乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    NISMO-BodyColor_03.jpg.ximg.l_full_m.smart

    1: 2018/11/20(火) 12:23:08.40 ID:G8LS7lnC0HAPPY

    それが今年最大のビックリだわ


    【日産の車のデザインが良いって言う人がいる現実wwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/11/20(火) 13:57:06.19 ID:zVaMClT30 

    ロシア鉄道のオレグ・ベロジョーロフ最高責任者が、一新されたクシェット(簡易寝台)車のコンセプトを予告した。
    新たな車両は部分的に、日本のカプセルホテルを想起させるようなものとなる。
    モジュール式のスペースや、いつでも閉めることができるカーテンを備えた乗客用座席、現代的な内装、自動販売機。これらは新しく導入された設備の一部だ。
    新たなデザインの寝台は、頭当てが付いたソファーのような外見をしている。
    それぞれの座席にはコンセントとUSBコネクタが整備されているほか、縦型ブラインドに似た分厚いカーテンも備えられている。
    車両の刷新は来年から始められる予定。

    https://jp.sputniknews.com/science/201811205604963/
    no title

    no title

    no title


    【お前ら寝台列車って乗ったことある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    RX_exterior_cover@3x

    1: 2018/11/20(火) 12:52:18.53 ID:xhITC+p+pHAPPY

    貯金から一括で買える前提で

    年収以上の家やマンション買うのと何が違うんだ?


    【【疑問】年収以上の車買うのってそんなにダサいのか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1776629_3L1

    1: 2018/11/20(火)12:27:09 ID:7CT

    トッモ「よっしゃ俺のシビックで試すぜワイ手伝え!」

    ワイ「任せろ! こんなこともあろうかとアルミテープ買ってあるぜ!!」

    トッモ「でかしたとりあえず貼りまくれ! 」ペタペタ

    ワイ「よっしゃ!できたぜ!」

    トッモ「さっそくテストドライブや! ワイ乗れ!日がくれちまうぞ!」ブィィィィィ

    30分後

    ワイ・トッモ「……変わんなくね?」

    ?


    【トヨタ「アルミテープ貼ると性能あがるで」 ワイ・トッモ「マ? ま?!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2018/11/20(火) 12:38:06.36 ID:CAP_USER9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010001-bfj-sci

    日産のカルロス・ゴーン会長が逮捕されたことを受け、ホンダ販売店が「やったぜ日産」とツイートをし、批判の声が上がっている。

    「Honda Cars 大阪東 花園店」がツイートした内容は、写真の通りだ(archive.todayより)。

    ツイートされたのは、朝日新聞が一報を報じた1時間40分ほどあと。午後7時前ごろのことだ。

    店舗のホームページからもリンクされているため、公式アカウントとみられる。ツイートは遅くとも午後7時40分ごろには削除された。

    本田技研工業の広報担当者はBuzzFeed Newsの取材に対し、ツイートが事実と認めた。

    アカウントは本田技研とは資本関係のない販売店の「Honda Cars大阪東」が個別に管理しているという。

    販売店の契約を結んでいる以上、これまでもSNSの危険性などの周知をしてきたが、「行き届いていなかった」
    (広報担当者)としている。そのうえで、以下のように謝罪した。

    「このたびはお騒がせし、また、皆様にご不快な思いをお掛けしてしまい、誠に申し訳ございません。
    このようなことが起きてしまったことは大変遺憾であり、再発防止に向け、管理指導をこれまで以上に徹底してまいります」


    【【悲報】ゴーン会長逮捕、ホンダ販売店が「やったぜ日産」とツイートしてしまう・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