乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2018/09/22(土) 08:19:16.26 ID:y/fdqTJl0● 

    沖縄県内で少年らによるバイクの暴走行為が減っている。
    県警が道交法違反(共同危険行為)などで検挙した人数は2008年の2344人から、昨年は約6分の1の381人まで減少した。

    県警は取り締まりの強化が奏功し、7月7日の「七夕暴走」や8月29日の「パニック暴走」など、メモリアルな日の集団暴走がなくなったとする。
    バイクを扱う業者は、若者のバイク志向の変化も背景にあるとみている。(社会部・新垣卓也、山城響)

    県警交通幹部は暴走行為が減少した背景に、2012年4月に発足した「白バイ遊撃班」の効果を強調する。
    常設は県警が全国唯一。同幹部は「白バイが常に目を光らせていることで暴走行為の抑止効果につながっている」と指摘する。

    暴走族関連の110番通報も08年3690件から、今年7月末現在で540件まで減った。

    「パニック暴走」のある8月30日未明、暴走行為をする少年らが頻繁に集まっていた沖縄市の胡屋交差点や、宜野湾市大謝名から浦添市牧港にかけた国道58号を取材したが、車がまばらに行き交うだけだった。
    県警によると同28~30日夜間、本島中南部で暴走行為は確認されなかったという。

    暴走行為の減少について、バイクの修理業を営む男性(44)=西原町=はバイクの売れ筋の変化を指摘する。
    「スピードへのあこがれ」でバイクに乗っていた時代から一転。最近の若い世代は、維持や管理にお金がかからない暴走に不向きな小型バイクへと好みが変化したという。
    「暴走より、移動手段としてバイクを重宝しているように感じる」と話した。

    非行に走る子どもたちの立ち直りを支援する団体「HOME(ホーム)」の仲座大二(だいじ)代表(27)は「単車が昔に比べて高くて買えないのも原因では」と推測する。
    「スマホがあるから、昔と違ってすぐ人とつながれる。検挙されるリスクが高い暴走より他の遊びをしようと、少年たちの意識が大きく変わったのも要因ではないか」と話した。

    http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/318570
    no title


    【バイクよりスマホ? 暴走族が激減した理由とは・・・?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 13コメント

    aaa

    1: 2018/09/19(水) 12:58:29.20 ID:CAP_USER9

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000031-mai-soci
    毎日新聞

    <恐喝容疑>少年ら5人を逮捕 コルク製ヘルメット脅し取る

     コルク製のクッションを使った「コルク半ヘルメット」を着用したバイクの少年を脅したなどとして、警視庁少年事件課は19日、住所不定、指定暴力団住吉会系組員、林隆司容疑者(23)や17~18歳の少年ら計5人を恐喝容疑などで逮捕したと発表した。逮捕された少年2人は東京都北区を拠点とする暴走族のメンバーで、因縁を付けてヘルメットを脅し取る行為を「コルク狩り」と称していた。

     逮捕容疑は4月30日夜、北区十条台1の区立公園で、足立区の塗装工の少年(16)に「北区は(自分たちの)シマだから次にコルクかぶったら殺す」などと言い、ヘルメット1個(時価2万円)を脅し取ったなどとしている。逮捕は2日。

     同課によると、コルク半ヘルメットは暴走族の間で愛好されている。メンバー以外の人が着用すると「コルク狩り」の対象にされていたという。

     林容疑者らは同日夜、ヘルメットをかぶり原付きバイクで区内を走行していた少年を発見し、少年の前に割り込んで停車させ「どこでコルクかぶってんの」などと因縁を付けていた。


    【【衝撃】平成も終わるというのに「コルク狩り」が発生してしまう・・・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 12コメント

    1: 2018/09/19(水) 09:58:49.41 ID:CAP_USER9

    SNSなど使い女性や若者を開拓
     川崎重工業はITを活用した2輪車の顧客開拓に乗り出す。商品カタログ請求などで同社ホームページに登録した顧客データを分析し、興味に合致した情報をメールマガジンで提供する。会員制交流サイト(SNS)でもイベントやレースの情報を適時発信するなど、新たな顧客として若者や女性らの購買意欲の向上につなげる。

     子会社のカワサキモータースジャパン(KMJ、兵庫県明石市)が新顧客管理システムを導入し体制を整えた。同社は若者や女性顧客らの掘り起こしを狙った新店舗「カワサキプラザ」を拡充している。ITを利用した情報発信を採り入れることで、効果的に顧客層を広げる考えだ。

