乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 24コメント

    1: 2019/01/16(水) 20:42:29.50 ID:8YZ3c8Kq9

    カワサキモータースジャパンは、スーパーチャージドエンジンを搭載する高性能ツアラー『Ninja H2 SX』シリーズに、最上位モデル「Ninja H2 SX SE+」を設定し、2月1日より発売する。価格は277万5600円。

    Ninja H2 SXシリーズは、新開発の998cc水冷4気筒バランス型スーパーチャージドエンジンを搭載し、高出力や強烈な加速力に加えて、日常での扱いやすさと燃費性能を両立したツアラーモデル。これまで、ベースモデルとなる「Ninja H2 SX」、LEDコーナリングライトやフルカラーTFT液晶パネル、KLCM(カワサキ・ローンチ・コントロール・モード)、KQS(カワサキ・クイック・シフター)を装備した上位モデル「Ninja H2 SX SE」の2車種を展開してきた。

    新型車は、実用的で充実したNinja H2 SX SEの装備に加え、KECS(カワサキエレクトロニックコントロールサスペンション)を装備。ソロライディングでも、タンデムライド+荷物フル積載でも状況に合わせスマートフォンから簡単にセッティング変更ができ、挙動変化を最小限に抑えることができる。さらにブレンボ社製ストリート用モノブロックキャリパーの最上級モデル「Stylema」、各電子制御と連携する包括的なモードセレクト機能、スマートフォン接続機能などを備える。

    また、Ninja H2 SXおよびNinja H2 SX SEの2019年モデルも同じく2月1日に発売する。新型モデルでは、Ninja H2 SX SEがハイリーデュラブルペイントを採用。そのほかは変更なし。価格はNinja H2 SXが199万8000円、Ninja H2 SX SEが239万7600円。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title




    2019年1月16日(水)19時15分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2019/01/16/318120.html


    【カワサキ Ninja H2 SXシリーズ、先進装備充実の最上位モデル発売へ お値段277万円】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 22コメント

    bousouzoku_chinsoudan

    1: 2019/01/15(火) 11:19:16.80 ID:w/axKqz09

    YOMIURI ONLINE 2019年1月15日 10時58分
    https://www.yomiuri.co.jp/national/20190115-OYT1T50044.html

     山梨県南アルプス市の市道に止めた軽乗用車の中から近くの会社員細田勝弘さん(39)が
    意識不明の状態で発見され、その後死亡した事件で、県警は12日、男3人を傷害致死の疑いで逮捕したと発表した。

     逮捕されたのは、静岡県牧之原市静波、自称アルバイト深沢一也(39)、弟で南アルプス市あやめが丘、自称会社員深沢健二(32)の両容疑者と静岡県の自称解体工少年(17)。
    一也容疑者の逮捕は3日。他の2人は12日に逮捕され、県警は13日、甲府地検に送検した。

     発表によると、3人は昨年12月29日夜から同30日朝までに、同市落合の市道で細田さんの顔を殴るなどして頭部外傷を負わせ、死亡させた疑い。

     細田さんは30日朝、約400メートル離れた実家前の路上で車内の後部座席で顔から血を流して意識を失っているのを親族に発見され、
    病院に搬送されたが、今月1日夜に死亡した。

     細田さんの頭や顔には素手で殴られたような痕が複数あり、捜査関係者によると、一也容疑者は
    「バイクの騒音を注意されてカッとなった」という趣旨の供述をしているという。県警は、交通トラブルから事件に発展したとみて調べている。

     一也容疑者は細田さんと知人で実家を知っていたといい、暴行後に細田さんを車に乗せて実家前まで運んだとみられる。
    健二容疑者の自宅周辺の住民によると、健二容疑者は改造したバイクで深夜、頻繁に外出していたという。


    【バイクの騒音注意され暴行、実家前に運び放置…男性死亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 17コメント

    1: 2019/01/14(月) 07:35:09.48 ID:CAP_USER

    1月11日放送『つボイノリオの聞けば聞くほど』は、金曜日恒例のおたより復活デー。 読み切れなかったおたよりを紹介していますが、なぜか反響が大きかったのがバイクのハンドルカバーの話。 自転車のハンドルカバーをきっかけに話が広がっていったのですが、冬ならではのライダーの苦労話について、バイク好きのつボイノリオと、小高直子CBCアナウンサーがおたよりを紹介しました。

    ライダーの天敵は寒さ!
    この寒い季節、バイクに乗る人にとって大きな悩みは手が寒いこと。そこで、ハンドルカバーを付けるという方も多いのではないでしょうか。

    ただ、ハンドルの操作性が下がって、とっさの時の対応がしづらくなって危険ではないかという意見も一部にはあるようです。

    「学校で禁止されていたので、世の中でも禁止されていると思ってました」(Aさん)

    学校によっては安全性に問題があると考えて、校則で禁止している場合もあるようです。

    「ハンドルカバーは、新聞配達のバイクについてる印象です。昔はよくおばちゃんが自転車に付けていましたが」(Bさん)

    また、バイクの防寒対策ということで、過去のニュースを思い出したという方もいるようです。

    「以前、20歳ぐらいの女性がマフラーを巻いて原付バイクに乗っていたところ、後輪に巻き付いて即死したという事故がありました。やっぱりピラピラした物は危ないかもしれませんね」(Cさん)

    小高アナ「ハンドルカバーはピラピラしてませんけど、防寒ということでマフラーとか長めのコートとか気を付けないといけませんね」

    つボイ「月光仮面なんかマフラーがひらひらとなってかっこいいんですけど、あれは危ない」

    月光仮面をご存じない世代の方は、ネットで調べてみてください。

    また、ハンドルカバーとは違う防寒の仕掛けがあるというおたよりも届きました。

    「バイクのグリップ、新聞配達の時に保温できる原付がありましたよ」(Dさん)

