乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント
    01

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 00:30:24 ID:9VEMmDkl0
    お前ら置いてくぜ!ヒュンヒュン

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 00:30:54 ID:oeMw+sdO0
    ワイGSR400乗り高みの見物

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 00:33:30 ID:0PGH+QVb0
    俺のホンダトゥデイに敵うと思ってんの?

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 00:34:05 ID:e0bZ44BWP
    リード110に乗ってるが125が速いらしいから気になる

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 00:34:48 ID:9VEMmDkl0
    速いんだぞ俺のは
    たった6秒で60km!
    奴らミラーの点にしてやったわ

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 00:38:07 ID:Tkg64mEr0
    >>5
    チーターは3秒で100Kだよ
    カバに追い付かれるレベル

    【原付二種買ったら速すぎワロタ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 42コメント
    1: マスク剥ぎ(芋) 2014/01/20 09:09:20 ID:IOQtmnT0P
    ダイハツは、1月10日から12日まで幕張メッセで開催された東京オートサロン2014 with NAPACに、間もなく市販化される予定の「KOPEN(コペン)」を出展。
    東京モーターショーとは装いも新たに展示されたこの軽オープンカーについて、その後の情報をダイハツの担当者の方に訊いてきた。

    「KOPEN future included Rm1」と名付けられたモデルは、「Rmz」タイプの色違い。鏡面仕上げの深い赤、「クロムレッド」のボディ・カラーを採用し
    「スタイリッシュ&エモーショナルな独創的スタイリングで面クオリティと質感を追求」したというが、実は東京モーターショーに展示されていた
    青いボディにラッピングを施したものだとか。優美なラインがさらに引き立てられて、お洒落なロードスターという「Rm」タイプのキャラクターによく似合っている。

    no title


    ダイハツでKOPENを担当されている方にお話をお訊きしたところ、「現在は量産化に向けた最後の詰めの段階」だとか。
    気になる価格については「200万円以内、できれば諸費用込みでそのくらいを狙っている」そうだが、これが結構大変らしい。
    例えば展示車はリア・ブレーキもディスク式になっているが、市販モデルでは先代COPEN同様、ドラム式に変更される可能性もあるという。
    「コストと価格のせめぎ合いですね。どうしても価格に跳ね返ってくるので」。

    性能的にはドラム・ブレーキでも問題ない?「車重が軽いですし、全然問題ありません。まあ、(問題は)リア・ホイールのスポークの間から見える、見た目ですよね」

    東京モーターショーでお訊きしたときには、CVTのみでMTの設定はなし、とのことでした。これを残念に思う方もいると思うのですが。
    「いや、それは間違いです。5速マニュアルも用意します。"スポーツカー"なんですから(笑)」
    no title

    【ホンダS660と違いマニュアルもある! ダイハツの軽スポーツ「KOPEN(コペン)」コミコミ200万以内!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント
    1: スパイダージャーマン(catv?) 2014/01/19 19:42:45 ID:T/6f7fyD0
    no title


    BMWは米国で開催中のデトロイトモーターショー14において、新型『M3セダン』を世界初公開した。

    BMWにとりMシリーズは「40年以上、エモーショナルでハイパフォーマンスなスポーツカーの位置付け」(BMW AG セールス & マーケティング
    担当上級副社長のイアン・ロバートソン氏)という。最もBMW M販売台数の多い米市場では6月投入予定だ。

    M3セダンは新開発の直噴3.0リットル直列6気筒ツインターボを搭載。最大出力431ps/5500-7300rpm、最大トルク56.1kgm/1850-5500rpmを引き出す。
    このスペックは、先代『M3』の4.0リットルV型8気筒自然吸気エンジン(最大出力420ps、最大トルク40.8kgm)に対して、11ps、15.3kgm向上している。

