乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 32コメント
    76103210008

    1: ビッグブーツ(WiMAX) 2014/02/25 13:40:50 ID:LzNaZxQ30
    【レポート】米消費者情報誌が「信頼できるバイクは?」を初調査 ヤマハがトップに
    http://news.livedoor.com/article/detail/8571296/

    先日、トヨタが米の自動車ブランド好感度調査で1位となったニュースをお伝えしたが、
    バイク部門でもやはり日本メーカーがトップという調査結果が出たので紹介しよう。
    米消費者情報誌『コンシューマーリポート』は、バイクに乗っている購読者4680人を対象に、
    同誌としては初となる「信頼できるバイク」に関するアンケート調査を実施した。その結果、
    「YZF-R1」「YZF-R6」で人気のヤマハが最も信頼できるバイクメーカーであることがわかった。
    2009年から2012年の4年間で修理が必要なトラブルを経験したヤマハオーナーは10人に1人。
    カワサキやホンダも近い数字を出しており、あまりデータを得られなかったスズキに関しても同様
    だろうと同誌は分析している。一方でハーレーダビッドソンのオーナーは4人に1人、BMWのオーナー
    は3人に1人という高い割合でトラブルを経験している。

    「どの部品がトラブルになったのか?」というアンケートでは、ライトやスイッチ、計器類が21パーセント、
    続いて怖いことにブレーキ系統が20パーセント、電気系統が16パーセント、燃料供給系統が
    15パーセントとなっている。

    また、調査によればアンケートに答えた読者の20パーセントが何らかのトラブルを経験しているが、
    そのうちの75パーセントは200ドル(約2万円)以下の簡単な修理だったとしている。

    ちなみに、バイクのタイプ別ではツーリングバイクが最もトラブルが多く、続いてデュアルスポーツタイプ、
    スポーツツアラータイプ、クルーザータイプという結果になっている。コンシューマーリポートは、ホンダ「CBR」
    やカワサキ「Ninja ZX-6」が最も信頼できるモデルだろうと分析している。

    コンシューマーリポートのHPでは、バイクのメンテナンスについてメカニックからのアドバイスも紹介されている。
    こちらも参考にしていただきたい。

    【アメリカ人が選んだ「信頼できるバイク」1位はヤマハ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント
    1: パロスペシャル(芋) 2014/02/21 07:55:47 ID:ha2RBK+9P
    no title

    no title

    ロータス、バイクLotus C-01を発表!
    ライトウェイトスポーツ車をメインに扱うロータスカーズとレーシングチームのKodewa、ドイツのHolzerグループ、そして元フォルクスワーゲンの
    デザイナーでTRON Legacyの車両デザインなどをもしていたダニエル・サイモン氏が共同設立した新会社、ロータスモーターサイクルがC-01を発表しました。
    no title

    Lotus C-01
    このロータスC-01には、チタン、カーボンそして航空宇宙産業でも使われるスチールを採用したフレームに、排気量1.2LのVツインエンジンを搭載し最高出力は200HP(147kW)。

    また、このC-01発売時には用意されたパーツを購入者が自由に組み合わせる事ができるカスタムサービスも同時に提供されるとのことです。

    『車だけ作ってればいいのに…』と思ってました。すみません

    Source Kodewa via Worldcarfans
    http://www.j-sd.net/lotus-motorcycle-c01/

    【ロータス、バイク C-01を発表!MARTINIカラーも! メチャクチャかっこいい!本気で欲しい!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント
    1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/20 19:52:36
    ★神奈川)箱根町ご当地ナンバーに「エヴァ」
    2014年2月20日03時00分

    箱根町は19日、バイクのご当地ナンバープレートを発表した。箱根が舞台として
    登場する人気アニメ「エヴァンゲリオン」をモチーフにしたものと、箱根寄木細工の
    模様を周囲にあしらったものの2タイプ。富士山や芦ノ湖なども配している。

    排気量125cc以下で車種ごとに白、黄、ピンク、青色(ミニカー)の計4種類。
    3月25日から税務課で交付する。既存プレートとも無料交換する。

    http://www.asahi.com/articles/ASG2M4CY2G2MULOB006.html
    箱根町が交付するご当地ナンバープレート
    no title

