乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    20_20091123213520

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10 01:34:41 ID:C3VMROJw0
    教習車をノートPC片手にセッティングし始めちゃう

    4: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/12/10 01:36:29 ID:CZwbX0vw0
    紙コップに水入れて乗車

    13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10 01:39:28 ID:1xqPsAjK0
    アガる曲持参

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/10 01:40:33 ID:fXA9hHCo0
    フルフェイスメットを被って乗車

    【自動車教習所で「こいつ…できるっ!」と思わせる方法】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント
    1: おばさんと呼ばれた日φ ★ 2013/12/08 12:19:47
    富山県南砺市内の東海北陸道で先月26日、縦約1メートル、横約80センチ、深さ約5センチの穴が2か所に開いている
    のが見つかった。穴にはまった車は無かったが、一歩間違えれば重大事故につながる危険性があった。
    中日本高速道路によると、穴は「ポットホール」と呼ばれ、老朽化が進む北陸道を中心に毎日のように発見されているといい、
    同社は警戒を強めている。

    同社富山保全・サービスセンターによると、同日午後1時20分頃、東海北陸道上り線の北谷橋(南砺市)で点検中の
    社員が穴を発見。午後10時から7時間半、白川郷インターチェンジ(IC)―五箇山IC間の上下線を通行止めにして
    緊急の補修工事を行った。

    この穴は、道路のひび割れが広がってできた「ポットホール」と呼ばれるもの。現場では約1週間前、路面にひび割れが
    見つかり、同社は応急処置を実施。その後に降り続いた雨の影響でアスファルトの劣化が進み、通行する車両の衝撃も
    受けて穴が拡大した。ひび割れはアスファルトの下に敷かれたコンクリートの劣化が原因だという。

    「穴の上を車が通れば、パンクしてしまったかもしれない」。路面をえぐるように開いた穴を見た県警高速隊の幹部は
    驚いた様子で語った。車の左側の車輪が通る位置に穴が開いており、「高速で走る車がパンクすれば、バランスを
    崩して重大事故につながる恐れもある」(高速隊幹部)。北陸道では昨年2月、路面に開いた穴にタイヤをとられた
    乗用車が右後輪をパンクする事故も起きている。

    「建設から30~40年を迎えた北陸道では1日1個ぐらいの頻度で穴が発見される」と同センターの橋本昌朗
    ・保全担当課長は明かす。穴の多くは直径10~15センチほどだが、特に晩秋~早春に数が急増。気温が下がると、
    固くなったアスファルトが割れやすくなる上、雨雪や融雪水などで傷みやすくなるためだという。

    画像
    no title

    no title

    ソース
    http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131207-OYT1T01430.htm

    続きは >>2

    2: おばさんと呼ばれた日φ ★ 2013/12/08 12:19:55
    同社金沢支社が2012年に発表した研究によると、同社管内の黒部インターチェンジ(IC)―木之本IC(滋賀県)間で
    豪雪となった2005年度、1か月当たりの穴の発生件数は、9~11月が各30~40個程度だったのに対し、12月に
    約20倍の800個以上となり、1月には1000個を超えた。特にアスファルトの層が薄い橋の上で損傷が目立ち、
    地上を走る部分と比べて約4・6倍の頻度で穴が発生するという。

    対策は「穴の原因となるひび割れを早期発見し、随時補修していくしかない」(橋本課長)。県内の各高速道路では、
    同センターが週2回、路面の安全確認を行っているほか、同社安全管理隊が24時間態勢で道路パトロールを行って
    いるが、短時間で損傷が拡大することもあるという。

    橋本課長は「いち早く発見すれば、大きな損傷を防げる。高速道路でひび割れや穴を見つけたら、すぐに通報して
    ほしい」と呼びかけている。通報は道路緊急ダイヤル「#9910」へ。

    (以上)

    【パンクしたかも…毎日のように穴見つかる高速道】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 25コメント
    img_697045_46356256_1

    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/09 22:49:31
    ★「軽自動車は軽油と思った」…燃料給油間違いの原因
    レスポンス 12月9日(月)18時5分配信

    JAF(日本自動車連盟)は、燃料の給油間違いによるトラブルの状況把握を目的に、
    9月1日から10月31日の2か月間にわたり、燃料の給油間違いによる救援依頼について
    全国調査を実施した。

    その結果によると、トラブル発生件数は258件。前回の調査結果(2012年5月1日~6月30日)
    とほぼ同数となった。

    その原因を見てみると、「うっかりしていた」「普段乗らない車だった」
    「軽自動車は軽油と思った」といったものが多く、ドライバーの認識不足が
    トラブルに繋がっていることが見受けられた。

    JAFでは、セルフ式給油スタンドが増加していることから、マイカーではない車両や、
    初めて乗る車両に給油する時は、必ず車検証や取扱説明書で燃料の種類を確認するなど、
    慎重に給油するようドライバーに呼びかけていく。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131209-00000030-rps-bus_all

    【「軽自動車は軽油と思った」…燃料給油間違いの原因】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 30コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:46:38 ID:UowjhPYQ0
    空気圧()
    バースト()

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:47:23 ID:ARSux2wa0
    環境的な意味じゃないの?
    知らんけど

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:47:28 ID:p6Zo/ZIT0
    それやっちゃうとそのあと儲からないから

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:47:38 ID:lUBTG/x2i
    そういえば一時期パンクしても走れるチャリってあったな

    14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:50:40 ID:xFdpWWkgP
    空気の代わりに水を詰めたらどうなりますの

    26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:57:16 ID:mZlaUqRHi
    >>14
    重い上に緩衝性能が悪くなるし口金がサビる

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:51:15 ID:rcrt7C0j0
    パンクしなきゃタイヤが売れないだろ

    17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/09 14:51:26 ID:lUBTG/x2i
    no title

    パンクした状態で走ったバカ女

    【なぜメーカーはパンクしないタイヤを開発しないのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント
    阪神高速13号東大阪線01

    1: 風吹けば名無し 2013/12/09 20:07:07 ID:Rocz9p01
    車が左右に揺れて危ないと思いました(小並感)

    4: 風吹けば名無し 2013/12/09 20:08:15 ID:2jzMwNQp
    俺のサンバーの本気は120キロを超える

    106: 風吹けば名無し 2013/12/09 20:20:10 ID:StdH9LhL
    >>4
    そら(サンバーは積載ギリギリ積んで100でるんやから)そうなる(空なら120余裕ででる)わな

    5: 風吹けば名無し 2013/12/09 20:08:20 ID:ir6efNYk
    ワイの実家の日産モコは120キロで分解するかと思ったンゴ

    9: 風吹けば名無し 2013/12/09 20:08:53 ID:gZEr4TEg
    カプチーノで120キロで走った時は空飛ぶかと思いましたわ。
    屋根開けとると風を巻き込みすぎて息をするのも苦しいくらいやし。

    やっぱ80キロ制限時代の軽やね(がっかり

    【ワゴンRみたいな軽で高速100kmで走る奴www】の続きを読む

    このページのトップヘ