乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    504e0a4f9794d19139e8faaaa034b664_t

    1: 2020/10/09(金) 18:18:10.85 ID:7gMgPwoI9

    2020年の神奈川県内の交通事故死者数は9月末時点に103人で、前年同期比7人増だったことが、県警のまとめで明らかになった。県内ではオートバイ事故による死者が多いという特徴があり、20年も全体の4割近くを占める。10~12月は例年、交通事故が増える傾向にあるため、県警はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用して注意を呼びかけている。【池田直】

     県内の1~3月の事故死者数は50人で、全国でワースト1位だった。新型コロナウイルスの感染が拡大した4月以降は、外出自粛の影響で事故件数が大幅に減った。しかし、6月以降は再び増加傾向に転じ、死者数は8月を除いて前年比で増加した。9月末時点で愛知県(114人)、北海道(104人)に続きワースト3位となっている。

     県内の事故死者数を押し上げているのが、オートバイ事故だ。9月末までの死者のうち、36・9%がオートバイ事故だった。19年の死者に占める割合も37・1%に達しており、高止まりしている。19年の全国平均は15・9%で、県内が全国でも突出して割合が大きい。

     県警交通総務課は「通勤や通学に使う人が多いことが要因だ」と分析する。県内のバイク保有台数は29万8836台(18年3月末時点)で、全国で東京に次いで2番目に多い。また、県内や隣県の観光地へのツーリングで通行する他県のライダーも多いことも一因とみられる。

     安全運転の啓発活動を進めたい県警だが、新型コロナの影響で例年と事情が異なる。大勢の人を集めてイベントを開催することが難しく、交通安全運動の周知にも苦戦している。そこで県警が力を入れているのがツイッターを使った情報発信だ。

     投稿しているのは交通総務課。例えば、オートバイ運転について「遅れても無理に追いつこうとしない」といった集団ツーリングの際のアドバイスや、単独事故につながる速度超過の危険性を紹介。また、オートバイ用エアバッグを実際に膨らませる動画を公開し、装着を呼びかけているエアバッグやプロテクターの周知も進めている。同課は「一度発信した内容でも、見方を変えて注意喚起していきたい」という考えで投稿を続けており、ツイート数は1300件を超える。

     日照時間が短くなる10~12月は死亡事故が増える傾向にあり、19年は年間死者の3割近くを占める36人に上った。同課は「投稿で発信した情報を参考に、ゆとりを持った運転を心がけてほしい」と呼びかけている。

    交通事故死者数の多い都道府県
      都道府県  死者 オートバイの死者 割合

    1位 愛知県 114人   20人 17.5%

    2位 北海道 104人   24人 23.1%

    3位 神奈川県 103人  38人 36.9%

     >>1��9月。各都道府県警への取材に基づく


    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20201008/k00/00m/040/030000c



    【【神奈川】県内の交通事故死、4割がオートバイ 県警が注意呼びかけ「エアバッグやプロテクターの装着を」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    bike_koutsujiko

    1: 2020/10/08(木) 17:03:52.63 ID:Qk3BV5Q39

    福島民友新聞
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f5a2429b14dcfd802ab217c76e5592c41b4a5c8
     6日午後1時40分ごろ、福島市の市道交差点で、同市、石材業、男性(75)のオートバイと乗用車が衝突、男性が死亡した。
     福島署によると、現場は片側1車線で信号機のない丁字路交差点。同署は、男性が前の車を追い抜こうとした際にセンターラインをはみ出し、対向車線で右折待ちしていた乗用車に衝突したとみて調べている。



    【オートバイの75歳男性死亡 交差点の対向車線で右折待ちをしていた乗用車に衝突したという】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 18コメント

    1: 2020/10/02(金) 08:01:13.77 ID:+xU0VWmM0● BE:811133648-2BP(2000)

    「NSR」や「TZR」などの人気モデルが次々マイナーチェンジ!【日本バイク100年史 Vol.049】
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6913497fd893f262ce532e2adfe97c7da34365a7
    no title



    【バイクを爆音にするのは車に気付いてほしいからwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 3コメント

