乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 23コメント

    volvo05-750x562
    1: 2017/06/14(水) 10:44:51.39 ID:FvW9TTbJ0

    自動運転走行の中央車線キープ機能ですり抜けが出来んようになるで

    毎日とんでもない渋滞起こす片側2車線道路やと
    車の運転手が気を使って左右に避けて真ん中開けてくれるのに
    自動運転で真ん中詰まった道に早変わりや


    スポンサーリンク

    【自動運転走行とかいうバイク乗りにとって地獄の機能wwwwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 35コメント

    do_iroad01
    1: 2017/06/14(水) 10:32:47.787 ID:IP9MlMmXM

    なんで?


    スポンサーリンク

    【トヨタがバイクを造らない理由wwwwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2017/06/13(火) 22:36:32.90 ID:tMYjolgv0 

    【ホンダ CBR250RR】若い開発陣で、一目で見ただけで“凄さ”が伝わるものを

    ライバル車が多い250ccスポーツクラスで、発表後わずか3日間で年間販売計画台数3500台を上回る受注数を得るという大ヒットモデルとなったホンダ『CBR250RR』。
    その開発責任者、株式会社本田技術研究所二輪R&Dセンターの河合健児さんにお話しを聞いてみた。

    「開発にあたっての最初の仕事はチーム編成です。凄さを実現するため、バイク好きの若者を中心に(メンバーを)集めました。
    幸いなことに集まってきたチーム員も頭のシンプルな者が多かったため、私の想いをあっさり共有することができたのです」

    「そしてこのチームはその想いを最後まで貫きました。若い者たちは経験がないゆえにチャレンジを恐れません。これが凄さをものにするために必要でした」
    「そしてこのような若いメンバーの価値を最大限に発揮させるため、コンセプト作りから始まる意思決定のプロセスにはチーム全員を関わらせました」
    「CBR250RRの開発コンセプトは、直感、体感、新世代“RR”です。意味合いとしましては、一目で魅せる姿、気持ちよく走れる、進化したスーパースポーツ、の具現化となります」
    「このクルマはご存知のようにクラス初の装備やナンバー1の性能を備えていますが、開発コンセプトに定量的な数値目標はありません。非常に定性的つまり感覚的なコンセプトです。
    開発メンバー自身が凄さを体感できるかどうかが重要だと考えました」

    https://response.jp/article/2017/06/13/296062.html
    https://response.jp/article/2017/06/13/296068.html
    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【バイク興味ないけど、CBR250RRだけはかこよすぎる!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 62コメント

    motorcycle-1827482_640
    1: 2017/06/12(月)22:30:49 ID:nka

    バイカス曰く「気をつけてれば大丈夫」らしいが
    危ないもんは危ないよなぁ?


    スポンサーリンク

    【バイクは危ない ← 論破できる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 50コメント

    2015_honda_cb400sf
    1: 2017/06/12(月)21:54:30 ID:5Ne

    650~800くらいのスーフォア、ボルドールあれば乗りたいんだが……
    400の次は1300ってのはどうにも…(′・ω・`)


    スポンサーリンク

    【バイク スーフォアってミドルクラスは出さないのかな?】の続きを読む

    このページのトップヘ