     川重グループのホームページのカタログ請求のほか、2輪車のユーザーが集まる「カワサキコーヒーブレイクミーティング」などのイベントのプレゼントキャンペーンでも、ウェブサイトで募った顧客の情報を生かす。カワサキプラザはこれまで初来店時や2輪車の試乗後のアンケートも紙で回収するなどしていたが、ウェブ上でできるようにシステムを移行中だ。

     メールマガジンは川重の2輪車関連イベント情報などを記載している。メールの開封状況やメールに記載したリンクのクリック状況、ホームページのアクセス履歴などの情報を集め分析する。さらに精度の高い興味に合致した製品やイベントの情報などを効率的に提供する。専用のアプリケーション(応用ソフト)のほか、SNSを活用。カワサキ・レーシング・チームの状況など親しみやすい情報発信で若者らにアプローチしていく。

     KMJの寺西猛社長は「これまで2輪車の販売店は、小規模で後継者にとっても魅力が少なかった。従来にない高品質な購買体験ができる店舗作りなどを進めていく」としている。


    9/19(水) 8:01配信 ニュースイッチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00010001-newswitch-ind

    2輪車販売だけでなく、アパレルなどライフスタイルも提案するカワサキプラザ(カワサキプラザ大阪鶴見)
    no title

    若い女性をターゲットにした商品展示「ブラックエレガンス」
    no title


    【「男カワサキ」今は昔、川重が狙う新たなライダー】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    K0000044118

    1: 2018/09/19(水) 02:40:50.81 ID:+xlHIlHn0● 

    https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/tokaitv/region/tokaitv-20180918-1833-63023


    原付の免許しか持っていない男に、乗れないはずの小型バイクを販売したとして、三重県津市のオートバイ販売店の経営者が逮捕されました。

     逮捕されたのは、津市新町2丁目のオートバイ販売店経営・丸山邦彦容疑者(77)です。

     2013年11月、当時原付の免許しか持っていなかった68歳の男に対し、運転すると知りながら110ccの小型バイクを販売した、無免許運転ほう助の疑いが持たれています。

     今年8月、男が無免許運転で逮捕され、その供述から丸山容疑者が小型バイクを原付と偽ってナンバープレートを取得して販売していたことがわかりました。

     調べに対し、丸山容疑者は容疑を認めているということで、警察は余罪を追及する方針です。


    【原付免許しか持ってない男に110ccのバイクに原付きナンバーつけて販売した店を逮捕】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 27コメント

    1: 2018/09/14(金) 15:47:47.04 ID:CAP_USER9

    ヤマハ発動機は9月14日、2017年に生産を終了した二輪車「SR400」を復活させ、新モデルを11月22日に発売すると発表した。
    発売40周年を記念した特別モデル「SR400 40th Anniversary Edition」も500台限定で同時発売する。

    新型「SR400」は、心地よい鼓動感のビッグシングルエンジン、シンプルかつ美しいスタイリング、キックスターター方式など、
    1978年に発売された初代モデルの特徴を受け継いでいる。

    音響解析技術を駆使し、低音と歯切れの良さを向上させた新マフラーを新たに搭載したほか、
    蒸発したガソリンの排出量を低減するキャニスターなども採用。
    欧州の排出ガス規制「EURO4」に沿って策定された「二輪車平成28年排出ガス規制」に適合した環境性能を持たせている。

    カラーリングは、ブラックとメッキの金属感を調和させた「ヤマハブラック」、
    カジュアルな印象を与える「グレーイッシュブルーメタリック4」の2色。
    価格は57万2400円(税込、以下同)で、年間販売計画は1000台。

    「SR400 40th Anniversary Edition」は、職人の手作業による“ぼかし塗装”を施したフューエルタンク、
    サイドカバー用の電鋳SRエンブレム、真ちゅう音叉エンブレムなど、独自のデザインを採用。
    「SRの歴史や世界観が凝縮されたモデル」としている。
    カラーリングは、新色の「ベリーダークオレンジメタリック1」のみ。価格は69万1200円で、500台限定で販売する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000017-rps-ind.view-000

    画像
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    http://image.itmedia.co.jp/business/articles/1809/14/l_sh_yam_03.jpg


    【【朗報】ヤマハ「SR400」が復活】の続きを読む

    このページのトップヘ