    1: 2020/09/27(日) 15:44:40.74 ID:CAP_USER9

     9月26日、ヤマハのサテライトチームであるペトロナス・ヤマハSRTは、ロードレース世界選手権のMotoGPクラスに参戦しているバレンティーノ・ロッシと2021年から1年間の契約を結んだことを発表した。来季はロッシが主宰する世界で活躍できるライダーの育成を目的とした『VR46アカデミー』出身のライダー、フランコ・モルビデリがチームメイトとなる。

     1月28日にヤマハは、マーベリック・ビニャーレスがヤマハファクトリーチームから継続参戦することを明かし、翌日にファビオ・クアルタラロがヤマハファクトリーチームへ加入することをアナウンスした。

     それと同時に、2020年シーズン限りでロッシがヤマハのファクトリーチームからの参戦を終了することも明かされ、現役継続についてはロッシの意向でシーズン中に決定が下されることになった。

     そして、MotoGP第9戦カタルーニャGPの予選日となる9月26日に、ロッシが2021年もMotoGPクラスに参戦することが発表された。チームはペトロナス・ヤマハSRTであり、YZR-M1を駆り最高峰クラスを戦う。

     ペトロナス・ヤマハSRTはMotoGPを戦うヤマハのサテライトチームだ。同チームはMoto2クラス、Moto3クラスへの参戦経験を持ち2019年シーズンから新たにMotoGPクラスに参入した。

     また、サテライトではあるが、ファクトリー仕様のヤマハYZR-M1の供給とヤマハの技術サポートを受けられることも決定している。

     9度のロードレース世界選手権タイトルホルダーであるロッシは、1996年にロードレース世界選手権デビューを果たし、2020年シーズンで参戦25年目を迎えている。最高峰クラスでは2000年から500ccクラス、2002年からMotoGPクラスに参戦して鎬を削る。

     この期間のうち、2011~2012年を除き2004年から2020年まで15年間をヤマハ・ファクトリ・チームで過ごし、これまでヤマハで4度王者に輝いている。

     ロードレース世界選手権では、現在までに通算115勝、65度のポールポジションを獲得しており、様々な記録を持っている。また、MotoGPで高い人気を誇るライダーであり、グランプリには蛍光イエローのグッズを身に着けた多くのファンが駆けつける。

    投稿日: 2020.09.26 19:59
    更新日: 2020.09.26 20:10
    https://www.as-web.jp/bike/599933?all
    no title

    no title

    no title



    【バレンティーノ・ロッシ、現役続行へ!!!2021年はペトロナス・ヤマハSRTからフル参戦】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 16コメント

    1: 2020/09/25(金) 15:16:22.17 ID:I0LT/U870● BE:969416932-2BP(2000)

    ビー・エム・ダブリュー株式会社(以下、BMW)は、バガー・スタイルのBMW Motorrad「K1600B(ケー・センロッピャク・ビー)」のメーカー希望小売価格を2020年10月1日以降販売分より改定すると発表しました。

     2017年10月より日本国内での販売が開始された新型「K1600B」は、水冷直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力118kW(160PS)、最大トルク175Nmを発揮する、大型ツーリングモデルです。
    「K」シリーズ特有のフロントサスペンション「デュオレバー」や、リアサスペンションには「パラレバー」を装備し、駆動方式はドライブシャフト式を採用しています。

     ショートスクリーンのフロントカウルからリアシート、インジケーターとテールランプを内蔵するボディ一体型のパニアケースまで、スロープ状に流れるフラットでシンプルなシルエットが「Bagger(バガー)」スタイルを演出しています。

     ETC2.0車載器を標準装備し、ライディングモードやリバースアシスト(バックギア)、キーレスライド、ブレーキおよびサスペンションの電子制御システム、坂道での発進をアシストする「ヒル・スタート・コントロール」など、
    BMWモトラッドの現行ラインナップの中で多くの技術を盛り込んだ贅沢なモデルの価格(消費税10%込み)は352万5000円から、となっていますが、2020年10月1日以降販売分より305万8000円へ改訂すると発表されました。
    aaa

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7cabe8b4c5ff9e35e98ede50b2f1445e9e3bdadb



    【【朗報】BMW K1600Bメーカー希望小売価格10/1以降販売分より改定 約50万円お買い得に!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