乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2017/03/21(火) 17:04:42.57 ID:CAP_USER

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1050476.html

    no title


     スズキは3月21日、燃料電池2輪車「バーグマン フューエルセル」18台がナンバープレートを取得して公道走行を開始すると発表した。

     スズキのミドルスクーター「バーグマン 200」をベースに、水素タンクをフレーム内にレイアウトし、
    軽量・コンパクトな空冷式燃料電池を搭載。後輪の高出力インホイールモーターによって走行し、
    これまでのスクーターと同様のスタイルを持つことを特長としている。

     圧縮水素の燃料タンク容量は10L(70MPa)で、強制空冷の固体高分子型燃料電池による定格出力は3.5kW。
    インホイールモーターの最高出力は4.5kW/7650rpm、最大トルクは23Nm/1870rpmとなり、
    最高速75km/h、1充填走行距離(60km/h定地走行)は120kmを実現している。

     国土交通省が2016年2月に公布・施行した道路運送車両法の「燃料電池二輪車に関する保安基準」に基づいて
    車両型式の申請を行ない、2016年8月に型式認定を受けた。3月にナンバープレートを取得した
    18台のバーグマン フューエルセルは、静岡県、福岡県などに設置された水素ステーションを活用しながら公道走行を実施して、
    燃料電池2輪車が持つ市場性の確認などを行なう


    スポンサーリンク

    【スズキ、燃料電池スクーター「バーグマン フューエルセル」 公道試験開始】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    racing-254609_640
    1: 2017/03/21(火) 02:22:57.517 ID:6rsdK1790

    60キロ以上で半ヘルとか死ねるわ


    スポンサーリンク

    【原付から250ccに乗り換えたんたけど風圧すげえwwwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2017/03/21(火) 09:30:24.21 ID:Gj2pYcvL0 

    no title

     本田技研工業は、映画「GHOST IN THE SHELL(ゴースト・イン・ザ・シェル)」の劇中に登場する「NM4」をベースとした近未来バイクを、
    「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(インテックス大阪:3月18日~20日)、「第44回東京モーターサイクルショー」(東京ビッグサイト:3月24日~26日)で展示する。

     映画GHOST IN THE SHELLは、士郎正宗氏原作の漫画「攻殻機動隊」を題材とし、ハリウッドで実写化された近未来を舞台とする
    SFアクション映画。3月31日に北米公開され、日本では4月7日に公開。さらに全世界50以上の国と地域で順次公開される。
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1050098.html


    スポンサーリンク

    【ホンダ、映画「GHOST IN THE SHELL」の“近未来バイク”を大阪/東京モーターサイクルショーで展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 75コメント

    1: 2017/03/20(月)17:59:47 ID:HoA

    おかしくね?
    満車だったから停める場所無かったんだろうけど
    先に店来てる俺が退く理由だよ


    スポンサーリンク

    【バイクでコンビニの駐車場停めてたら車のやつから退かせって言われたんだけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    01_img_02-0
    1: 2017/03/20(月) 22:06:16.85 ID:CAP_USER9

    1966年の1月、富士山の麓に日本を代表するサーキットが誕生した。その名は富士スピードウェイ! 
    そう、『週刊プレイボーイ』と富士スピードウェイは共に昨年、50周年を迎えた、同い年の「タメ」なのだ!(学年はひとつ違うけど…)

    その富士スピードウェイで3月12日、開業50周年イベントの掉尾(とうび)を飾る「FUJI WONDERLAND FES!」が行なわれ、
    これまで富士スピードウェイを彩ってきた伝説の名車やドライバーたちが大集合! 富士山麓に懐かしいエキゾーストノートを響かせながら、
    集まった3万1千人のファンを魅了した。

    ちなみに、週プレと富士スピードウェイが「タメ年」なのは、決して偶然ではない…。1966年といえば、東京オリンピック開催から2年後。
    ビートルズが武道館で伝説の来日公演を行ない、東名高速に続いて、前年には名神高速道路が全面開通。後に「マイカー元年」と
    呼ばれたこの年には、初代トヨタカローラが誕生するなど、自家用車の普及で日本の「モータリゼーション」(懐かしい言葉…)が急速に
    進んだ年としても知られている。

    終戦から20年を超え、そんな「アゲアゲ」の空気の中、週プレにとって女のコや音楽やファッションと共に「クルマ」がすごく大切なテーマだった
    時代に日本の「カーレース」を大きく発展させたのが、1962年に開業した鈴鹿サーキットに続いて、この年、新たに「国際規格サーキット」
    として誕生した富士スピードウェイだったのである。

    そんなワケで「富士スピードウェイの50年」は、そのまんま「週プレの50年」の歩みとも重なっている。この日、時空を超えてサーキットを駆け抜けた、
    伝説のレーシングカーやドライバーたちの記憶は、いわば週プレ50年の歴史の中でそれぞれの時代が刻んだ「柱の傷」みたいなモノだと言っていいのだ。

    http://wpb.shueisha.co.jp/2017/03/20/81793/


    スポンサーリンク

    【富士スピードウェイ50周年 輝かしい日本のモータースポーツ史とは】の続きを読む

    このページのトップヘ