    トランスミッションは、6速MTと7速デュアルクラッチの「DCT」を採用。6速MTは先代よりも12kg軽く、シフトダウン時にエンジン回転数を合わせる
    スロットルブリッピング機能が付く。0-100km/h加速は、7速DCTが4.1秒、6速MTが4.3秒。最高速は250km/h(リミッター作動)となっている。
    http://car.jp.msn.com/news/

    【BMW M3セダン…3リットル直6ツインターボで完全武装 DCTだけのホンダと違いちゃんと6MTも設定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント
    rock n cycles girl-on-a-motorcycle

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 22:38:14 ID:XMCsQRS10
    でも大学の友達たちは反対してくる…

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 22:40:15 ID:2LDbNfVV0
    卒検の急制動でズサーッと転けてた女の子居た( ´・ω・`)

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 22:40:50 ID:mhzS0Dae0
    俺の女友達は俺の反対押し切って免許取ったよ
    雪国で半年近く乗れなくなるってのに

    10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 22:42:11 ID:pKbYVg/E0
    友達の反対なんか聞くことねーべ
    親家族の反対なら説得しろ
    事故って後遺症残れば家族に迷惑かけることになる

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 22:44:49 ID:XMCsQRS10
    車の免許はもう持ってるからいいとして、二輪免許も持ってて悪いことはないよね?

    海が好きだから、のんびり海沿いとか走ってみたい。

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 22:45:56 ID:2LDbNfVV0
    >>13
    免許とって俺と一緒にツーリングしようぜ

    15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2014/01/19 22:45:46 ID:bpGsAqLcI
    自分がどうしたいかでしょ
    ツーリング最高だぜ

    【女だけど二輪免許が欲しくてたまらない!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント
    1: ボマイェ(芋) 2014/01/18 23:34:50 ID:ogQGHVfmP
    no title

    英国を代表する高級スポーツカー、アストンマーチンとジャガー。両車の頂点に位置するフラッグシップモデルの比較テスト映像が、ネット上で公開された。

    この映像は2013年12月、米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』が公式サイトで公開したもの。アストンマーチン『V12ヴァンテージS』と、ジャガー『XKR‐S GT』を徹底比較している。

    アストンマーチンV12ヴァンテージSは2013年9月、フランクフルトモーターショー13でデビュー。2009年に発表された『V12ヴァンテージ』の進化バージョン。
    V12ヴァンテージの性能を、さらに引き上げるために、エンジンのパワーアップに取り組んだ。

    「AM28」型6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、最新世代のボッシュ製エンジンマネジメントを採用するなど、専用チューニングを行う。
    この結果、最大出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを獲得。V12ヴァンテージに対して、56ps、5.1kgm強化される。

    トランスミッションは、新開発の7速「スポーツシフト」で、V12ヴァンテージの6速MTよりも25kg軽量化。V12ヴァンテージS は、0-100km/h加速3.9秒、
    最高速330km/hの実力。限定車の『One-77』(すでに完売)を除けば、現行アストンマーチンで最速のパフォーマンスを達成した。

    一方、ジャガー XKR‐S GTは2013年3月、ニューヨークモーターショー13で発表。『XKR‐S』をベースに、さらなる高性能化を追求した「頂点のさらに上」を行くモデル。
    ジャガー社内のETO(エンジニアド・トゥ・オーダー)と呼ばれる特別モデル開発チームが手がけた、サーキット走行を視野に入れた高性能モデル。
    搭載エンジンは、XKR‐S 譲りの5.0リットルV型8気筒スーパーチャージャー。最大出力は550ps、最大トルクは69.3kgmを引き出す。
    トランスミッションは6速AT。XKR‐S GTは0‐96km/h加速3.9秒、最高速300km/h(リミッター作動)という優れたパフォーマンスを実現した


    http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=LFuVVAyJ5hY


    http://response.jp/article/2014/01/18/215231.html

    【アストンマーチン 対 ジャガー、英国高級スポーツカーの頂上対決 日本でやるならレクサスと日産かな】の続きを読む

    このページのトップヘ