乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント
    img_manten

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17 21:15:18 ID:sMJUbfS30
    学科意味わからない
    効果測定二回受けたけど二回とも落ちたおまいらなんとかして

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17 21:15:57 ID:mLl0pRgB0
    家から飛び出します

    5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17 21:16:24 ID:sMJUbfS30
    >>3 家はもうとびだして教習所通ってる

    6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/17 21:16:45 ID:UCYKHIkoP
    教本読め

    【教習所通い始めたんだけど】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント
    4

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16 19:55:31 ID:SPEMVcSK0
    本気で耳障り

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16 19:57:01 ID:W2ol9sul0
    あれ技術的にはすげぇぞ
    原付ぐらいのピストンがよっつも横並びで20000回転ぐらいまで回るんだからな

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16 19:57:55 ID:Ox1I8HBp0
    F1みたいでかっこいい

    【250cc四気筒のバイクのうるささは異常】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16 21:38:48 ID:l+5dpZu40
    期間は一ヶ月
    予算は20万

    貧乏旅行だから基本テント泊と自炊
    まず東京から北を目指そうと思う

    これだけはもってけとかここは見ろとかあったら教えてくれろ

    【夏にカブで日本一周するからアドバイスくれ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    061006_gsxr1000

    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16 19:44:55 ID:lnIeneWbi
    スズキのスーパースポーツに乗ってる男ってあり?なし?

    3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16 19:45:55 ID:iCjVsAyy0
    ない

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/07/16 19:46:31 ID:KLrrVC5bO
    スズキはない

    【バイク乗りだけど女の子にちょっと聞きたい】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント
    1: そーきそばΦ ★ 2013/07/15 20:23:37
     縮小の一途をたどる国内二輪市場で、「軽二輪」と呼ばれる排気量126~250ccクラスの好調さが際立っている。
    もともと、維持費の安さや長距離走行も快適にこなす性能の良さが人気の理由だったが、
    二輪車メーカー各社が低価格化とともに魅力を高めた新車を相次いで投入。若者を中心とした新規需要の掘り起こしにつなげている。

     全国軽自動車協会連合会によると、今年上期(1~6月)の軽二輪の新車販売台数は前年同期と比べて33.3%増の2万6962台となり、
    2年連続で前年実績を上回った。ブランド別ではホンダが31.3%増の1万269台、カワサキ(川崎重工業)は約2.2倍の5923台、
    スズキも45.8%増の3818台と大きく伸びた。ヤマハ(ヤマハ発動機)は4.6%減の4301台だった。

     軽二輪は、251cc以上の小型二輪と違って車検が必要ない。また、125ccまでの原付きでは認められていない高速道路での走行も可能。
    さらに「二輪車全体の2割程度を占める女性ユーザーにとっても、足が地面につきやすくて取り回しがいい」(ヤマハ発動機)ことも人気の理由だ。

     川崎重工は2月に「ニンジャ250」、4月に「Z250」を相次いで発売。担当者が「ニンジャシリーズの前モデルが軽二輪ブームに火を付けた」と話すように、
    人気車種の新モデルが同社の販売を牽引(けんいん)している。ホンダは、11年に発売した「CBR250R」がユーザーの根強い支持を得ている。
    同社の同クラスの価格は60万~70万円が中心だが、CBR250Rはタイからの“逆輸入”で最低価格を44万9400円に抑えた。

     軽二輪のブームについて、二輪車専門誌「ストリートバイカーズ」の安田尚令(しょうれい)編集長は
    「空前のバイクブームだった1980年代にバイク乗りだった50代前後のライダーの子供たちが、バイクに乗り始めている」と指摘する。
    軽二輪を購入する20代前半の男性が増えていることも、販売拡大を後押しする要因となっているようだ。(古川有希)

    SankeiBiz 7月15日(月)8時15分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130714-00000003-fsi-bus_all

    【126~250ccクラスの軽二輪がブーム 低価格化と新車攻勢加速 国内上期33.3%増】の続きを読む

    このページのトップヘ