乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    motorcycle-1827482_640
    1: 2017/04/22(土) 15:01:54.07 ID:BtvDp0pU0 

    http://news.livedoor.com/article/detail/12967845/

    なぜそこまで二輪車に冷たい?…二輪車生産王国ニッポン、国内の売れ行き激減がとまらない
    欧州や東南アジアの都市では、日本よりもはるかに二輪車を多く見かける。駐車場も、自転車と共用の場所を含めて、あちこちに用意されていて困ることはない。

    四輪車より時間が正確で場所を取らず、自転車より速くて快適というメリットを合理的に判断し、多くの人が二輪車を選んでいるのだろう。それに比べて日本は、昔の高校での「三ない運動」に象徴されるように、とにかく二輪車をネガなイメージで捉えがちだ。

    世界一の生産国とは思えない扱いである。

    特に原付は、アジアや欧州の主流は125ccになっており、欧州では四輪車の免許で125ccまで乗れるのに、日本は50cc限定。しかもその50ccは、いまだに30km/hという理不尽なスピードリミットが残っている。

    性能では同等なのにヘルメットなしで乗れる電動アシスト自転車に勝てるわけがない。

    ただここまで冷遇された結果、四輪車の世界より望ましい現象も起こっている。四輪車では日本独自のルールが用意されている排出ガス規制や騒音規制が、二輪車では最近欧州と共通化されたのだ。

    それまでは日本仕様だけ最高出力がガクッとダウンしていて、それらを嫌うライダーたちのために、海外向けに作られた車両を日本で売る「逆輸入車」というカテゴリーが存在していた。

    欧州車は妙に太くて長い専用マフラーを装着したモデルもあり、せっかくのデザインをスポイルしていた。

    でも日本の規制が海外と共通化されたことで、いまは日本仕様も欧州仕様も基本的に同一スペックとなりつつある。

    たとえばホンダの1000ccスーパースポーツCBR1000RRは、従来は118psだったのに対し、今年3月に発表された新型は192psにまでジャンプアップしている。
    200kgに満たないボディに192psが必要かどうかはさておき、国内仕様と海外仕様の共通化はメーカーにとってもユーザーにとってもうれしい。

    でも海外ではもともとこうしたスペックの二輪車を買えるうえに、多くの人が価値を認めているわけで、日本はやっぱり冷たいと思ってしまうのである。


    スポンサーリンク

    【なぜ日本は二輪車に冷たいのか???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2017/04/20(木) 22:04:02.65 ID:yDhb9MYw0 

    レアなバイク、22台ネット公売=税金滞納で差し押さえ-国税庁

     国税庁は20日、滞納した税金を徴収するために差し押さえたバイク22台をインターネット公売にかけると発表した。
    限定販売やカスタムバイクなど珍しいものも多く、同庁によると、これほどの台数を一斉に公売するのは初めて。

     見積金額が最も高い180万円だったのは、川崎重工業製のZ1100GP。ほぼ全ての部品を特注品に交換したフルカスタムバイクだ。

     イタリア・ドゥカティ製PS1000LEは、世界で2000台の限定販売品。銀色で丸みを帯びた車体で90万円と見積もられた。

     このほか、ヨシムラ仕様とよばれる改造を施したバイクなどが出品。公道で走行可能か確認が必要なバイクもある。バイク以外にも高級外車や古銭なども公売される。

     ネット公売は5月19日午後1時から3日間、ヤフーの官公庁オークションで実施。参加には事前登録と公売保証金納付が必要だ。
    詳細は4月21日以降、国税庁ホームページの公売情報コーナーに掲載される。(2017/04/20-17:49)

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042000964&g=soc

    国税庁がインターネット公売に出品するバイク。(左から)ドゥカティのPS1000LE、川崎重工業のZ1100GP=20日午後、さいたま市中央区
    no title


    スポンサーリンク

    【国税庁が差し押さえたバイク22台をネット公売に 限定品やフルカスタムなどレアなものも多く】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 46コメント

    1: 2017/04/18(火) 11:57:59.08 ID:kqrVJ+ox

     no title

    Hondaは、新設計の水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒250ccエンジンを搭載した軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を5月12日(金)に発売します。


    756,000円(消費税抜き本体価格 700,000円)


    スポンサーリンク

    【新型の軽二輪スーパースポーツモデル「CBR250RR」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 38コメント

    1: 2017/04/17(月) 13:54:59.52 ID:CAP_USER9

    17日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、高橋真麻が一瞬で冷めた男性のある行動を明かした。

    番組では、高橋が自身の恋愛について語った。
    高橋は「恋愛はいつも散ってばっかり」で、29歳まで彼氏ができなかったという。
    そんな高橋にも、高校生のときに交際直前の男性がいた。

