乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント

    Car-insurance-Savings_31345647

    1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/12/17(木) 09:18:57.27 ID:CAP

    http://biz-journal.jp/2015/12/post_12897.html

    政府・与党は12月9日、新たな自動車課税制度の方針を固めた。2017年4月に消費税率が10%へ引き上げられる際、
    現行の自動車取得税を廃止して新税を導入する。
     自動車購入時には、消費税と取得税の2種類の税金がかかるため、従来から二重課税であるとして批判が多かった。
    そのため、消費税率引き上げにあたって取得税の廃止を求めていた自動車業界に配慮したかたちだ。
     取得税に代わる新税は、普通車の場合で購入額の0~3%、環境性能に応じて1%刻みの4区分とする。
    軽自動車やトラック・バスなどの営業車は当分の間、最高税率を2%に抑える。
     税収の見込み額は年約890億円で、14年の取得税1096億円より約200億円の減税となる。新車、中古車ともに対象で、
    非課税枠は拡大し、自動車販売台数の約半数が非課税となる見通しだが、燃費が良くない自動車であれば増税となる。

     政府・与党は、新税の導入によって環境に配慮した車の普及を促す狙いだ。また、消費者の税負担を軽減する
    よう求める自動車業界に配慮した姿勢を見せつつ、地方税である取得税に代わる税収を確保する制度だ。
     だが、大手自動車メーカーの関係者は、「税の名称が変わっただけで、
    結局、消費税との二重課税は解消されていない」と憤る。むしろ、消費税率が2%上がることを考えれば、
    消費者にとって税負担が軽くなる感覚はあまりないだろう。
     また、非課税とされる環境性能の良い自動車は総じて販売価格が高く、低価格の自動車は環境性能が悪い。
    言い換えれば、高額な自動車を購入する人にとっては減税、安価な自動車を求める人にとっては増税といえる。
    また、合わせて軽自動車税も現行の7200円から1万800円に引き上げられる。高所得者層以外にはメリットのない税制改革といえるだろう。
     多少値段が高くても、ガソリン代、自動車税、保険料などを考慮してトータルでお得となるのであれば、
    環境性能の高い自動車を購入するメリットがあるといえるだろう。しかし、実際のところ、いくら燃費のよい自動車であっても、
    その販売価格に見合うほどランニングコストが安くなるとはいえない。
     自動車は、購入時には車両価格に加え消費税と取得税、維持するには毎年の自動車税、車検時の重量税がかかる。
    ほかにもガソリン税やリサイクル料金、有料道路料金などの負担がある。税金以外にも自動車保険料やガソリン代、
    点検費用、駐車場代など、すべてまとめると、200万円弱の一般的な自動車に10年乗った場合で、
    平均して700~800万円かかるとの試算もある。もちろん途中で乗り換えれば、
    さらに金額は増えるだろう。ちなみに、総費用の5分の1は税金だといわれている。
     若者のクルマ離れが叫ばれるようになって久しいが、所得が高くなくても購入しやすい環境とはいえないのが現状だ。
    (文=編集部)


    【バカ高いクルマの維持費、10年で総額8百万!所有する意味ない?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/17(木) 14:53:42.65 ID:CAP_USER.net

    http://gigazine.net/news/20151217-george-hotz-build-self-driving-car/
    7歳にして世界で初めてiPhoneのSIMロックを解除し、その後も脱獄(ジェイルブレイク)界隈で名を上げ、
    プレイステーション3を誰よりも早くハッキングしてソニーに訴えられるなど、天才プログラマーにして伝説的なハッカーとして
    知られるジョージ・ホッツ氏が、なんと1カ月で市販車を改造し、自動運転カーに仕立て上げました。
    世界中の自動車メーカーやIT企業がこぞって参戦している自動運転カーの開発競争に天才がたった一人で殴り込みをかけるとこうなるようです。

    ホッツ氏が開発した自動運転カーが実際に自動運転する様子は以下のムービーで確認できます。
    http://youtu.be/KTrgRYa2wbI




    自宅のガレージで自作の自動運転カーの前に立つ男性。
    彼こそが伝説的ハッカーのホッツ氏。
    ホッツ氏は17歳のときに世界で初めてiPhoneのSIMロックを解除したことをYouTubeで公表。凄腕ハッカー「geohot」として一躍有名になりました。
    その後もプレイステーション3を誰よりも早くハック。海賊版ソフトが蔓延しかねない事態をまねき、
    ソニーに訴えられています。なお、和解の条件としてソニーが提示したのは「今後、二度とソニー製品をハックしないこと」だったとのこと。
    自動運転とは何かについてレクチャーするホッツ氏。
    第1段階がクルーズコントロールで、現在開発しているのは99%の運転操作をコンピュータ任せに
    できる第3段階とのこと。ちなみに第4段階が人間が乗らなくても走行できる状態です。
    ホッツ氏の自宅併設のガレージにあるアキュラ「ILX」。約300万円の自動車を、わずか1カ月で自動運転カーに仕立てたとのこと。
    no title


    ホッツ氏を取材するBloombergの記者が助手席に乗り込みます。まず目を引くのが21.5インチの液晶モニター。
    中国製パーツはピラーにむき出し状態。
    ルーフに取り付けられたセンサー。
    メインマシンにはIntelの超小型PC「NUC」を利用しているとのこと。
    家庭用のコンセントで自動運転モードを制御するPC・カメラ・センサー用のバッテリーを充電します。

