乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 11コメント

    1: 2019/06/29(土) 21:45:54.77 ID:wMBypNrb9

    ヤマハが台湾で電動スクーター[EC-05]を発売! ベースはGogoroの市販車
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190629-00010003-webym-ind
    2019/6/29(土) 17:31
    YAHOO!JAPAN NEWS,WEBヤングマシン

    写真:
    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


     ・10馬力のハイパフォーマンスを誇る
     ヤマハは、同社が今までラインナップしてきた電動バイクの機種名を継ぐ電動スクーター『EC-05』を台湾で発売すると発表した。
     これはヤマハが台湾のEV市場で強力なプラットフォームを持つGogoro Inc.との協業を検討し、その活動で開発したものだ。

     ・デザインはヤマハ、生産はGogoroが行う
     EC-05はGogoroの市販車プラットフォームをベースにヤマハがデザインを行ったもの。
     販売はヤマハブランドとして、現地法人ヤマハモーター台湾の販路を通じて行うとしている。
     気になる電力の供給については交換式バッテリーを採用し、
     Gogoroエナジーネットワーク社によって台湾国内1200か所以上に設置されたバッテリー交換ステーション『GoStation』を利用できるという。

     車両を観察すると面白いのは、フロントブレーキキャリパーがラジアルマウント方式の4ポットだったり、
     スクーターには珍しいチェーンドライブを採用していたりすること。
     トレンドに敏感な“攻め”の車両開発を行う台湾メーカーらしさが垣間見える。
     リヤフェンダー&ナンバープレートホルダーはスイングアームマウントというとのも見逃せない。

     フロントブレーキはラジアルマウント式4ポットキャリパーを奢る。
     リヤブレーキもディスク。ドライブはシールチェーンを用いる。
     ナンバープレートホルダーは今どきらしくスイングアームマウントだ。

     ヤマハは昨年末に発表した長期ビジョンならびに中期経営計画において、
     同社の強みを生かして解決可能な重要な社会問題のひとつとして「環境・資源課題」を特定し、
     2050年までに同社製品からのCO2排出量を2010年比で50%削減することを目指している。
     その解決方法として、小型電動製品の製造・販売を推進する方針を掲げており、
     今回のEC-05は今後継続的に市場投入を行っていく電動製品戦略に沿った今中期における最初の製品なのだという。

     ヤマハの電動バイクは2002年のパッソルにはじまり、2005年のEC-02、2010年EC-03、そして2014年に発売されたEビーノへと続いた。
     EC-05は5番目の電動バイク市販車として登場する。

     【YAMAHA EC-05 2019】
     主要諸元
      ■全長1880 全幅670 全高1180 軸距1300 シート高768(各mm) 車重126kg(装備)
      ■水冷式モーター 10hp/3000rpm 2.65kg-m/0-2500rpm 変速機なし 動力伝達シール式チェーン 最高速度90km/h メットインスペース25L
      ■ブレーキF=φ245mmディスク+4ポットキャリパー R=φ180mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=100/80-14 R=110/70-13
      ■定員2名 
      ●価格9万9800元 
      ●2019年8月1日発売(7月1日より予約受付) ※諸元、価格、発売日等はすべて台湾


    【ヤマハが台湾で電動スクーター[EC-05]を発売! ベースはGogoroの市販車】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 10コメント

    1: 2019/06/27(木) 19:04:25.97 ID:3pqJ13Ae9

     ヤマハは6月25日~6月26日に鈴鹿サーキットで2019年の鈴鹿8時間耐久ロードレースに向けたテストを実施。テストでは1985年の鈴鹿8耐に参戦したヤマハTECH21(テック21)チームの復刻カラーをまとったヤマハYZF-R1が初めてサーキットを走った。

     2日間のテストはヤマハ、ホンダ、カワサキの3メーカー合同で行われた。ヤマハのファクトリーチーム、YAMAHA FACTORY RACING TEAMは、午前、午後の2回、各1時間半のセッションで耐久仕様となった2019年型YZF-R1を走らせた。

     テストには全日本ロードレース選手権を戦う中須賀克行とスーパーバイク世界選手権(SBK)を戦うアレックス・ロウズが参加した。チームの第3ライダーとして登録されているマイケル・ファン・デル・マークもテストに参加予定だったが、SBK第7戦イタリア(ミサノ)の初日に最終コーナーでハイサイド転倒を喫し、右手首とろっ骨2カ所を骨折したため、テストを欠場している。

     このテストでヤマハ・ファクトリー・レーシング・チームは、初日に2分06秒698で総合3番手、2日目に2分6秒416で総合2番手となるタイムを記録している。両日のタイムは中須賀が記録した。

    「久々に鈴鹿8耐仕様のYZF-R1を走らせて、周回するごとにフィーリングが戻ってきました」と中須賀は初日を終えてコメント。耐久仕様となったYZF-R1に手応えを感じているようだ。

    「JSB1000仕様とはいろいろと違いがあるので、今はその感覚に体を馴染ませているところ。進化を感じられたし、手応えは上々です」

     2日目は、新パーツを投入し、本番に向けたテストを消化。午前のセッション終盤には日立オートモーティブシステムズシケインで中須賀は軽い転倒を喫したが、ライダー、マシンともにダメージはなかったという。

