乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 113コメント

    bicycle

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/03/22(日) 08:44:39.40 ID:rJxu1Ww50.net

    分かるよ?気持ちは分かるけど
    その意見は通りません^^


    【ロードバイクは車道走るな!邪魔だから!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 29コメント

    no title

    1: エルボーバット(徳島県)@\(^o^)/ 2015/03/19(木) 12:26:25.66 ID:pom9n/u60.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典

    「通行料制度」がドライバーを交通渋滞のストレスから解放してくれるかもしれない。
    わたしはロサンゼルスの、海が近く高速道路のある街で育った。そこで学んだことがひとつあるとすれば、そこでは1日に一度は渋滞に巻き込まれる、ということだ。
    通勤時間帯が最悪なのはもちろんだが、午前2時の405号線で、ひどい渋滞に出くわしたこともある。

    子どものころ、なぜ高速道路の路線をもっと増やせないのかと両親によく尋ねたものだ。
    高速道路を2層構造にして、上下を車が走るようにしてはどうだろう、とも考えた。

    しかし、こうしたアイデアは、実際にはうまくいかないことがわかっている。
    ここ数十年の間で交通工学に関わる者たちは、渋滞のない道路をつくることはできないということを発見したのだ。
    渋滞を引き起こすのはほかでもない、道路そのものなのである。

    新たな道路は新たなドライバーを生む

    これは経済学でいう「誘発需要」という概念で、何か(この場合、道路がそれにあたる)が供給されればされるほど、
    人々はそれをもっと欲しがるようになる、というものだ。1960年代にはすでに、この現象に注目していた交通工学者もいた。
    しかし、新しい道路をつくるたびにこの現象が起きることを示すだけの十分なデータを社会科学者たちが取りまとめたのは、実に最近のことだ。

    この発見が示すのは、人類がこれまで行ってきた渋滞緩和策が基本的に役に立ってはいないということであり、
    また、われわれがほんの少し合理的に行動すれば、渋滞を大きく緩和できるということである。

    解決策を見ていく前に、まず、この問題をもっとよく考えてみよう。

    http://wired.jp/2015/03/19/traffic-jam/


    【【マジかよ】道路を広くすると渋滞はさらにひどくなる!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/20(金)09:39:44 ID:???

    カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジン搭載の
    レース専用モデル『Ninja H2R』を7月10日より、受注生産で発売すると発表した。

    H2Rは、スーパーチャージャーを装着する998cc直4エンジンを搭載し、
    最高出力は310ps、ラムエア加圧時は326psを発生。

    価格は540万円。

    no title


    http://response.jp/article/2015/03/19/247002.html


    【カワサキ Ninja H2 に326馬力のレース仕様…540万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 9コメント

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/20(金)22:04:44 ID:Q5A

    日数をまとめたら2ヶ月くらいかかった!

    東北は地元で過去に何度もツーリングしてるので除外しました

    スレたて初めてだけど、ぼちぼち貼ってくね!

    仙台からスタートです

    車種 トリッカー       (北海道~大阪)
       ZX9R        (名古屋~九州)
       グラストラッカー(レンタル) (沖縄)

    no title


    no title


    【バイクで(ほぼ)日本一周してきた!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 51コメント

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/20(金)14:29:23 ID:???

    ホンダは3月20日、「第31回 大阪モーターサイクルショー2015」で
    400ccのレジャーコンセプトモデル『ブルドッグ』を世界初公開した。


    外観は、逞しさの中にも愛嬌を感じさせる独自のスタイルとし、
    15インチのワイドタイヤと低重心フォルムにより730mmの低シート高を実現。

    さらに、キャンプツーリングなどに対応したキャリアを採用。
    燃料タンクの横には小物が収納できるスペースを装備し、
    スタイリングのアクセントとしている。

    エンジンは、水冷4ストロークDOHC直列2気筒400ccを搭載。
    力強く扱いやすい出力特性により、市街地から郊外までの幅広い
    シチュエーションで軽快な走りを楽しめる。

    no title


    http://response.jp/article/2015/03/20/247084.html


    【ホンダ、400ccレジャーコンセプト「ブルドッグ」を世界初公開】の続きを読む

    このページのトップヘ