乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    bousouzoku_chinsoudan

    1: 2018/10/31(水) 12:35:24.71 ID:CAP_USER9

    県警 元巡査の送検を公表せず

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/oita/20181031/5070002346.html
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を

    9月、中津警察署の警察官がパトロール中に職務質問をした少年ともみ合いになり、
    顔に軽いけがを負わせたとして書類送検されていたことが分かりました。
    警察は被害者側から強い要望を受けたとして公表せず、警察官は10月中旬に依願退職していました。

    警察によりますと、9月、中津警察署の20代の男の巡査が同僚と一緒に市内をパトロールしていた際、
    騒音を立てながらオートバイで走る少年らの集団を見つけ、
    道路交通法違反の疑いがあるとして事情を聴きました。
    その際、巡査が10代の少年と口論の末にもみ合いになり、
    地面に引き倒して顔にすり傷を負わせたということです。

    警察は10月中旬に特別公務員暴行陵虐傷害の疑いで巡査を書類送検するとともに、所属長注意の処分にしました。
    巡査は直後に依願退職したということです。

    この問題について、警察は、被害者側から強い要望があったとして公表していませんでしたが、
    被害者側が公表を望まない理由については「把握していない」と説明しています。

    これについて、情報公開に取り組むNPO法人のおおいた市民オンブズマンの永井敬三代表は
    「加害者をおもんぱかって公表しなかったとしか理解できない。
    こうした事件の発生を速やかに公表しないのは不適切だ」と指摘しています。

    10/31 11:59


    【おまわりさんが騒音を立てながらバイクで走る少年らの集団の一人に怪我を負わせ依願退職 事件非公表をNPOが批判・大分】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    no title

    1: 2018/10/30(火) 13:21:54.45 ID:Y8myRk4S

     排気量125cc以下のバイクは一般的に「原付二種」と呼ばれ、
    地の色がピンクの原付ナンバープレートが交付される車両です。
    バイクのラインアップとしては50ccの「原付一種」よりひとまわり大きい
    小型スクーターなどが多いですが、原付一種のように30km/hの速度制限や、
    二段階右折といった規制もありません。ただし高速道路は走行不可です。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00010001-norimono-bus_all


    【免許取得しやすくなった125cc「原付二種」 バイク各社も注力、そのメリットとは?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2018/10/30(火) 15:50:34.61 ID:Gh/MBOh00

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181030-00010002-autoblogj-ind

    no title



    今回はドイツでデザインされた現代的な電気モーター駆動のモペッド「ポケット・ロケット」をご紹介しよう。



    ドイツ・シュトゥットガルトのSOLモーターズ社が開発したポケット・ロケットは、モダンなデザインでペダルのない電動モペッドだ。同社は、このポケット・ロケットにより市街地における渋滞緩和を目標としている。
    最高速度は80km/h、1回の充電による航続距離は80km。取り外し可能な220Vリチウムイオン・バッテリーを使用しており、後輪のハブに組み込まれたモーターは最高出力8.5hpを発生する。
    フレーム、フェンダー、ホイール、ハンドルバーは軽量で錆びないアルミ製で、カラーはマットなブラックとシルバーから選べる。

    専用アプリをインストールしたスマートフォンを装着すれば、デジタル・メーター兼コントローラーとして使える。パワートレインは「エコ」「スポーツ」「ウィリー」という3種類のドライビング・モードに切り替え可能だ。
    リアのサスペンションは調整式。前後に油圧ディスク・ブレーキを備え、回生ブレーキも活用できる。

    数々のデザイン賞を獲得したこのポケット・ロケットは、2019年に量産開始を予定している。まずはドイツ国内で発売され、続いて欧州、さらに2020年には北米など欧州以外の地域でも発売を計画しているという。
    現在はクラウドファンディング・サイト『Indiegogo』で予約を受け付けており、価格は500ユーロ(約6万4,000円)となっている。詳しい情報は、公式サイトをご覧いただきたい。


    【6万4000円で時速80kmでるドイツの電動バイクがめっちゃ怖そう。お前らこれに命かける勇気ある?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 21コメント

