乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    1: 2019/12/20(金) 14:42:13.83 ID:CAP_USER

    □2019年12月20日 発表
    □45万1000円

    no title

    新型軽2輪モデル「ADV150」

     本田技研工業は12月20日、アドベンチャースタイルで高速道路を走行可能な149cc単気筒エンジンを採用した新型軽2輪スクーター「ADV150」を、2020年2月14日に発売すると発表した。価格は45万1000円。

     ADV150は、新たな提案としてアドベンチャースタイルを採用する軽2輪スクーター。パワーユニットは最高出力11kW(15PS)/8500rpm、最大トルク14Nm(1.4kgfm)/6500rpmを発生する水冷4ストロークの単気筒 149ccエンジン「KE38E」型を搭載する。

    no title

    高速道路を走行可能な149ccエンジン搭載の新型軽2輪モデル「ADV150」

     足まわりでは、フロントサスペンションのストローク量にクラス最長となる130mmを確保。リアサスペンションのストローク量は120mmとし、放熱効果の高いリザーバータンク付きを採用。また、3段レートのスプリングにより、優れた路面追従性を確保するとともに、2人乗りや荒れた路面などの走行時でも快適な乗り心地を実現させるという。

    no title

    フロントサスペンションのストローク量を130mm、リアサスペンションのストローク量を120mm確保

     また、新開発のホイールとブロックパターンのチューブレスタイヤを採用することで、市街地での不意な路面の変化にも安心感を与え、未舗装路や荒れた路面から高速道路まで優れた走破性を実現させるとしている。

     装備面では、便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」や、ハザードランプを高速点滅することで急ブレーキをいち早く後続車に伝える「エマージェンシーストップシグナル」などを採用。

     カラーリングは「マットメテオライトブラウンメタリック」「マットガンパウダーブラックメタリック」「ゲイエティーレッド」の全3色を設定している。

    no title

    マットメテオライトブラウンメタリック
    no title

    マットガンパウダーブラックメタリック
    no title

    ゲイエティーレッド

    □関連リンク
    本田技研工業株式会社
    https://www.honda.co.jp/
    ニュースリリース
    https://www.honda.co.jp/news/2019/2191220-adv150.html
    製品情報
    https://www.honda.co.jp/ADV150/

    2019年12月20日 12:52
    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1225747.html


    【ホンダ、アドベンチャースタイルの新型スクーター「ADV150」。高速道路を走行可能な149ccエンジン搭載】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    1: 2020/01/17(金) 14:34:55.62 ID:iUjYJlYc0● BE:842343564-2BP(2000)

    【もみ合いに】東京オートサロン ランボルギーニ空ぶかし騒動 法的にダメなことは何だったのか

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200117-00465693-autocar-ind&p=1
    20200117-00465693-autocar-000-2-view

    東京オートサロン2020は3日間合計で33万6060人が来場。過去最多の動員を記録し1月12日(日曜日)に幕を閉じた。

    【写真】ユニークな日本車カスタムも 注目あつめたオートサロン出展車両 (64枚)

    雷鳴のごとき爆音が東ホール全体に響き始めたのは、オートサロンが閉幕した18時から間もない頃だった。

    各ブースでは片付けの作業や終礼が始まりつつあり、許可を得た出展車両から搬出の準備を始めていた。

    2台のランボルギーニ・アヴェンタドールによる空ぶかしの非常に耳障りな爆音は執拗に続いており、やめてほしいとお願いに行った関係者もいたようだが、空ぶかしが止まることはなかった。

    2台は自社ブースではなく通路に出て空ぶかしをおこなっていたため、事情を知らない周囲の人々の中にはその2台をLBワークスのクルマ(ボディキットはLB製でLBステッカーなども貼られていたことやLBのブースも近くにあったことが理由?)だと勘違いして、同社のスタッフに「空ぶかしをやめさせて欲しい」と要望してきた人もいたようである。

    そこでLB関係者の1人が空ぶかしを続けるランボのドライバーにやめるように要望したがそれでも止まることはなく、ついにLBワークスのトップである加藤渉氏が交渉に向かった。

    ネットの書き込みの中には「喧嘩」や「乱闘」、中には「殴り合い」と言った表現があるが暴力的なことはなかった。「言い争い」「もみ合い」程度のトラブルだったようである。

    筆者に同行していたカメラマンが現場で撮った録画を見て確認もできる。


    その2台の空ぶかしはすさまじい高音の爆音だった。ランボルギーニ・アヴェンタドールに標準装着されているマフラーではもちろんない。どんなマフラーだったのか?

    事情に詳しい関係者いわく「高音が特徴の『スタードロッパー』という自社ブースで取り扱っているマフラーを装着していたと思います」

    「非常に高額なマフラーで、アヴェンタドール用は1基約200万円位しますね。当然のことながら、公道走行が認められる音量ではありません」とのことだった。

    なぜ、禁止されている屋内での空ぶかしを執拗におこなっていたのか?

    「動画を撮影しているファンのためにおこなっていたのではないか?」という声がある一方、「あの集団は毎回爆音で走ることを楽しんでいる」という声もある。

    問題はさらに続く。

    搬出後、2台のアヴェンタドールは何とそのまま公道を走り続けたのである。

    筆者はその時、出展ホールの外周道路で渋滞にはまっていた。

    爆音をとどろかせ、激しいフラッシュライトの光をまき散らしながら2台のアヴェンタドールが対向車線から走って来た。

    ホールの周辺を少なくとも2周はしていたと思われる。(渋滞の中で2回遭遇した)


    【東京オートサロン ランボルギーニ空ぶかし騒動 なぜランボ乗りは吹かしたがるのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1dbaa56d34cab29904acedf5681e303e_t
    1: 2020/01/16(木) 22:59:23.043 ID:wA4B72B40

    「えっと..5速、4速、3速...」ガッチャンガッチャン



    こんな欠陥車が未だに走ってるという事実


    【AT車「あっ飛び出しだ!」→ブレーキ踏んで停止 MT車「あっ飛び出しだ!」→】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    3013eeeddf02873ed93389257e63b0a1_t

    1: 20/01/16(木)23:28:15 ID:IY8

    金かかるなら無い方がええよな?


    【【疑問】大都会で車持つメリットあんの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    aa2df25c1141f7363ed10e48127b7a20_t

    1: 2020/01/17(金) 08:32:57.03 ID:uD6RLSZpa

    何者なん?


    【電車で目の前の席が開いても絶対に座らず場所も動かない奴wwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