    その男性と東京・新宿のアルタ前で待ち合わせしていたときのこと。
    高橋が電話で「どこにいるの?」と尋ねると、男性は「ここだよ」と言いながらバイクのエンジン音を「ブルンブルン」と吹かして返事をした。
    高橋はこの行動を見た瞬間、冷めてしまったというのだ。

    この話を聞いた加藤浩次は「(それで冷めるのは)おかしいって! 彼は格好つけたんだよ!」と男性を擁護。
    だが、高橋は「高校生の私には粋がってる彼がダメだった」「大衆の面前で『ここだよ、ブルンブルン(バイク音)』は受け止めきれなかった。恥ずかしかった」と当時を振り返っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12946506/
    2017年4月17日 13時4分 トピックニュース

    no title


    スポンサーリンク

    【高橋真麻が一瞬で冷めた男性の行動 待ち合わせでバイクのエンジンを「ブルンブルン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/04/17(月) 12:22:39.65 ID:CAP_USER

    バイクの国内での販売不振から抜け出す挑戦も見られました「第44回東京モーターサイクルショー」。しかし、不振の背景は複雑で決め手となる対策もいまだに不明で、消費者の動向とは別にさまざまな規制やバイク環境への無関心なども指摘されています。現状を見てみました。

    原付一種がここ10年で半減

     国内のバイク構成は排気量の小さめな車種が中心。国交省や日本自動車工業会などによると、2014年時点の全国の二輪車の保有台数は1182万台。道路運送車両法の区分の場合、いわゆる「原付」である原付一種(50cc未満)が666万台で半数以上の56%を占め、軽二輪(125~250cc)は197万台で17%、原付二種(50~125cc)162万台14%、小型二輪(250cc~)156万台13%と続きます。

     二輪車の使用用途は「通勤・通学」38%、「買い物や用足し」30%と日常生活の移動手段が中心で、「ツーリング」は11%。排気量が大きくなるとツーリングなどの趣味の利用が多くなるとしています。

     二輪車の販売台数の動きを見ると2005年の約74万台が、リーマンショックがあった2008年に56万台に急減、2009年にさらに40万台に減った後は若干の増減を繰り返しながら2014年は約45万台でした。

     原付一種が2005年の47万台から2014年には22万台へと半分以下に大きく減っているのが特徴。その半面、排気量が大きくなる小型二輪は同7万6000台から同7万台へと微減で、2011年以降は5万~7万台の増減を繰り返してほぼ横ばいを維持しています。

     軽二輪は2005年の10万台が2014年には5万4000台に半減。一方、原付二種は同8万8000台が2013年には10万台、2014年には消費税増税があったのにもかかわらず9万6000台と堅調なのが特徴です。
    駐車場は増えたがまだまだ少ない

     経産省は今後の二輪戦略として「国内市場の活性化で海外市場での地位を高め、次世代への進化を実現しなければならない」と危機感もうかがわせ、「二輪車関係者が二輪車の新しい価値を提案し、さらに海外市場の獲得に向けて取り組みを」と二輪車が消費者の興味を引く魅力づくりが重要だと指摘しています。

     具体的な目標として同省は官民一体によるバイクキャンペーンの実施などを通じ、(1)2020年に国内販売100万台市場を実現、(2)世界シェア50%の達成、などを掲げているほか、二輪車の駐車場整備、二輪車の高速道料金、免許制度などについても早急に取り組む方針を示しています。業界のみならず国も「二輪低迷」の対策に乗り出したと言えます。

     都市部を中心に二輪の駐車場が不足していることもかねて指摘されてきました。法改正で2007年以降に自動二輪の駐車場の整備がしやすくなりましたが、業界団体による調査(2014年)で自治体の70%以上が「設置を検討したことがない」と回答。受け皿づくりがほとんど進んでいないことも二輪車利用の環境整備の障害になっています。 

     日本二輪車普及安全協会によると、二輪車の駐車場の整備は、2008年に全国でわずか536か所(収容台数約1万4000台)だったのが2013年には3131か所(約7万1500台)へと増えました。しかし、バイクの利用者から見るとどこの街角にもある自動車の駐車場に比べ絶対数は極端に少なく、利便性には程遠いのが現状です。バイク駐車場への自治体や地域の取り組みが期待されています。

    20170416-00000003-wordleaf-0da3f66655f55f0390e62f15294675c3c


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170416-00000003-wordleaf-ind


    スポンサーリンク

    【バイクの販売不振 「原付」が半減、駐車場不足も課題】の続きを読む

    このページのトップヘ