    1: 2018/10/26(金) 19:03:56.39 ID:CAP_USER9

    トライアンフ モーターサイクルズ ジャパンは2018年10月25日、「トライアンフ・スクランブラー」の新型を発表した。

    ■オフロードもおまかせ

    現代のトライアンフ・スクランブラーは、1960年代初頭に販売されたオリジナルのスクランブラーをイメージして開発されたモデル。オンロード車をベースにオフロード走行も可能なように仕立てられたスタイリングがセリンポイントで、具体的には、高めの車高や高い位置に取り回されたエキゾーストパイプなどが特徴に挙げられる。

    今回発表された最新型は、オンロードとオフロードの両方で走行性能を発揮できる「スクランブラー1200 XC」と、特にオフロードの走破性を高めた「スクランブラー1200 XE」の二本立てとなっている。

    スクランブラー1200 XCのボディーサイズは、全長×全幅×全高=2285×840×1200mmで、シート高は840mm。乾燥重量は205kgと公表される。パワーユニットは日本国内で2016年に発売された現行型「ボンネビルT120」の1.2リッター並列2気筒エンジンに独自のチューニングを施したもので、最高出力90ps/7400rpm、最大トルク110Nm/3950rpmを発生。シャシーは、ボンネビルとは異なるオリジナルフレームと、ショーワ製のフロントフォーク、オーリンズ製フルアジャスタブルピギーバッグリアサスペンションユニット、ブレンボ製のモノブロックブレーキキャリパーなどで構成される。

    状況に合わせて5つの走行モード(ロード/レイン/オフロード/スポーツ/ライダー)が選べる点や、バックライト付きのスイッチ、トルクアシストクラッチ、キーレスイグニッション、クルーズコントロールといった快適装備が充実しているところも、新型の見どころ。純正オプションは80以上ラインナップされ、「GoPro」の内蔵型制御システムもモーターサイクルでは初めて用意される。

    一方のスクランブラー1200 XEは、XC比でホイールベースが40mm延長されており、車体のスリーサイズも40mm長く、65mm幅広く、50mm高くなっている。オフロード走行を意識してサスペンショントラベルは50mm長くとられており、シート高も30mm高い。

    さらに、走行モードがXCの5種類に「オフロードプロモード」を加えた6種類になるほか、走行状況に応じてABSの設定をオンロード/オフロード/オフ(切)の間で自動的に切り替える「オプティマイズドコーナリングABS」が装着される。

    XC、XEともに、新型スクランブラーの日本市場への導入時期と価格は未定である。(webCG)

    2018.10.25
    https://www.webcg.net/articles/-/39704

    スクランブラー1200 XC
    no title

    no title

    スクランブラー1200 XE
    no title

    no title

    no title

    no title


    【新型「トライアンフ・スクランブラー」登場】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2018/10/22(月) 19:27:17.16 ID:CAP_USER9

    また来るであろう酷暑に備えよう!

    夏の暑さが尋常ではなくなりつつある昨今、バイク乗りにとっては受難の時代と言えるかもしれません。フルフェイス被ると汗だくになるし、かといって半キャップでは安全性が下がるし、バイクのスタイルとミスマッチ。ですがFeher Helmets社が作った、世界初のエアコン内蔵ヘルメット「ACH-1」なら大丈夫!

    Fresh Gadgetsが取りあげた、プロモーション映像をご覧ください。

    https://youtu.be/ef8y2aKRqUU



    熱電素子技術と特許出願中の管状布素材のおかげで、ヘルメットの内部は涼しい空気が循環。走行中に理想的な温度を保ってくれるのです。しかも熱気はちゃんと排出してくれるので、熱効率もグーです。

    no title


    頭が涼しくなることで、身体も涼しく感じるようです。

    公式サイトいわく、このエアコンはロールス・ロイス、ベントレー、フェラーリ、インフィニティ、レクサス、GM車の座席を冷やすために使用されている、実証済みの技術を利用しているとのこと。

    頭部を常に12~18度に保ってくれますが、決してアイスクリーム頭痛は起こらないと謳っています。

    今ならセール期間中で、お値段は549.99ドル(約6万2,300円)となっています。エアコン付きならこれくらいのお値段は納得せざるを得ないかなと思われます。『ゴーストライダー』のようにホットなバイク乗りなら買いですね!

    2018.10.21 15:00
    https://www.gizmodo.jp/2018/10/ach-1-helmet.html

    世界初のエアコン内蔵ヘルメット「ACH-1」
    no title


    【【朗報】世界初!!!エアコン付きバイク用ヘルメットが誕生!】の続きを読む

    このページのトップヘ