乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    520: 2020/01/12(日) 12:32:11.68 ID:oumoj3c8r

    果たしてどうなるか

    スーパーカブC125をベースとしながら、前後スポークホイールやアップマフラー、ハイマウント吸気ダクトなどオフロード走破性を高める数々の独自パーツにより、往年の人気モデル“CT110”を現代に蘇らせたCT125。2019年10月の東京モーターショーではコンセプトモデルとして展示され、未だ発売に関する正式なアナウンスは一切ないが、本誌はこれを登場初期から発売の見込みありと報じてきた。


    そしていよいよ、発売スケジュールに関する情報が明らかになってきた。ズバリ、正式発売は間違いなく、大阪&東京モーターサイクルショーまでにはプロトタイプが製作され、披露されるとのこと。昨秋の段階ではモックアップ部品も多数あったが、プロトタイプでは量産をにらんだものが期待できそうだ。


    ヤングマシン2月号でお伝えしたのは2020年4月発売という情報だったが、これはのちにスケジュールが改められ、2020年6月になると判明。また、価格はスーパーカブC125と同等とのことなので41万円前後になるだろう。ただし、ABS仕様がラインナップされる可能性もあり、そちらはプラス数万円となる。
    no title

    https://young-machine.com/2020/01/12/62068/


    【CT125 ハンターカブは6月に41万円前後で発売か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2020/01/06(月) 00:26:54.86 ID:Xn6PsllS9

    移動ツールとしてひとつの立場を確立しているセグウェイが、新たに電動バイクを開発しているという。“エイペックス イン ロサンゼルス”という名が付けられ、0-100km/h加速は2.9秒、最高速度は125mphに達する。

    セグウェイが電動バイクを発表│移動する椅子と共にCESで展示(写真4点)

    中国市場を主なターゲットとして、セグウェイは電動スクーターや、スケートボードなど様々なアイテムを開発してきた。このバイクもセグウェイブランドを盛り上げる要素のひとつであり、クールなブランドとして改めて認知付ける効果も期待されているのだ。

    マテリアルや搭載バッテリーなどについて詳細は公表されていない。その姿を見た限りでは、特に革新的なデザインが採用されているわけではないようだが、スタイリッシュなデザインとなっている。

    このバイクは、多くの興味深い電動バイクと並びCESで展示される予定だ。車だけでなく、バイクにおける電動化の世界も楽しみである。

    ちなみに、セグウェイはS-Podという移動する椅子も発表しており、こちらも同様にCESで展示されるそうだ。一度のフル充電で43.5マイル走行できるとのことで、少々見た目は変わっているものの、ちょっとした移動にはぴったりのアイテムであろう。

    1/5(日) 19:07
    octane.jp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200105-00003940-octane-life
    no title


    【セグウェイが電動バイクを発表 最高速度は125mph 移動する椅子と共にCESで展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント

    1: 2020/01/04(土) 17:59:46.94 ID:uFavBdUg0● BE:121394521-2BP(3112)

    2020年のホンダの新たなスーパースポーツフラッグシップ・CBR1000RR-Rは、6軸のIMU(慣性計測装置)を活用しながら電子制御機構を強化し、電脳面を大幅にアップデート。
    前稿まで詳しく解説してきたRR-Rの突き抜けた性能をどうコントロールして最大の成果を引き出すか。電制に課せられた役割は決して小さくないだろう。

    6軸IMUを活用して電子制御機構を高度化

    現代のスーパースポーツは、電子制御の進化が性能アップのカギとなる。CBR1000RR-Rも、その点に抜かりはない。 

    まずボッシュ製のIMU(慣性計測装置)は、これまでの5軸から6軸タイプに進化した。これをパワーユニットやABS、SP仕様に使われる電子制御サスのコントロールに活かす。

    トラクションコントロールシステムのHSTC(ホンダセレクタブルトルクコントロール)には、後輪のスリップをコントロールする従来の機能に加えて、後輪がスピンしはじめた直後のスリップ率を制御する機能が追加された。
    これによりHSTCはライダーが予測できるバイクの挙動になるよう、急激なスリップ率の上昇もコントロールできる。HSTCは9段階+オフに設定可能だ。

    サーキット走行にも対応するスーパースポーツモデル専用ABSは従来型にも標準装備されていたが、
    RR-Rではこの介入が公道走行も視野に入れた「スポーツ」と、より本格的なサーキット走行に対応する「トラック」から選択できるように。
    これまでと同様にIMUのデータを制御に活用するが、IMU自体もバージョンアップしており、制御は全体的に高度化されている。

