乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 33コメント

    1: 2017/06/20(火) 22:12:30.56 ID:2awDgT1m0 

    ホンダの米国法人、アメリカンホンダは6月19日、新型『アコード』を7月14日、米国ミシガン州デトロイトで初公開すると発表した。

    初代アコードは1976年に発売。以来、米国での累計販売台数は1300万台を超えている。1982年11月からは、メアリーズビル、オハイオの両工場で、現地生産を開始。35年間のアコードの米国累計生産台数は、1100万台を超えている。

    10世代目となる新型アコードの特徴のひとつが、ダウンサイズエンジンの搭載。直噴ガソリン直列4気筒ターボエンジンは、排気量が1.5リットルと2.0リットルの2種類を設定する。
    トランスミッションは、1.5リットルが6速MTまたはCVT、2.0リットルは6速MTまたは新開発の10速ATを組み合わせる。ホンダによると、FF乗用車への10速AT採用は、新型アコードが初めてという。

    ハイブリッドについては、ホンダの次世代の2モーターハイブリッドを搭載する予定。なお、アメリカンホンダは、新型アコードのデザインスケッチを公開している。

    https://response.jp/article/2017/06/20/296340.html
    no title


    スポンサーリンク

    【ホンダが新型アコードを発表!!!!かっこよすぎやばい!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    car-keys-1234787_640
    1: 2017/06/20(火) 10:09:15.399 ID:uFZIQZMF0

    ドアノブ触るだけで解錠と施錠が出来てもう普通の車に乗れんわ


    スポンサーリンク

    【キーレスの車てすごい楽だよね】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    20170620-00000106-dal-000-6-view
    1: 2017/06/20(火) 18:29:38.46 ID:CAP_USER9

    元SMAPの木村拓哉さんが、東京・調布市で車を運転中に、信号待ちをしていたバイクに追突する事故を起こしていたことがわかった。
    午後5時ごろ、調布市仙川町の国道20号線で、木村拓哉さんが運転する車が、信号待ちをしていたバイクに追突した。
    そのはずみで、バイクは前に止まっていた車に追突し、3台がからむ玉突き事故となった。
    けが人はいなかった。
    警視庁は、物損事故として、事故の経緯を調べている。

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00361875.html


    スポンサーリンク

    【元SMAPの木村拓哉さんが玉突き事故 バイクに追突】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 72コメント

    09
    1: 2017/06/20(火) 22:33:49.25 ID:CAP_USER9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00010008-msportcom-moto

    7号車トヨタTS050Hybridの小林可夢偉は、木曜日の予選でレコードラップを記録してポールポジションを獲得した。
    決勝レースもクラッチトラブルを抱える前までは、盤石なるペースを発揮し、トップを走行していた。

    小林がクラッチのトラブルを抱えたのは、レース開始から10時間を経過後に出動したセーフティカーの間だった。
    チームメイトのマイク・コンウェイからドライバー交代した後、小林はセーフティカーが周回するトラックに出る
    タイミングを信号横のピットレーン出口で伺っていた。

    小林はコースインのタイミングを知らせてくれた“マーシャル“を見つけ、いざクラッチスタートをするも、チーム無線で
    止められた。それが、後の7号車トヨタが被ったクラッチトラブルの引き金となった。

    トヨタのテクニカルチーフであるパスカル・バセロンは、『Eurosport』に対し次のように語っている。

    「それまでトップだった7号車は驚くべき問題を抱えていたのだ」

    「セーフティカーでコースインのタイミングを見計らっている時、マーシャルらしき人物が7号車トヨタのスタートを促したのだ」

    「しかし、ピットレーンの信号はまだ赤だったため、我々は慌てて彼がスタートしてしまうのをやめさせた。それを2-3回ほど
    繰り返したと思う。これは全く予想だにしていなかった。そしてクラッチはオーバーヒートしてしまった」

    レース後、クラッチトラブルを引き起こした元凶である”マーシャル”の正体が、LMP2クラスのドライバーであるビンセント・
    キャピラリーであったことが明かされた。彼が所属するアルガルヴェ・プロ・レーシングのピットガレージは、小林が
    セーフティカー中に停車していた場所にかなり近かったのである。

    キャピラリーは自身のFacebookに次のように投稿している。

    「土曜日のレース中、僕はヘルメットを被ってドライバー交代の時を待っていた」

    「僕たちのガレージの数メートル前にトップのクルマ(7号車トヨタ)が止まっていた。僕はそれを励ましたかっただけなんだ。
    なんの意図もなくて、ただ励ましたかっただけだった。その時の僕のジェスチャーはスチュワードから違反判定を受けて、
    罰金を科された。今思えば僕の行動は不適切だった。後悔している」


    スポンサーリンク

    【ル・マン24時間レースで7号車トヨタがリタイアした原因は、偽“マーシャル“であったと判明】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2017/06/20(火) 07:30:39.773 ID:z9zAY3+80

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【【悲報】ベンツのGクラスがかっこいいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