hachigo
1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/02/27(土) 10:20:03.45 ID:CAP

http://president.jp/articles/-/17375
“異例の抜擢”は世界基準の象徴

──社長就任から半年が経過した。

国内のすべての事業所を半年間で回り、社員とダイレクトコミュニケーションをとってきた。改めて、現場には個性豊かな人が多く、
パワーのある人材が多いと感じた。現場の力を生かせば、まだまだホンダは伸びると感じた。
また、お客様との接点である全国の販売店を訪ねて、営業やサービスのみなさんとも意見交換をした。
多かったのは「一緒に頑張りましょう」との声。逆に元気づけられた。私は本社に近い開発や生産、購買などを経験してきたが、
販売現場からの期待の大きさを強く感じている。

──ホンダのトップは本田技術研究所の社長経験者が就いてきた。
確かに、私は研究所社長を経験していない初のトップだ。しかし、いままでがたまたまだったと考えている。
研究所の社長を経験しなければホンダ社長にはなれない、といった“不文律”があるわけではない。
──社長就任時は“異例の抜擢”と報道されたが。
経営のグローバル化が急速に進展しているだけに、多くの領域を経験した人間に社長をやらせようとする判断だったと思っている。
これまで私は、SUV「CR-V」の開発責任者、ハイブリッド車のリチウムイオン電池の購買の責任者、
東日本震災時には鈴鹿製作所長で軽自動車の「Nシリーズ」を担当していた。また、海外も北米や欧州そして中国を経験してきた。
──ホンダは本田宗一郎さんが率いた研究所と藤沢武夫さんが指揮した販売部門が、互いの領分を侵さない体制で成功したといわれてきた。今後、体制はどのように変わっていくのか。
会社の規模が小さいときには、2人の創業者の “阿吽(あうん)の呼吸”が有効に機能していた。本田さんは技術、藤沢さんは販売と、
それぞれの現場で2人から怒られたり褒められたりしながら人は育っていった。だが、会社が大きくなると、
役割を分担する昔のやり方は通用しなくなる。今回、ディーラー(販売店)を副社長の岩村(哲夫)と一緒に回った。
岩村が研究所に行かないことも、私が販売現場に背を向ける、ということもありえない。役員みなが情報を共有していく。
ただし、創業から変わらないのは、現場の活力を大切にするという考え方だ。これからも変えるつもりはない。

──昨年9月に国内販売を72万5000台に下方修正した。
軽自動車の増税の影響が予想以上に大きかった。少子高齢化で、国内市場の大きな伸びは期待できない
だからこそ競争は激化していくが、国内市場を軽視することはない。グローバルでも重要なマーケットと捉えている。
──国内販売でホンダは、いわゆる自社登録(販売店名義で新車を登録、届出をして販売台数を増やす手法)が多いことが問題視されている。
そういう声もかなり上がった。ホンダと販社の間で目的の共有が希薄になり、販売台数の目標とその方法論が幅を利かせるようになっていた
。コミュニケーション不足が原因だが、今回岩村と2人で回り、様々な意見を拝聴できた。まずは、風通しをよくできるよう改善していきたい。
──ここ数年、開発現場に対し相次いで新車を締め切りを厳守して、商品化するよう本社から重圧があったようだが。
それはないと私は考えている。
──中国の進捗はどうか。
15年の目標95万台はクリアできそうだ。新車種が入ればさらに積み上がる。100万台が見えてきた。
競合の後追いではなく先発で
──ホンダはいま活力を喪失しているように見える。相次ぐリコールや国内販売の低迷だけではなく、創業者に関する外向きの美しい話と内部の現実が乖離しているからではないのか。
変化の時代の中で、時代に即した“ホンダらしさ”をつくっていかなければならない。経営の手法も変えていく。
ただし、忘れてはならないのはホンダらしさの原点だ。それは、人々の生活に役立ち、ライフスタイルを変えるプロダクツにある。
戦後の「バタバタ」「スーパーカブ」「N360」、最近では「オデッセイ」や「フィット」「N-BOX」など、いつの時代も一般大衆に喜んでもらえる製品をつくってきた。
競合メーカーの後追いではなく先発で出してきた。この原点はこれからも変わらない。


スポンサーリンク

2: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/02/27(土) 10:20:14.21 ID:CAP

