乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 44コメント

    83f38287
    1: 2017/05/08(月) 10:37:00.10 ID:CAP_USER9

    1980年代、二輪車は多くの若者にとって今よりも身近な存在だった。
    多くの若者は16歳になるとバイクの免許を取り、排気量をステップアップしながら18歳を迎え、やがてクルマに乗り換える。それはごく普通の若者のライフスタイルだったのだ。

    1985年の二輪車の保有台数は約1820万台。それが2015年には約1150万台へと激減している。
    昨年のスズキの決算発表では、鈴木修会長が「二輪については耐えるしかない」と事実上打つ手なしのコメントがあった。
    業界トップのホンダも事情は同じ、見通しは極めて暗い。なぜこんなことになったのだろうか?

    ●名車モンキーの生産終了

    そしてこの夏、数多くの二輪車が生産中止になる。その中には、長年多くのユーザーに支持された名車も含まれているのだ。
    例えば、ホンダ・モンキーは、アミューズメント施設「多摩テック」で子どもたちに「操る楽しさ」を感じてもらうため、1961年に作られたアトラクション用バイクに端を発し、
    1967年に一般向けに発売されて以来、50年に渡って多くの人々に支持され、日本の二輪車文化の中で大きな役割を果たしてきた。

    人気もあり、文化的にも重要なこのモンキーが生産終了になることを嘆く向きは多い。結論から言えば、それはついに50ccエンジンが、排ガス規制に対応できなくなったからだ。
    四輪車は1960年代から排ガス規制が始まり、1976年(昭和51年)、1978年(昭和53年)に一気に規制値が厳しくなった。
    メーカーの多大な努力によって、それを乗り越えてきた歴史がある。

    ところが、二輪車は1999年(平成11年)規制まで、長きにわたって事実上規制の埒外(らちがい)に置かれてきた。
    規制はあるにはあったが、2サイクルエンジンでもクリアできる程度の緩やかな規制だったのだ。

    クルマに比べれば圧倒的に燃費が良い二輪車の場合、燃料消費量にひも付いて有害ガスの排出量が少なく、当然環境への影響も限定的なものと思われてきたことが大きいが、
    小排気量から馬力を絞り出さなくてはならない二輪車の場合、排ガスをキレイにするのが難しかったのも事実である。

    ●遅れていた二輪車の排ガス規制

    特に50cc以下(道路運送車両法では原付一種)という排気量はほとんど日本専用のガラパゴス商品で、世界的に見れば排気量の最下限は125cc以下(同じく原付二種)になっている。
    現在二輪、四輪を問わず、排ガス規制は統一化に向かっており、世界の排ガス規制が「125ccでギリギリクリアできる」限界を狙って厳しくなれば、その半分以下の50ccで規制をクリアするのは難しい。

    これまでたった50ccのエンジンが実用性を持ってこられた理由は2つある。
    1999年(平成11年)の規制で、2サイクルエンジンが駆逐されて以降も四輪車の規制と比較すればまだ緩やかといえた。
    1つは吸排気のバルブタイミングの問題だ。燃焼室の排気ガスをしっかり抜くことを掃気と言うが、掃気性能の向上のためには吸気バルブが開いた後も排気バルブを開け続けた方が良い。
    燃焼後のガスをしっかり排出すれば、限られた燃焼室容積により多くの混合気を満たすことができる。

    ただし、この方式には欠点があって、しっかり掃気しようと思えば、未燃焼の混合気が排気管に吹き抜けることと引き替えになる。
    未燃焼混合気が吹き抜ければ、炭化水素(HC)が排出されてしまう。HCとは要するにガソリンのことだ。

    もう1つ、空気と燃料の比率、つまり空燃比だ。排気ガスが最もキレイになるのは理論空燃比14.7:1(重量比)だ。
    1グラム≒1ccのガソリンに対して、ざっくりと12リッターの空気と考えればいいだろう。もっとパワーが欲しい場合、この比率を濃くする。最もパワーが出る比率は12:1。
    ところが、これだと理論値に対して空気が少ないので、燃え残りが発生し、一酸化炭素(CO)と炭化水素(HC)の排出が避けられない。

