乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 31コメント

    1: 2017/01/14(土) 22:53:15.638 ID:mmosPccj0

    no title

    no title

    no title

    no title


    美しい


    スポンサーリンク

    【高級車の内装美しすぎワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    no title
    1: 2017/01/14(土) 06:34:33.83 ID:emASdgp60

    よく雪の日にバイク乗るのは自殺行為とか聞くけど実際はどうなん?

    外見たら雪が結構降ってて積もってるんやけど、やっぱ危ないんか?


    スポンサーリンク

    【雪の日にバイク乗るのってやっぱ危険なんか?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    1: 2017/01/13(金) 22:26:44.64 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/01/13/288328.html

    no title

    no title


    レクサスは1月12日、米国マイアミで開催したブランドイベント“Through the Lens”において、レクサス『スーパーヨット コンセプト』を初公開した。
    トヨタは1997年から、プレジャーボートの開発、生産および販売を行ってきた。これまでに約900隻のボートを日本国内で販売している。

    レクサス スーパーヨット コンセプトは、トヨタのマリン事業が20年目を迎えるにあたり、レクサスが車だけに留まらず、
    顧客に驚きと感動を提供するための新たな提案のひとつとして開発。これまで培ってきた技術、ノウハウを最大限活用し、
    スタイリッシュかつ卓越した走航性能を持つオープンクルーザーを完成させた。

    開発にはレクサスのチーフブランディングオフィサーで、トヨタの豊田章男社長も参画。ブランドのデザインフィロソフィーに
    基づく流麗なフォルムに、新型ラグジュアリークーペ『LC』用の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを2基(最大出力900ps)
    搭載するなど、レクサスの特徴を数多く備えたコンセプトモデル。

    豊田章男チーフブランディングオフィサーは、「モビリティの可能性を海にも広げたいという思いのもと、かねてから
    マリン事業に取り組んできた。レクサス スーパーヨット コンセプトは、レクサスが提供するライフスタイルを拡げる新たなモビリティの提案」と語っている。


    スポンサーリンク

    【レクサス、「スーパーヨット」初公開…LC 用エンジン2基で900馬力】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    car-1509852_640
    1: 2017/01/14(土) 09:15:09.30 ID:CAP_USER

    http://response.jp/article/2017/01/13/288279.html


    GfKジャパンは、全国のドライバー1万2745名を対象に、コネクテッドカーに関するインターネット調査を実施。
    調査結果より得られた、自動運転の必要性や未来の車に必要なテクノロジーについて発表した。

    自動運転の必要性については、自動ブレーキや車線維持などを実現するレベル1、2は70%以上が必要と回答。
    高速道路などの限定した場面で自動運転機能を有し、必要な時にはドライバーが操作するレベル3に関しては59%が必要とした。
    一方、人間が全く運転操作に関与しないレベル4(完全自動運転)については38%にとどまり、約6割が不要と答えた。

    年代別にみると、60代以上でレベル1、2を必要とした人は80%以上、レベル3を必要とした人は67%。安全運転を支援する
    自動運転機能は高齢層の関心が高いことが明らかになった。一方で、レベル4については世代間で大きな差は見られず、
    必要とした人はいずれの世代も40%前後となった。ただし、運転が嫌いな人ほど完全自動運転を必要と考える割合が高く、52%に達した。

    また、ドライバーが未来の自動車に必要と感じているIoT関連テクノロジーについて尋ねたところ、最も多くの人が
    必要と答えた機能は、事故の際に救助を要請する「緊急通報システム」で82%。次いで「リアルタイムで最適な走行ルート
    を分析するカーナビ等の機能」 、「盗難車両追跡システム」があげられた。世代別でみると、50代以上は「緊急通報システム」、
    40代は「リアルタイムで最適な走行ルートを分析するカーナビ等の機能」、30代以下は「盗難車両追跡システム」がそれぞれトップになった


    スポンサーリンク

    【完全自動運転、6割のドライバーが「不要」と回答】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 68コメント

    1: 2017/01/14(土) 18:04:04.16 0

    no title


    ヴィッツで乗り出し280万円とか行くんだが


    スポンサーリンク

    【最近のクルマは価格が高すぎるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