乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2020/03/28(土) 15:26:05.03 ID:QO9Y/suU9

    道交法的に違反とはならないが……
     原動機付自転車から大型二輪までを総称して「バイク」と呼ぶが、その魅力は風を切って走ることにある。そして現実的には渋滞していても「すり抜け」をすることで目的地まで素早くいける機動性にあると感じているライダーは少なくないだろう。

     とはいえ、この「すり抜け」行為に関しては違法性を指摘する声もある。警察が主催する二輪車安全運転講習に参加した際に、そうした点について現役の白バイ隊員に聞いてみたことがある。結論からいえば、「すり抜けという違反はない。ただし、それが勧められる行為ともいえない」というのが回答だった。

     たしかに道路交通法において「すり抜け」自体は禁じられていない。とはいえ、すり抜け行為をした際に、触れてしまいそうな違反は存在する。たとえば黄色いセンターラインの「はみ出し」であったり、そもそも「追い越し禁止」であったりといった違反は、よく指摘されるところだ。なお、車線変更を伴わない「追い抜き」と認められる走り方であれば、こうした違反に問われることなく、すり抜けが可能ともいえる。

    バイクのすり抜けってあり? 違法じゃなくても警察や自動車学校教官は否定的
    不要な接触事故を防ぐ意味でも不要なすり抜けはやめよう(写真はイメージです)
    接触事故などのリスクもあるので推奨はできない
     さて、追い越しといえば右側からが基本で、左からの追い越し行為は禁止だが、バイクが路肩を走っているケースは多い。これについては解釈が難しいが、少なくとも歩道がある道路において路肩を走る行為は、こと二輪については禁止されていない(四輪は禁じられている)。

     つまり、路肩をずっと走っているのであれば、車線変更をしていないので追い抜きであって、左からの追い越しではないと捉えることができるのだ。ただし、歩道のない道路の路側帯は歩行者のためのスペースであるからバイクの走行はNG。また高速道路の路側帯も、緊急車両が走るためのスペースといえるのでバイクを含む一般車両の走行は違反行為だ。

     まとめてみると「すり抜け」自体は違反ではなく、その行為に伴って別の違反をする可能性はあり、グレーゾーンといえるものの状況によっては合法的な走り方といえる。

     では、冒頭で紹介した白バイ隊員は「すり抜けを勧めない」と言ったのか。それは事故の可能性が高くなってしまうからだ。

     同様の質問を、自動車学校で二輪教習を担当している教官に質問したこともあるが、とくに「渋滞などクルマが停止しているときにバイクがすり抜けるのは、速度差があるので危ない」ということだった。一般道であれば突然ドアを開けることもあるし、高速道路ではクルマが突然、車線変更をすることもある。そうしたときにバイクが速度を出してすり抜けをしていると、避けることができずに事故につながってしまう。

     白バイ隊員や二輪教官が言うように、ライダーの安全を考えると「すり抜けはしないほうがいい」。たとえ違反行為でなくとも、事故リスクが高くなることは理解しておきたい。

    3/27(金) 19:07配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200327-00010004-wcartop-ind
    no title


    【バイクのすり抜けってあり? 違法じゃなくても警察や自動車学校教官は否定的】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2020/03/27(金) 12:44:50.14 ID:LELulE680● BE:969416932-2BP(2000)

    ホンダは、バイクレンタルサービス「HondaGO BIKE RENTAL」を、4月6日に開始する。基本料金はクラス(排気量)と時間により、50cc以下を2時間以内の1,500円から、プレミアムクラスを55時間以内の51,000円(税込)。
    20200327-00000089-impress-000-1-view

    2019年からスタートした二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」の一環としてのサービス。バイクに乗るきっかけを提供し、バイクの魅力を体感してもらうことを目的とする。

    取り扱いモデルは、原付一種(50cc)から大型二輪までラインアップ。料金プランは、移動手段としての利用を想定した2時間以内の短期プラン(SHORTプラン)から、2泊3日のツーリングを想定した55時間の長期プラン(LONG GOGOプラン)までを用意する。
    プレミアムクラスはGold Wingシリーズ、Africa Twinシリーズ、CBR1000RR-R等が該当。

