乗り物速報

バイクと車のまとめ

    バイクニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/09/27(水) 00:08:43.46 ID:CAP_USER9

    ホンダのスーパーカブの現行モデル
    no title


    ホンダが、ロングセラー二輪車「スーパーカブ」の生産を中国から熊本製作所(熊本県大津町)に戻すことが26日、分かった。コスト削減のため2012年から生産を中国に移していたが、当時と比べて為替が円安に推移していることを受け国内回帰を決断。ブランドイメージの向上を図る狙いもあるとみられる。

    排ガス規制の強化に対応し、約5年ぶりに全面改良するのを機に熊本で生産する。新型車は11月10日発売で、排気量50ccの「スーパーカブ50」は23万円程度、110ccの「スーパーカブ110」が27万円程度となり、いずれも約4万円の値上げとなる見込みだ。(共同)

    配信2017年9月26日 18時07分(最終更新 9月26日 18時33分)
    毎日新聞
    https://mainichi.jp/articles/20170927/k00/00m/020/025000c


    【ホンダ「スーパーカブ」を国内(熊本)生産へ 円安で中国から日本回帰】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 20コメント

    1: 2017/09/20(水) 19:48:43.83 ID:CAP_USER9

    GSX-S125 ABS 10月11日発売
    no title


    スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」に125ccのエントリーモデル『GSX-S125 ABS』を追加し、10月11日より発売する。

    GSX-S125 ABSは、124cc水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを軽量・高剛性フレームに搭載。GSX‐Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW、最大トルク11Nmを発揮するとともに、48.2km/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を達成。ショートホイールベースと、133kgの軽量・スリムなボディにより、街乗りにおける扱いやすさや、ワインディングにおける高い操縦性を実現する。

    デザインは、GSX-Sシリーズ共通のイメージとなる低く構えたアグレッシブなスタイリングを採用し、前後輪に17インチの大径ホイールと花弁形状のブレーキディスクや、スズキの国内の125cc二輪車に初採用となるABSを標準装備。また、ワンアクション式シャッター付ステアリングロックや、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」など、利便性の高い装備を採用した。

    価格は35万4240円。

    配信2017年9月20日(水) 18時15分
    レスポンス
    https://response.jp/article/2017/09/20/300008.html


    【スズキ GSX-Sシリーズ新型モデル「GSX-S125・ABS」を発売へ 国内125ccにABSを初採用】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 28コメント

    1: 2017/09/20(水) 19:26:14.35 ID:CAP_USER9

    「旧車會」が安全運転宣言 富津署摘発、ルール順守へ
    9/20(水) 10:10配信

    暴走族OBらがオートバイで集団走行する「旧車會」のメンバーが、千葉県警による摘発をきっかけに
    富津署で安全運転宣言式を行った=写真。主に神奈川県内に住む男女12人が参加し、
    グループの代表者が「交通安全を心掛けます」などと荒川真署長の前で宣言した。

    県警によると、昨年12月18日、神奈川県から東京湾アクアラインを通って
    県内に走行してきた37台を県警ヘリが追尾。富津市内の国道127号で蛇行運転などを繰り返したとして、
    県警は今年6~7月、このうち30~40代の男3人を道交法違反(共同危険行為)の疑いで逮捕した。

    摘発を機に、当時走行していたメンバーを含む12人が安全運転宣言式に参加し、全員が誓約書を同署に提出した。
    講習会も行われ、県警交通捜査課の担当者が、ナンバーを折り曲げるなどの禁止行為が明確化された
    昨年4月の法改正について説明した。

    9/20(水) 10:10配信 千葉日報オンライン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170920-00010005-chibatopi-l12
    安全運転宣言する「旧車會」のメンバーら
    no title


    【【千葉】暴走族OBらがオートバイで集団走行する「旧車會」、メンバーが富津署で「安全運転」宣言…千葉県警による摘発がきっかけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 19コメント

    1: 2017/09/16(土) 09:24:44.73 ID:CAP_USER

    昨年から話題になっていたカワサキ「Z900RS」だが、つい先頃ティザー動画も公開されるなど、いよいよその姿が明らかになってきた。

    正式発表は10月25日から開催される東京モーターショーで行われるとのことだが、手元にある情報からその実像を探ってみた。

    Z1を彷彿させる正統派スタイル

    ティザーの30秒ほどの短い映像からも、じっくり見直すといろいろな情報が読み取れる。冒頭のパーティで映し出させれるのはまさしくかつてのZ1(Z900)である。

    no title


    ▲ティザー動画より

    金髪を風になびかせて颯爽と走る女性ライダーの姿は新たな時代とエレガンスの象徴だ。つまり、現代の「Z」はもはや”男カワサキ”だけのものではないことを示唆している。

    ガードレール越しにチラッと現れるシルエットからは、往年のZ1を彷彿させる正統派ネイキッドの姿カタチが透けて見える。

    エンジンのシリンダーにはフィンが切ってあるが、大きなラジエターを装備しているのでエンジンは水冷のはず。滑らかなラインを描くフューエルタンクにはZ1でも人気だった火の玉カラーが再現されている。