    標準のライディングモードは3タイプ。ライダーが任意で、パワーを5段階、エンブレの効き具合を3段階、ウイリー制御を3段階+オフに切り替えることが可能だ。
    さらに、トラクションコントロールは9段階+オフ、ABSは2タイプ、レース対応のスタートモードは回転数を3段階から選べるなど、極めて充実した内容となっている。
    なお、ライディングモードなどの変更は、新設計された左手側の4方向スイッチで実施。その左側にはモードスイッチを備える。
    20200104-00010001-webym-000-1-view

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200104-00010001-webym-ind


    【ホンダCBR1000RR-Rの電子制御システムを解説】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2020/01/03(金) 06:57:17.72 ID:upV0qr7q9

    歌手の工藤静香(49)が31日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。

    工藤といえば先日、インスタグラムのストーリーズを更新。「みなさん!下準備頑張ってますか?」とコメントしつつ、火にかけていると思われる鍋の写真を披露。
    鍋にはハートにくり抜かれた大根や、花などに型抜かれたにんじん、しいたけなどがお湯で煮込まれており、おたまで灰汁を取る様子なども映されていた。
    年始に向けての準備と思われるが、煮物には汁気が多すぎる一方、雑煮だとすれば具材が大きすぎるということもあり、ドン引きの声が集まっていたばかり。

    そんな工藤はこの日、「今年もありがとうございました。来年も共に歩みましょう。これからもよろしくお願い申し上げます。With my baby」というコメントを添えて、自撮り写真と大型バイクの写真を投稿した。

    この投稿を見たファンからは「バイク??格好いい~!!気を付けてね~」「えー!!!my babyってしーちゃんのハーレー、渋すぎる」「ハーレーに乗ったしーちゃんが見たい」「ツーリングなう、ですか?!」などの驚きの声が寄せられていた。

    ハーレーダビッドソンは工藤の愛車なのだろうか。真っ黒の大型バイクは存在感がある。工藤がツーリングしている動画がアップされることを多くのフォロワーたちが心待ちにしているに違いない。

    http://dailynewsonline.jp/article/2140934/
    2020.01.03 06:00 デイリーニュースオンライン

    no title


    https://www.youtube.com/watch?v=cXpE81ogJTE


    恋一夜【工藤静香】


    【【画像】工藤静香、真っ黒の大型バイクを披露で驚きの声「ハーレー、渋すぎる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 7コメント

    1: 2019/12/31(火) 20:46:19.83 ID:k+HggmyZ9

    ヤマハ発動機は、35年にわたるロングセラーとなった『セロー』(SEROW250)の生産終了を発表、1月15日から『セロー250 ファイナルエディション』を発売する。異例とも言える「終売予告」と、それに合わせて行われたメディア向け取材会で、ヤマハが伝えたかったこととは。

    「マウンテントレール」という新ジャンルを切り開いた
    1985年に誕生したセローは「二輪二足」というキャッチフレーズで、モトクロスでもトライアルでもない「マウンテントレール」という新しいジャンルを切り開いた画期的なモデル。1997年発売のカワサキ『スーパーシェルパ』やホンダ『SL230』などセローに追随したモデルもあったが、結局ロングセラーとして生き残ったのはセローだけだ。

    2005年には250cc化しフルモデルチェンジを、2017年にはいったん生産終了としたものの、翌2018年に環境性能に対応させた現行モデルを発売している。

    今回のファイナルエディションは、特にマイナーチェンジなどはせずカラーリングのみの変更となっているが、初代セローをリスペクトしたグリーンとレッドを基調に新たなグラフィックデザインを施した。また、フレームにもそれぞれのグラフィックデザインと同系色の塗装を施しているのもこだわりのポイントだ。

    A2サイズの立派なカタログには、ファイナルエディションとともに初代「セロー225」が並べられた写真を採用している。

    販売好調も…環境規制対応、グローバル展開の難しさ
    国内の年間販売台数がここ数年は3000台ほどで推移しており、単一モデルのセールスとしては好調と言えるセローを、なぜいま生産終了させるという判断に至ったのか。

    一つは、2021年から継続生産車にも適用される欧州環境規制「EURO5」に対応させるには大幅な仕様変更を余儀なくされることだ。

    もう一つは、「新型を開発したとしても、それは果たしてセローと言えるのか?」という点だ。セロー225からセロー250へ復活させたときも、社内やユーザーからそのような声が聞かれたという。独自の世界観を作り上げたセローならではの難しさと言える。

    全文
    https://s.response.jp/article/2019/12/25/330153.html
    no title

    no title


    【【ヤマハ】35年のロングセラー『セロー』が生産終了…異例の終売予告も】の続きを読む

    このページのトップヘ