乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 66コメント

    1: 2016/10/28(金) 22:50:27.32 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/10/28/284408.html
    no title


    マツダが発表した2016年9月の生産・販売状況によると、世界生産台数は前年同月比1.9%増の14万3365台で、2か月連続のプラスとなった。

    国内生産は『CX-5』『アクセラ』などが増加し、同2.0%増の9万2387台。海外も『CX-4』の生産開始などにより、同1.7%増の5万0978台。ともに2か月連続のプラスとなった。

    国内販売は、前年同期に好調だったデミオなどの反動減で、同11.3%減の2万2107台と12か月連続のマイナス。登録車のシェアは同1.0ポイントダウンの5.7%となった。

    輸出は北米や欧州、オセアニア向けが減少し、同11.5%減の6万8735台で、2か月ぶりのマイナスとなった。


    【マツダ、国内販売が12か月連続マイナス 9月実績】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    car-maintenance
    1: 2016/10/28(金) 12:46:38.20 0

    倍近く取られるよな


    【ディーラー車検ってなんであんなに高いの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 37コメント

    1: 2016/10/27(木) 21:36:35.22 ID:3cybW1VM0

    アウディジャパンは、『A4』『A4アバント』に1.4TFSIエンジン搭載モデルを追加するとともに、
    限定車「A4/A4アバント 1.4 TFSI 1stエディション」(450台)を設定し、10月25日より発売する。

    今回、A4/A4アバントのエントリーモデルとして、A4では初めて直列4気筒直噴ターボエンジン搭載モデルを新たに設定。
    同エンジンは最高出力150ps、最大トルク250Nmを発揮し、トランスミッションには高効率な7速Sトロニックを組み合わせる。
    JC08モード燃費は16.6km/リットルと、高出力と優れた燃費性能を兼ね備える。またプレセンスシティ、
    プレセンスベーシックなど最新のセーフティ機能も搭載。
    さらにアウディコネクト、スマートフォンインターフェイスなど、多彩なカーインフォテイメントも標準装備する。

    スポーティグレードのA4/A4アバント 1.4 TFSI sportは、クローム調のスポーツエクステリアや、
    17インチアルミによって、精悍なスタイルを演出。インテリアにはサポート性に優れたシートヒーター付き
    スポーツシートを採用、スポーツサスペンションと相まって、心地よい走行性能を実現する。
    さらにアドバンストキーシステムやセーフティ機能に加え、
    リヤビューカメラ、アウディパーキングシステムのアシスタンス機能も標準で装備する。

    限定車1stエディションは、1.4 TFSI sportをベースに、通常は設定のないSラインエクステリアパッケージを装着。
    そのほか、3ゾーンオートエアコンや、メタリックボディカラーを備えた特別モデルとなる。
    販売台数はセダンが220台、アバントが230台。

    価格はA4 1.4 TFSIが447万円、同sportが478万円、同1stエディションが509万円。
    A4アバント 1.4 TFSIが476万円、同sportが507万円、同1stエディションが538万円。
    http://s.response.jp/article/2016/10/25/284193.html
    no title

    no title

    no title


    【アウディ A4/A4アバントに1.4Lターボエンジンモデルを追加 150馬力、最大トルク250Nm 447万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2016/10/26(水) 19:10:30.41 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2016/10/26/284233.html
    no title


    トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月25日、ブランド廃止が決まっていた
    サイオンが最終日を迎えたことを、公式Facebookページを通じて発表した。

    サイオンは2003年、トヨタの米国の若者向けブランドとして設立。販売のピークは2006年で、
    年間17万3034台を売り上げた。以後、販売は減少傾向。2015年は、5万6167台にとどまっていた。

    そのため、米国トヨタ販売は2016年2月、サイオンブランドの廃止を決定。現行のサイオンラインナップは
    2016年8月に導入された2017年モデルから、順次トヨタブランド車に変更。既存のサイオン車の顧客については、
    トヨタの販売店でサービスなどが受けられるよう、対応している。

    ブランド立ち上げから13年間の累計販売台数は、ほぼ120万台。10月25日をもって、サイオンブランドの歴史に幕を下ろした。

    サイオンは、「サイオンと共に歩んできた顧客に感謝したい」とコメントしている。


    【米トヨタ、サイオンブランドが最終日…13年の歴史に幕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    top
    1: 2016/10/27(木) 22:22:38.68 ID:0naC9+Hv0

    国内販売7万台のうち半分以上がCセグメントなもよう


    【【悲報】BMWさん、もはや高級車ブランドではなくなる】の続きを読む

    このページのトップヘ