    「新しいパーツを投入し、走行するたびにうまくまとまっていきました。アレックスにもセッティングを確認してもらい、好感触でした」と中須賀。

    「軽く転倒してしまいましたが、まったく問題ありません。YZF-R1のセットアップは順調に進んでいます。ライバルも好タイムを出していますが、我々も決して負けていない。とても有意義な2日間になったと思います」

    「チームスタッフやチームメイトとの関係性も非常に良好です。7月9~11日のテストでは僕が走行することになりますが、ここでさらにR1を煮詰めて、チームメイトに気持ちよく乗ってもらえるマシンに仕上げたいと思っています」

    「マイケルは幸い順調に回復しているようですが、まだどうなるかは分かりません。僕としてはベストを尽くして、どんな状況でも対応できるように準備を整えます」

     SBKのイタリア戦を終えてすぐに鈴鹿サーキットに駆けつけたロウズはSBK終わりの疲れがあり、初日は周回数をセーブするも、中須賀と同じく2分6秒台を切るタイムを記録した。2日目も2分6秒台に入れるなど、順調に耐久仕様のYZF-R1に順応し、マシンを仕上げているようだ。

    >>2以降に続きます

    6/27(木) 17:00配信 オートスポーツweb
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00496191-rcg-moto
    no title

    no title

    no title


    【【鈴鹿8耐】テック21復刻カラーのヤマハYZF-R1が初走行。鈴鹿8耐5連覇に向け「手応えは上々」と中須賀】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 36コメント

    2ce0012a95d9a75539a9a4633445e957165b9a06_xlarge

    1: 2019/06/22(土) 11:50:13.45 ID:Ztoio3MgM

    バイク乗りの中でも人気の高い中型免許(普通自動二輪免許)を少しでもバイクの免許を取りたいと思っている方のために、中型免許がどれだけ使えるものなのか。などみなさんにもっと知ってもらおうと思います。

    警察庁交通局運転免許課調べによると、平成30年時点でのバイクの免許保有者数は、大型免許所持者23,981人、普通二輪免許所持者は141,617人。つまり、中型免許所持者は圧倒的に多いという結果がでています。

    https://honda.lrnc.cc/_ct/17212865

    公安の運転免許統計
    https://www.npa.go.jp/publications/statistics/koutsuu/menkyo.html


    【【悲報】若者のバイク離れが深刻、普通二輪免許保有者14万人大型二輪保有者2万3千人、お前らなんで乗らないの?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 15コメント

    1: 2019/06/21(金) 21:26:52.21 ID:pjR5KPb+9

    2019-06-21 09:12
    http://news.searchina.net/id/1679934?page=1
    1679934

    ベトナムは日系企業の進出先として注目を集めているが、中国企業のベトナム投資も活発になっているようだ。しかし、中国メディアの今日頭条は19日、ベトナムの首都ハノイのバイク・自動車市場には「中国が割り込めない」として、その理由について説明する記事を掲載した。

     記事は、ベトナムの首都ハノイに来れば大多数の道路は日本企業が建造し、大多数の高層ビルは韓国企業が建造したことに気が付くと説明。また、自動車やバイクも日本と韓国の製品が中心に売れていると紹介し、「品質が良く、価格が安いはずの中国製の自動車やバイクがベトナム市場に割り込めないのはなぜか」と問いを提起した。

     続けて、中国人がこの問いを直接現地のベトナム人に投げかけたところ、バイク・自動車業界で働く中国人にとって「泣くに泣けない」答えが返ってきたと説明。それは、「日本ブランドに慣れ親しんでいるからだ」という、つまり日本メーカーのバイクや自動車に「馴染んでいるので、中国製に切り替える人がいない」という答えだったと紹介した。

    以下ソースで読んで


    【日本のバイクが人気のベトナム、中国メーカーはなぜ市場に割り込めないのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2019/06/12(水) 06:40:20.42 ID:I/e33b2U9

    https://www.cnn.co.jp/usa/35138293.html

    バイクに乗った男性、雷に打たれて死亡 米フロリダ州
    2019.06.11 Tue posted at 15:49 JST


    (CNN) 米南部フロリダ州でオートバイに乗っていた男性が雷に打たれて死亡したことが11日までにわかった。フロリダ州のハイウェーパトロールが明らかにした。

    ハイウェーパトロールによれば、45歳の男性が州間高速道路95号線を走行していたところ、9日午後2時ごろ、雷に打たれた。

    雷によって男性のヘルメットが破損したという。男性は中央分離帯に突っ込み、バイクから投げ出された。男性は現場で死亡した。

    当局は、雷で破損したヘルメットの画像をツイッターで投稿した。

    フロリダ州で2008年から2017年にかけて雷によって死亡した人の数は47人で、これは全米のすべての州の中で最も多い。

    雷によって破損したヘルメット/Florida Highway Patrol/Twitter
    no title


    【【衝撃】雷が直撃したヘルメットがこちら・・・(画像あり)】の続きを読む

    このページのトップヘ