    「最近の自動車は高度にコンピューター制御されているので、コンピューターと変わらないよ」とこともなげに話すホッツ氏。
    ホッツ氏にすればiPhoneだろうがプレイステーションだろうが自動運転カーだろうがすべてハックする対象のようです。
    no title

    運転席はこんな感じ。
    ホッツ氏の開発した自動運転システムは、車体に取り付けた合計6つのカメラやセンサーからのデータを人工知能(AI)で処理します。
    AIはドライバーの運転操作を「見て覚える」ことで運転を学習するとのこと。
    自動運転モード切り替え操作に使うのはジョイスティック。
    システムはLinuxで開発しています。
    青いラインが実際の走行ラインで、緑色のラインがAIが学習の結果最適だと判断するライン。
    というわけで自動運転のテスト走行へ。
    自動運転のテストは高速道路で。なお、記者が初めて同乗走行したときに「初めて自動運転に成功したときどうだった?」
    と聞かれたホッツ氏は、「初めてテストしたのは今朝だよ」と答えたとのこと。
    その初めての自動運転から2週間後の自動運転モードのテストが本日というわけです
    。なお、初走行時にハンドルのみ自動化されていたシステムを、ホッツ氏はこの日までにアクセル・ブレーキまで自動化させてきたとのこと。
    いよいよ自動運転モード開始。
    手ぶらで走行。
    ハンドルはもちろんアクセルやブレーキペダルにも触れていません。AIはホッツ氏の運転から、
    前の車と後ろの車の中間を走行していること、前方の車が減速した場合でも一定の距離を保とうとする傾向にあることを学習した結果、
    アクセルワーク/ブレーキワークをこなせるようになったというわけです。


    【伝説的ハッカーがホンダ車で自動運転カーを1カ月で自作、1000ドルで全自動システムを販売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    1: ショルダーアームブリーカー(茨城県)@\(^o^)/ 投稿日:2015/12/16(水) 00:08:15.33 ID:9dXu5iOW0.n

    2015年12月15日

    リコール届出番号 3718
    グラディウスのリコールについて

    スズキ株式会社は、グラディウスについて、下記のリコールを国土交通省に届け出いたしました。
    ご愛用の皆さまには、大変ご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。
    対象となるお客様には、お知らせのダイレクトメール、またはスズキ販売店等からご案内させていただきますが、お早めに最寄りのスズキ車販売店へご連絡いただき、修理(無料)をお受けいただきますようお願い申し上げます。

    ■リコール詳細

    リコール開始日 平成27年12月16日
    不具合の内容 燃料タンクにおいて、ブリーザホースの組付けの作業指示が不適切なため、ホースが屈曲して組付けられているものがあります。
    そのため、ホースが閉塞し、燃料タンクの内圧調整ができず変形して、最悪の場合、燃料タンクが損傷して燃料が漏れるおそれがあります。

    改善の内容 全車両、ブリーザホースの閉塞の有無を点検し、閉塞しているものは燃料タンクとブリーザホースを交換します。
    また、閉塞していないものは、ブリーザホースを新品に交換します。

    http://www.suzuki.co.jp/about/recall/2015/1215/index.html
    no title


    【スズキ、グラディウスをリコール 燃料タンクが変形しガソリン漏れる恐れ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    no title
    1: 名無しさん@おーぷん 投稿日:2015/12/16(水)22:48:37 ID:RH7

    完全に好み
    流行とか知らん


    【適当に好きな車を張っていく】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    96ec31ec9f6cad891c1219e127b1d0be-618x412

    1: 氷星虫 ★ 投稿日:2015/12/17(木) 05:10:31.49 ID:CAP

    警官「自信ない」無免許見逃す
    (にいがた県)

    *ソース元にニュース画像あり*

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1034364491.html?t=1450258208
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    県警察本部の交通機動隊の警察官2人が、職務質問をして判明した無免許運転を検挙せず
    無免許のまま自宅に帰るのを止めなかったなどとして、
    犯人隠避などの疑いで書類を検察庁に送られました。

    書類送検されたのは県警察本部交通機動隊に所属していた警備部機動隊の28歳の巡査部長と
    交通部交通機動隊の28歳の巡査長です。
    警察によりますと、巡査部長ら2人は今年1月、長岡市の市道で覆面パトカーで
    交通指導の取り締まりを行った際、無免許運転が判明したにも関わらず必要な捜査をせず
    無免許運転を止めなかったなどとして、犯人隠避と無免許運転ほう助の疑いが持たれています。

    2人は60代の男性がシートベルトをつけずに軽乗用車を運転していたのを見つけ職務質問したところ、
    男性は運転免許をもっていないことを認めました。
    男性は以前にも無免許運転で検挙されたことがあったため調書を取るなどして
    書類を検察庁に送る必要がありましたが、2人は男性の無免許運転を止めることなく
    およそ900メートル離れた自宅まで覆面パトカーで追走しながら送り届けたということです。

    調べに対し巡査部長らは
    「書類の作成に自信がなかった。安易な行動で申し訳ない」
    などと話しているということです。

    県警察本部は16日、2人の書類を新潟地方検察庁長岡支部に送り、2人を戒告処分にしました。

    県警察本部の宮村広栄主席監察官は
    「法を守り適性に執行すべき警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾で、
    県民の皆様に深くおわび申し上げます。
    警察の信用を著しく損なう行為であり、厳正に対処し職員の倫理や実務能力の向上を徹底して
    再発防止を図り、信頼回復に務めてまいります」
    とのコメントを出しました。

    12月16日 18時30分


    【覆面パトカーの警官2人「書類の作成に自信がなかった」と無免許運転見逃す】の続きを読む

    このページのトップヘ