    「中国ではダウンコートみたいな形のハンドルカバー兼ひざ掛けのような防寒具が流行りだそうです。ナイロン製の軽い化繊綿でできているのはちょっと高そうで、普通の綿は安そうです」(Eさん)

    つボイ「僕ら格好付けの人間は、バイクのひざ掛けみたいなのはちょっと格好悪いなと。それなら ”MORIWAKI” って書いてあったら格好良いんちゃうかって言ってたんですけど…」

    「モリワキでひざカバーを調べてみましたが、やっぱり売ってませんでした…」(Fさん)

    ひざカバーの見栄えで難色を示すつボイに対し、実際に使用してるという方からのおたよりも届きました。

    「ひざカバー、僕はやっています。ただ、ネットオークションで購入したイタリア製の250ccのビッグスクーターで、専用のレッグカバーがイタリアのパーツ屋さんから販売されています」(Gさん)

    つボイ「イタリア製の物はおしゃれですから、このひざ掛けはおしゃれかもしれません」

    小高アナ「そうすると、おしゃれな防寒グッズが売れるかもしれないですね」

    つボイ「みんな我慢して乗ってますからね。(防寒具を使うと)格好悪いって」

    「若かりし頃ネイキッドに乗っていましたが、真冬の夜に乗ったらひざと両手が冷たくて痛くなりましたけど、数年前、ツーリングタイプのフルカバーにしたら、風に直接当たらないのと、エンジンの熱でさほど寒くなかったです」(Hさん)

    まだ春までしばらく期間が空いており、カッコ良さを犠牲にして暖かさを取るのか、ライダーの悩みは続きそうです。
    (岡本)
     
    つボイノリオの聞けば聞くほど
    2019年01月11日09時28分~抜粋(Radikoタイムフリー)

    https://radichubu.jp/topics_detail1/id=22819


    【冬のツーリングはツラい!バイクのベストな防寒対策は?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 26コメント

    1: 2019/01/09(水) 19:55:26.85 ID:DsgT426e

    大型2ストロークモデルが発売された1980年代、ヤマハはV4エンジン搭載モデル「RZV500R」を市場に投入します。レーサーモデルから技術をフィードバックされたスーパマシン発売に当時のバイクユーザーは熱狂しました。

    2ストローク全盛期、あの頃は熱狂狂気の時代だったのか
     ケニー・ロバーツがライディングしたYZR500のイメージを公道仕様車として再現した「RZV500R」。1984年、YZR500(OW61)と同じ構造の2ストローク500cc水冷V型4気筒エンジンを搭載したレーサーレプリカモデル「RZV500R」は、美しいアルミフレームやシートカウル内に収められたマフラーなどが見る人を魅了したモデルです。

    no title


    ヤマハ「RZV500R」を駆るケニー・ロバーツ

     当時、ホンダは「NS400R」、スズキは「RG500Γ/400Γ」とヤマハの「RZV500R」とともに大型2ストロークモデルが世の中を席巻しレーサーレプリカブームの火付け役となります。

     エンジン回転数にあわせ排気タイミングを制御するYPVS(ヤマハパワーバルブシステム)は、低回転域では扱いやすく高回転域ではパワフルな特性にされています。国内仕様の最高出力は発売当時メーカ独自の自主規制により64PSに留められていましたが、輸出仕様(RD500LC)は88PSを発生させていました。

     また、リアサスペンションは、エンジン下に水平に配置され、ヤマハの最先端技術が惜しげも無く投入されています。さらに、車体左右には2本ずつ計4本のマフラーが配置され迫力あるスタイリングに寄与しています。外装色は赤と白を基調とし、グラフィックはヤマハのスピードブロックを採用しています。

     走行性能は、2ストロークモデルならではの加速と軽量化が図られた車体と相まってコーナーリングでもライバル車に拮抗する抜群の性能を誇っていました。

    no title


    レースの技術が惜しみなく注ぎ込まれた「RZV500R」

     レーサーレプリカブームの日本では、各メーカーの中型モデルや限定解除問題で大型モデルのシェアはさほど伸びず、250cc2ストロークモデルや4ストロークモデルの爆発的ヒットもあり、ヤマハ「RZV500R」は販売された2年間で、国内3700台、海外1万200台弱にとどまり一代限りで生産を終えます。

    「RZV500R」国内仕様価格(当時)は、82万5000円です。

    https://kuruma-news.jp/post/123265


    【2スト500!ドッカンパワーに怒涛の加速、昭和を彩ったヤマハ「RZV500」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2019/01/09(水) 05:26:14.96 ID:JqzNZ1qy9

    全国軽自動車協会連合会は1月7日、2018年(1~12月)の軽二輪車新車販売台数(速報)を発表。前年比1.1%増の5万7225台となり、2年連続のプラス。2009年以降では最多を記録した。

    メーカー別では、ホンダが同19.9%増の2万2492台、2年連続プラスで4年ぶりのトップとなった。ヤマハは同8.8%減の1万8387台で2年ぶりのマイナス。2位転落となった。

    スズキは同1.6%増の7773台で2年連続プラス、カワサキが同18.3%減の5814台で5年連続マイナス。輸入車などのその他は同4.6%減の2759台で2年ぶりのマイナスとなった。
    https://s.response.jp/article/2019/01/08/317756.html?from=tptr
    no title


    【軽二輪車新車販売、ホンダが4年ぶりに首位奪還 2018年】の続きを読む

    このページのトップヘ