    ヘルメット等の洋用品類の貸出オプションや、転倒等による修理費用の一部を補償する車両保険などの有償オプションも用意している。
    なお、任意保険と、加盟店までの搬送距離無制限で24時間365日対応のロードサービスは、レンタル基本料金の中に含まれている。

    取り扱い店舗は、Honda二輪車正規取扱店のうち、HondaGO BIKE RENTALに加盟している販売店。6月末までに約250店を予定。店舗数としては国内最大級のバイクレンタルサービスとしている。

    申込は、HondaGO BIKE RENTALホームページで受け付けている。レンタル予約申込開始日は3月27日、レンタル開始日は4月6日。支払方法はオンラインによるクレジットカード決済のみ。北海道、沖縄エリアは5月末からの開始を予定。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200327-00000089-impress-sci


    【ホンダがレンタルバイク事業に参入 2泊3日51000円(税込み)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2020/03/19(木) 21:17:49.14 ID:BybUnmyo9

    スズキは2020年3月19日、250ccクラスの新しい小型二輪モデル「ジクサー250/ジクサーSF250」を、日本に導入すると発表した。

    ■幅広いユーザーに訴求するロードスポーツモデル

    ジクサー250/ジクサーSF250は、スズキの小型二輪モデル「ジクサー」シリーズの上級車種にあたり、生産国のインドではフラッグシップモデルとして2019年に販売を開始。今回、一足遅れて日本にも導入されることとなった。

    商品コンセプトは「Straight-Ahead Sport Bike」というもので、車検が不要となる250ccクラスならではの維持のしやすさに加え、エントリーユーザーに訴求する乗りやすさや取り回しのしやすさ、ベテランライダーも納得させる車格感、本格的な装備などを同時に追求したモデルとなっている。

    最大の特徴は、スズキ久々の油冷エンジン「EJA1」の採用にある。パワーを犠牲にすることなく小型・軽量化が見込める油冷エンジンは、かつては同社が得意とするパワーユニットだったが、2008年の「GSX1400」の生産終了とともにラインナップから消滅。今回、およそ12年ぶりに復活を果たすこととなった。

    エンジンの構造は排気量249ccの4ストローク単気筒SOHC 4バルブで、「SOCS(スズキオイルクーリングシステム)」と呼ばれる新開発の冷却機構を採用。燃焼室の外周部に、潤滑系から独立したオイル経路を設けることで、広範囲かつ効率的なエンジンの冷却を実現。冷却フィンや水冷装置を省略することで軽量・コンパクト化を実現している。

    動弁機構についても簡素化を図っており、4バルブでありながらDOHCではなくSOHCを用いることでヘッドを小型化。四輪車の技術も用いた低フリクション化の追求や燃焼効率の改善により、最高出力26PS/9000rpm、最大トルク22N・m/7300rpmというアウトプットと、45.0km/リッター(国土交通省届出値)という燃費性能を実現している。

    一方、車体については2020年1月登場の新型「ジクサー150」のものをベースに、より高出力なエンジンに対応するべくフレームのねじり剛性を強化。完全新設計のサブフレームも、ジクサー150より30%高いねじり剛性を実現している。サスペンションは前がφ41mmの正立フォーク、後ろが7段階のプリロード調整機構付きモノショックの組み合わせで、ブレーキも前:300mm、後ろ:220mmのディスクローターを採用したり、2チャンネルABS(ジクサー150は1チャンネル)を標準装備したりと、強化を図っている。日本仕様のタイヤはダンロップのオンロードラジアル「SPスポーツマックスGPR-300」で、リアにはこのクラスとしては幅広な150/60R17サイズを採用。よりグリップの感じられるライディングフィールを実現しているという。

    今回のジクサー250/ジクサーSF250の投入により、スズキは小排気量クラスに全4種類のロードスポーツモデルをそろえることとなった。なかでもジクサー250/ジクサーSF250は、上級モデル「GSX250R」より20kg軽い車重(ジクサー250:154kg、ジクサーSF250:158kg)と、より高出力・高回転なエンジンの採用により、軽快でスポーティーな走りを実現。チーフエンジニアの野尻哲治氏は同車について、「多気筒モデルにない軽快感と、小排気量車にはないパワー感を追求したモデル」と説明している。

