mirai-tesla
1: 2016/09/25(日) 12:50:46.95 ID:CAP_USER

http://jp.autoblog.com/2016/09/24/tesla-model-x-now-officially-the-longest-range-zero-emission-veh/

テスラが、航続距離の最も長いゼロ・エミッション車として公式にトヨタを上回った。
一方、トヨタは電気自動車による24時間走行距離の世界記録を達成し、巻き返しに出ている。両社ともに限りを尽くした戦いを繰り広げている状態だ。
EPA(米国環境保護庁)は、0-100km/hをわずか2.7秒で加速できるテスラ「モデルS P100D」が、
1回の充電で315マイル(約507km)の走行を可能と公式に認めた。また、EPAは同車の"ガソリン等価換算燃費"を、
「モデルS P90D」の95MPGe(約40.4m/L)を上回る98MPGe(41.7km/L)と認定している。電気自動車やクリーン・エネルギー関連の
情報サイト『Electrek』によると、さらに重要なのは、この315マイルという距離が、
トヨタの水素燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の一充填走行距離312マイル(約500km)を上回ることだという。
テスラのイーロン・マスクCEOは、将来的にP100Dは1回の充電で330マイル(531km)を走行可能になるだろうと語っている。
モデルS P100Dの価格は13万4,500ドル(約1,360万円)と高額だが(ミライの価格の2倍以上)、さら2万ドル(約202万円)で
バッテリー・パックをグレードアップできる。トヨタとテスラの航続距離競争はどちらに軍配が上がるのか、今後も見守ることにしよう。
一方で、MIRAIが優位に立っているのは燃料補給にかかる時間である。水素ステーション・メーカーであるTrue Zeroは現在、
カリフォルニア州に15の水素ステーションを展開しており、2017年までにさらに4ステーションが設置される予定だが、
同社の水素ステーションでは4分間でMIRAIの水素タンクを満タンにできるサービスを提供している。このTrue Zeroによって行われた長距離走行テストで、
MIRAIが歴史的な偉業を成し遂げた。同社はMIRAIでカリフォルニア全域を走行し(そしてネバダ州リノに到達)、
24時間で1,438マイル(約2,314km)を走破した、とエコカー情報サイト『Green Car Congress』が伝えている。
この走行距離記録は、正式に認定されれば、電気自動車による24時間走行距離のギネス世界記録を塗り替えることになる。


スポンサーリンク

6: 2016/09/25(日) 12:56:23.17 ID:K4+1frMP

あれれ?
ミライって航続距離が650キロじゃなかった?


96: 2016/09/25(日) 17:51:20.62 ID:XMwyJPCS

>>6
JC08モードだな
ちなみに今年から水素ステーションの最大充填圧力制限が70Mpから82Mpに引き上げられている
JC08モードで700kmの航続距離になるな


11: 2016/09/25(日) 13:05:39.92 ID:GM1lBYM6

充電時間は5分以内なのか?


13: 2016/09/25(日) 13:07:30.48 ID:Ga2j1Aoj

テスラってそんなにすごいんかねぇ…


14: 2016/09/25(日) 13:07:32.36 ID:OJL/sxtO

水素の勝ちだろうな
再生エネルギーで世界中どこでも作れて貯蔵もできる


17: 2016/09/25(日) 13:11:53.59 ID:DBDVz3QS

>>14
燃料電池車は日本のローカルな収益構造を維持するために
作られたようなものだから世界的に水素が流行ることはないんだよ。


24: 2016/09/25(日) 13:18:56.83 ID:coAus5w4

>>14
電車が水素化されるからね
最寄りの駅で水素入れればよくなる
テスラは終わった

仏Alstom(アルストム)は20日、世界初となる水素燃料電池を搭載した通勤電車「Coradia iLin」の実用化に成功


54: 2016/09/25(日) 13:57:24.43 ID:JGiPHxK2

>>24
北海道向きかもしれんな。
風力や地熱、太陽光で水素をどんどん作りまくって鉄路で供給すればよい。
過疎地を走る赤字ローカル線の維持も可能になるんじゃないのか。
JR北海道は特例で経営が安定するまで水素製造に課税されないことにしたらええ。


15: 2016/09/25(日) 13:10:10.08 ID:NrSKde7G

EVはバッテリー容量さえ増やせば、いくらでも航続距離を延ばせるけどね。
ただ容量がでかくなると、充電時間がとんでもないことになる。もし家庭用
100Vで充電したら、何日かかることやらw。


