乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: アンクルホールド(catv?)@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 21:55:43.74 ID:251G8CvA0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典

    ポルシェ 911クーペ 改良型、完全な姿&詳細が明らかに

    9月のフランクフルトモーターショーでの公開が迫るポルシェ『911クーペ』の改良型を完全な姿で捕らえた。

    フロント部には新しくなったエンジンフードや、薄くなったLEDデイタイムランニングライト、デザイン変更された
    エアインテークが確認出来る。又、ドアミラーもリデザインされているようだ。リアビューでもやはり薄く
    シャープになった、リアコンビランプや新エキゾーストパイプが見える。

    注目は新開発のエンジンだ。現行モデルの自然吸気水平対向6気筒エンジンから新開発の2.7リットル又は
    3.0リットルのターボチャージャー付きフラット6を搭載し、最高馬力は420psを発揮する。

    ハイテク面では次世代マルチメディア・システムを採用、ポルシェにとって大きなフェイスリフトとなりそうだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150811-00000039-rps-ind
    no title


    【フロント部にエンジンフードのあるポルシェ 911クーペって何者だよ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 92コメント

    aaa
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/08/11(火) 10:45:57.31 ID:HNiS0dbF0.n

    中小型の方が性能を全力で使えて面白いと思うけどな


    【大型バイク、デカい車ほど偉いという風潮がわからん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 92コメント

    Car-Bike-Crash
    1: ナガタロックII(catv?)@\(^o^)/ 投稿日:2015/08/11(火) 11:09:56.24 ID:6XHE85Zy0.n

    自転車は、道路交通法上では“軽車両”に位置づけられている。だが、その自覚のなさゆえか危険な運転をする運転者も多く、死亡事故につながるケースも少なくない。
    今回はその中から、赤信号で横断歩道を渡り、15歳という若さで命を落とした自転車運転者の事故事例を紹介する。果たして受け取れる賠償額はいくらなのか?


    <事故内容>
     2008年10月23日夜、愛知県名古屋市の片側三車線の道路を走行していた乗用車が、横断歩道を進行してきた自転車と衝突。自転車運転者(15歳)は脳挫傷等の重傷を負い、約3週間後に死亡した。

    <判決>
     自転車運転者の遺族は、乗用車のドライバーに対し、人身傷害保険からの既払金を控除した約2140万円を請求する訴えを起こした。

     裁判では、主に“自転車運転者が信号を無視して横断したのかどうか”について争われた。4人の目撃者が証言した結果、判決では「自転車運転者が赤信号で横断歩道を渡り、
    乗用車側は青信号だった」と認められ、過失割合を自転車75%、乗用車25%と認定。乗用車側には合計約860万円の支払いが命じられた。なお、自転車運転者が赤信号で
    横断歩道を渡った理由は不明とされている(2012年1月11日名古屋地裁判決)。

     この裁判では、目撃者の証言などがあって総合的に検討され、上述の判決が下された。だが、通常、事故時の信号の色を証明することは難しい。自転車に乗る際は交通ルールを
    遵守すること、ドライバーにとってはドライブレコーダーの設置が効果的であることがよくわかる事例といえるだろう。

    http://news.ameba.jp/20150811-215/


    【赤信号で横断した自転車が衝突事故で死亡…「弱者だから賠償よこせ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 53コメント

    car_wh

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/08/11(火) 11:52:11.91

    http://response.jp/article/2015/08/10/257636.html

    ホンダが4月2日、日本国内で発表した『S660』。同車の2015年生産分が、すでに完売していることが分かった。

    S660は1996年に生産を終了した『ビート』以来、19年ぶりの軽自動車のオープンスポーツカー。
    「心昂る Heart Beat Sport」をテーマに、あらゆる場面で運転の楽しさが感じられるクルマを目指して開発された。

    ミッドシップに置かれるエンジンは、排気量660ccのターボ。最大出力64ps、最大トルク10.6kgmを引き出す。
    組み合わせるMTは、軽自動車初の6速。MT車は最大7700rpm、CVT車は最大7000rpmまで、ホンダエンジンらしく気持ちよく回るのが特徴。

    新世代のホンダ軽オープンスポーツを待っていた顧客は、同社の想定以上に多かったようだ。
    ホンダの最新発表によると、6月下旬から7月上旬のオーダー分で、納期は、最大で1年先の2016年4‐6月頃。
    2015年内の生産分は、すでに完売している状態という。
    ホンダは、次回のS660のオーダー受付について、10月下旬を予定。
    同社は、「S660はスポーツカーに相応しい走りと質感を実現するため、人の手と機械を融合させた
    専用工程を取り入れた少量生産を行っており、生産台数が限られる」と説明している。


    【ホンダ、軽スポーツカー「S660」年内生産分はすでに完売 納期は最大で1年先に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 65コメント

    ob_95fdab_yellow-headligh-highligh-light-cars-french-cars-i
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/08/10(月) 16:00:50.133 ID:Wl8/jsYF0.net

    だっさwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


    【今時車の電気が白色じゃない底辺wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