──特に印象に残っている車種は。
発売当時の「オデッセイ」。私自身それまではセダンに乗っていて、家族でどこかへ行くということはなかった。オデッセイを買ったとたんに
「どこかへ行ってみようか」と子どもが言いだして、バーベキューセットを買って遠出するようになった。少しずつ自分の生活が変わっていった。
商品で新しい発見をする。そういう提案をホンダはしていかなければいけない。
──ホンダは軽自動車からワンボックス、高級車までのフルラインメーカー。どうしても量を追う局面が出てくる。個性を出しつつ万人受けする車をつくる中でホンダらしさを打ち出すのは難しいのでは。
その点では、環境技術が一つのポイントになる。ブレークスルーできる環境技術で世界をリードし、ホンダはらしさを発揮していく。
ホンダは従来からのハイブリッド車(HV)に加え、2018年までに北米でプラグインハイブリッド車(PHV)を投入する。
また、来春には量産型の燃料電池車(FCV)をリース発売し、20年の段階ではリチウムイオン電池を進化させた航続距離が長い
電気自動車(EV)も加わる。電動車両の商品ラインは揃う。
──17年後半(18年モデル)から、米カリフォルニア州のZEV(排ガスゼロ車)規制が強化される。欧州や中国でも強化されていく。従来はかけ声だけで実際に規制は強化されなかったが、今後の見通しは。
私は規制が緩まるとは思わない。確かに不確定ではあるが、昨年末にはCOP21(気候変動パリ会議)で20年以降
の地球温暖化対策の新しい枠組みとなる「パリ協定」が採択された。中国であっても環境保全をうやむやにはできないはずだ。
何より深刻なのは大気汚染。ホンダとしては中国を含めて、20年まではガソリンエンジンの改良とHV、PHVで展開していく。ZEV規制にもPHVで対応していきたい。

──ZEV規制は大手メーカーに対し、販売台数の一定割合をEVとFCVにするよう義務づけている。
電気自動車をつくっているメーカーに求められているクレジット(ZEV排出枠)には対応していく。ただ、それも短期的だ。根本的にはEVとFCVをつくっていく。
──ホンダはロボットやホンダジェットなど開発に自社内で取り組んできた。一方で環境技術では外部と手を組む。ホンダのモノづくりには、これから何が求められるのか。

FCVの開発では米ゼネラル・モーターズと提携している。環境技術での外部との協調は重要になっていく。
モノづくり全体においてはやはり現場、開発するチームが大切になる。開発責任者を中心としたチームが理想のモノづくりに、
どれだけ徹していけるか。ただし、メンバーとなる若手に対し、現場感を実感させる施策がこれまで少なかった。
メールやテレビ会議に頼らず、例えばサプライヤーさんを訪ねて交流するなど、効率を度外視してでも自らの考えで行動できる職場環境にしていく必要はある。


7: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:34:33.94 ID:bfxPOWyz.ne

この科白はF1優勝しないと言えんだろ


8: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:34:43.09 ID:eMN7H5Yn.ne

パナもすっかり創業者の教えとか完全に無視だもんな


10: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:36:12.20 ID:OH23s3vm.ne

トヨタとかおもいっきし創業者神話守ってるのにな


39: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:06:13.37 ID:RA7F8UEy.ne

>>10
佐吉ビデオとか喜一郎ビデオな
トヨタ関係者なら絶対に一度は見たことあるだろあれ


12: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:39:48.32 ID:o/O5QNp+.ne

おっさんのホンダファンが創業者神話が好きだから大変だな


16: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:43:08.02 ID:6FX/PWt1.ne

お前を社長に指名した伊東ちゃんを否定するのかね?


19: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:44:14.91 ID:rfjgSF6l.ne

こんなリスペクトの無い発言してたら、そりゃファンも離れるわ

「もういらない」じゃなくて「創業者神話から脱却しなければいけない」と言うべきなのに


20: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:45:41.69 ID:lOLnELh2.ne

創業者神話もそうだがカブ神話もなんとかしれ、国外生産エンジンであの値段
もう庶民の足じゃない


40: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:06:48.47 ID:y80CZFPY.ne

客からしてみれば「そんな事言うなよ」だったりするんだよな
坂本竜馬のファンと似通った考え方の客がトヨタの車を買ってたりする。
わざわざ口に出して言う事じゃない

>>20
それは復活させるべき神話だ
それを捨てるなんてとんでもない
今のカブは以前のと比較にならないほど質が悪い
もう半分捨ててはいるのだろうけれど


22: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 10:47:02.08 ID:fDEvj7mW.ne