25: 2016/09/25(日) 13:19:52.46 ID:FZnz3fO2

>>15
現実問題として、バッテリー載せれても
重さや体積的に実用性乏しい気がするね


34: 2016/09/25(日) 13:30:55.15 ID:coAus5w4

>>15
電池をたくさん積む
重くなる
燃費が悪くなる
さらに電池を積む
さらに重くなる

この無限ループでどうあがいても水素に電池は勝てない
水素1kgのエネルギーが電池では100kgだからね


39: 2016/09/25(日) 13:35:50.24 ID:K4+1frMP

>>34
でも実際には火力発電の電気を使ってもCO2排出量では
FCVはEVの2倍だけどね。w


18: 2016/09/25(日) 13:12:34.54 ID:OJL/sxtO

いくら電池がでかくなっても電圧あげて一気に充電する施設が馬鹿でかくなるし電気自動車は無理
しかも急速充電したら一気に電池の寿命も短くなる そうなると夜間原発余剰電力でゆっくり充電する以外に使いにくい


21: 2016/09/25(日) 13:17:45.92 ID:lCbgp50j

バッテリーの容量、技術の可能性が今後50年はない
モーターの仕事率も、あるのは半導体のみ
水素は無限大


29: 2016/09/25(日) 13:22:56.15 ID:m1rclCUJ

>>21
もうモーターの効率は行き着くところまで行ってる。インバータは多少あるけど、どっちかって言うと小型化の方向。EVは距離を伸ばすにはバッテリーを積むしかない。ってことはコストは上がるし、重くなるし、充電時間が延びてどうにもならない。

燃料電池車は原理的に効率はEVに勝てない。
どっちも内燃機関にかなわないよ。

EVは超小型モビリティとしてはいいと思うけど、そう言えばあれってどうなったんだ?


23: 2016/09/25(日) 13:18:54.94 ID:z1283wqs

ガソリン等価換算燃費ってマユツバだな
再生可能エネルギーで電気作れば無限大じゃん

いちいちガソリンに換算しなきゃ不都合な自動車・石油業界のペテン


33: 2016/09/25(日) 13:26:51.28 ID:K4+1frMP

>>23
再生可能エネルギーで発電した電気を電力系統に送電して、その分火力発電の
燃料を節約したほうがCO2の大幅削減になることはよく言われるけどね。


37: 2016/09/25(日) 13:35:22.87 ID:8YiEw1rV

バッテリーは劣化。
水素は劣化しない。


50: 2016/09/25(日) 13:50:06.02 ID:Jb/enPbv

>>37
水素を燃料に使う電池を積んでる水素EVもバッテリーは劣化するよ。


55: 2016/09/25(日) 13:57:37.79 ID:n1k2sHeC

>>50
搭載するバッテリーの量が全く違う。MIRAIの場合はモーターを回すための一時的な
貯蓄であって、バッテリーの容量が減れば燃料電池から補てんされる。


41: 2016/09/25(日) 13:37:34.80 ID:2m/p2ZEa

水素は製造方法と貯蔵方法が全然確立できてないからなぁ
中国やアフリカが安全に水素を扱えるとは思えん
原発もまともに運用できない日本でさえ厳しい


44: 2016/09/25(日) 13:42:24.25 ID:nNLE6a6h

>>41
原子力発電と水素の管理方法の安全性に科学的類似性はないから、lteのプラットフォームとスマートフォンの安全性くらい指向性の違う問題だと思う


76: 2016/09/25(日) 16:00:44.25 ID:CAwn5Rp+

普通の車買っとけって話だわな
ある日突然ブレイクスルーがやってくるときのために
今は企業の撒き餌なんかに引っかかるべきじゃない


112: 2016/09/25(日) 19:43:23.05 ID:xh7POReK

テスラ

「エアコンは使うんじゃねーぞ」


111: 2016/09/25(日) 19:36:43.05 ID:gzB0DAv1

人間が住んでる場所には必ず電気通ってるんだからEVの充電設備はどこにでも簡単に設置
できる
そうなれば航続距離なんてあまり意味が無くなるよ
近いうちに街中のあちこちにお手軽なEVの充電設備が設置されるようになるだろう
バッテリーの容量密度のブレークスルーも起きるだろうし
利便性、効率、安全性その他ありとあらゆる面でEVのほうが明白に優れている


引用元:http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1474775446/

スポンサーリンク

自動車誌MOOK  MotorFan Vol.2
三栄書房 (2016-07-06)
売り上げランキング: 5,568

スポンサーリンク