きセールを実施しているディーラーがあるようで、在庫処分セールが始まっている。
    no title

    インサイトは燃費性能だけでなく、居住性、コストパフォーマンスなど多くの面において、ライバルのプリウスを凌ぐことができず販売は苦戦した。

    インサイトの実質的な後継車種はフィットベースのコンパクトなハイブリッドセダン
    インサイトは初代モデルから続くトライアングルモノフォルムと呼ばれるボディ形状が採用されてきた。空気抵抗の小さそうな、
    流線型のボディは燃費性能の良さを印象付けるものだが、後席の頭上空間が狭くなるというデメリットもあった。

    no title
     ←wwwwwwww

    【ホンダのハイブリッドカー、インサイトの販売が終了の見込み インサイトブランド自体が終了】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 39コメント
    1: ドラゴンスリーパー(catv?) 2014/02/09 10:35:42 ID:uNQiL/wy0
    ヤマハ発動機は、クロスプレーン・コンセプトに基づいて開発した水冷・4ストローク・直列3気筒・846ccダウンドラフト吸気FIエンジンを搭載した「MT-09」と、ABS標準装備した「MT-09A」を4月10日から発売すると発表した。

    「MT-09」と「MT-09A」は「Synchronized Performance Bike」をコンセプトに開発されている。日常の速度域で乗り手の意思とシンクロする「意のままに操れる悦び」を目指して開発した。

    クロスプレーン・コンセプトに基づき開発されたリニアな特性を備える3気筒エンジンは、バルブ挟み角を26.5度(吸気13度+排気13.5度)と狭く設定されている。
    これによりコンパクトな燃焼室を形成し、素早い燃焼による高トルクを引き出す。

    燃料供給には、YCC-T(ヤマハ電子制御スロットル)を採用。軽量アルミ鍛造ピストン、振動低減を図るバランサー、トルク特性に貢献する不等長吸気ファンネルなどとの
    相乗効果で高い走行性と低燃費を両立する。ライダーの好みや走行状況に応じて制御マップを3種から選択できるD-MODEを採用した。

    排気系は、エキゾーストパイプと3段膨張構造サイレンサーを一体成形した3into1タイプ。排気効率、消音効果だけでなく、マス集中化による軽快なハンドリングに貢献する。
    エキゾーストパイプには、変色や錆、汚れ付着の抑止効果のあるナノ膜コーティング処理を施した。

    剛性バランスに優れ、個性的なボディを形作る軽量アルミダイキャスト製フレームを採用した。軽量で強度バランスに優れたアルミ製テーパーハンドルを採用した。
    前後約400mmのメインシートは、タンデム側との段差が少なく自由度のある乗車姿勢を可能としている。シート前端は、マン・マシン一体感を演出するため、グリップ性とフィット感に優れるフロステッドパターンの表皮を採用する。

    マスフォワードシルエットによる自由に操れる軽快感、どんな方向にも動きやすい「塊」を連想させるマス集中感など、ネイキッドとスーパーモタードをハイブリッドさせた異種交配造形のデザインに仕上げた。

    販売計画は年間1500台。価格はMT-09が84万9960円、MT-09Aが89万9640円。
    http://response.jp/article/2014/02/06/216652.html
    no title

    no title

    no title

    【ヤマハ発動機「MT-09」を発売…ネイキッドとモタードの異種交配造形で「意のままに操れる悦び」を実現】の続きを読む

    このページのトップヘ