    【【バイク】箱根町ご当地ナンバーに「エヴァ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント
    1: 不知火(芋) 2014/02/16 11:53:28 ID:3loEB84zP
    no title


    カワサキはインドネシアにおいて、アジア市場向けの新型スポーツバイク"Kawasaki 250SL"(市場によって"Kawasaki Ninja RR Mono"とも呼ばれる)を発表した(動画はスライドショー)。

    カワサキの排気量250ccのスポーツモデルと言えば"Kawasaki Ninja 250R"がラインナップされ、人気となっているが、そのニンジャ 250Rが2気筒エンジンを搭載するのに対し、
    新型250SLは最高出力27.6hp/9,700rpm&最大トルク16.7ft-lb/8,200rpmの排気量 249cc 燃料噴射 水冷単気筒エンジンを搭載するなど、全く異なるメカニズムを採用したものとなっている。

    シャシーもまたニンジャ 250Rとは異なる設計のスチール製トレリスフレームを中心としており、、37Φの正立式フロントフォーク、プリロードアジャスター付きのモノショックと
    "Uni-trak"リンケージシステムからなるリアショック、フロント:263Φ、リア193Φのブレーキディスクを備えたブレーキシステム、フロント:100/80-17、リア:130/70-17サイズのタイヤなどの主要装備が与えられている。

    http://livedoor.blogimg.jp/motersound/imgs/8/3/83fcb729.jpg
    http://blog.livedoor.jp/motersound/51832966

    【カワサキ、単気筒のアジア市場向けスポーツバイク"ニンジャ RR モノ/250 SL"を発表】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 14コメント
    1: 超竜ボム(芋) 2014/02/14 23:57:13 ID:Ol5jzWakP
    no title

    ホンダが世界に誇ったオートバイ「CB750 FOUR」が米オークションサイト「eBay Motors」に出品され、14万8100ドル(約1520万円)で落札されたというニュースをお届けしよう。

    ロードレース世界選手権全クラス制覇を成し遂げたホンダが、1969年にその技術を注ぎ込み、世界(特にアメリカ)に向けて送り出した「ドリーム CB750 FOUR」。
    パワフルな最高出力67psの736cc並列4気筒OHCエンジンを搭載し、セルモーターや前輪ディスクブレーキなど、当時としては先進的な技術が採用された
    "世界最高級オートバイ"(当時のプレスリリースより)だった。日本の読者なら『750ライダー』という漫画を想い出す方もいるかも知れない。

    2輪車の歴史的に見ても貴重なモデルではあるが、eBayに出品されたのはさらに稀少な、僅か4台のみがハンドメイドされたプロトタイプであるという。

    同オークションの出品者によると、ホンダはCB750 FOURを米国メディアに披露するため、1968年に4台の試作車を製造。ホンダの技術者が手作業で、
    数百個に及ぶワンオフで作られた特製パーツから1台1台組み立てたこれらのプロトタイプには、その後の量産車とは各部が異なる特徴があるそうだ。

    オークションに登場したキャンディブルーグリーンのCB750は、その希少な4台の中の1台で、当時のアメリカにおける宣伝活動に使われ、雑誌に写真が
    掲載されたこともあるという。出品者の話では4台の試作車のうち1台(キャンディレッド)はすでに破砕され、1台(キャンディゴールド)はヨーロッパにあり、
    残る1台(キャンディダークグリーンメタリック)は所在不明になっているとのこと。

    今回のオークションには102件の入札があり、最終的な落札価格は14万8100ドル(約1,520万円)にも達した。1台のオートバイに支払う金額としてはかなり高価だが、
    この貴重な機会に手に入れることができたコレクターにとっては、それだけの価値があるに違いない。
    http://jp.autoblog.com/2014/02/13/ebay-find-1968-honda-cb750-prototype/

    【ホンダ「CB750 FOUR」に、1,520万円もの値段が付いたその理由とは!?】の続きを読む

    このページのトップヘ