section-initial-touch
1: 2017/02/05(日) 09:45:52.64 ID:CAP_USER

http://www.sankeibiz.jp/business/news/170204/bsg1702040500003-n1.htm

□日本電動化研究所代表取締役・和田憲一郎
 2016年は訪日外国人旅行者数が2400万人を超えた。それも関連するのであろうか、最近とみに日本礼賛記事が多くなってきたように思える
「日本はすばらしい。文化も商品もこんなにも進んでいる」云々である。これはこれでよいのかもしれないが、
このような記事によって産業界全体が世界の先頭を走っていると勘違いしてしまうと、危ないことにもなりかねない。

まさに「ジャパン・アズ・ナンバーワン」の世界である。
今回は、世界の中で進んでいると言われている電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHEV)を例にとりながら、
マネジメントはどう考えるべきかについて、述べてみたい。

 1月になると、16年の車に関する集計が出揃ってくる。新車販売台数は米国が1755万台で前年比0.4%増、
中国は2803万台で同13.7%増なのに対し、日本は497万台となり、同1.5%減である。
その中で特筆すべきはEVとPHEVの合計販売台数で、米国は15.9万台(同37%増)、中国は50.7万台(同53%増)であったのに対し、
日本は2.5万台とほぼ前年同等となっている。

 遅れ広がるEV・PHEV
 これから言えることは、中国をはじめ米国でもエコカーであるEV・PHEVは著しい伸びを示していることだ。既に中国は日本の20倍以上、
米国でも6倍以上と、新車販売台数の規模以上に水をあけられてしまった。特に中国は15年に4倍以上の伸びを示し、
新エネ車の規制が実施された16年でも伸び率が50%を超えている。もし、これが仮に対前年比40%増を維持するとなると、
20年半ばには1000万台を超える規模になる。米国でも同30%増であれば200万台を超えるであろう。
はたして、この計算は夢物語であろうか。筆者はかなり現実味が高いと思われ

 しかし、このように他地域のマーケットが急伸しているにもかかわらず、日本のマネジメントからは「たいへんだ!」「エコカーでは他に負けたくない!」
などの声はほとんど聞こえてこない。「欧米中にて法規制が強化されるため
、徐々にEV・PHEVを増やしていきたい」との声はあるものの、そう慌てることはないと思っているのであろうか。
 でも、はたしてそうだろうか。17年は、世の中が急変する時代に突入しているようである。例えば、オランダ、ノルウェーなどでは、
25年のガソリン車・ディーゼル車の新車登録禁止を議論するなど、自動車誕生から130年以来の大きな変革が訪れようとしている。
環境激変の中、中国、欧州、米国の次の4番手に位置し、かつ、大きな差が開いている状態で、
日本は再び先頭集団に復帰することはできるであろうか。まだ大丈夫と思っている間に、距離が離され、追いつけなくなってしまうことはないだろうか。

 一般に、新しい市場については次のような参入方法がある。
 (1)自ら開発し、新市場を創る(2)伸び始めの初期段階より参入する(3)後発のため、大規模に資金と人材を投入し、一気に追いつき追い越す-の3つだ。
 しかし、これをEV・PHEVにあてはめると、せっかく10年代に新市場を創ると参入したものの、足踏み状態が続き、
現在では(3)で記した“一気に追いつき追い越す”案でも、実現が難しくなっている。

「まだ大丈夫」の認識は重症
 NPO法人産学連携推進機構理事長の妹尾堅一郎氏は著書「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」(ダイヤモンド社)の中で、
「現在の環境は、1970年代に日本が席巻したイノベーションモデルが悪化しているに過ぎないと思っている経営者が少なくない。
しかし、明らかに欧米の政府や企業が仕掛けて、モデルが変わり環境ができてきた。つまり自然現象的変容ではなく、人為的環境変容である」と述べている。
 多くのマネジメントが、冒頭の日本礼賛ではないが、心地よい話や、多少負けていてもまだ大丈夫というように、感度が鈍くなっているのであれば、
かなり重症の部類に入るのであろう。半導体、携帯電話など、次々と窮地に陥った歴史を振り返ると、次に自動車や他産業に波及しないとは限らない。
マネジメントは、市場の動きに敏感になり、むしろ、ゲームチェンジャーとしての役割をはたすことが望まれるのではないだろうか。


