乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    akio_toyoda_kv_w610

    1: 2018/11/19(月) 19:54:39.76 ID:GXgUGvyU0

    トヨタの格差すくなすぎわろた


    【豊田章男の給料→3.8億、トヨタ社員年収→831万、ゴーン給料→7.3億、日産社員年収→818万】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    nissan-logo-1

    1: 2018/11/20(火) 08:53:09.51 ID:CAP_USER9

    日本を、いや世界を震撼させた「ゴーンショック」はなぜ起こったのか。長年自動車業界を取材し続け、ゴーン氏へのインタビューも何度も行ってきたジャーナリストの井上久男氏の深層レポート。

    ■「重大な不正」の中身は?

    ※省略

    はっきり言おう。これは「日産の社内クーデター」とみるべきだ。さらに言えば、西川廣人社長兼CEOサイドがゴーン氏を引きずりおろすために、日産が検察当局と手を組んだのではないか、と筆者は見ている。

    ゴーン氏の逮捕後に出てきた日産のプレスリリースの内容を見ると、この日を用意周到に待っていた節が窺える。

    ■ゴーン氏が繰り返していた「説明」

    ※省略

    ところが、その両社の提携に転機が訪れたのが2015年だ。ルノーの筆頭株主である仏政府が2年以上保有する株主の議決権を2倍にするフロランジュ法を適用して、ルノーへの経営の関与を高めようとした。日産は、仏政府がルノーへの関与を高めれば、間接的に自社にも影響が及ぶと判断、仏政府への対抗策を講じた。その一つが、ルノーと日産の提携契約の見直しだった。

    見直したのは出資比率引き上げの際の手続きだった。現在、ルノーは日産に43・4%、日産はルノーに15%、それぞれ出資して株式を持ち合っている。日本の会社法上、日産がルノー株をさらに10%買い増して25%以上の出資比率にすれば、ルノーの日産に対する議決権が消滅する。

    これまでの契約では日産がルノーへの出資比率を高める場合には、ルノー取締役会の承認も必要としていたのを、契約からその条項を消すことでルノーと合意。この契約変更によって、日産取締役会の決議のみでルノー株を買い増すことができるようになった。仏政府の影響が日産の経営に及んできた場合、株式買い増しを行なってルノーの議決権を消すことが狙いだった。

    ■フランスが突きつけた「3つの条件」

    さらに2018年に入り、「ポスト・ゴーン」を巡って仏政府が動き始めた。日産は16年に三菱自動車を傘下に収め、日産・ルノー・三菱の3社アライアンスが誕生。その後17年にはゴーン氏は日産社長兼CEOの座を西川廣人氏に譲った。ゴーン氏は現在、日産、三菱両社の会長とルノーCEO兼会長を兼務している。

    加えて、日本ではほとんど知られていないが、3社アライアンスの共通戦略を決める司令塔の「ルノー日産BV」という会社が存在し、登記上はオランダ・アムステルダムにある。BVの経営トップは、ルノーCEOが兼務するとの内規がある。

    実は今のゴーン氏は、このBV会長の仕事をメインとしていることから、グループ内では「アライアンス会長」と呼ばれている。しかし、ゴーン氏のルノー会長兼CEOの任期は18年までだったことから、ルノーCEOを退任すれば、このBV会長職も手放さなければならなかった。

    日産や三菱のCEOではなくても、BV会長という3社アライアンスの戦略を仕切るポストに就いていることは、3社の事実上のトップと同じ意味があるため、ゴーン氏としてはBVトップの座は手放したくなかったと見られる。このため、ゴーン氏はルノーCEO職の座にこだわった。

    こうした状況下で、フランスのマクロン大統領は、ゴーン氏にルノーCEOの任期を2022年までに延長する代わりに次の3つの条件を突きつけた。それは、

    ① ルノーと日産の関係を後戻りできない不可逆的なものにする
    ② 後継者を育てる
    ③ ルノーの現在の中期経営計画を達成させる

    といった内容だった。ゴーン氏はこの条件を呑んでルノーCEO職に再任された。

    この条件①があることから、ルノーと日産が経営統合に近い形で関係をさらに深めるのではないか、といった見方が強まっていた。持ち株会社の下にルノー、日産、三菱をぶら下げるといった見方も出ていた。こうした関係強化策をゴーン氏は18年度中にもまとめる動きを見せていた。

    仏政府が特にこだわっていたのは条件①だ。なぜなら、今のルノーは日産からの配当や最新技術を当てにしなければやっていけないほど経営体力も商品力も劣化している。日産なしではやっていない会社になってしまった。見方を変えれば、日産にとってルノーが「重荷」になりつつあった。

    このため、日産の西川CEOは、経営の独自性が維持できなくなるとして、これ以上ルノーの支配が強まることを嫌った。提携時にルノーから8000億円近い支援をもらったが、この20年

    ■社員らの「反発」

    以下全文はソース先で

    11月20日 現代ビジネス
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/58561


    【【日産】ゴーン追放はクーデターか・・・?日産社内で囁かれる「逮捕の深層」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    2ecfffd604c0b1e4efa9147d1011d43f_s

    1: 2018/11/20(火) 02:45:17.64 ID:w2R3duhj0HAPPY

    対向車にも右折待ちの車おったら全然見えん


    【【悲報】ワイ運転初心者、ガチで右折ができない・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    suzuki-hayabusa-glass-sparkle-black-pearl-glacier-white
    1: 2018/11/20(火) 06:29:59.073 ID:wPm7NTJUpHAPPY

    嘘かもってるよね?
    しかも高速のカーブで膝すりしたらしい


    【会社の先輩がバイクで300キロ出したって言ってるんだけど・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    5c1d71fed5c651b93ae5610391c10cbc_s

    1: 2018/11/19(月) 21:11:53.427 ID:lGhedxMc0

    どういうこと?


    【車バカ「アンダー強いなあ」←これwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