乗り物速報

バイクと車のまとめ


      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    1: 稲妻レッグラリアット(庭) 2013/08/30 19:25:15 ID:UTZCyXcqP
    【ホンダ】欧州で人気の125ccスクーターSh modeを9/13発売

    ホンダは、原付2種カテゴリーでは今年6車種目となるニューモデル「Sh mode」を9月13日(金)から発売する。
    このモデルは欧州で人気を集めているスクーターで、エレガントなデザインと石畳などの荒れた路面にも対応した大径ホイールが特徴となっている。
    なおエンジンは125ccのeSPが採用されているとのこと。

    スタイリングは、「Charming & Elegant Style」をテーマに、コンパクトで親しみやすい車体サイズに加え、上質感のあるラウンドシェイプを基調としたボディーラインを採用。
    背筋を伸ばしたライディングポジションに美しく調和するような凛としたたたずまいと洗練されたスタイルを実現しています。

    エンジンは、水冷・4ストローク・OHC・単気筒125ccの「eSP(イーエスピー)※1」を搭載。
    低フリクション技術を多岐にわたって採用するとともに、アイドリングストップシステムなどによって優れた燃費性能を実現しています。

    車体は、フロントに16インチ、リアには14インチの大径ホイールを採用。荒れた路面での走行安定性に寄与しています。
    シート下には、容量18L※2のスペースを確保しています。
    ライディングポジションは、アップライトでゆったりとしたものとし、取り回しやすさにも配慮しています。
    (以下略)

    ■販売計画台数(国内・年間)/3,000台
    ■メーカー希望小売価格(消費税込み)/299,250円
    ホンダ公式

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    【125ccスクーターに乗ってみたらただの移動するソファーでワロタ バイクはMTに限るよな】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 2コメント
    1: 稲妻レッグラリアット(catv?) 2013/08/30 17:28:44 ID:My+tSSTT0
    クラウンのプロモーションから生まれたショッキングピンクの「ピンクラ」が特別仕様車「ReBORN PINK」として、ついに市販されます。

    2013年9月1日から9月30日までの期間限定で発売される(納車は12月予定)というのは既報の通りですが、その仕様と価格が発表されました。

    no title


    ベースとなるのは、「ハイブリッド アスリートG」と「2.5アスリートG i-Four」となり、メーカー希望小売価格は2WDのハイブリッドが600万円、4WDのi-Fourが570万円となります。

    それぞれベースグレードの価格は543万円、380万円ですから、かなりのプラスになっているように見えますが、もちろんボディカラーを特別設定の『モモタロウ』ピンクにしただけではありません。

    インテリアは、ホワイトのレザーシートを中心に、ドアオーナメントやセンターコンソール、フロントアームレスト、さらにはシートベルトにいたるまでホワイトとされ、特別感を演出しています。

    また、テリー伊藤氏がプロデュースしたという味付けとして各部にピンクが使われています。

    その内容は、メーター指針、スタートスイッチ、ステアリングオーナメント、スマートキーの王冠マーク、ナビゲーションのオープニング画面など。また、ドアアームレストやステアリングホイールなどにはピンクステッチが入れられています。

    no title

    no title

    ディーラーオプションとなるフロアマットにもピンクステッチ入りを用意するほどこだわった「ピンク クラウン」。合わせて、イメージムービーも公開されています。果たして、一ヶ月間でどれほどの注文を集めるのでしょうか。





    【ピンククラウン価格は570?600万円! 特別色の呼び名はモモタロウ!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/29 19:53:11 ID:778dWeCc0
    みたい

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/29 19:55:22 ID:hULoW24ii
    ほれ
    no title

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/29 19:59:19 ID:jvcgnkVe0
    >>2
    よく見えん・・・エイト?

    12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/08/29 20:07:12 ID:hULoW24ii
    >>5いえす
    ロータリー最高

    【おまえらの乗ってる車・バイクの写真がみたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント
    1: レッドインク(東日本) 2013/08/30 12:32:54 ID:nSvwS1/o0
    HVセダン「SAI」デザイン一新 トヨタ、値下げも 2013年8月29日19時56分

     【井上亮】トヨタ自動車は29日、ハイブリッド車(HV)専用のセダン「SAI(サイ)」を改良して発売した。中央まで伸びるヘッドライトを採用するなど、内外装のデザインを一新。
    標準装備だったナビゲーションシステムをオプションにするなどして、価格も税込み321万円からと、旧型より値下げした。

     SAIは2009年に発売されたが、最近は、HVの車種が増えたために、月間販売台数は約500台と低迷していた。「シンプルなつくり」だった旧型から「今回は、一目みて格好いい車を目指した」(開発を担当した加藤亨主査)という。

    燃費性能もガソリン1リットルあたり22・4キロメートルと改善。これまで60代以上が中心だった購買層の若返りを目指す。

     生産はこれまで通りトヨタ九州の宮田工場(福岡県宮若市)が手がける。月間販売目標は2千台。同工場は高級車レクサスの「ES」などの生産が海外に移管されることが決まっており、SAIが生産規模の底上げにつながると期待される。


    no title

    no title

    【トヨタ、HVセダン新型「SAI」デザイン一新「一目みて格好いい車を目指した」 燃費22.4km/l 値下げも】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント
    NISSAN4

    1: トペ スイシーダ(大阪府) 2013/08/28 16:37:04 ID:dtlUgfDvP
    2020年代に高速道を自動走行に 車と道路、ITで連携 国交省

    国土交通省の有識者検討会は、高速道路での運転をITで支援する「オートパイロットシステム」の
    実現に向けた2030年代までの計画案をまとめた。計画案策定は、高度道路交通システム(ITS)
    構築に向けた取り組みの一環。高速道路上の自動走行を20年代初頭までに本線上で、30年代をめどに
    合流部分や渋滞多発の場所で、それぞれ実現することを目指す。

    自動走行の実現には、車体の技術革新や道路インフラの整備が必要で、関連企業が開発を進め、
    すでに実証実験にも着手している。

    具体的には道路側から、目視やレーダーで検知できないカーブや上り坂の先の交通状況などの情報を
    自動車に伝達。これにより車線変更などを支援し、走行の安全性を高めるなどの取り組みが検討されている。

    実現すれば渋滞の緩和・解消、交通事故の削減、環境負荷の軽減、運転の快適性向上などに役立つ。

    また、技術革新と国内輸送の効率化で、国際競争力の強化につながるメリットもあるという。
    一連の取り組みは、10月に東京で開催されるITS世界会議で報告される予定だ。


    【【オートパイロット】高速道路を自動運転化するぞー】の続きを読む

    このページのトップヘ