スポンサーリンク

5: 2017/02/05(日) 09:54:35.57 ID:UHc2Fvew

EVなんて限界が見えてるだろ・・・


6: 2017/02/05(日) 09:56:59.93 ID:Qyy3EuXr

>>5
今のところ、将来性があるものはEVぐらいしかない。


48: 2017/02/05(日) 10:34:14.92 ID:UHc2Fvew

>>6
そうか?将来性でいうなら、俺は水素の方があると思うけどな


63: 2017/02/05(日) 10:47:38.81 ID:k36xKrJq

>>48
水素はさ、先進国ならまあ安全対策バッチリやれそうだが
新興国でも同じ対策できんのかっていつも思うんだが


406: 2017/02/05(日) 14:16:50.00 ID:ZdML5V41

>>48
水素はさ爆弾になるし制御技術がガソリン程じゃない。
ガソリンを超えたら教えてくれ


32: 2017/02/05(日) 10:21:53.87 ID:k36xKrJq

海外勢はハイブリッドで追いつけなかったからEVにシフトしたんじゃないの?


80: 2017/02/05(日) 10:59:25.03 ID:r4JvpTw4

>>32
HV性能は糞だけどとりあえず家庭用電源で充電できてEV走行できますっていうPHVを必死で広めてる
というかメーカーの平均CO2排出量の計算時に係数掛けて下駄履かせてる
そしてこのカテゴリはアウトランダーPHEVが欧州ではぶっちぎりで売れている

ディーゼルがNOxとディフィートデバイス()で終わって、直噴ターボもPM規制で先行き怪しいけど、
HVでもPHVでもダメだからEVに行くしかないんだよ


83: 2017/02/05(日) 11:00:11.59 ID:CmRsmcco

>>32
半分当たってる
昔ガラケーのi-modeをNTTが世界展開しようとしたけど、欧米は「そんな無駄なことにコストを費やすより直接PCを小型化したほうが早い」という発想でコストをスマホ開発に割り振った
ハイブリッドはあくまでもEVの繋ぎの技術なんだよね
ハイブリッド=ガラケーなんだけど将来EV一択になるかと言えばそうも思えないので、半分だけ当たってるw


36: 2017/02/05(日) 10:24:10.37 ID:7isMXgZv

いくら日本が 立ち遅れたと言っても すぐに追いつくだろうし

お前らインド、韓国、中国、アメリカ製のEVと日本製のEV
同じ値段なら どっち買う?


38: 2017/02/05(日) 10:27:56.88 ID:qngz/s4Y

>>36
アメリカのを買う


40: 2017/02/05(日) 10:30:10.83 ID:8S9KBbQg

>>36
今ならテスラ、自動運転への興味もあるし。


49: 2017/02/05(日) 10:34:55.70 ID:920B8uEV

>>40
パナソニックはテスラの電池の供給するし
日産のゴーンは従来車の部品メーカーを思い切ってリストラしたし
世界は完全にEV体制に入った

車作るだけじゃ利益独占するだけで失敗に終わる
いかに利益を共有して、異業種を大きく巻き込めるかが勝利のポイントだ

ビジネスは複合的に考えるべきだね


42: 2017/02/05(日) 10:30:26.39 ID:lz0Iw1CG

水素は日本が世界のトップを走っているのだから、それに注力したらいい。
日本のメーカはなんでもかんでも手掛けたがるが、そういうやり方では
世界に対抗できない。


51: 2017/02/05(日) 10:35:29.82 ID:qngz/s4Y

>>42
かんじんの水素ステーションがなければ意味がない
どの国もよその国の自動車のために税金使ってインフラ投資する馬鹿はいない
電気なら充電ステーションは簡単だからそっちを重視してる
やったところでガラパゴス化するだけ

さらに日本はザルだが水素は化石燃料から作るから二酸化炭素は減らない
なのでカリフォルニアでは再エネで作った水素を混ぜるように義務づけてるので高い
普及する要素ゼロ


