1: 2019/04/15(月) 13:51:33.09 ID:CAP_USER

・新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ
・5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0~100km/h加速3.1秒、最高速331km/h
・200km/hからの制動距離は最大で5m短縮

no title

アウディ R8 改良新型
その他画像は元ソースでご覧下さい
https://response.jp/article/img/2019/04/15/321384/1408005.html

アウディは、4月17日に米国で開幕するニューヨークモーターショー2019において、改良新型『R8』(Audi R8)を初公開すると発表した。

R8はアウディのフラッグシップスポーツカーだ。現行R8は2世代目モデルで2015年春、スイスで開催されたジュネーブモーターショー2015で発表された。この現行R8がデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を受けて、改良新型がニューヨークモーターショー2019でデビューする。ボディタイプは、クーペとスパイダーの2種類が設定される。

□新デザインのフロントグリルやバンパーでイメージチェンジ
改良新型R8では、最新のLED技術が組み込まれたヘッドライトや新デザインのフロントグリル&バンパーを採用する。シングルフレームグリルは、従来よりもワイドかつフラットな形状。新デザインのフロントリップスポイラーやディフューザーも装備された。フードのフラットなスリットは、1980年に発表されたアウディ『クワトロ』がモチーフ。エンジンコンパートメントの3分割カバーは、プラスチックまたはカーボンファイバーが選択できる。LEDヘッドライトには、R8ベースの最新レーシングカー、『R8 LMS GT3』と共通デザインを採用する。

改良新型には、19インチホイールを標準装備した。ダイナミックなデザインの超軽量20インチホイールも選択できる。セラミックブレーキディスクも用意。フロントスタビライザーは、カーボンファイバー強化樹脂(CFRP)+アルミ製に交換が可能で、これにより重量を約2kg軽量化できる。オプションで、3種類の「エクステリアパッケージ」を設定。これらのパッケージでは、フロントリップスポイラー、サイドトリム、ディフューザーにアクセントを追加できる。アウディの4リングとエンブレムはハイグロスブラック化。ボディカラーには、新しいメタリックカラーとして、イモラグレイとアスカリブルーを用意した。

改良新型には、アウディのデジタルコクピット、「アウディバーチャルコックピット」を搭載する。速度計、回転計などの走行情報から、ナビゲーション表示、ラジオやメディア情報など、ドライバーのニーズに合わせた表示情報を、好みに応じてカスタマイズできる。最小限の視線移動で必要な情報が得られるインターフェイスを追求している。

□5.2リットルV10は570hpと620hpの2仕様。最速仕様は0~100km/h加速3.1秒、最高速331km/h
ミッドシップに搭載されるエンジンは、引き続き自然吸気の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン「FSI」だ。改良新型では、このV10を強化して搭載する。ベースグレードの「R8 V10クワトロ」では、最大出力が540hpから570hpへ、30hp向上。最大トルクは55.1kgmから56.1kgmへ、1kgm引き上げられた。0~100km/h加速は、クーペが3.4秒、スパイダーは3.5秒。最高速は、クーペが324km/h、スパイダーは322km/hに到達する。

トップグレードの「R8 V10パフォーマンス クワトロ」では、最大出力が610hpから620hpへ、10hp向上。最大トルクは57.1kgmから59.1kgmへ、2kgm引き上げられた。0~100km/h加速は、クーペが3.1秒、スパイダーは3.2秒。最高速は、クーペが331km/h、スパイダーは329km/hの性能を発揮する。

□200km/hからの制動距離は最大で5m短縮
サスペンションはチューニングを見直し、さらに安定性と精度を追求する。電動パワーステアリングとオプションの「ダイナミックステアリング」の両方で、アシストを再チューニング。アウディによると、ステアリングレスポンスと路面からのフィードバックは、全速度域で正確性を増しているという。

「アウディドライブセレクト」には、パフォーマンスモードに加えて、ドライモード、ウェットモード、スノーモードの3つのモードを追加。路面状況に応じて、最適なトラクションを発揮する。ESCも強化された。最上級グレードでは、100km/hからの制動距離を最大1.5m短縮。200km/hからの制動距離は、最大で5m短縮しているという。駆動方式は4WDの「クワトロ」だ。

