乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 79コメント

    maxresdefault
    1: 2017/11/20(月) 13:35:10.588 ID:8imGsaMBMHAPPY

    どっちなの?


    【結局車は水素が勝つの?電気が勝つの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/11/20(月) 07:27:24.845 ID:cKj31pvQdHAPPY

    俺のは30万で5年


    【お前らの車って乗り出しいくらで買って何年乗ってる? 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2017/11/20(月) 14:15:21.99 ID:CAP_USER9

    仕事で生じたストレスの解消を目的として、対向接近してくる車両に向かって野菜や果物を投げつけて破壊に及んでいたという。

    容疑者としてはそれほど大事になるとは思っていなかったのかもしれないが、ぶつけられたクルマは車体の一部を損壊させるような被害が出ていた。警察が認知しているだけで十数件の被害があるというが、投げつけたモノが命中しなかったことで気づかなった人も中にはいたかもしれない。

    ☆☆☆

    福島県白河市内の市道を走行中のクルマから対向車に向かって野菜や果物を投げつけ、車体の一部を破壊していたとして、福島県警は16日、同市内に在住する28歳の男を器物損壊容疑で逮捕した。

    福島県警・白河署によると、器物損壊容疑で逮捕された男は2017年11月11日の午後6時30分ごろ、白河市借宿付近の市道(片側1車線の直線区間)を軽乗用車で走行中、対向してきた乗用車に向かって野菜(=瓜の一種、直径約15cm)を投げつけて、右側のヘッドライトを破壊した疑いがもたれている。被害金額は約7万5000円。

    現場付近では今年9月ごろから同様の事件が頻発。いずれも対向車から野菜や果物が投げつけられ、車体の一部が損壊するというものだった。

    警察では器物損壊事件として捜査を開始。事件が起きた時間帯に現場付近を通行していた車両のピックアップを進めていたところ、1台の不審なクルマが浮上。このクルマに乗っていた同市内に在住する28歳の男から任意で事情を聞いていたが、事件への関与を認めたことから器物損壊容疑で逮捕した。

    男は帰宅途中に事件を起こしていたものとみられ、聴取に対しては「仕事のストレスが溜まっていた」などと供述しているようだ。警察が把握しているだけで十数件の被害が出ており、警察では男を厳しく追及し、余罪についての解明も急ぐ方針だ。

    配信2017年11月18日(土) 00時45分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/11/18/302667.html


    【軽自動車で走行中、野菜(瓜)やフルーツを対向車に投げつける…28歳男を逮捕 仕事のストレス発散 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント

    nissan
    1: 2017/11/20(月) 07:48:08.20 ID:CAP_USER9

    日産自動車は、出荷前の検査を資格がない従業員にさせていた問題で、17日、不正の詳しい内容や再発防止策をまとめた報告書を公表しました。
    西川廣人社長は「みなさまの信頼を裏切る結果になった」と述べ、改めて謝罪したうえで、報酬の一部を返上する考えを明らかにしました。

    西川社長は17日、国土交通省を訪れ、国に義務づけられた出荷前の検査の不正を改めて謝罪したうえで、社内調査の報告書を提出しました。
    報告書によりますと、不正は京都を除く国内の5つの工場で行われ、栃木県の工場では1979年から始まっていた可能性があるとしています。
    工場では、資格がない従業員が検査をしていたにもかかわらず適正に検査が行われていたように見せるため、書類には資格を持つ検査員のはんこを押す不正が常態化し、はんこの貸し出しを管理する帳簿も作成していたということです。
    また、資格を取得するための試験では試験問題と答えを一緒に配布したり答案を提出したあと間違いを訂正させて再提出させたりする不正があったとしています。
    さらに国土交通省の立ち入り検査などに対し、不正の発覚を逃れるため資格のない従業員に正規の検査員であることを示すバッジをつけさせて検査をさせていたほか、ことし9月の立ち入り検査では従業員が事実と異なる説明を行い、資料の一部を修正したり削除したりしていたということです。
    また、不正の背景として、検査員の数が不足していたことなどをあげたうえで、本社が現場の検査の実情を把握しておらず、車の安全性を最終的にチェックする検査への意識が低かったとして、役員の責任は極めて重いと結論づけました。
    一方、再発防止策として、検査場所に資格を持った検査員以外は入れないようにするため来年3月までに顔認証を導入するほか、検査員の数を増強することなどを明らかにしました。
    西川社長は記者会見で「皆さまの信頼を裏切る結果となり、改めて深くお詫びします」と謝罪した上で、報酬の一部を返上する考えを示しました。

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20171117/1000003767.html


    【日産、1979年から不正検査の可能性 資格試験では問題と答えを一緒に配布】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    winter-tyre-1342875_640
    1: 2017/11/20(月) 11:52:15.311 ID:GVWjSpn1dHAPPY

    今年は雪降る?


    【愛知に住み始めたんだが車のタイヤをスタッドレスにすべきなんだろうか】の続きを読む

    このページのトップヘ