58: 2017/02/05(日) 10:43:05.65 ID:920B8uEV

>>51
水素なんて親方日の丸の利権目的だから
世界のスタンダードになれるわけがない
今だに日本は国家主導型の政治・経済体制しか出来ないのが情けないな


66: 2017/02/05(日) 10:49:01.81 ID:Y1uWOtpi

>>58
FCV関連特許数1位のGMと3位のホンダが合弁会社を米国に作るみたいだけど
それはともかく将来的には氷河期がくるようだから石油をがんがん使うエンジン車を売っていった方が良いんじゃない?EVは寒冷化に弱いし


47: 2017/02/05(日) 10:34:10.06 ID:TvdywW/5

自動運転ならシリコンバレーの開発力つぎ込んでるやつが最先端
次いで欧州だが日本のは運転支援装置の域を出てすらいない


54: 2017/02/05(日) 10:39:23.15 ID:920B8uEV

>>47
頭一つ抜きん出てるのはNVIDIAとTSMCの台湾コンビ
同じシリコンバレーにあるGoogleやトヨタの研究所は遅れているから


56: 2017/02/05(日) 10:41:32.93 ID:qngz/s4Y

>>54
googleは車100台に載せて公道テスト開始するだろ


61: 2017/02/05(日) 10:45:55.06 ID:920B8uEV

>>56
あれは決まったコースを繰り返し走るだけの限定したもので
工場と商店の間を行き来するだけにしか使わないんだよ

テスラやNVIDIAみたいに一般乗用車の運転をアシストするような知能はない


194: 2017/02/05(日) 12:26:08.69 ID:sEyYYLkS

後追いで、中国ベンチャーやテスラに商品を重ねていけば、信頼性で潰せないのかね?

いまなら間に合いそうだけど


203: 2017/02/05(日) 12:31:01.67 ID:920B8uEV

>>194
中国の自動車メーカーを侮ってはいけない
例えば北京汽車などは、
北欧の航空機メーカー由来の名門SAABの実質的後継者で
日本車メーカーよりもブランド力も技術力もある


211: 2017/02/05(日) 12:35:51.56 ID:GuoyM50n

>>194
大衆車の信頼性なんて今時どんぐりの背比べだぞ
日本国内での車ですら部品はシナチョンだらけだ

幼稚な印象操作に費用割いてるメーカーこそ粗製乱造の証左なんだよ


237: 2017/02/05(日) 12:47:56.00 ID:/Ghw3rMA

複雑な機構になればなるほど
不具合のリスクが大きくなるので
熟成しきった内燃機関でいいですわ


242: 2017/02/05(日) 12:49:49.84 ID:920B8uEV

>>237
複雑さから言うと
ハイブリッドが一番複雑で、その次に従来の内燃機関、EVは一番簡単


244: 2017/02/05(日) 12:51:03.27 ID:vyuoP7Ii

>>242
昔からあるしな


295: 2017/02/05(日) 13:11:24.97 ID:Ebt7gomX

>>242
オーディオの世界では、ベータビデオのメカが一番複雑だったのだが、
今は、簡単な基盤1枚と、HDDだけになった録画機

製造ラインが一番簡単なEVが将来の主流になるのは分かる。
ただ、バッテリーの進化が遅いんだよなw


316: 2017/02/05(日) 13:23:59.86 ID:KareCveh

EVというのはほんとうにそんなに簡単なものなのか?
内燃機関がないとはいえ、軽量で高剛性のボディの設計なんかもけっこう
大変なんじゃないかと思うけど。


324: 2017/02/05(日) 13:27:42.67 ID:LIrela3N

>>316
工具を見てみればいいんじゃね?
エンジン式のものとバッテリー&モーター式のもの。
或いはラジコンヘリ・ドローンなんかを見てもいい。


341: 2017/02/05(日) 13:39:07.14 ID:920B8uEV

>>316
例えば4WDや後輪駆動を実現するのにプロペラシャフトが要らなくなる。
だから、技術的なハードルは落とせる。部品の品質を保つには
高度な製造技術が必要だが、産業用ロボットで充分補えるようになって
職人技も徐々に自動化されて来ている。
その点、後発のメーカー程、思い切った改革が出来ている。


引用元:http://potato.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486255552/

スポンサーリンク

モビリティー革命2030
モビリティー革命2030
posted with amazlet at 17.02.05
日経BP社 (2016-10-11)
売り上げランキング: 3,830

スポンサーリンク