    価格はネイキッドモデルのジクサー250が44万8800円。カウル付きモデルのジクサーSF250が48万1800円。発売はジクサーSF250の方が早く、2020年4月24日を予定。一方ジクサー250は、同年6月17日の予定となっている。(webCG)

    2020.03.19
    https://www.webcg.net/articles/-/42533

    ジクサーSF250(左下)、ジクサー250(右上)
    no title

    ジクサーSF250
    no title

    no title

    no title

    ジクサー250
    no title

    no title


    【スズキが小型二輪「ジクサー250/ジクサーSF250」を発表 油冷エンジンが久々に復活】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2020/03/20(金) 14:57:10.16 ID:CAP_USER

    no title

    新型レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」(グローイングレッド)

     本田技研工業は、125ccクラスの新型レジャーモデル「CT125・ハンターカブ」を6月26日に発売する。アウトドアレジャーの用途に適した装備を採用した第二種原動機付自転車となり、価格は44万円。

     CT125・ハンターカブは、スーパーカブC125のフレームをベースにして、リアフレームの延長、ヘッドパイプまわりの補強、ピボットプレートの追加など、市街地からトレッキングまで幅広い走行状況を想定した剛性バランスの最適化を図った。

    no title

    CT125・ハンターカブのフレーム、スイングアーム、リアクッションCGイメージ
    no title

    no title

    CT125・ハンターカブ

     また、165mmの最低地上高を確保して、路面の凹凸がある不整地などの走行状況での車体取り扱い性を高めるとともに、アップマフラーやアンダーガードも採用した。

    no title

    CT125・ハンターカブ

     最高出力6.5kW(8.8PS)/7000rpm、最大トルク11Nm(1.1kgfm)/4500rpmを発生する空冷4ストロークの単気筒OHC 124cm3エンジンを搭載。トランスミッションは常時噛合式4段リターンで、左手によるクラッチ操作を必要としない自動遠心クラッチを採用する。市街地での頻繁な発進停止や、ツーリングやトレッキングにおけるゆったりとした巡航時など、低中速域での力強さを重視した出力特性とした。

     スタイリングは、スーパーカブシリーズのアウトドアレジャー向け派生モデルに共通した機能的でタフなイメージと、現代の生活スタイルとの調和を図った独自の存在感を主張するデザインとしている。

    no title

    マットフレスコブラウン
    no title

    グローイングレッド

     カラーリングは、市街地からアウトドアまで幅広い環境に調和する「グローイングレッド」「マットフレスコブラウン」の2色を設定した。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    CT125・ハンターカブ

     そのほか、容量5.3Lのフューエルタンクを採用して長距離ツーリングなどでの安心感を高めるとともに、さまざまな荷物の積載に便利な大型リアキャリア、2人乗りに対応するピリオンステップを装備。全灯火器にLEDを採用したほか、エンジン始動が簡単なセルフ式スターターに加えてキック式スターターも装備している。
    no title


    no title

    no title

    no title

    デザインスケッチ
    no title


    no title

    CT50(1968年)
    no title

    CT110(1981年)

    □関連リンク
    本田技研工業株式会社
    https://www.honda.co.jp/
    ニュースリリース
    https://www.honda.co.jp/news/2020/2200320-ct125.html

    2020年3月20日 13:56
    Car Watch
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1242174.html


    【ホンダ、「CT125・ハンターカブ」を6月26日発売。価格は44万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2020/03/18(水) 22:41:09.85 ID:4Wr5T2jQ9

    18日午後0時50分ごろ、相模原市緑区青山の林道で、2人乗りのオートバイが転倒した。運転していた埼玉県和光市、アルバイト女性(21)が道路脇の鉄製ポールにぶつかって全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。同乗の姉(22)は手に軽傷。
    20200318-00000025-kana-000-1-view

    3/18(水) 21:50配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200318-00000025-kana-l14


    【姉妹2人乗りオートバイが林道で転倒、運転の妹が死亡】の続きを読む

    このページのトップヘ