    50ccという極端な小排気量エンジンが実用に足りていたのは、混合気の吹き抜けを許容するバルブタイミングとパワー空燃比によるところが大きかった。
    2006年(平成18年)に厳しくなった規制によって、こういう無茶ができなくなった。
    何しろ原付一種の場合、COで85%、HCで75%、窒素酸化物(NOx)50%という削減率である。「85%に落とす」のではなく「85%削減する」のだ。※続く

    配信 5/8(月) 7:41配信

    ITmedia ビジネスオンライン  全文はソース先でお読み下さい
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170508-00000007-zdn_mkt-bus_all


    スポンサーリンク

    【排ガス規制 原付きなくなる?目前に迫った50ccバイクの滅亡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 45コメント

    1: 2017/04/26(水) 00:04:33.76 ID:CAP_USER9

    本田技研工業は4月25日、250ccクラスのスーパースポーツモデル「CBR250RR」(5月12日発売)について、4月18日の発表後3日間で3714台を受注したと発表。
    同モデルの年間販売計画台数3500台を上まわる好調な立ち上がりになったとしている。

    CBR250RRは、新世代の軽二輪スーパースポーツモデルとして、スタイリングデザイン、車体、パワーユニットのすべてを新設計。
    また、スロットルグリップの開度を電気信号を介して伝達する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を250ccクラスで初採用した。

    受注状況のタイプ別構成比ではスタンダードタイプが51%、ABS搭載タイプが49%。
    車体色別構成比では「マットガンパウダーブラックメタリック」が45%、「ヴィクトリーレッド」が39%、「ソードシルバーメタリック」が16%となっている。

    同社によると20代から30代の男性を中心に高い支持を得ているとし、購入ポイントとしては、「力強さと速さを直感させる独自の存在感を放つスタイリングデザイン」「扱いやすく力強い出力特性の新開発の直列2気筒250ccエンジン」「卓越した動力性能を余すことなく引き出せる新設計のフレームや足回り」「「250ccクラスで初となるスロットル・バイ・ワイヤシステムの採用」などとしている。

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title

    no title


    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1056795.html


    スポンサーリンク

    【ホンダ 「CBR250RR」が爆売れ 3日で1年分の売上を突破!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 8コメント

    1: 2017/04/22(土) 02:15:52.82 ID:CAP_USER9

    大阪府警察本部が、ヤマハの前2輪+後1輪の3輪スクーター『トリシティ』110台を昨年度、
    調達していたことが、取材でわかった。

    調達元は地域部で、警察署に所属する警察官が、警察署と交番の移動、連絡のために使用している。
    地域部が調達する二輪車は、以前はロータリー変速のビジネスバイクが多かったが、最近はAT免許で
    乗車可能なスクーターに変わっている。そんな中での3輪バイク採用は、進取の気風に富んでいるといえる。

    出力などの動力性能は市販車両と同じ。リアに黒色トップケースを装着し、その側面に「大阪府警」のステッカーを貼付する。
    ボディ色はヤマハがブルーイッシュホワイトカクテル1と呼ぶ白色。緊急車両ではないため回転灯などの搭載はない。

    トリシティはLMW(Leaning Multi Wheel/リーニング・マルチ・ホイール)の独自構造が特徴。
    フロント2輪が独立したサスペンションによって支えられ、旋回時にフロント2輪を傾斜させることによって、
    安定感のある走行を実現している。

    取材に対して同地域総務課は、こうした特徴が採用のポイントになったことを認めている。
    一方で、車重や取り回しの軽快感などの使用感が課題という指摘も、警察関係者の中にはあるという。

