乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2017/09/20(水) 21:35:32.83 ID:CAP_USER9

    日産自動車が10月2日に売り出す電気自動車(EV)の新型「リーフ」が9月6日の発表以来の約2週間で、月間の販売目標を大きく上回る4千台超の予約を集めている。19日、西川広人社長が明らかにした。

    先代のリーフは累計28万台超と世界で最も売れたEVだが、2016年度の販売は国内で平均月1千台、世界で約4千台で、日産の販売全体の1%にも満たない。新型リーフは、EVで先行した日産がリードを守れるかのカギを握っており、日産は国内では月3千台ほどを売る目標を立てていた。

    EVには、ドイツ勢など海外メーカーも急速に力を入れるようになっている。西川氏はこの日、神奈川県横須賀市の追浜工場でリーフの本格的な生産開始を記念して開かれた式典に参加。「競争も厳しくなるが、EVの世界が広がっていくのは我々の想定した通りで、歓迎だ」と述べた。

    日産はこの式典で、1933年の創業以来、世界生産の累計が1億5千万台に達したと発表した。新興国市場の成長で台数の伸びのペースは上がっている。累計1億台を達成した06年からの11年間でつくった車のうち、8割を海外生産が占めた。(青山直篤)

    日産自動車のEV、新型「リーフ」の本格生産を記念する式典には、西川広人社長(右から2番目)らが参加した=19日午前、神奈川県横須賀市の日産追浜工場
    no title


    配信2017年9月20日10時17分
    朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASK9M4GRDK9MULFA017.html


    【日産新型「リーフ」が予約好調 月間目標大きく上回る4千台超】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2017/09/20(水) 19:48:43.83 ID:CAP_USER9

    GSX-S125 ABS 10月11日発売
    no title


    スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」に125ccのエントリーモデル『GSX-S125 ABS』を追加し、10月11日より発売する。

    GSX-S125 ABSは、124cc水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを軽量・高剛性フレームに搭載。GSX‐Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW、最大トルク11Nmを発揮するとともに、48.2km/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を達成。ショートホイールベースと、133kgの軽量・スリムなボディにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高い操縦性を実現する。

    デザインは、GSX-Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリングを採用し、前後輪に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスクや、スズキの国内の125cc二輪車に初採用となるABSを標準装備。また、ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備を採用した。

    価格は35万4240円。

    配信2017年9月20日(水) 18時15分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/09/20/300008.html


    【スズキ GSX-Sシリーズ新型モデル「GSX-S125・ABS」を発売へ 国内125ccにABSを初採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 103コメント

    suzuki_swiftsports3
    1: 2017/09/20(水) 18:48:56.16 ID:J3UKqhwD0

    ほしい


    【スイフトスポーツとか言う車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/09/20(水) 19:26:14.35 ID:CAP_USER9

    「旧車會」が安全運転宣言 富津署摘発、ルール順守へ
    9/20(水) 10:10配信

    暴走族OBらがオートバイで集団走行する「旧車會」のメンバーが、千葉県警による摘発をきっかけに
    富津署で安全運転宣言式を行った=写真。主に神奈川県内に住む男女12人が参加し、
    グループの代表者が「交通安全を心掛けます」などと荒川真署長の前で宣言した。

    県警によると、昨年12月18日、神奈川県から東京湾アクアラインを通って
    県内に走行してきた37台を県警ヘリが追尾。富津市内の国道127号で蛇行運転などを繰り返したとして、
    県警は今年6~7月、このうち30~40代の男3人を道交法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕した。

    摘発を機に、当時走行していたメンバーを含む12人が安全運転宣言式に参加し、全員が誓約書を同署に提出した。
    講習会も行われ、県警交通捜査課の担当者が、ナンバーを折り曲げるなどの禁止行為が明確化された
    昨年4月の法改正について説明した。

    9/20(水) 10:10配信 千葉日報オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010005-chibatopi-l12
    安全運転宣言する「旧車會」のメンバーら
    no title


    【【千葉】暴走族OBらがオートバイで集団走行する「旧車會」、メンバーが富津署で「安全運転」宣言…千葉県警による摘発がきっかけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    7f268bc23767d85d5c46e51ca9d8c4b7-620x371
    1: 2017/09/12(火) 21:37:18.84 ID:059pEd6s

    http://www.diylabo.jp/column/column-347.html

    ブレーキカスタムがやばい


    【車検時の「車両総重量1.1倍以下ルール」10/1運用開始について語るスレ】の続きを読む

    このページのトップヘ