2019年4月15日(月)12時45分
レスポンス(Response.jp)
https://response.jp/article/2019/04/15/321384.html


4: 2019/04/15(月) 13:58:38.88 ID:owRFFi6t

お金持ちだったら初代のV8のMTが欲しかった


6: 2019/04/15(月) 14:05:04.22 ID:i29/AnwG

こういうクラスの車ってすさまじい加速するから
車体がすごく軽く感じる


7: 2019/04/15(月) 14:09:11.45 ID:oUwTSO0C

200km/hからの制動距離が5m かと思った


13: 2019/04/15(月) 14:18:51.64 ID:16I/fy+A

>>7
俺も一瞬思ったけど即死レベルのGがかかるなw


62: 2019/04/15(月) 23:33:20.00 ID:V1jsp2Q/

>>13
ざっと計算したけど50万Gくらいかかるぞ
即死ってレベルじゃねえwwww


8: 2019/04/15(月) 14:09:56.59 ID:0anTFvn6

ランボルギーニー・ウラカンの兄弟車だね。


11: 2019/04/15(月) 14:18:40.78 ID:p1KLNA0W

日本の狭い所ではアクセル踏み過ぎで事故るよね


12: 2019/04/15(月) 14:18:48.77 ID:JWEEQOkD

高排気量・高出力の乗用車はもっと税金取っていいと思うよ。
どうせ見栄で乗るんだから、高い方がより見栄が張れるでしょ


16: 2019/04/15(月) 14:22:15.15 ID:sxSTcLlr

ゼロヨンでGT-Rに負けるんだろ?


17: 2019/04/15(月) 14:23:26.56 ID:w387zSQV

>>16
スポリセしたR35でも負けるだろ。


25: 2019/04/15(月) 14:51:09.89 ID:WX471wHK

>>16
新型はGT-Rにちぎられることはなくなるの? それなら購入候補に入れたい。


27: 2019/04/15(月) 14:59:52.96 ID:w387zSQV

>>25
R35を所有してたから言えるけど、620PSが相手だと全てにおいて勝てないわ。


18: 2019/04/15(月) 14:26:23.94 ID:2i6nLqRh

たぶん東名などの高速ならいいけど首都高や下道のストップ&ゴーばかり
だと疲れちゃう。工事中の段差等にも気を遣うしデイリーユースの車じゃ
ない。


23: 2019/04/15(月) 14:42:20.92 ID:YWfoamtL

アウディの速度計、一周360度の角度目盛りとほとんど一緒だから、町乗りだと今幾ら速度出ているか分からんだろう。


26: 2019/04/15(月) 14:55:14.52 ID:kyW+JPgC

こんなのプライべートでサーキット持っている奴か日常で
アウトバーン使う奴しか持つ意味がないんじゃないの。


34: 2019/04/15(月) 15:24:17.49 ID:I5ORL6Tz

いくらくらいなの?
買うわ


48: 2019/04/15(月) 18:44:54.42 ID:tBuOj2ZD

>>34
3000万


49: 2019/04/15(月) 18:52:50.57 ID:wkkI2GtE

>>48
牛や馬だと派手すぎるって層向きなのかな


64: 2019/04/16(火) 01:16:17.68 ID:+Z5bPssG

>>49
どっちかというとアフターサービス面のコスト
フェラーリランボルギーニは同じ作業で一桁高い


43: 2019/04/15(月) 17:20:45.08 ID:/A1YEQEw

今時は400キロは出ないと自慢にならん


44: 2019/04/15(月) 18:06:41.85 ID:LIM0w3dl

>>43
むしろ市街地での加速でしょ
つまりBEVには勝てない


20: 2019/04/15(月) 14:35:00.68 ID:4JBlB2ue

アウディのスポーツカーの立ち位置がよくわからん


37: 2019/04/15(月) 15:55:04.63 ID:HDZbWTue

>>20
傘下のランボルギーニの客を食うわけにいかないから中途半端になる


38: 2019/04/15(月) 15:57:12.23 ID:w387zSQV

>>37
なんか納得。


引用元:http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1555303893/