    大阪府警のトリシティ調達は、昨年度が初めて。今年度の採用については、調達そのものの予定が定まっていない。
    《中島みなみ》

    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/04/21/293832.html
    画像 大阪府警が調達したトリシティ125 
    no title

    no title


    スポンサーリンク

    【【大阪】府警、3輪スクーター『ヤマハ・トリシティ125』を導入】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 34コメント

    motorcycle-1827482_640
    1: 2017/04/22(土) 15:01:54.07 ID:BtvDp0pU0 

    http://news.livedoor.com/article/detail/12967845/

    なぜそこまで二輪車に冷たい?…二輪車生産王国ニッポン、国内の売れ行き激減がとまらない
    欧州や東南アジアの都市では、日本よりもはるかに二輪車を多く見かける。駐車場も、自転車と共用の場所を含めて、あちこちに用意されていて困ることはない。

    四輪車より時間が正確で場所を取らず、自転車より速くて快適というメリットを合理的に判断し、多くの人が二輪車を選んでいるのだろう。それに比べて日本は、昔の高校での「三ない運動」に象徴されるように、とにかく二輪車をネガなイメージで捉えがちだ。

    世界一の生産国とは思えない扱いである。

    特に原付は、アジアや欧州の主流は125ccになっており、欧州では四輪車の免許で125ccまで乗れるのに、日本は50cc限定。しかもその50ccは、いまだに30km/hという理不尽なスピードリミットが残っている。

    性能では同等なのにヘルメットなしで乗れる電動アシスト自転車に勝てるわけがない。

    ただここまで冷遇された結果、四輪車の世界より望ましい現象も起こっている。四輪車では日本独自のルールが用意されている排出ガス規制や騒音規制が、二輪車では最近欧州と共通化されたのだ。

    それまでは日本仕様だけ最高出力がガクッとダウンしていて、それらを嫌うライダーたちのために、海外向けに作られた車両を日本で売る「逆輸入車」というカテゴリーが存在していた。

    欧州車は妙に太くて長い専用マフラーを装着したモデルもあり、せっかくのデザインをスポイルしていた。

    でも日本の規制が海外と共通化されたことで、いまは日本仕様も欧州仕様も基本的に同一スペックとなりつつある。

    たとえばホンダの1000ccスーパースポーツCBR1000RRは、従来は118psだったのに対し、今年3月に発表された新型は192psにまでジャンプアップしている。
    200kgに満たないボディに192psが必要かどうかはさておき、国内仕様と海外仕様の共通化はメーカーにとってもユーザーにとってもうれしい。

    でも海外ではもともとこうしたスペックの二輪車を買えるうえに、多くの人が価値を認めているわけで、日本はやっぱり冷たいと思ってしまうのである。


    スポンサーリンク

    【なぜ日本は二輪車に冷たいのか???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 6コメント

    1: 2017/04/20(木) 22:04:02.65 ID:yDhb9MYw0 

    レアなバイク、22台ネット公売=税金滞納で差し押さえ-国税庁

     国税庁は20日、滞納した税金を徴収するために差し押さえたバイク22台をインターネット公売にかけると発表した。
    限定販売やカスタムバイクなど珍しいものも多く、同庁によると、これほどの台数を一斉に公売するのは初めて。

     見積金額が最も高い180万円だったのは、川崎重工業製のZ1100GP。ほぼ全ての部品を特注品に交換したフルカスタムバイクだ。

     イタリア・ドゥカティ製PS1000LEは、世界で2000台の限定販売品。銀色で丸みを帯びた車体で90万円と見積もられた。

     このほか、ヨシムラ仕様とよばれる改造を施したバイクなどが出品。公道で走行可能か確認が必要なバイクもある。バイク以外にも高級外車や古銭なども公売される。

     ネット公売は5月19日午後1時から3日間、ヤフーの官公庁オークションで実施。参加には事前登録と公売保証金納付が必要だ。
    詳細は4月21日以降、国税庁ホームページの公売情報コーナーに掲載される。(2017/04/20-17:49)

    http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042000964&g=soc

    国税庁がインターネット公売に出品するバイク。(左から)ドゥカティのPS1000LE、川崎重工業のZ1100GP=20日午後、さいたま市中央区
    no title


    スポンサーリンク

    【国税庁が差し押さえたバイク22台をネット公売に 限定品やフルカスタムなどレアなものも多く】の続きを読む

    このページのトップヘ