乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2017/11/18(土) 08:26:12.63 ID:CAP_USER9

    http://yomiuri.co.jp/economy/20171117-OYT1T50050.html

     神奈川県の東名高速道路で6月、車間距離を意図的に詰めるなどの危険な運転行為「あおり運転」をされた末に夫婦が死亡する事故が起き、その危険性がクローズアップされている。

     日本自動車連盟(JAF)の調査では、山形県内のドライバーの48%が「あおられることが(よく・時々)ある」と回答。県警によると、高速道路での通報は今年15件(10月末時点)に上る。重大事故につながる恐れのあるあおり運転への「自衛策」としてドライブレコーダーを買い求める人も急増している。

     あおり運転は▽車間距離を極端に詰める▽猛スピードで追い回す▽ハイビームやパッシング、クラクションで威嚇する▽並走して幅寄せする――などといった行為が該当する。

     JAFが昨年6月に全国約6万4000人を対象に行ったアンケートによると、「後方から他のドライバーにあおられることはあるか」との問いに、県内のドライバーの48・3%が「よくある」「時々ある」と回答した。

     全国の54・5%に比べると低いが、約半数の人が「あおり運転」の被害を経験していることになる。

     県警高速隊は「危険な運転行為をされたり、目撃したりした際には、安全な場所に移動して110番をしてほしい」としたうえで、「あおられた際にはブレーキを踏むなど、相手に挑発ととられるような行動を取らないように」と注意を促している。また、停車している場所まで追いかけられた場合は、「ドアロックをして相手から危害を加えられないようにしてほしい」と呼び掛けている。

              ◇
    車間距離を極端に詰める行為は道路交通法違反に当たる。高速道路では特に危険なため、2009年10月の同法改正で、従来の「5万円以下の罰金」から「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」と罰則が強化された。

     警察庁によると、高速道路での車間距離不保持容疑の摘発件数は昨年、全国で6690件。一方、県内の高速道路では0件だった。

     県警高速隊は摘発がゼロだった要因として、県内の高速道路の大部分が1車線になっている点を挙げる。同隊は「通報を受けて現場へ駆けつけ、該当車を発見しても1車線のため並走できず、(容疑を裏付けるための)客観的な車間距離を証明することが難しい」と明かす。

              ◇

     そうした中、走行中の映像を記録として残せる「ドライブレコーダー」の需要が高まっている。

     山形市南原町の自動車用品店「イエローハット山形中央店」では、東名高速での事故が報道されて以降、ドライブレコーダーの売り上げが昨年同時期の4倍になったという。

     販売価格は5000~2万円台が主で、高画質で録画できるものや、車の後ろに取り付けるカメラがセットになっているものが特に人気。売り場では「入荷待ち」や「完売御礼」の札が掲げられている商品もある。

     レコーダーを求める人の中には「あおり運転をされた」と話す人もおり、客層は20~70歳代と幅広い。同店の担当者は「トラブルになった際に、客観的な証拠を残すことができるドライブレコーダーがあれば、安心して運転に集中できる」と話している。

    no title


    【ドライブレコーダー「入荷待ち」「完売御礼」も】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 92コメント

    1: 2017/11/18(土) 12:15:47.06 ID:gdJnx/dv0 

    9月に発売したホンダの新型『シビック』が好調だ。シリーズ全体の10月までの累計受注が、1万2000台を超えたという。
    さらに、ハッチバック車に設定されるMT(マニュアル・トランスミッション)車の受注比率が約35%、およそ2100台にものぼる人気となっていることがわかった。
    これは高性能スポーツ車「タイプR」を除いた数字である。

    no title


    10代目となる新型シビックは、Cセグメントでトップクラスの「操る喜び」の提供を目指し、プラットフォーム(車体)から全面刷新。
    セダン、ハッチバック、そしてタイプRとの同時開発とすることで、高剛性、軽量かつ低重心・低慣性なボディを共有しベース車の性能を向上、
    スポーツ車に求められる限界性能を高めることに成功した。

    ホンダの八郷隆弘社長は新型シビックの発売に際し、「シビックは、ホンダらしさを象徴するクルマ。台数が出るとは思っていないが、
    ホンダらしさを日本のお客様にも見て頂かなければ、という思いから日本での販売を決めた」と語っていた。
    シリーズの月販目標台数は2000台としているが、発売から実質1か月で1万2000台を受注。予想以上の反響にホンダ社内でも驚きの声があがったという。

    さらに予想以上だったのが、MT車の人気だ。1万2000台のうち約半数がハッチバックで、うち35%がMT車となっている。
    MT車のみのタイプRと合わせると、シリーズ全体の半数近くにものぼる。現在MT車をラインアップするメーカーは数少ない。
    比較的スポーツ色を打ち出しているホンダでも、『S660』と『フィットRS』に設定があるのみだ。スポーツ走行をしたいという目的だけでなく、
    普段の運転でもMTが良い、という一定のユーザーの要求に対し、新型シビックが“刺さった”ということだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000002-rps-ind


    【MT車がバカ売れ…ホンダ シビック 新型、受注の半数がMT車に】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/11/18(土) 01:50:10.68 ID:ssnqKpML0

    no title

    no title

    no title

    no title

    世界限定500台
    中古車価格5500万円
    マツコデラックスでも買えないらしい


    【マツコ・デラックスが欲しがってる車……】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2017/11/17(金) 14:44:55.11 ID:CAP_USER9

    http://yomiuri.co.jp/national/20171117-OYT1T50071.html
     国内で唯一、車で走れる砂浜として知られる石川県・能登半島の「千里浜ちりはまなぎさドライブウェイ」(全長約8キロ)で、砂浜の浸食が深刻化している。

    夏は海水浴客でにぎわい、冬は能登の海の幸を楽しむドライブコースだが、この20年で海岸線が約30~50メートル後退したという。地元の対策に加え、国も砂浜保全を考える懇談会を設置して対応を検討している。

     「波がすぐそこまできた。砂浜が毎年1メートルくらい縮まっている」。海岸で「浜茶屋」を営む石川県宝達ほうだつ志水町、定免じょうめん武治さん(69)は顔をしかめる。約40年前から海水浴シーズンには砂浜に店を構えるが、浸食が進み車が店先ぎりぎりを通ることが多くなり、9年前、安全のために高さ約1・5メートルの防風林の脇に場所を移した。

    1994年
    no title

    2011年
    no title

    地図
    no title


    【国内唯一「車で走れる砂浜」ピンチ、砂浜の浸食深刻化】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント

    3ce030d37c78f49dd5a0c63f61e01c65_s
    1: 2017/11/17(金) 18:23:11.75 ID:xOiiCSXr0

    バイクは冬眠させるンゴ
    保険の内容も下げるンゴ


    【ワイバイク乗り、本日のツーリングで今年はもうバイクは無理だと悟る】の続きを読む

    このページのトップヘ