乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2017/03/21(火) 20:10:38.93 ID:CAP_USER9

    スズキは、ロードスポーツバイク『GSR250』のカラーリングを変更して、3月30日より発売する。

    GSR250は、ボリューム感のある燃料タンクとタンクカバーからリヤカウルにかけてウェッジシェイプの造形を取り入れることで、精悍なデザインを実現。中低速の扱いやすさが特徴のロングストローク型248cc水冷2気筒エンジンを採用し、街乗りやツーリングで快適なライディングを楽しむことができる。

    2017年モデルはカラーリングの変更のみ。「ホワイト/ブラック」「ブルー/ブラック」「レッド/ブラック」「ブラック」の全4色設定とした。主要諸元に変更はない。

    価格は45万6840円。

    2017.3.21
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20170321-10262367-carview/?mode=full

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【スズキ GSR250、2017年モデルを発売…カラーリングを変更】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    15SEROW GR1
    1: 2017/03/24(金) 01:02:12.763 ID:r8q8aU4ad

    車検切れるし乗り換えるつもりだけど予算の都合とか迷いすぎてタイムリミット来てしまったからセロー買うわ


    スポンサーリンク

    【とりあえずセローってバイク買っときゃ間違い無いんだろ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2017/03/22(水) 22:59:18.80 ID:CAP_USER9

    ■チッソは抜けにくいというのは事実

    一時ほどではないにしろ、タイヤ専門店や量販店に行くと「タイヤにチッソいかがですか」みたいなポスターや看板を目にする。
    料金はというと、1本当たり数百円ぐらいで、それほど負担にもならないのがまた気になるポイントだろう。
    またレース車両では当たり前のように使っているというウリ文句も興味引かれるところだ。

    チッソを充填するメリットは大きくわけて3つある。
    それは「空気が抜けにくい」「乗り心地がいい」「熱による変化が少なくて空気圧が安定する」だ。
    しかし今まで、何度か入れたことがある経験からすると、正直はっきりと効果はわからない。

    乗り心地がよくなった気はするし、空気圧をチェックしてもそれほど抜けていない気もする。
    なかでも違うかな、というのは熱による変化だが、これもまったく変わらないならわかりやすいけど、変化が緩やかな気がする程度ではあった。

    そもそも空気中に一番多い成分はチッソで、なんと8割も占めている。
    そうなると、効果がわかりにくいも当然という気もする。
    ただ、タイヤのゴム分子より大きいのでチッソは抜けにくいというのは事実だし、性質的に安定もしているので、入れて悪影響があるわけでもない。

    きちんと作業をしてくれるところであれば、湿気をできるだけ排除した状態で入れてくれるのもタイヤにとってはいい。
    湿気を含んだ空気を入れるのは厳密にはいいことはない。
    4本で2~3千円であれば、簡単なチューニングパーツとして楽しむ分には大きないいのではないだろうか。

    no title

    no title

    http://news.livedoor.com/article/detail/12821815/


    スポンサーリンク

    【タイヤに窒素ガスを充填するメリット「空気が抜けにくい」「乗り心地がいい」「熱による変化が少なくて空気圧が安定する」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    00
    1: 2017/03/23(木) 18:36:10.13 ID:CAP_USER9

    配達は電動オートバイで 日本郵便が切り替えへ
    3月23日 17時24分

    日本郵便は、郵便配達に使うオートバイが排出する二酸化炭素を減らすため、
    バッテリーとモーターで走る電動オートバイに切り替えることになりました。

    発表によりますと、日本郵便は現在、全国でおよそ9万台利用している配達用のオートバイを、
    来年から順次、電動オートバイに切り替えるとしています。

    電動オートバイの本格的な導入は今回が初めてで、二酸化炭素の排出量を削減するためとしています。

    郵便配達にはおよそ50年前から、ホンダのスーパーカブを、燃料タンクを大型化し、
    長距離を走れるようにするなど改良した専用の車種が使われていて、
    電動オートバイへの切り替えにあたっても、ホンダと共同で専用の車種を開発することにしています。

    また、各地の郵便局には充電設備を設置し、一般にも利用できるようにしたいとしています。

    日本郵便の福田聖輝副社長は「社会インフラの一部である郵便配達で、
    環境に適応した最先端のバイクを提供したい」と話し、
    ホンダの青山真二執行役員は「グローバルな環境対応の中で、電動車両の導入の促進は大きなテーマで、
    ホンダとしては日本から導入を進めていきたい」と話していました。

    NHK NEWSWEB
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170323/k10010921841000.html


    スポンサーリンク

    【郵便配達は電動オートバイで…日本郵便、ホンダと共同で専用の車種を開発へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    bike-1527474_640
    1: 2017/03/22(水) 01:42:04.895 ID:NfMvs8WM0

    もう2年ごとに乗り換えるのやだ


    スポンサーリンク

    【10年は飽きずに乗れるバイクってある?】の続きを読む

    このページのトップヘ