本田宗一郎の歴史や精神以外にホンダに求心力あるんか?
四輪レースシーンで不遇とはいえ二輪じゃ世界最高峰の一角
エコも大事だけど根本がエコメーカーだけじゃないだろうに


35: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:00:08.23 ID:ceo/Z8Bv.ne

創業者以上の神話を作ればいいんじゃね?w
「出来ない」って最初から諦めてる癖に、
カッコつけても余計に無様なだけだよ


42: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:07:05.53 ID:on6ARm/E.ne

ホンダは他と違う変わった事をやらないと廃れてしまうだろうな
楕円ピストンとか可変バルブとか出していた時が一番輝いていた


55: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:16:11.68 ID:os+yVJBe.ne

>>42
それの両方の開発担当者でした。有難う。辞めてから随分経つが、最近はかなり色んな所が落ちてきてると感じてます。
多分自分達が本田宗一郎に会った最後の世代かな。


81: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:50:24.48 ID:OQaK+G47.ne

>>55
おお、そうでしたか
自分は昔4thプレリュードのBB1に乗ってました
VTECは最高でした
あの辺りがホンダが輝いていた最後の時期だったような気がします


93: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 12:01:46.98 ID:dgPc3UkN.ne

>>55
ホンダって昔から設計屋ばかりのさばってって
素材や加工を軽視してるってイメージですけど正しい?

ある意味今のリコールフィットは当然ではないかなあ?


201: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 19:19:18.74 ID:WiuzIYEn.ne

>>93
ラインで働いた経験からすると、社員が楽しすぎ。身体的にきつい工程を非正規
にさせて、社員は楽な工程ばかりやっている。これだと品質の担保ができないし、
作り込みも出来ない。ここがホンダ凋落の原因だと思っています。
きちんと図面通りに作られたら最高なんだけど、現場が駄目だからそうなってい
ないのが残念極まりない。加工なんか他のメーカーより段違いに良いですよ。


47: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:11:24.68 ID:7ukX/jzW.ne

ホンダは、車やバイクが好きな人が経営層にいないように思える。
変わったものを出すけど、車好きか考えたというより、こうやったら目立つでしょ?的な
浅はかさばかりが目につく。


96: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 12:08:01.31 ID:GBgKqhxK.ne

>>47
途中まではそう言った人が多かったんだよな
車やバイクが好きだから客と楽しみを共有する
そんな車やバイクを造るって感じで
途中から儲けに走ってホンダとしての魅力が無くなったと思う
昔で言うHY戦争みたいなものだよ
正直今のホンダのラインナップみたらトヨタで充分ってなるし


105: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 12:19:48.58 ID:dgPc3UkN.ne

>>47
それはどこの会社も同じ
上の人間は利益の数字しか興味が無いよ?

ワーゲンもGMもポルシェもテスラもみんなそうです


112: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 12:24:24.34 ID:iUwycTv6.ne

>>105
ポルシェやテスラは色モンだわな所詮

ランボルギーニもトラクターで使ってるのと
同じ部品なのに高く売れるから始めた

今時、質実剛健なのはスバルくらいなもんだろう


56: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 11:17:47.12 ID:Cx0i7a2X.ne

創業者神話は要るだろ
要はそれを如何に利用するか
利用の仕方が下手くそなんだよ


130: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 13:06:56.90 ID:0AIuLMk2.ne

今のホンダから宗一郎イメージを取ったら何か残るのか?
SやNSXの車名も消しては復活、レースも中途脱落→復活
ガキの今やろうと思ってたのにー!て言い訳にしか思えない


183: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 16:47:20.50 ID:+umzE80Y.ne

印象に残ってる車種がオデッセイw
nsxとかじゃないの?


213: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 22:15:25.81 ID:m9myHQqQ.ne

セナ黄金期に中学生ぐらいで、ホンダってすごいメーカーだと思っていたが、
大人になって車を買える様になったら、スモールカーとミニバンばかりで
意味がわからなかった。
日産とかマツダとかの方がそれっぽい車出してるよな。


167: 名刺は切らしておりまして 投稿日:2016/02/27(土) 15:12:42.07 ID:pPD9LSNj.ne

スズキの修ちゃんは、三代目なのにまるで創業者のようなオーラがある。

八郷さんも頑張ってから言え


引用元:http://www.logsoku.com/r/2ch.sc/bizplus/1456536003/

スポンサーリンク

ホンダ神話―教祖のなき後で (文春文庫)
佐藤 正明
文藝春秋
売り上げランキング: 213,696

スポンサーリンク