乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: !kab-(やわらか銀行) 2013/04/03 19:30:36
    【バンコクモーターショー13】ホンダ RC-X ミニヴィンテージレーサー-----------------------

    no title


    APホンダがバンコクモーターショー13で発表した『RC-X ミニヴィンテージレーサー』は
    60年代のロードレーサーをモチーフにしたコンセプトバイク。

    no title

    no title

    no title


    (色々略)
    http://response.jp/article/2013/04/02/195039.html


    【バンコクモーターショー13】ホンダ ズーマー X カリフォルニアスタイル---------------------

    no title


    バンコクモーターショー13でAPホンダが発表した『ホンダ ズーマー X カリフォルニアスタイル』は、
    その名の通りカリフォルニアのカルチャーとヒップホップの文化を取り入れたコンセプトバイク。

    no title

    no title

    no title


    (色々略)
    http://response.jp/article/2013/04/02/195069.html

    【ホンダ RC-Xミニヴィンテージレーサー&ズーマーXカリフォルニアスタイルをバンコクモーターショーにて展示】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: トラ(東日本) 2013/04/03 13:48:55 ID:ZI5nh8Sf0
    二輪の名車「ミシマ号」復刻 地元の技術力結集 静岡 2013年4月3日8時53分

     【山田知英】
    戦後の復興期に静岡県西部と並んでバイクが製造されていた三島市で、60年を経てバイクが復刻された。その名は「ミシマ号」。「西のホンダ、東のミシマ」と称されたバイクをよみがえらせ、かつてのものづくりへの思いを復活させようという試みだ。

     「ミシマ号」の開発が始まったのは、戦後間もない1948年。
    戦時中、下請けとして航空機のエンジン部品を製作していた故・諏訪部伊作氏が、東京の知人から「バイクをつくらないか」と持ちかけられ、試作を開始。50年に「ミシマ軽発工業」を設立し、製造を本格的に始めた。

     4サイクル単気筒の「ミシマS(138cc)」や「ミシマ52H(150cc)」などを製造し、全国に販売していた。エンジンから変速機、車体と構成部品のほとんどを自社で開発、製造した。
    走行性能のテストは、箱根までの山道を走った。最盛期には年間1万台を生産し、富士山の登山道を走った富士登山レースなどでも上位に入賞した。

    http://www.asahi.com/business/update/0403/TKY201304020482.html

    no title

    no title

    19: ジャパニーズボブテイル(東京都) 2013/04/03 15:11:44 ID:lxKephJX0
    >>1
    なんか自転車屋さんって感じだな

    【二輪の名車「ミシマ号」復刻 地元の技術力結集 静岡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 1コメント
    1: 落花流水ρ ★ 2013/03/29 17:37:55
    4月からオートレース場が入場無料へ
    サンケイスポーツ 2013年3月28日(木)15時51分配信

     JKAは28日、オートレース場の入場料(100円)を4月から無料化すると発表した。

     2007年10月から伊勢崎オートのみ入場無料になっており、これで全国6場で入場
    料が無料となる。


    □サンケイスポーツ
    http://race.sanspo.com/autorace/news/20130328/atrnws13032815520004-n1.html

    【【オートレース】オートレース場の入場料(100円)を4月以降の開催から全場無料化へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント
    1: シャルトリュー(千葉県) 2013/03/26 23:35:31 ID:QTBHDyv/0
     米国で3月27日に開幕するニューヨークモーターショー13で発表される予定の「2014 Cadillac CTS」の画像が先日に続きまたまたリークされています。昨日は車の1部分しか分からない画像でしたが、今回は全貌を拝見することが出来ます。

    http://digi-6.com/archives/51871668.html
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1364308531/

    【2014年型「キャデラック CTS」の画像流出!かっけぇええええ!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 0コメント

    タイ向けATコミューター「FINO(フィーノ)」が初のフルモデルチェンジ
    よりスタイリッシュに進化したデザインに、FI搭載エンジンで経済性向上


    ヤマハ発動機株式会社は、当社独自のFI 技術“YMJET-FI”※採用の115cc 新エンジンをスタイリッシュな車体に搭載した新型ATコミューター「FINO」を、2013 年3 月下旬よりタイ市場にて発売します。なお、製造・販売はタイのグループ会社TYM(Thai Yamaha Motor Co., Ltd.)が行います。

    年間約200万台で推移するタイの二輪車市場は、好調な経済に支えられ2012年は約213万台(ヤマハ調べ)と過去最高を記録、今後も微増傾向が見込まれています。

    2006年に導入の初代FINO は、ファッション性の高いATコミューターとして若者を中心に人気を博し、発売以来7年間で累計約150万台を販売しています。近年は低燃費志向の高まりもあり、FI を採用した新生FINOの誕生を待ち望む声が多くありました。

    初のフルモデルチェンジとなる新型「FINO」は、機能性とデザインの両立を求めるタイ市場の嗜好に応えるため“Stylish & Smart FINO FI”をコンセプトに開発、FI採用による低燃費化に加えデザインや実用機能を大きく進化させており、既存の「FINO」ファンだけではなく、新たな顧客獲得も目指します。

    デザインは、先代「FINO」のDNAを引き継ぎながらさらにスタイリッシュに進化させ、アクティブで伸びやかなボディラインや、ジュエリー感を演出したヘッドライト・テールライトなどが特徴です。また、“YMJET-FI”採用などにより経済性、快適性能(低振動化、始動性向上)を高めた新エンジンに加え、アンサーバック機能を備えた多機能リモコンキーをヤマハ製アセアンモデルとして初めて採用するなど、商品性を向上させています。

    本モデルは、2012年12月に発表した当社の新中期経営計画にある「事業規模拡大・収益力向上」を担う製品のひとつであり、その高い商品性を、同市場でのさらなる販売拡大に繋げていきます。
    ※YMJET-FI:Yamaha Mixture Jet-Fuel Injection/主通路とは別に設けた副通路からのエアアシストを行い噴射燃料と空気を効率的に混合させ、実用域での燃費向上に貢献するFI システムです。

    ■名称/「FINO」
    ■発売/2013年3月下旬
    ■販売計画/24万台(発売より1年間、タイ国内) 
    http://news.bikebros.co.jp/model/news20130325-3/

    yamaha_fino

    【ヤマハから痛バイク登場「FINO」がフルモデルチェンジ】の続きを読む

    このページのトップヘ