乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 52コメント

    1: 2017/09/21(木) 09:35:37.87 ID:DJfyvalg0 

    19日に発表されたトヨタの新スポーツカーブランド「GR」。GRとして世に送り出される車両は気軽にスポーツドライブを楽しめる
    「GRスポーツ」をボトムとしていくつかのシリーズに分かれており、その頂点に立つのが広範囲にチューニングを施した究極のスポーツモデル「GRMN」だ。

    「GRMN」として発売が予告されているのは現時点では『ヴィッツGRMN』1モデルのみ。2018年春ごろの発売を予定している。

    驚くのは心臓部だ。スーパーチャージャーを組み合わせた1.8リットルエンジンはなんと最大出力210PS以上、
    最大トルク250Nmと公表されている。1.5リットルエンジンを搭載する「ヴィッツGR SPORT」が109PS、
    2013年に200台が限定発売された先代「ヴィッツGRMNターボ」でも152PSだった。それが一気に200PSオーバーの世界に足を踏み込むのだから非常に興味深い。

    ちなみにフランスで作られるといってももちろんハンドル位置は右。しかし、ウインカーレバーは一般的な国産車とは異なり多くの右ハンドル輸入車同様、
    ISO準拠というかイギリス式にステアリングコラムの右ではなく左側についていた。

    https://response.jp/article/2017/09/20/300015.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    【【トヨタGR目玉】なんと210PSオーバー、ヴィッツGRMN はフランス製 1.8リットル 210PS!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    18b9d53c31f788ce2e17adc9e06fda15_s
    1: 2017/09/20(水) 19:56:26.46 ID:CAP_USER9

    21日から始まる「秋の全国交通安全運動」を前に警視庁などが出動式を行いました。
    東京・千代田区の皇居前広場で行われた秋の全国交通安全運動の出動式には、警視庁の白バイやパトカー、民間のバスやタクシーなど合わせて90台が集結しました。今年は交通安全運動を都民に幅広く知ってもらうため、警視庁と民間団体が初めて合同で開催しました。

    警視庁交通部・山本仁部長:「皇居前広場から都内全域、さらには全国に向けて交通安全意識の機運を高め、交通安全運動を盛り上げて頂きたい」
    警視庁は、年間の交通事故死者数を140人以下にすることを目標にしていますが、19日までに112人が死亡していて、去年に比べて4人増えています。秋の全国交通安全運動は、21日から10日間にわたって全国各地で行われます。

    配信2017/09/20 17:06
    テレ朝ニュース
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000110463.html


    【「秋の全国交通安全運動」を前に警視庁などが出動式 21日から10日間】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    bd64ec52625504309a85b7156ab7eff9a2741b00
    1: 2017/09/20(水) 22:15:05.521 ID:AE3CyXgU0

    視界がマジでスローモーションになる


    【バイクでコケたことがある奴にしかわからない事】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 78コメント

    10201029_201309g
    1: 2017/09/20(水) 21:23:16.530 ID:0IrzmO3Ud

    …w


    【○○RSとか××ニスモみたいな車に乗ってる奴wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    0df2bbe93f204a7b0737e0a3232aaab5_s
    1: 2017/09/21(木) 05:07:04.42 ID:CAP_USER9

    事故の台湾男性“対向車線走る”

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/sapporo/7004082591.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    19日に胆振の洞爺湖町の国道で車同士が正面衝突して5人がけがをした事故で、
    一方の車を運転していた台湾の男性が警察の調べに対して
    「しばらく対向車線を走っていた」
    と話していることが分かりました。
    台湾では車は右側通行で、警察は事故の状況を詳しく調べています。

    19日午後6時半ごろ、洞爺湖町月浦の国道230号線で普通乗用車と軽自動車が正面衝突し、
    普通乗用車に乗っていた台湾からの観光客4人と、軽自動車を運転していた
    町内の59歳の男性の合わせて5人がけがをしました。

    警察によりますと、普通乗用車を運転していた台湾の49歳の男性は調べに対し、
    「しばらく対向車線を走っていた」
    と話しているということです。

    日本では車は中央線の左側を通行することになっていますが、台湾では右側を通行することになっていて、
    警察は普通乗用車が誤って対向車線を走っていた疑いが強いとみて事故の原因を詳しく調べています。

    09/20 19:55


    【右側走行の国から来た人「しばらく対向車線を走っていた」・洞爺湖町】の続きを読む

    このページのトップヘ