    続くガソリンスタンドのシーンでは、クロームメッキのリムに収まる丸目1灯のヘッドライトや砲弾型2連メーター、薄型のZ1タイプミラー、別体式リザーバータンクなど旧Zの面影を残しつつも、灯火類はウインカーも含めてLED化されるなど現代的な装備であることをうかがわせる。

    フロントフォークも径の太さと構造からおそらく倒立タイプ、ということはリヤサスもおそらく今風のモノショックだろう。

    ベースは現行型Z900か!?

    no title


    ▲Z900

    そこで気になるのがZ900RSのベースとなるマシン。順当に考えれば、Z900RSのベースは輸出モデルの2017年型Z900と考えていいだろう。

    そのZ900とは2016年のEICMA・ミラノショーで発表されたブランニューモデルのこと。「凄み」をキーワードに、エキサイティングな乗り味と斬新なスタイリングを求めたZシリーズの最新版である。


    【カワサキから新型「Z900RS」が登場 往年の名車Z1を現代の技術で再現か!?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 4コメント

    1: 2017/09/12(火) 10:14:17.53 ID:CAP_USER9

     多くのツーリング愛好家が集まる千葉県富津市の通称・もみじロード(県道上畑湊線)で、バイクが絡む交通事故が増加している。走行動画を撮影するライダーが増えたことが一因とみられ、今年6月にはバイクの死亡事故も発生した。約1000本のもみじが約10キロにわたって道路沿いを彩る人気スポット。本格的な紅葉シーズンを前に、富津署幹部は「ルールを守って楽しく走ってほしい」と注意を呼び掛けている。【富美月】

     6月4日の日曜。午前11時ごろ、もみじロードを仲間とバイクで走行していた20代男性が死亡する事故が起きた。同署によると、男性は走行中に転倒し、対向車線に進入。乗用車と衝突し、病院に搬送されたが死亡した。
    もみじロードでツーリングを楽しむ人たち=千葉県富津市内で
    no title


     今月3日、記者は現地を訪れた。高低差がありカーブが連なる道を多くのバイクが走行していた。カーブが多いため、運転していると直前まで対向車に気づきにくい怖さがある。記者の車を追い越したバイクが対向車とぶつかりそうになる場面もあった。

     同署によると、もみじロードでの人身事故は2014年はゼロだったが、15、16年は計6件発生し、うち4件はバイクが絡んだ事故。今年は7月末までに3件の人身事故があり、すべてバイク絡みだ。ガードレールにぶつかるなどのバイクの物損事故は、14年の5件から16年は14件に増えている。

     危険な運転の中でも目立つのは、走行の様子を撮影する行為。今年5月、ツーリングに訪れたグループでは仲間を撮影中、バイクが転倒して滑走し、撮影者に衝突した。レースのように車体を傾け、中央線を越えるなど危険な走り方をするバイクの姿もあり、同署には住民から取り締まりの要望が出ていた。

     同署は現地でチラシを配るなどして注意喚起。交通量が増える週末には交通機動隊も出動して警戒を強めていたさなかに、死亡事故は起きた。

     同市商工観光課などによると、現地をもみじロードと呼んで誘客に力を入れ始めたのは約15年前。11年秋には県も「ちば県民だより」でもみじロードを初めて取り上げた。

     富津署の加藤謙一交通課長はユーチューブなどの動画投稿サイトに多くの走行動画がアップされていることに触れ、「動画に刺激されて来る人も多いのではないか」と指摘。6月の死亡事故後には動画の投稿者を割り出し、警告した例もある。加藤課長は「住民にも観光客にも良い道であってほしい」と話している。

    配信 9/12(火) 9:05配信
    毎日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000014-mai-soci

    関連過去スレ
    【千葉】バイクの男性(22)死亡 転倒し車と衝突か 富津の県道
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1496633843/


    【【千葉】<もみじロード> ツーリング バイク事故増加 動画撮影で危険な走行も】の続きを読む

    このページのトップヘ